[2019]iPad mini5のスペックとドコモの価格・料金プラン解説

Appleから2019年3月18日新型タブレットモデルiPad mini5の予約が開始されました。旧iPadmini4から約3年半ぶりの発表。今回、新旧モデルスペック比較とドコモで購入する際の価格・料金プランについて解説します。
新型ihone12噂 [2019]iPad mini5のスペックとドコモの価格・料金プラン解説

2019年3月18日にiPad mini5が予約受け付けを開始しました。旧モデルのiPad mini4が発売されてから約3年半が経ちますが、どのような進化を遂げたのか気になっている方もいるのではないでしょうか。

今回はiPad mini5がどのような進化を遂げたのか、またドコモでiPad mini5を使うならどんな料金プランになるのかを紹介していきます。iPad mini5が気になっていたという方はぜひ参考にしてください。

画像:ドコモオンラインショップ「iPad mini5」

[スペック比較]iPad mini5とiPad mini4の違い・変わらないところ

約3年半ぶりのモデルアップとなったiPad mini5ですが、見た目は旧モデルのiPad mini4とほとんど変わりません。

サイズは全く同じな上、2018年に発売されたiPad Proのようにホームバタンを廃した全面ディスプレイでもありません。

一瞬見ただけでは違いは分からないでしょう。

では同じサイズだから、カバーなどの互換性があるかというとそうでもありません。

カメラの位置や音量ボタンの位置が微妙に違うため、iPad mini4のケースをそのまま使えるとは限りません。

お手持ちのケースかそのまま使えるかどうかは今一度確認してみましょう。

1.iPad mini5は非光沢加工

細かい違いとしては筺体の縁のダイヤモンドカットの加工が違います。

iPad mini4では光沢のある加工をされていますが、iPad mini5では非光沢の加工がされています。

iPhoneなども光沢のデザインから非光沢のデザインに変更されているので、その流れを汲んでいるといえるでしょう。

2.iPad mini4と同じフルラミネーションディスプレイを採用

見た目が同じiPad mini5と4ですが、それはディスプレイも一緒です。

iPad mini4と同じくフルラミネーションディスプレイを採用しているため、光の反射が抑えられています。

フルラミネーションディスプレイとはディスプレイとカバーガラスの隙間をなくす加工のことで、間にある空気層が普通のディスプレイよりも少ないです。

そのため、光の反射を抑えるだけでなく、Apple Pencilの書き心地も向上しています。

フルラミネーションディスプレイを採用していないディスプレイでは、ペンが浮いているように感じます。

しかし、フルラミネーションディスプレイを採用することによって、ディスプレイに直接書いているような感覚なので、よりApple Pencilが使いやすくなっています。

Apple Pencilに対応しているiPad mini5に適したディスプレイと言えるでしょう。

3.iPad mini5は色彩の表現力が微妙にアップ

iPad mini5のディスプレイが4よりも進化した点としては、広色域(P3)ディスプレイに対応している点です。

通常のフルRGB色域よりもさらに広い色域を表示することができます。

iPad Proにも採用されておりリッチな表現が可能です。

しかし、一般の方であれば並べてみなければ分からない、もしくは並べてもわからないレベルの差かもしれません。写真やデザインを扱うような方でなければ恩恵を感じるのは難しいかもしれません。

4.iPad mini5はTrueToneテクノロジーで目に優しい色合いを自動調整

もう1つディスプレイが進化した点はTrueToneテクノロジーを採用していること。これは周囲の環境に合わせてディスプレイの色温度をいい感じに調整してくれる機能です。

色温度が変わってしまうので、写真の色なども微妙に変化させてしまいますが、長時間読み物をする方にとっては嬉しい機能です。

5.iPad mini5のセルラーモデルは微妙にデザインチェンジ

ほとんどデザインチェンジのないiPad mini5ですが、セルラーモデルには細かな変化があります。

セルラーモデルとは無線LANやルーターがなくても、携帯会社の回線を使って通信できるモデルですが、そのため筺体上部にはアンテナがついています。

iPad mini4ではアンテナに樹脂が使われており、上部の一部が色が違いましたが、iPad mini5ではラインになって見た目がスッキリしています。

機能的には変わりませんが、セルラーモデルを使っていて樹脂アンテナの見た目が気に入らなかった方にとっては、小さいけど嬉しい変化と言えるでしょう。

6.iPad mini5はiPhoneXSシリーズと同じプロセッサでハイスペック化

見た目ではほとんど旧モデルからの変化が見られなかったiPad mini5ですが、中身はしっかり進化しているので安心してください。

一番の違いはコンピューターの脳とも言えるプロセッサの違いです。

iPad mini4に搭載されていたA8プロセッサは、iPhone6/6Plusに採用されているものと同じで、RAMも2GBです。OSもどんどん進化しているのに対応しきれていませんでした。

そこで新型のiPad mini5に搭載されたのはiPhoneXSシリーズに搭載されているA12 Bionicプロセッサです。現時点ではかなり高性能なプロセッサで、ストレスなくiPadを使えるようになりました。

iPad mini4に比べて、起動時間やブラウザの表示速度は格段に上がり、表示遅れなどもほとんどないため、現時点で最高のタブレット体験ができるでしょう。

7.iPad mini5はTouchID認証速度がアップ

全画面ディスプレイではなくホーム画面を残したiPad mini5ですが、TouchIDによる指紋認証を搭載しています。

こちらのTouchIDによる指紋認証に関しても旧モデルよりも格段と早くなっています。

しかし、認証速度が早くなったのは、TouchIDの機能そのものが新しくなったのか、搭載しているプロセッサによるものなのかは定かではありません。

8.iPad mini5はApple Pencil(第1世代)が利用可能に

iPadにメモなどができるApple Pencilが人気ですが、もとはハイスペックモデルのiPadProでしか利用できませんでした。

それが続々廉価版のiPadやiPadAirでも使えるようになり、ついにiPad miniでも使えるようになったのです。

しかもApple Pencilでディスプレイをダブルタップするだけで、メモ機能を起動させる便利な仕様となっています。

iPad miniは持ち運びが便利なので、気になったことがあったときに即座に取り出してペンでメモがとれるのはとても使い勝手がいいですね。

電子メモとしてだけでも、十分に役立つデバイスと言えるでしょう。

9.iPad mini4とカメラの画素は一緒でも画質は格段によくなっている

カメラの性能にも目を向けてみましょう。先にフロントカメラを比較してみると、旧モデルが120万画素だったのに対し、iPad mini5では700万画素にアップしています。

自撮りやビデオ通話をしたいという方にとっては嬉しい進化ですね。リアカメラを見てみると、旧モデルと同じ800万画素となっています。

しかし、ここで落ち込むことなかれ。カメラの機能は画素だけで決まるわけではありません。

iPad mini5ではイメージセンサーの世代も違いますし、CPUも機会学習ができるA12 Bionicプロセッサです。

撮影できた写真は旧モデルに比べてノイズがかなり少なく、色彩鮮やかに表現されます。画素数だけを見て落ち込んでいた方は、実際の写真を旧モデルと比較してみましょう。

ドコモオンラインショップで「iPad mini5」の詳細を見る

ドコモでiPad mini5を使うといくらになるのか

iPad mini5の進化について見た後は、実際に使うと支払いモデルはいくらぐらいになるので、ドコモでのケースを見てみましょう。

iPad mini5の価格

まずはiPad mini5の価格について見ていきます。iPad mini5は64GBモデルと256GBモデルが用意されており、それぞれの価格は次の通りです。

新規・機種変更
64GB 256GB
端末代金(24回)
(支払い総額)
2,754円
(66,096円)
3,483円
(83,592円)
月サポ(24回)
(割引総額)
-1,944円
(46,656円)
-1,944円
(-46,656円)
毎月の負担額
(負担額合計)
810円
(19,440円)
1,539円
(36,936円)

参考:ドコモ「iPad mini(第5世代) 64GB」価格イメージ/ドコモ「iPad mini(第5世代) 256GB」価格イメージ


当然のことながら大容量の256GBの方が、月々の支払いが高額なのですが、月々サポートに関しては差がありません。

同じ額の割引が受けられるのですが、64GBのほうが少しお得に感じてしまうのは否めません。

iPad mini5の月々の支払いモデル

では実際にiPad miniを契約すると月々の支払いはどうなるのでしょうか。

このときに考えたいのが「スマホもドコモで契約して、データシェアで利用する」か「iPad mini5単体で契約する」かということ。

一般的にはスマホもドコモで契約していることが多いため、データシェアを利用する方のほうが多いでしょう。

スマホもドコモで契約して、データシェアする場合

まずは一般的な、スマホもドコモで契約してデータシェアする場合について見ていきましょう。

単独回線で利用するよりも料金を抑えることができるので、特別なこだわりがない方はこちらを選択したほうがいいでしょう。

もちろんiPad分のデータ量は増えるので、必要に応じてデータプランを変更するのがおすすめです。

シェアパックで利用
64B 256GB
端末代金 2,754円 3,483円
データプラン 1,836円 1,836円
シェアオプション 540円 540円
Spモード 324円 324円
月々サポート -1,944円 -1,944円
毎月支払い額 3,510円 4,239円

単独回線で利用する場合

単独回線で利用する場合には、従量課金制のベーシックパックを使うか、大容量のウルトラデータパックLのどちらかを選ぶことになります。

表ではベーシックパックを選んで1GB以下の料金を載せているので参考にしてください。

ちなみに5GB以上利用するなら、はじめから20GBウルトラデータパックLを利用したほうが安くなります。

ベーシックパック
64B 256GB
端末代金(24回) 2,754円 3,483円
データプラン 1,836円 1,836円
ベーシックパック 3,132円 3,132円
Spモード 324円 324円
月々サポート -1,944円 -1,944円
毎月支払い額 6,102円 6,831円

ウルトラデータLパックを利用した場合の料金は次のようになります。

ウルトラデータL
64B 256GB
端末代金(24回) 3,159円 3,888円
データプラン 1,836円 1,836円
ウルトラデータL 6,480円 6,480円
Spモード 324円 324円
月々サポート -2,025円 -2,025円
毎月支払い額 9,774円 10,503円

20GBでも足りないのであれば、30GBのウルトラデータLLというプランもありますが、8,640円と高額です。

自宅利用がメインであれば固定回線を引いてWiFi接続し、ベーシックパックを選んだほうが安く利用できるでしょう。

iPad mini5をドコモでお得に購入する方法

料金と支払プランを確認したところで、さらにお得に購入する方法をご紹介します。

方法1.dポイントを利用する

まずはdポイントをうまく活用することです。dポイントはドコモユーザーじゃなくても利用できる共通ポイントです。

    dポイントのおすすめポイント
  • 初期費用無料
  • 年会費無料
  • ポイント還元率は0.5~1%

TカードやPontaカードのようにカードが発行されており、ドコモショップ以外にもマクドナルドやローソンなどでも配布されています。

マクドナルドやローソンなどの加盟飲食店や家電量販店で買い物をするときにカードを提示すれば、0.5~1%の還元率でポイントがたまります。

他にもドコモの携帯料金をはじめ、ドコモが提供している各種サービスの料金の支払いにもdポイントが還元されます。

dポイントを貯めると、端末の購入代金に貯めることができるのでiPad mini5も安く購入できるのです。

方法2.dカードを利用する

dポイントを効率的に貯めるのに便利なのがdカードです。

    dカードのおすすめポイント
  • 無料で発行可能
  • 初年度年会費無料
  • 2年目以降1度でも使用すれば年会費無料
  • 基本のポイント還元率は1%

2年目移行も年に1度でも利用すれば無料で使い続けられます。ちなみに年に1度も使わないと年会費1,250円が発生してしまいます。

dカードを利用して買い物をすると決済額の1%がdポイントとして還元されます。

ドコモと提携している特約店に至っては2%の還元が受けられます。

今では各業界に特約店があるので、普段からdカードを利用して買い物していれば知らないうちにポイントが溜まっていることでしょう。

また、ローソンでの買い物は最も効果的です。ローソンでdカードを利用すると最大5%の還元を受けられます。

ローソン以外にも5%の還元を受けられるお店が随時増えているので公式ページで確認してみましょう。

ドコモのオンラインショップでは還元率が2倍になるので、iPad mini5をオンラインショップで購入すれば一気にポイントがたまります。

貯まったポイントは月々の料金の支払いにも使えるので、安くiPad mini5を購入できることと同じです。

方法3.dカードゴールドを利用する

ドコモでケータイの契約をしている方なら、dカードゴールドの方がおすすめです。

    dカードゴールドのおすすめポイント
  • 還元率10%
  • 利用料金によって、クーポンが発行される

年会費が1万円かかるので二の足を踏んでしまうかもしれませんが、ドコモユーザーであれば簡単にもとがとれます。

dカードゴールド会員になってカード払いをすると、なんと10%もの還元を受けられます。

ちなみにこの10%の内訳はdカード利用の還元1%とdカードGOLD会員の9%となります。

つまりdカードゴールド会員になって、還元率が1%以上の別のクレジットカードを利用すれば10%以上の還元にすることも可能です。

年間の携帯仕様料が10万円、月々だと8,200円以上であれば、この特典だけでも年会費はチャラにできる計算です。

他にも年に100万円以上のクレジットカードを利用することでクーポンが発行されます。利用額100~200万円の場合であれば10,800円分のクーポン。

年に200万円以上利用すれば21,600円分のクーポンが進呈されます。

普段の生活費で使っていれば100万円を使うのは難しくないのでクーポンも簡単にもらえます。

方法4.下取りプログラムを利用する

現在使っているドコモのスマホやタブレットを「下取りプログラム」で下取りに出せば携帯電話機などの購入代金から最大52,000円(税込)を割引!

それだけiPad mini5を安く購入できることになるので、今スマホやタブレットを持っているという方はぜひ下取りしてもらいましょう。

破損があったとしても破損品としての値がつくので家で寝かせておくよりは有効活用できます。

ドコモオンラインショップで「iPad mini5」の詳細を見る

さいごに

いかがでしたでしょうか。新旧比較とドコモでiPad mini5を購入する際の金額・お得に購入する方法をご紹介しました。

iPad mini5にしようか、iPad Air3にしようか迷っている方はこちらの記事も参考にどうぞ。

【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2019年05月21日

鈴木光平 ― ライター
鈴木光平 ― ライター

フリーのライター、趣味は料理とダンス。たまに公園で踊ってます。見かけたら声かけてください。喜びます。結婚してからは料理男子。妻の美容と健康のために頑張ったらハワイでモテる身体に近づけてしまいました。

関連キーワード