ソフトバンク光

Marubeni光の利用料金について解説|費用節約のコツも紹介

Marubeni光は利用料金が安いのが魅力ですが、工夫次第でさらにコストを削減できます。上手に利用するには、かかる費用と節約のコツを知ることが大切です。利用料金についての理解を深め、Marubeni光をお得に使う方法を知っていきましょう。
【公式】カシモWiMAX Marubeni光の利用料金について解説|費用節約のコツも紹介

格安で利用できることが特徴のMarubeni光に、興味を持っている人は多いでしょう。Marubeni光は丸紅テレコムが提供する光コラボ商品です。

他社より安く利用できる場合も多いですが、実際に申し込むならいくらかかるのか、詳細な料金まで知っておかなければなりません。Marubeni光の利用料金とコスト削減のポイントを知り、お得にネットを利用しましょう。

Marubeni光の月額利用料金

コストを考える上では、ベースとなる月額利用料金を知らなければなりません。

  • 東日本で戸建てに住んでいる場合
  • 東日本でマンションに住んでいる場合
  • 西日本で戸建てに住んでいる場合
  • 西日本でマンションに住んでいる場合
  • MarubeniBBのプロバイダを選んだ場合

Marubeni光の場合、NTT東と西どちらの区分か、戸建てかマンションかによって料金が異なります。組み合わせごとの違いを知り、月額利用料金への理解を深めましょう。

東日本で戸建てに住んでいる場合

NTT東日本エリアで戸建てタイプを利用する場合、プランは以下2つに分けられます。

  • ファミリータイプE 5,050円
  • ファミリーギガタイプE 5,300円

ファミリーギガタイプEのほうが月額利用料金が高いのは、通信の最大速度が1Gbpsだからです。通常のファミリータイプEの場合は、最大速度が100~200Mbpsです。料金はそれほど変わらないため、快適性を求めるなら、ファミリーギガタイプEを選んたほうがよいでしょう。

東日本でマンションに住んでいる場合

NTT東日本エリアでも、マンションタイプの場合は、プランが若干異なるため注意しましょう。

  • マンションタイプE 3,750円
  • マンションギガタイプE 3,950円

戸建てと同じで、ギガタイプだと最大速度は1Gbps、通常タイプだと100~200Mbpsです。マンションタイプは集合住宅でも、4戸以上であることが条件です。集合住宅でも3戸以下の場合は、戸建てタイプの適用となるため注意しましょう。

西日本で戸建てに住んでいる場合

NTT西日本エリアで戸建てに住んでいる場合、プラン名や料金設定が若干異なります。西日本の場合は、ファミリータイプWのみで、月額5,050円です。

最大速度は100Mbpsから1Gbpsで、利用環境によって速度は変わるため注意しなければなりません。接続する端末や周辺環境によっては、速度が低下する可能性があることは理解しておきましょう。

西日本でマンションに住んでいる場合

NTT西日本エリアでマンションに集合住宅に住んでいる場合は、マンションタイプWが利用できます。月額3,750円で、通信速度は最大100Mbps~1Gbpsです。

NTT西日本エリアでは、戸建て・マンションともにプランが少ないです。マンションに該当する条件は同じで、集合住宅でも3戸以下は戸建てタイプの適用となるため注意しましょう。

MarubeniBBのプロバイダを選んだ場合

Marubeni光では、プロバイダを自身で選択して契約できますが、指定プロバイダだとよりお得に利用できます。指定プロバイダのMarubeniBBなら、月額980円です。回線利用料とプロバイダ料金の合計が、月にかかる月額利用料の総額と考えましょう。

プロバイダごとに利用料金の設定額は違いますが、月1,000円以上になることも少なくありません。MarubeniBBは比較的安い部類のため、光サービスと連携して利用するのもおすすめです。

Marubeni光のお申込みはこちら

Marubeni光の機器利用料金

光回線サービスの利用に伴い、機器のレンタルが必要な場合は、これも月額利用料金に含まれます。同じ機器をレンタルしていても、NTT東と西で金額は異なるため注意が必要です。それぞれの料金と違いを知り、コストへの理解をさらに深めましょう。

東日本で機器をレンタルする場合

NTT東日本エリアでは、以下2つがレンタルできます。

  • ホームゲートウェイ(1ギガ対応無線LANカード親機付き) 350円
  • 無線LANカード(子機用) 300円

Marubeni光電話に加入している場合は、ホームゲートウェイは50円引きで利用できます。無線LANカードは1枚あたりの金額で、枚数に応じてコストは倍額です。

機器は自身で購入して使うことも可能なため、長期的な利用を考えているなら、買ったほうが安い場合も多いでしょう。

西日本で機器をレンタルする場合

NTT西日本エリアでレンタルできるのは以下の2つで、東日本エリアとは若干異なります。

  • ホームゲートウェイ 250円
  • ホームゲートウェイ(無線LANカード付)350円

Marubeni光電話に加入する場合は、ホームゲートウェイは電話利用料金に含まれるため実質無料で借りられます。実質無料の場合でも、LANカードが必要でレンタルする場合は、別途100円かかることは覚えておきましょう。

Marubeni光の導入に必要な料金

他社からMarubeni光に乗り換え、あるいは新規契約する場合は、費用が発生します。費用発生のケースは、以下の3つです。

  • 新規契約の場合
  • 転用する場合
  • 開通工事の費用

導入にどれだけコストがかかるか知り、初期費用も試算しておきましょう。

新規契約の場合

Marubeni光で新規契約するには、契約手数料が2,000円かかります。これは完全に新規契約でも、NTT東日本から引越しの場合でも同じです。また、戸建て・マンションのタイプや、契約するプランによる変動もなく、一律で必要な費用です。

転用する場合

すでに光回線を引いている場合は、フレッツ光から転用という形でMarubeni光を利用できます。転用の場合は転用手数料がかかりますが、新規と同じで2,000円です。戸建てやマンション、プランに関係なく一律で、必須の費用と考えましょう。

開通工事の費用

新規契約に伴い、光回線の開通が必要な場合、工事費がかかります。新規開通の工事費は、状況によって異なるため注意が必要です。

  • ファミリー 屋内配線を新設する場合 19,000円
  • ファミリー 屋内配線を新設しない場合 9,600円
  • マンション 屋内配線を新設する場合または「VDSL方式」 19,000円
  • マンション 屋内配線を新設しない場合または「LAN方式」 9,600円

屋内配線新設の有無で、料金は大きく違ってくるため注意が必要です。工事費は分割払いもできます。また、派遣工事なしで済む場合は、戸建て・マンションともに2,000円で済みます。

Marubeni光のお申込みはこちら

Marubeni光の利用料金を抑えるには

契約時の初期費用から、毎月の利用料金まで、少しでも安く抑えるにはポイントがあります。

  • 4年契約プランを利用する
  • キャッシュバックのある代理店から申し込む
  • 工事費無料の代理店から申し込む

3つのポイントを守って、よりお得にMarubeni光を利用しましょう。

4年契約プランを利用する

Marubeni光の契約プランは2~4年に分けられており、もっともお得なのは4年契約です。新規で4年契約に加入すると「4ねん割」が適用され、月額利用料金がさらにお得になります。

  • 東日本戸建て 4,250円
  • 東日本マンション 2,900円
  • 西日本戸建て 4,250円
  • 西日本マンション 2,900円

東日本の場合、ギガタイプでも費用は同額のため、特にお得でしょう。4ねん割適用の際には、プロバイダはMarubeniBBで固定となり、上記の料金に980円を足したものが実際の月額利用料金と考えましょう。

4ねん割は割引が大きくお得ですが、解約のタイミングに注意しなければなりません。解約時期によって違約金は異なり、以下のように設定されています。

  • 13カ月未満 36,000円
  • 13カ月~24ヵ月 24,000円
  • 25カ月~36ヵ月 12,000円
  • 37カ月~48カ月 9,500円
  • 49カ月(更新月) 無料
  • 50カ月~ 9,500円

更新月で契約満了時に解約するなら問題ありませんが、早期解約すると高い違約金を請求されるため、注意しましょう。

キャッシュバックのある代理店から申し込む

契約丸紅テレコムの公式サイト以外でも可能で、特におすすめなのが代理店サイトです。代理店サイトでは、公式にない独自のキャッシュバックを用意しています。サイトによって金額は違いますが、数万円の高額キャッシュバックを用意しているとこもあるため、キャンペーンを利用すると、よりお得でしょう。

代理店サイトから申し込む場合は、キャッシュバック金額だけではなく、受け取りの条件や期間もチェックが必要です。

不要なオプションへの加入が必須だったり、受け取りまでの期間が長すぎる場合は、避けたほうが無難です。簡単に条件をクリアできて、2~3カ月程度でキャッシュバックが受け取れるサイトにすると安心でしょう。

工事費無料の代理店から申し込む

新規契約時は回線工事費がネックになることも多いですが、代理店サイトの利用で無料にできる場合があります。サイトによっては工事費無料キャンペーンを提示しており、キャッシュバックと併用できる場合もあるでしょう。

工事費無料は、実質無料の場合が多いです。実質無料は、分割払いの月額料金を割引くことで、工事費を相殺しています。そのため、完全無料にするには、分割払い期間中は解約してはいけません。長期的に使ってこそ実質無料となるため、少なくとも分割払い期間を終えるまでは、Marubeni光を利用し続けましょう。

Marubeni光のお申込みはこちら

Marubeni光を利用するまでの流れ

スムーズに丸紅光を利用するには、申し込みから利用開始までの流れを知っておくことが大切です。

  • 1.Marubeni光へ新規申し込みを行う
  • 2.申し込み受付の連絡が来るのを待つ
  • 3.工事の日程についての確認を行う
  • 4.光回線の開通工事を実施する
  • 5.利用を開始する

5つのステップを把握して、スムーズに利用を開始しましょう。

1.Marubeni光へ新規申し込みを行う

申し込みは、公式サイトか電話のどちらです。どちらの場合も身分証の提示が必要となるため、用意しておきましょう。電話の場合は、「0120-737-378」にかけます。営業時間は10~20時です。できるだけ平日の日中にかけたほうが、混んでいなくてスムーズでしょう。

2.申し込み受付の連絡が来るのを待つ

申し込み後は、丸紅光からの連絡を待ちましょう。申し込み後はすぐに契約に移るわけではなく、利用可能エリアかどうかや、契約時の初期費用の確認が行われます。確定次第連絡が来るため、これを待って申し込みの最終確認へと進みます。

3.工事の日程についての確認を行う

最終確認時には、いつ工事をするかスケジュールのすり合わせも行います。希望日の提示は可能ですが、業者の都合次第では別日になる可能性もあるため注意が必要です。年度末や新年度は、ネットを開通する人が多いため、混みやすい傾向にあります。

工事業者の時間も取りづらくなるため、繁忙期と重なる場合は注意が必要です。また、希望日があまりにも直近過ぎる場合も請け負ってもらえないため、数週間から1カ月程度は、余裕を持ってスケジュールを組みましょう。

4.光回線の開通工事を実施する

工事日を決定し、開通案内が送られて来た後、決定した日時で光回線の開通工事を行います。工事の詳細は書面だけではなく、電話やSMSで通知されることもあるため、こちらも確認しておかなければなりません。案内時に立ち会いの有無や詳細な情報が記載されているため、必ず確認しましょう。

5.利用を開始する

開通工事が終了した後は、パソコンや機器の設定を行い、利用開始となります。初期設定は自身で行う必要があるため、事前に設定方法を確認しておきましょう。

光回線は開通工事が数時間しないと安定しないことも多いため、少し時間を開けてから、接続を試すのがおすすめです。

Marubeni光のお申込みはこちら

契約期間を増やして月額料金をお得に利用しよう

Marubeni光をお得に利用するには、いかに月額利用料金を下げられるかがポイントです。もっとも簡単な方法は、4年契約を組んで基本料金を下げることです。

同じプランでも契約年数次第で費用は大きく違います。長めの契約で割引を適用させ、Marubeni光をお得に利用しましょう。

Marubeni光のお申込みはこちら

公開日時 : 2019年06月01日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!