ソフトバンク光

auひかり電話は契約すべき?いらない?料金やメリット・デメリットを徹底解説

光回線サービスを提供するauひかりでは、電話サービスも行っています。auひかり電話には、メリット・デメリットの両方があるため、それぞれ把握しておかなければなりません。ポイントを把握して、auひかり電話を利用すべきかどうか考えましょう。
【公式】カシモWiMAX auひかり電話は契約すべき?いらない?料金やメリット・デメリットを徹底解説

auひかりを利用しているなら、電話サービスである「auひかり電話」も利用できます。

固定電話を使うことが多い方は、auひかり電話の利用を考えているかもしれません。そこで今回は、auひかり電話のメリット・デメリットをまとめました。

両方の観点から特徴を知り、本当に必要か考えることが大切です。申し込み方法まで含めて理解し、上手にサービスを利用しましょう。

auひかり電話とは

そもそもauひかり電話とは、簡単に言えば低価格帯の電話サービスです。

サービスの提供元はauひかりであり、KDDI回線を使って固定電話が利用できます。低価格なだけではなく、高品質なのも特徴なので、快適で使いやすいでしょう。

auひかり電話は、auひかりが提供するサービスのひとつのため、加入は必須ではありません。

基本は光回線サービスであり、必要に応じてネットと電話を使い分けることが大切です。あくまで固定電話のサービスも利用したい人が、任意で加入するものと考えましょう。

【auひかり】詳細はこちら

auひかり電話でかかる料金

auひかり電話でかかる料金は大きく分けて以下の3つです。

  • 1.月額料金
  • 2.通話料金
  • 3.オプションパック料金

1.月額料金

まず、auひかり電話にかかる料金は月額基本料金です。月額550円(税込)となっています。

また、050の電話番号を作る際は、月額550円(税込)+165円(税込)の料金となります。

2.通話料金

続いて、auひかり電話にかかる料金は通話料金です。通話するごとに時間に対してかかります

auひかり電話で通話料金は以下の通りです。

auひかり電話 通話料金(税込)
国内加入電話 8.8円/3分
携帯電話(au) 17.05円/1分
携帯電話(au以外) 17.6円/1分
PHS向け通話 11円
※別途11円/1通話

3.オプションパック料金

最後にauひかり電話にかかる料金はオプションパック料金です。auひかり電話では、割込通話や迷惑電話撃退など色々なオプションがあります。

そのオプションをパックとしてまとめられたものが2種類用意されています。

電話オプションパックEX 電話オプションパック
月額料金 759円(税込) 550(税込)
申し込み可能プラン ホームタイプ
マンションタイプG
マンション都市機構G
マンションタイプ
(E/F/ギガ/ミニギガ/V)
マンションタイプ
(タイプGと都市機構Gを除く)
利用可能オプション ・発信番号表示
・割込通話
・割込番号表示
・番号通知リクエスト
迷惑電話発着信ブロック
・着信転送
・発信番号表示
・割込通話
・割込番号表示
・番号通知リクエスト
・着信転送

【auひかり】詳細はこちら

auひかり

auひかり電話のメリット

まずはメリットを知り、auひかり電話のプラスの特徴を把握しておきましょう。

メリットは大きく6つで、それぞれ理解を深めてから利用することが大切です。

  • auひかりの開通工事費が実質無料
  • auまとめトークで通話料金が無料
  • auスマートバリュー適用でスマホ料金から割引
  • 他社違約金が最大5.5万円還元
  • 電話番号・電話機をそのまま使える
  • ナンバーディスプレイがあるから安心

1.auひかりの開通工事費が実質無料

1つ目のメリットは、auひかりの開通工事費が実質無料なる点です。

auひかり電話に加入なしだと開通工事費が一部割引にしかなりませんが、auひかり電話に加入すると開通工事費(戸建て:41,250円(税込)、集合住宅:33,000円)が月額料金から満額割引される実質無料になります。

光回線の契約には何かと費用がかさむので嬉しいポイントです。

2.auまとめトークで通話料金が無料

auユーザーならスマホやケータイとまとめて、セットの特典が適用されます。「auまとめトーク」を適用すると、auひかり電話の全ての通話が無料です。

範囲は国内に限られますが、固定電話からauケータイ、他社ケータイまで全て無料になるのは嬉しいポイントでしょう。

また、「au→自宅割」を適用させると、auケータイ・スマホから、自宅への国内通話も24時間無料です。

割引特典でお得に使えるだけではなく、各種請求書がまとめられるのも魅力でしょう。

毎月何通も請求書が来て扱いに困っている人は、全てをまとめることで整理もしやすく、かつ特典も受けられてよりお得です。

3.auスマートバリュー適用でスマホ料金から割引

auスマホユーザーならauひかり電話に加入すると、auスマートバリューが適用されます。

auスマートバリューが適用されると、auスマホの月額料金が最大1,100円(税込)安くなります。

auスマホユーザーの方はぜひ活用しましょう。

4.他社違約金が最大5.5万円還元

auひかり電話に加入すると、他社の光回線を解約した際に発生する違約金などを最大5.5万円還元してもらえます。

auひかり電話に加入しないと、それがもらえません。

乗り換えの際は何かと費用がかかるので、こういったキャンペーンをうまく活用しましょう。

5.電話番号・電話機をそのまま使える

簡単に使えるのはauひかり電話のメリットで、現在NTTの電話番号を持っているなら、そのまま利用できます。

NTTの番号なら変えることなく利用できますし、電話機の変更もありません。契約内容が変わるだけで、即時利用できるのは嬉しいポイントでしょう。

ただし、番号がそのまま利用できるのは、NTTの加入権を持っている場合に限られます。NTTの番号ではなく他の光電話で独自に発行した電話番号は、auひかりに引き継げないため注意しなければなりません。

auひかり電話に変わっても、これまで通りの通話サービスが利用できます。110番や119番といった緊急連絡はもちろん、携帯電話やPHSへの通話も可能です。

auひかり

6.ナンバーディスプレイがあるから安心

ナンバーディスプレイを利用すれば、かけてきた相手の電話番号が電話機などのディスプレイに表示されます。

したがって、どのような相手から電話がかかってきたか把握できるので安心です。

【auひかり】詳細はこちら

auひかり電話のデメリット

豊富なメリットを持つauひかり電話ですが、反面デメリットもあるため注意が必要です。

3つのデメリットも把握し、本当にお得かつ便利に使えるか考えてみましょう。

  • 発信できない電話番号がある
  • 通信障害・停電時は利用できない
  • 電話番号を引き継げない場合がある

1.発信できない電話番号がある

固定電話から携帯電話、PHS、緊急電話まで幅広く電話がかけられますが、一部auひかり電話ではかけらない番号があります

NTTが独自に提供している、136や121は、光電話では利用できないため注意が必要です。

136はナンバーお知らせ、121はクレジット通話サービスです。それぞれ利用しないなら問題はありませんが、使いたい人はauひかり電話には不向きでしょう。

2.通信障害・停電時は利用できない

auひかり電話は、その名の通り光回線を使って電話サービスを提供しています。そのため、光回線の接続機器の電源が落ちると繋がらず、停電時に利用できない可能性があります。通常の電話線しか繋がらないシーンがあることは、覚えておきましょう。

また、停電時以外でも、災害時や通信障害、光回線にトラブルがあった場合も、光電話は使えません。回線そのもの、通信機器どちらにトラブルがあっても使えないため、通話不良が起きる可能性は理解しておきましょう。

3.電話番号を引き継げない場合がある

電話番号の引き継ぎはNTTの加入権を持っている場合に限られます。

NTTの番号ではなく他の光電話で独自に発行した電話番号は、auひかりに引き継げないため注意しなければなりません。

また、NTTの電話加入権がなくても、auひかり電話の利用は可能です。auひかりで独自に発行した番号でも利用できるため、固定電話を新規設置する人でも使えるでしょう。

ただし、auひかりから他社光回線業者に乗り換える際には注意が必要で、乗り換え先では光電話の番号は消滅します。NTTの加入権がないと、auひかり独自で発行した番号は他社引き継ぎができないため、乗り換える予定があるなら注意しなければなりません。

【auひかり】詳細はこちら

auひかり

auひかり電話を申し込むなら「フルコミット」がおすすめ

フルコミット

auひかり電話の申し込み窓口の中で最もおすすめなのは、au代理店サイトです。代理店サイトでは充実したキャンペーンや特典があります。

公式サイトで得られる特典にプラスし、代理店サイト特有の特典が受けられるため、お得度は非常に高いでしょう。

auひかり電話の申し込みに対応しているサイトは数多くあるため、複数比較して吟味しなければなりません。ただし、魅力的な特典やキャンペーンを提示していても、実際にはそれらが受けられないこともあります。

サイトによっては特典の適用に難しい条件を出したり、そもそも掲示している特典やキャンペーンが利用できないこともあるために、注意が必要です。

その代理店の中でも「フルコミット」が最もおすすめです。

代理店フルコミットのおすすめポイント

  • 最大93,000円の高額キャッシュバック
  • 受け取り時期最短翌月
  • キャッシュバック適用条件に不要なオプション加入なし

フルコミットは「キャッシュバック金額」「受け取り時期」「受け取り条件」を踏まえると、auひかりの中で最もおすすめの代理店です。

キャッシュバックは、最短1年後に93,000円か最短翌月に63,000円か選択できます。また、キャッシュバック適用条件に不要なオプションの加入も必要ありません。

自身の状況に合わせてどちらのキャッシュバックにするか選択しましょう。

【フルコミット】詳細はこちら

こちらの記事では、auひかり代理店のキャッシュバック・キャンペーンを比較しているのでぜひご覧ください。

auひかり電話に関するよくある質問

auひかり電話に関するよくある質問をまとめました。

繋がらないときの原因・対処法は?

  • 宅内機器の配線状況、ランプ状態の確認
  • 宅内機器の再起動
  • 電話機の設定の確認

auひかり電話が繋がらないときは以上の方法を試してみてください。配線の接続が悪かったり、機器の不具合の可能性があります。

その場合、ケーブルを入れ直したり、機器を再起動することで改善することがあります。

それでも改善が見られない場合は、後述の問い合わせ先に問い合わせましょう。

auひかり電話の問い合わせ先を知りたい

  • auひかり電話申し込み:0120-92-5000
  • 接続・設定・故障に関して:0077-7101

auひかり電話の問い合わせ先は「0120-92-5000」か「0077–7101」で、どちらにかけても無料です。受付時間は9~20時と決まっているため注意しましょう。

時間帯によっては混みあうため、比較的空いている平日の日中に行うのがおすすめです。電話だとオペレーターと直接やり取りができます。

解約方法・違約金を知りたい

auひかり電話の解約にはカスタマーセンター「0077-7068」に電話することが必要です。受付時間は9~20時です。

また、auひかり電話の解約に関する違約金はありません。

【auひかり】詳細はこちら

auひかり電話まとめ

光電話サービスは、ネットと合わせて低価格で利用できるのが魅力です。

しかし、光電話ならではの弱点もあるため、デメリットには注意しなければなりません。良い点、悪い点両方を知り、状況に合わせてauひかり電話に加入しましょう。

auひかりの申し込みは「キャッシュバック金額」「受け取り時期」「受け取り条件」の観点から、代理店フルコミットがおすすめです。

【フルコミット】詳細はこちら

公開日時 : 2022年10月06日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード