引越し先でWi-Fiを使いたい人必見!失敗しないインターネットの選び方

引越し時のインターネットの選び方をご紹介しています。新生活では快適なインターネット環境を作りたいですよね。今回は固定回線を契約する前に知っておきたい、Wi-FiやWiMAXについて解説をしています。それぞれの特徴がわかるのでインターネットの契約の参考にしてください。
【公式】カシモWiMAX 引越し先でWi-Fiを使いたい人必見!失敗しないインターネットの選び方

引っ越し先のインターネットの契約をどうしようかと迷っている人も多いと思います。「現住居では固定回線を使っていているから、引越し先でも光回線を契約しよう」と思う人も多いかも知れません。しかし、光回線やADSLなどの固定回線にはいろいろなメリットとデメリットがあります。

そこで、知っておいていただきたいのは、WiMAXという選択肢です。この記事では、Wi-Fiについて、詳しくご紹介しますので、引越し先のインターネット環境をどうしようかと迷っている人はぜひ参考にしてください

光回線の特徴|契約する前に知っておきたい4つのこと

引越し先で光回線やADSLなどの固定回線を契約する前に知っておきたいことがあります。それは、固定回線の4つの特性です。

  1. 【1】利用先の設備に依存する
  2. 【2】持ち運びはできない
  3. 【3】工事が必要
  4. 【4】工事を引き継げない

確かに、固定回線は定額制でインターネットをデータ通信無制限で楽しめるサービスなので便利です。ただ引越し先で契約をする際には注意しておきましょう。

【1】引越し先の設備に影響される

固定回線は引越し先の設備に依存しているため、設備によっては契約できなかったり、せっかくの光回線でも遅い回線しか利用できない場合があります。例えば、ADSLの場合は料金が同じでも、基地局から離れた建物では、基地局から近い建物と比べると通信速度が遅くなるという特性があります。

「光回線なら問題ないんじゃないの?」と思う人もいるかも知れません。しかし、光回線の場合でも建物の設備に影響されます。例えば、同じ料金でも最高速度が100Mbps、 200Mbps、1000Mbpsという3種類の光回線に分かれます。これは建物の設備によって最高速度が変わるからです。

同じ料金にも関わらず、利用できる通信速度が10倍も変わってしまうとはなんだか不公平な感じがします。さらに光回線のエリア外だった場合、光回線をそもそも契約できないという問題が発生します。

【2】持ち運びはできない

固定回線は自宅でしか使えません。Wi-Fiを飛ばして家の中ではインターネットには繋げるのですが、持ち運びは不可能です。よって、「外に持ち歩いて使う」ということはできません。「家の外でもインターネットを使いたい」という人には不便な仕様ですね。

【3】工事が必要

固定回線を使うためには、工事をする必要があります。この工事をしないと回線が開通しないので、インターネットを利用することができないのです。しかし、この工事が厄介で、3月や4月などの引越しシーズンでは回線工事が集中するため、1週間や2週間工事を待たなければ行けません。よって、契約をしてからも、すぐにはインターネットを使えないという事態になります。インターネットは今や生活の必需品ですから、たとえ数日間でもインターネットが使えない生活は案外不便です。

また、工事をすると工事費がかかったり、建物にダメージを与えることになったり、工事の日に立ち会わなければ行けないなどの負担がかかります。さらに、休日や平日の遅い時間に工事をする場合は追加の料金を3,000円ほど支払わなければ行けないので、共働きの人や平日は家を開けている人にとっては負担が大きいです。

【4】工事を引き継げない

固定回線は引越しをしたら、契約を引き継いで引越し先でもインターネットを使えます。しかし、契約を引き継いでも、引越し先では再度工事をする必要があります。そのため、引越しが多い人にとっては引越しをする度に工事代がかかり、時間も取られることとなります。

WiMAXの特徴|簡単に申し込めてすぐ使える

「固定回線って意外とデメリットが多いんだ」と感じた方におすすめしたいのがWiMAXです。なぜなら、WiMAXには以下の4つの特性があるからです。

  1. 【1】建物の設備に依存しない
  2. 【2】持ち運びができる
  3. 【3】工事が不要
  4. 【4】手軽に引越し

【1】建物の設備に依存しない

WiMAXは建物の設備に依存しません。無線で電波を受信して通信を行うため、極端な話建物に光回線やADSLといった固定回線の設備がなかったとしても通信をすることができます。光回線が届いていない地域やADSLの速度が出づらい地域に住んでいる人にとっては嬉しい内容ですね。通信速度は最大440Mbpsと光回線並みの速度が出るので、サクサクと インターネットが使えます。

【2】持ち運びができる

WiMAXの特性として大きなものに「持ち運びができる」というものがあります。WiMAXのルーターを持って行けば、外でもパソコンやタブレットをネットに接続することができます。「普段あまり家にいない」という人にとっては、固定回線を契約するより、WiMAXを契約して、家でも外でもWiMAXで済ませた方が通信費を節約できます。ルーター分荷物は増えますが、無制限でデータ通信をできるので、スマホのデータプランを容量の小さいプランに変更できます。すると通信費はさらに浮くことになります。

【3】工事が不要ですぐに使える

WiMAXは光回線やADSLと異なり、工事不要です。光回線やADSLは有線のケーブルでインターネットに接続しているのに対して、WiMAXは基地局から出ている電波を受信してインターネットに接続しているため、工事をする必要がないのです。

そのため、契約をしたその日からWiMAXの電源を入れてパソコンやスマホと連携させればインターネットに接続できます。なお、接続はWiMAXのルーターにWi-Fiのパスワードを表示させて、そのパスワードをパソコンやスマホに入力するだけなので、2分もあれば設定できます。光回線やADSLで悩まされがちな「インターネットを使えない期間」が発生しないのは大きなメリットです。

【4】手軽に引越し

引越しのたびに工事が必要な固定回線と違いWiMAXは、引越しの際でも手軽です。なぜなら、工事が不要のため、WiMAXのルーターを引越し先に持っていくだけで、引越し先でインターネットができます。引越しを重ねても工事代が発生しないので、引越しが多い人でも便利です。引越しをするたびに「またインターネットの工事に立ち会わないと行けない」と思わなくて済むので快適です。

WiMAXを契約するには?『カシモWiMAX』がおすすめの理由

お伝えしてきた通り、WiMAXを契約すると引越しの際にも簡単にインターネットが使えます。

WiMAXは工事不要にも関わらず、無制限でデータ通信が可能なところも嬉しいポイントですよね。3日間で10GB以上データ通信を行うと通信速度が一時的に遅くなりますが、通信速度が遅い状態でもYouTubeの動画を観られる程度の速度は出ます。

WiMAXにはさまざな会社がありますが、おすすめは『カシモWiMAX』です。業界最安級の月額1,380円から利用ができます。さらに契約初月は無料なので費用がかさむ引越しの際はありがたい特典です。

カシモWiMAXを契約する

カシモWiMAX』についてさらに詳しく知りたい!という方はこちらの記事を合わせて読んでみてください。

【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2018年03月06日

菅野 辰則 ― ライター
菅野 辰則 ― ライター

最新ガジェット、家電、デバイスが大好物。秋葉原、ネットショップでコスパの高い中古端末に目を光らせている。iPhone・iPadを格安SIMとWiMAXで利用中。趣味はダンス、週4日のトレーニングを欠かさない。

関連キーワード