[2019]iPad mini5をソフトバンクで購入する方法や価格は?キャンペーン情報も!

2019年3月に新型「iPad mini5」が発売されました。「iPad Air3」より小型でApple Pencil対応と、身軽に使いたい派に嬉しいiPad mini5。スペックや価格、ソフトバンクで購入する際にお得になるキャンペーンをご紹介します。
楽天モバイル20220722 [2019]iPad mini5をソフトバンクで購入する方法や価格は?キャンペーン情報も!

iPhoneやApple Watchと並び、仕事や日常生活の中で利用する機会が多いのがiPadです。初代iPadが発売されて以降次々と新しい機種が発売されています。

今回は、iPadの中でもコンパクトタイプであるiPad miniの最新機種であるiPad mini5に関して特徴を解説します。

また、ソフトバンクで購入する際の方法と、お得なキャンペーンについても解説しているのでぜひ参考にしてみてください。

画像:ソフトバンクオンラインショップ

\お得にスマホを契約しよう!/

iPad mini5とは?特徴と機能

iPad mini5とは、iPadシリーズの中でも最新の機種であり、2019年3月18日にアメリカで発売が発表されました。

日本では少し遅れて2019年3月30日に発売されたばかりの機種です。まだ、所有していないという人も少なくないのではないでしょうか。

iPad mini5の前のタイプであるiPad mini4は2015年9月に発売されているため、約3年半ぶりの発売となります。

ちなみに、カラーはシルバー/スペースグレイ/ゴールドの3色が展開されています。

では、iPad mini5の特徴としてはどのようなものがあるのでしょうか。主に以下の点が挙げられます。

  • コンパクトなボディ
  • バッテリーの長さ
  • パフォーマンスの高さ
  • 高性能ディスプレイ
  • Apple Pencilにも対応

それぞれについて解説します。

特長1.コンパクトなボディ

iPad miniということで、通常のiPadよりもサイズが小さく、軽くて持ち運びやすくなっています。

荷物を増やしたくない、カバンを重くしたくないという人にはおすすめなのがiPad mini5です。

人によって違いがありますが、片手で作業をすることも十分できます。電車での移動中などでも場所を取らずに仕事をすることも可能です。

特長2.バッテリーの長さ

iPad mini5では、1度の充電で最大10時間使うことができます。そのため、例えば学校や仕事に持っていっても1日使うことができます。

また空き時間などに動画を見て暇つぶしをすることも可能です。パソコンのように起動に時間もかからないので使いたいときにさっと取り出して使うことができるのも大きな魅力でしょう。

特長3.パフォーマンスの高さ

iPad mini4と5の違いは、5には高性能のCPUプロセッサが搭載されている点です。そのため、アプリや各種作業もスイスイ操作することができ、より快適な環境でiPadを使うことができます。

また、後述しますがApple Pencilも使えるため、細かい作業にも対応可能です。

特長4.高性能ディスプレイ

iPad mini5のディスプレイは7.9インチのRetinaディスプレイとなっています。

また、光の乱反射を抑える技術を搭載しているので、画面の見やすさも確保されているのが特徴です。これによって屋外でiPadを使うときでも画面が見やすくなります。

さらに、iPad mini5では、利用している環境の光に合わせてディスプレイの色温度を自動で調節してくれるTrue Toneテクノロジーという技術も搭載しています。周辺の光に合わせて適切な画面の色温度を設定してくれるので目に優しくもあります。

ちなみに、2018年に発売されているiPad Proではホームボタンが廃止されていますが、iPad mini5ではホームボタンが搭載されています。

また指紋認証もついています。この指紋認証の速度はiPad mini5で速くなっていると言われています。

特長5.Apple Pencilにも対応

Apple Pencilは、iPadの操作を行うことができるペンのことですが、元々はiPad miniには対応していませんでした。

しかし、iPad mini5ではApple Pencilに対応しているため、メモを書く際などはノートに書き込む感覚で記入できます。

また、iPad mini5ではロック画面をApple Pencilでダブルタップするとすぐにメモ帳が起動するため、急いでいるときなどにも便利です。

Apple Pencilにこそ対応していますが、スマートキーボードには未対応です。iPad mini5は画面自体が小さいこともあり、スマートキーボードの利用にはあまり向いていないことを考えると納得できるものです。

ただし、どうしてもキーボードが使いたい、という場合はワイヤレスタイプのものを利用することができます。

そして、iPad mini5にはイヤホンジャックがついているので有線のイヤホンを接続することも可能です。

以上が大まかなiPad mini5の特徴です。コンパクトさや画面の綺麗さ、バッテリーの持ちの良さなど使い勝手は十分だと言えます。

ソフトバンクオンラインで「iPad mini5」を購入する

iPad mini5の価格とソフトバンクでの購入方法

iPad mini5はAppleショップを始め、家電量販店や携帯電話の各キャリアのショップで購入できます。

ここでは、各お店の中でもソフトバンクショップでの購入方法について解説します。

ソフトバンクでiPad mini5を購入する場合、オンラインもしくは店頭のどちらかを選ぶことになります。

ソフトバンクオンラインショップの場合は、オンライン上で見積もりを作成することもできるので、具体的にいくらかかるのかといった点も確認することができます。

また、オンラインで購入すると自宅での受け取りはもちろん、各ソフトバンクショップでの受け取りも可能です。

自宅への郵送は送料無料で利用でき、店舗での受け取りは受け取る際にプランや初期設定に関する相談をすることもできます。

初めてiPadを購入する人で、初期設定方法がいまいちわからない…という人は店頭受け取りを利用することをおすすめします。

店舗で購入する場合、訪れるタイミングによっては混雑していて時間がかかるケースもあるので、可能であれば事前に予約しておくとスムーズです。

また、在庫が切れている可能性もゼロではないので、予約の際に確認しておくとよいでしょう。こちらの場合も店頭でスタッフの人に料金プランの相談や設定方法の案内などを受けることができます。

実物を触ってみてから購入を判断したいという人は店舗で購入することをおすすめします。

iPhone格安SIM通信では、ソフトバンクで最新iPadをお得に購入する方法を紹介しています。 ソフトバンクで他のiPadの購入も検討している方は、こちらをご覧ください。

ソフトバンクオンラインでiPad mini5の詳細を見る

価格は?

iPadというと高価なイメージがあるかもしれませんが、iPad mini5の価格はいくらなのでしょうか?

ソフトバンクで購入する場合、購入するプランによって価格が変わってくるので注意が必要です。各プランと価格は以下の表の通りです。

WiFi+Cellularモデルとは、WiFi利用でもソフトバンクの電波利用でもインターネット通信をすることができるモデルのことです。

以下の表は、各GB、3つのモデル別に料金をまとめたものです。端末自体の金額は高いですが、割引を利用することで減額となります。

なお、表に出てくる月月割は機種に応じた一定額を、通信量から月々割引するサービスのことです。

64GBモデルの場合

WiFi+Cellularモデル WiFiモデル
iPad 単体での利用
(24回払い)
スマートフォンまたはケータイとセットでの利用
(36回払い)
販売価格:49,464円
機種代金24回分割
(合計)
2,730円×24回
(65,520円)
機種代金36回分割
(合計)
1,820円×36回
(65,520円)
iPad 向け月月割
(総額)
-2,520円×24回
(-60,480円)
iPad 向け月月割
(総額)
-1,680円×36回
(-60,480円)
実質負担額
(総額)
210円×24ヵ月
(5,040円)
実質負担額
(総額)
140円×36ヵ月
(5,040円)

256GBモデルの場合

WiFi+Cellularモデル WiFiモデル
iPad 単体での利用
(24回払い)
スマートフォンまたはケータイとセットでの利用
(36回払い)
販売価格:67,824円
機種代金24回分割
(合計)
3,480円×24回
(83,520円)
機種代金36回分割
(合計)
2,320円×36回
(83,520円)
iPad 向け月月割
(総額)
-2,550円×24回
(-61,200円)
iPad 向け月月割
(総額)
-1,700円×36回
(-61,200円)
実質負担額
(総額)
930円×24ヵ月
(22,320円)
実質負担額
(総額)
620円×36ヵ月
(22,320円)

詳しくは、ソフトバンク「iPad mini5」機種代金のページをご確認ください。


WiFiモデルの場合は価格は固定ですが、WiFi+Cellularモデルであれば、機種代金から先述した月月割という割引プランを利用することができるため、実質的な負担額は大幅に下げることができます。

ただし、WiFi+Cellularモデルだとデータ通信料金も発生するため注意してください。

ソフトバンクオンラインで「iPad mini5」を購入する

ソフトバンクで利用できるキャンペーン3つ

ソフトバンクでiPad mini5を購入すると以下のようなキャンペーンを利用することができます。

  • タブレットずーっと割
  • 下取りプログラム
  • はじめてタブレット割

これらを利用すれば、より安くiPad mini5を入手することができます。どういったキャンペーンなのか確認していきましょう。

タブレットずーっと割

タブレットずーっと割は、条件を満たした人を対象に、iPadなどのタブレットの基本料金が割引になるというものです。

「ずーっと」という言葉がついているように、タブレットを利用している間は割引が継続されます。

なお、このプランでは、2つの特典から利用者の好みに応じて選択することができ、その特典の1つが利用料金の割引という形になっています。特典の内容はそれぞれ以下のようになっています。

  • 特典A:タブレット基本料金が毎月520円割引になる
  • 特典B:15,000円のキャッシュバック

タブレットずーっと割を利用するための条件は以下の通りです。

  • 対象機種の購入を伴う契約をしていること
  • 対象機種を新スーパーボーナス3年割賦契約(一括/分割)で購入していること
  • データシェアプラスに加入中、または対象機種のご購入と同時に加入したうえでタブレットずーっと割に申し込むこと

ちなみに、データシェアプラスとは、携帯電話で契約する「データ定額サービス」のデータ量をタブレットとシェアできるというものです。

つまり、このキャンペーンを利用するにはソフトバンクのスマートフォンが必要ということになるので注意してください。

下取りプログラム

下取りプログラムとはその名の通り、それまで利用していたタブレットを下取りし、通信料金から割引を行うというものです。割引は24回分の分割割引になります。

なお、下取りする端末はガラスにヒビが入っている、タッチパネルが反応しない、など破損が確認されると下取り価格が減額となってしまうので注意してください。

この下取りプログラムを利用するための適用条件は以下のようになっています。

  • 対象機種の購入を伴う契約をしていること
  • 対象機種をiPad 専用契約または新スーパーボーナスまたは通常契約で購入すること
  • iPad 専用契約または新スーパーボーナスまたは通常契約で購入していること(下取りの対象機種をソフトバンクで購入している場合)

キャンペーンへの申し込みは、店頭もしくは郵送で行うことができます。

はじめてタブレット割

はじめてタブレット割は、ソフトバンクの携帯電話を利用している人が対象となるタブレットを購入した場合に、利用料金が割り引かれるというものです。

キャンペーンへの適用条件は以下のようになっています。

  • 対象タブレットを新スーパーボーナス(36回払い/一括払い)で購入し、はじめてタブレット割に申し込むこと
  • データ定額パックに加入していること
  • タブレットプランに加入していること

ちなみに、このはじめてタブレット割は先ほど紹介したタブレットずーっと割と併用することはできないので注意してください。

ソフトバンクのキャンペーンで「iPad mini5」を購入する

まとめ

今回はiPad mini5の概要と特徴、そしてソフトバンクで購入する場合の購入方法とキャンペーンについて解説しました。

iPad mini5は使い勝手が従来の製品よりもさらに良くなっているため、すでにiPadを持っているという人にもおすすめです。

また、ソフトバンクオンラインやキャンペーン活用で購入することで利用料金を安く抑えることもできます。ぜひ参考にしてみてください。

公開日時 : 2019年05月14日

Kzy Shibata ― ライター
Kzy Shibata ― ライター

岡山県出身 フリーライター兼サッカー監督です。 「人間万事塞翁が馬」をモットーとしています。

関連キーワード