安いスマートウォッチのおすすめ商品|選び方のコツなども解説

昨今話題のスマートウォッチを入手したい人は、できるだけ安値で購入することをおすすめします。この記事では、安くて高性能なおすすめスマートウォッチやスマートウォッチを選ぶときのポイント、買うときの注意点などを解説していきます。
【公式】カシモWiMAX 安いスマートウォッチのおすすめ商品|選び方のコツなども解説

「スマート○○」という名の付く商品は、非常に人気があります。その中でもスマートウォッチは、腕につける電子機器として話題のアイテムです。

価格的にも機能的にも納得いくものを選び、今以上に生活を豊かにしていきましょう。本記事では、そんな流行りのスマートウォッチについてさまざまな角度から解説します。

具体的には、スマートウォッチを選ぶときのポイント、安くて高性能なおすすめスマートウォッチ、スマートウォッチを購入するメリット、安さだけでスマートウォッチを購入する場合の注意点などを取り上げていきます。

自分に必要な性能を持ったスマートウォッチを納得して選びたい人は、参考にしてください。

スマートウォッチを選ぶ時のポイント

スマートウォッチを選ぶときには、下記のようなポイントがあります。自分に合ったスマートウォッチを見つけるために、注意してみてください。

  • 自分に合ったタイプを選ぶ
  • スマホのOSに対応している
  • 用途に合った機能がついている
  • TPOに合ったデザインをしている

自分に合ったタイプを選ぶ

スマートウォッチには多彩な種類があります。タッチディスプレイのものであれば、タッチパネルで操作できます。しかしながら、指紋がスマートウォッチについてしまうデメリットがあります。アナログタイプは、普通の時計のようなデザインですが、スマホと連携可能です。

ネオンサインタイプはスタイリッシュなデザインであり、シンプルな機能性を求めている人に最適です。こうしたスマートウォッチのタイプを知り、自分に合ったアイテムを見つけましょう。

また、スマートウォッチの口コミや商品レビューの確認も重要です。スマートウォッチだけではありませんが、商品は実際に使ってみないとわからないことがたくさんあります。特に通販で購入する人は、必ず口コミなどに目を通しておきましょう。

スマホのOSに対応している

スマートウォッチはスマホと連携します。そのため、使っているスマホがiPhoneならばiOSのバージョンが対応しているか、AndroidならばAndroid OSに対応しているのかチェックして、スマートウォッチを選ぶようにしましょう。スマホのOSに対応していない場合、利用できない可能性があります。

ちなみにスマートウォッチ自体のOSは、Appleの「watchOS」、グーグルの「Wear OS by Google」、サムスン電子の「Tizen」という種類があります。

用途に合った機能がついている

スマートウォッチにはさまざまな機能が備わっています。

心拍計、歩数計、血圧測定、地図機能、カロリー計算機能、メール通知、音楽プレーヤー、睡眠検知機能などです。使用する用途に合った機能がついているのか確認して、アイテムを選ぶようにしましょう。

安価なスマートウォッチは、高価なものに比べて備えている機能性が少ない場合があるため、しっかりと確認してからアイテムを選ぶようにしましょう。

TPOに合ったデザインをしている

ビジネスシーンならばスタイリッシュタイプ、運動ならばスポーティかつ軽量タイプなど、使用するシーンに適したデザインのものを選ぶことも重要です。TPOに合わないデザインのスマートウォッチは、使い勝手が悪いと言えるでしょう。

防水性能の有無もチェックすることをおすすめします。特にスポーツやアウトドアでスマートウォッチを使いたい人は、確認しておきましょう。高値のアイテムであれば水泳をしているときにも使えますが、安いスマートウォッチは、高い防水性能を備えているとは限りません。

防水性能だけではなく、耐久性もチェックしましょう。体を動かしているときにスマートウォッチつけたい人は、どのような素材が使用されているのかも確認する必要があります。

安くて高性能なおすすめスマートウォッチ

安くて高性能なスマートウォッチはさまざまなメーカーからリリースされています。ここからは、下記のおすすめスマートウォッチについて紹介していきます。これらは1万円以下で購入でき、性能も高い商品です。

  • Lifesense band2s
  • LAD WEATHER
  • GARMIN アクティブトラッカー
  • イヤス スマートブレスレット
  • HUAWEI Band2 Pro
  • Risorea スマートウォッチ RI-SWT-01
  • ガンリバースマートウォッチ
  • Cutarスマートウォッチ
  • GOKOOスマートウォッチ
  • PMJスマートウォッチQ11V
  • OKNAEスマートウォッチ
  • itDEALスマートウォッチ

Lifesense band2s

  • 対応OS:iOS8.0以上、Android4.4以上
  • 重さ:20g

「Lifesense Lifesense band2s」は、医療機器メーカーが、これまで培ってきたノウハウを詰め込んで開発したスマートウォッチです。体調管理のためにうってつけのアイテムだと言えるでしょう。

高精度センサーによって心拍管理ができたり、自動ランニング認識機能や防水防塵機能を備え、スポーツウォッチのように利用できます。海外の製品ですがスマホ用の完全日本語対応アプリがあり、簡単に操作ができます。

LAD WEATHER

  • 対応OS:Android 4.3以上、iOS6.0以上
  • サイズ:腕回り 最小約160~最大約215mm? ベルト幅 22mm
  • 重さ:約72g

「LAD WEATHER」はSNSやメールなどの受信、消費カロリーなどの表示も行うスマートウォッチです。スマートフォンを探す機能や睡眠管理、運動不足お知らせアラーム機能なども備え、スタイリッシュなデザインも魅力的です。

また、「LAD WEATHER」では、スマートウォッチだけではなく、さまざまなアウトドアグッズを取り揃えています。価格が抑えられているアイテムばかりだからこそ、人気の高いアウトドアブランドとして知られています。

GARMIN アクティブトラッカー

  • サイズ:バンドサイズ 137~195 mm ディスプレイサイズ 10mmx10mm
  • 重さ:26g

「GARMIN アクティブトラッカー」はカロリーや心拍などを数字で表示することができ、スタイリッシュなデザインが特のスマートウォッチです。ウォーキングや睡眠管理にも対応しています。

「Garmin」は、アメリカのブランドです。スポーツやアウトドアだけではなく、海洋や自動車にも適したグッズを多数リリースしています。さらに、1989年設立という古い歴史があり、世界中に拠点を構えている会社です。

イヤス スマートブレスレット

  • 対応OS:iOS8.2、Android4.4
  • サイズ:43×37×13mm

「イヤス スマートブレスレット」は、睡眠診断、心拍計、血圧計測などの機能のほか、運動記録、多運動モードなども使えるスマートウォッチです。高精度1.3インチディスプレイで見やすく、大容量バッテリーを搭載しています。また、電話やSNSの通知機能も備えています。

連続で使用できる時間は8~12日間であり、磁気充電で手軽に充電可能です。腕を上げると自動で点灯する機能もついており、夜道などで活かせます。

HUAWEI Band2 Pro

  • 対応OS:Android 4.4+、iOS 8.0+
  • サイズ:ディスプレイ0.91インチ

「HUAWEI Band2 Pro」はスタイリッシュなデザインが魅力であり、GPS、睡眠計測、自動心拍数計測、リアルタイムコーチング機能を備えているアイテムです。さらに防水・防塵性にも優れ、電池もちも悪くありません。

「HUAWEI」は、スマートウォッチだけではなく、スマホ、パソコン、タブレットなどを製造している会社です。「HUAWEI Band2 Pro」以外にも、魅力的なスマートウォッチを数多くリリースし、多くの人に知られているメーカーでもあります。

Risorea スマートウォッチ RI-SWT-01

  • 対応OS:Android 4.4、iOS 9.0
  • サイズ:画面1.3インチ

「Risorea スマートウォッチ RI-SWT-01」は、ビジネスシーンに最適なスマートウォッチです。血圧測定、心拍計、血液酸素測定、睡眠診断といった機能があり、防水性にも優れています。また、8つのトレーニングモード、リモート音楽操作、カメラの遠隔操作もできる時計です。

アプリ言語は、日本語にも対応しており、2時間の充電で3~7日間使用できます。他にも、天気予報、長座注意、スマホの紛失防止、スマートウォッチ輝度調整などの機能もついている優れものです。

ガンリバースマートウォッチSW329

  • 対応OS:Android 4.3以上、iOS 7.0以上
  • サイズ:0.96インチのOLEDディスプレイ

「ガンリバースマートウォッチSW329」は、心拍モードや自転車モードに切り替えられ、時計機能、通知機能、リモート音楽機能などもあるスマートウォッチです。スポーツウォッチとして使い勝手が良い時計でもあります。

マイナス10度から45度の温度に対応しており、汗や雨にも対応できる防水機能も備わっています。約2~3日間の連続動作が可能です。充電する際は、本体をUSBポートに接続します。

Cutarスマートウォッチ

  • 対応OS:Android4.4以上、iOS 8.0以上
  • サイズ:0.96インチのカラースクリーン
  • 重さ:約25.3g

「Cutarスマートウォッチ」はカラースクリーンになっており、ランニングモード、心拍計、心拍警報などの機能があります。さらにスケジュール管理、タイマー機能、血圧計、女性生理管理機能、カメラ遠隔操作なども備わっています。

5~10日程度の連続動作がででき、-25度~55度の温度で動作が可能です。防水機能もついており、スポーツウォッチとしても使用できる時計です。

GOKOOスマートウォッチ

  • 対応OS:Android 5.1以上、IOS 8.0以上
  • サイズ:スクリーンサイズ1.0インチ
  • 重さ:45g

ファッショナブルな「GOKOOスマートウォッチ」は、自動心拍計測、血圧?血中酸素測定などができる、多機能なスマートウォッチです。運動モード、活動量計、睡眠検測、疲労度測定などの機能もあり、防水性にも優れています。

アプリの言語は日本語に対応しており、充電時間は2時間、連続動作は最長7日間です。素材はレザーを使っているため、高級感もあります。

PMJスマートウォッチQ11V

  • 対応OS:Android4.4以上、iOS8.0以上
  • サイズ:全長25×フェイス縦50×横13mm×フェイス横厚み6mm×ボディ全体横厚み10mm/ベルト着用サイズ22mm最大・16mm最小
  • 重さ:30g

「PMJスマートウォッチQ11V」は大画面スクリーンで見やすく、交換ベルトも多数あるスマートウォッチです。カメラ操作、活動計測、座りすぎアラート、睡眠サポート、着信通知、ストップウォッチなどの機能もあります。

本革レザーベルトもあり、ビジネスシーンにも利用できます。また、防水機能があり、マイナス20度から55度の温度で動作可能です。

OKNAEスマートウォッチ

  • 対応OS:iPhone、Android
  • サイズ:1.3インチディスプレイ

「OKNAEスマートウォッチ」はユニークな画面表示が特徴であり、身体計測、体調管理、スポーツナビ、通知機能など、多彩な機能を備えている時計です。

他にも、IP67級防水に多言語対応など、さまざまな特徴があります。2時間の充電で20日間使用でき、アルミ合金と強化ガラスによって強い保護力もあるスマートウォッチです。

itDEALスマートウォッチ

  • 対応OS:Android4.4以上、iOS 8.0以上
  • サイズ:ディスプレイ0.96

「itDEALスマートウォッチ」は、活動量計、心拍計、血圧測定などの機能があり、スポーツ時に適している時計です。他にも、睡眠診断、着信通知、生理周期管理などの機能を備え、日差し対応、IP67等級の防水性能もあります。

充電時間は2時間程度、待受画面の状態で使用できる時間は6~7日程度です。タッチパネル操作できるスマートウォッチでもあります。

スマートウォッチを購入するメリット

スマートウォッチを購入するメリットはさまざまあります。それぞれのメリットについて詳しく知り、より自分に合ったスマートウォッチを選べるようになりましょう。

  • 健康を手軽に管理することができるようになる
  • スマホと連携することができる
  • アプリで機能を拡張することができる
  • スマホを出す機会を減らすことができる

健康を手軽に管理することができるようになる

スマートウォッチの種類によっては、心拍や歩数、血圧計測機能などがついています。こうした機能は、自分の健康管理に役立てることが可能です。

また長時間座っている状態が続いていると、動いた方が良いと知らせてくれるスマートウォッチもあります。年康面が気になるという人は、こうした機能を備えているアイテムを選ぶようにしましょう。

スマホと連携することができる

スマホとスマートウォッチを連携させることにより、LINEの通知や着信、メールの受信状況を把握できます。スマホを持っていない状態でもすぐに連絡に気づくことができ、非常に便利です。

スマホと連携させるために重要なのは対応OSです。購入前に、所持しているスマホのOSは利用できるのか、必ず確認しておきましょう。

アプリで機能を拡張することができる

アプリをインストールすれば機能を増やすことが可能です。自分好みのスマートウォッチにしたい人は、アプリで機能を拡張しましょう。

スマホの地図アプリを表示させたり、スマートウォッチ専用のアプリを利用して、より快適に使用することも可能です。スマートウォッチの機能を存分に活かすために、スマホアプリについても理解を深めておきましょう。

スマホを出す機会を減らすことができる

スマートウォッチは、専用アプリがあれば料金の支払いも可能です。ただし、スマートウォッチの種類によっては支払い対応不可の可能性もありますので、選ぶ際は注意が必要です。

また、種類によっては簡単なメッセージの返信もできるため、わざわざスマホを取り出す必要がありません。スマホを出す機会を減らせるメリットもあります。

安さだけでスマートウォッチを購入する場合の注意点

スマートウォッチを購入する際、安さだけで選んで後悔しないよう注意が必要です。ここからはスマートウォッチ購入について詳しい注意ポイントを解説していきます。

  • 機能面で不便を感じる可能性がある
  • 交通系のICカード決済ができない
  • 高く売ることができない
  • 何度も充電しなければいけない可能性がある

機能面で不便を感じる可能性がある

価格の安いスマートウォッチは、メールの通知が表示されるだけで、メールの本文をチェックしたり返信したりできない種類もあります。そのため、メールを確認し返信する際は、わざわざスマホを取り出す必要があります。

交通系のICカード決済ができない

交通系のICカード決済に未対応のスマートウォッチもあります。

ICカード決済に対応しているスマートウォッチは、財布やカードケース、あるいはスマホを取り出す必要がありませんが、未対応であれば、ICカード決済が不可能です。高値のスマートウォッチに比べて、安いものの方が未対応の可能性が高いので、注意が必要です。

高く売ることができない

スマートウォッチが不要になった際、中古品として買取に出す場合もあるでしょう。その際、あまり知られていないメーカーの安いスマートウォッチは、値段が付かない恐れがあります。

人気アイテムであれば、もちろん高値買取も実現可能です。安いスマートウォッチは高く売ることができないことも、注意点として覚えておきましょう。

何度も充電しなければいけない可能性がある

安いスマートウォッチのバッテリーは性能が低く、何度も充電を繰り返す必要が生じるものもあります。このようなスマートウォッチであれば、外出中に充電が切れて使えなくなるなど、不便な事態が生じる可能性もあるでしょう。

安いスマートウォッチを購入する際は、充電という面でも使用に支障がないかどうかをあらかじめ調べましょう。

使いたい機能を備えたスマートウォッチを選ぼう

今話題のスマートウォッチを選ぶ際は、自分に合ったタイプなのか、スマホのOSに対応しているのか、用途に合った機能がついているのか、TPOに合ったデザインをしているのか確認しましょう。

スマートウォッチを購入すれば健康を手軽に管理できます。メール受信機能や決済機能もあるため、スマホを頻繁に出さなくて済むようになるでしょう。

一方、安さだけでスマートウォッチを購入する際の注意ポイントは、機能面で不便を感じる可能性があることや、交通系のICカード決済ができない可能性、何度も充電しなければいけない可能性があることです。また、使わなくなった際、高く売ることもできません。

スマートウォッチのメリットや選ぶ際の注意点を押さえ、自分に合ったアイテムを選ぶようにしましょう。

公開日時 : 2019年09月18日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード