ソフトバンク光

auひかりの通信速度が遅いと感じたら|通信機器のチェックで改善を

高い月額利用料を払っているのにauひかりが遅い、という声もまれに聞かれます。しかし、その多くは通信機器のトラブルや環境的な要素が原因であったりするものです。自分でも簡単にできる速度改善の方法や、通信速度のチェック方法について解説していきます。
【公式】カシモWiMAX auひかりの通信速度が遅いと感じたら|通信機器のチェックで改善を

auひかりは、文字通り高速な光回線を利用したサービスです。したがって、一般家庭で使用される通信回線としては最速の環境のひとつですので、速度が遅いということはまずあり得ません。しかし、接続している機器の数や接続方法の違いによって、その性能を最大限に発揮できていない場合もあります。

また、速い遅いといった評価は個人的な感覚の差もあるでしょう。この記事では、auひかりを敷設しているのにもかかわらず、通信速度が相対的に遅いと感じられる場合の原因と対策について詳しく解説していきます。

auひかりの通信速度が遅くなる原因

WiFi、光回線の通信速度が遅くなる原因と見直すべくポイントについては、以下の動画で解説しています。

動画や音楽の配信を受ける際にも快適なスピードを誇る光回線ですが、ストレスを感じるほどの遅さを感じた場合には、何らかの原因があります。

配線の方式によって遅くなる場合がある

アパートやマンションの建物内の配線方式によって、通信速度が遅くなる場合があります。特にギガ対応プランではないマンションタイプは、ひとつの設備を複数の世帯が利用することになるので、遅くなる場合もあるでしょう。

また、マンションでは、建物内に既設の電話線をインターネットの通信網にも利用しています。これをVDSL方式といい、既設の電話回線を使っているので、新たに工事をする必要がないというメリットがあります。しかし、電話線の容量は光回線よりはるかに遅く、劣化も進みやすいというデメリットを抱えています。

さらに、決まって夜間に速度が遅くなるといった場合は、回線分岐とネットワークの混雑を原因とする場合が多いと言えます。夜間はネットワークを利用する人が増えるので、回線が混雑し通信速度が遅くなってしまうことが大きな要因です。

通信機器の調子によって遅くなる場合がある

電柱から建物まで、あるいは建物内の情報コンセントまで光回線が敷設されていたとしても、実際にインターネットを楽しむ端末を接続するためには、複数の機器が介在しなくてはなりません。

auひかりの場合は、回線の終端(モデム)、ホームゲートウェイ、ルーターを経由して、ようやくパソコンやスマートフォンを接続できます。これら中間に位置する機器それぞれに通信速度を阻害する要因があれば、それらが複合して端末のネット環境を劣化させることが起こり得ます。

こういった場合の対応として真っ先に行うべきなのが、通信機器の再起動でしょう。機器によっても若干の違いはありますが、概ね以下の手順で行います。

  • パソコンやWiFiルーターなど接続している端末の電源を切る(スイッチが無い機器はコンセントを抜く)
  • auひかりの宅内機器の電源アダプタを抜く
  • 30秒?1分程度待ち、宅内機器の電源アダプタを接続する
  • パソコンやWiFiルーターを接続し、起動する

再起動後も改善しない場合は、レンタル機器の不具合の可能性もあります。早めに対応窓口に相談してみましょう。

auひかり

auひかりの通信速度を回復させるための対処法

複数の機器が通信を司どっているauひかりですが、速度を回復させるための対応には、いくつかのチェックポイントがあります。ボトルネックとなっている箇所を特定するには、ある程度の慣れや知識も必要ですが、まずは簡単に確認できる部分からチェックしてみましょう。

ホームゲートウェイを再起動させる

auひかりに特有の機器である、ホームゲートウェイは、以下の手順で再起動します。

  • ホームゲートウェイの電源アダプタを抜く
  • ホームゲートウェイ上部にある「更新ボタン」を押しながら電源を入れる

なお、ホームゲートウェイの再起動は、ホームタイプ、マンションタイプV・Eのみ可能ですので、自宅の環境がどのタイプか確認してから実施しましょう。

機器を確認する

ホームゲートウェイの再起動でも改善しない場合は、さらに他の機器の状態を確認する必要があります。焦らず、順を追ってチェックしましょう。

ルーターの対応速度を確認

光回線には、1Gbpsの通信容量があります。しかし、そこから先に接続されているさまざまな機器のすべてに、1Gbpsに相当する性能があるとは限りません。たとえばホームゲートウェイの先につながっているルーターもそのひとつです。

光回線の通信速度をできるだけ劣化させずに使用するためには、ルーターのスペックもauひかりに対応しているものを選ばなくてはなりません。ルーターの性能が著しく低い場合は、そこがボトルネックとなって、動画や音楽の配信に影響を与えます。

LANの通信規格を確認

ルーターから有線LANでパソコンに接続している場合は、接続に使用されるケーブルも通信速度に影響を与えます。ケーブルに「CAT5e」「CAT6e」と書いてある場合は1Gbpsの通信規格に対応した製品です。「CAT5」の場合は100Mbps以下の通信容量しか発揮できませんので、思い切って買い替えましょう。

ホームゲートウェイに無線LANが内蔵されている場合は、「IEEE802.11.n」の規格でも最高450Mbps程度が上限です。より高速な無線通信環境を希望するなら「11ac」という規格を用いるのが良いでしょう。概ね800Mbps程度の速度が期待できます。

また、「11a」「11g」は古い無線通信の規格ですので、最高でも54Mbps程度と低速です。その場合は、高速な無線ルーターを用意し、ホームゲートウェイから有線でルーターに接続します。もちろん有線接続に用いるケーブルは、1Gbpsの通信規格に対応した製品を用いなければ意味がありません。

パソコンを確認

パソコンと有線LANで接続している場合は、パソコン側の問題の場合もあります。まずは、パソコンとLANケーブルが接続しているLANポートの性能を確認しましょう。LANポートが1Gbpsの通信に対応していれば問題ありませんが、それ以下の性能であれば光回線のメリットを最大限に活かしきることはできません。

LANポートの性能は、パソコンのマニュアルや公式サイト、サポート窓口などでも確認できますが、LANポートそのものに、「1000BASE-T」と記載があれば1Gbps対応製品です。

また、搭載されているメモリの容量も重要です。メモリは、パソコンがさまざまな処理を行う際の一時的な記憶装置ですが、処理するデータ量に対してこのメモリの容量が足りないと、極端な動作速度の低下を招きます。メモリの増設ができない場合は、パソコンそのものの買い替えも検討しましょう。

WiFiルーターの位置を確認

WiFi接続をしている場合は、電波干渉によっても通信速度に影響が発生します。電子レンジなどの家電製品やOAタップの周辺は電波干渉が発生しやすい場所ですので、これらの近くにWiFiルーターを設置するのは避けましょう。

また、近隣の住宅と近い場合にも、WiFiの電波が干渉し合うこともあります。WiFiの電波には規格ごとに「チャネル」と呼ばれる周波数の幅が複数用意されており、14?19チャネルに別れています。

近隣の家庭に設置されている機器と同じチャネルを利用していた場合、それらの電波が混在する場所では通信速度の低下や通信不能状態が発生します。

基本的にWiFiルーターは自動で空いているチャネルを探しますが、WiFiでの通信速度が遅いと感じた場合は、再設定することで改善する可能性もあるでしょう。

auひかり

サポートセンターやプロバイダに問い合わせる

接続されている機器の確認を試してみても通信速度が改善されない場合は、契約しているプロバイダやauひかりのサポートセンターに連絡することをおススメします。

サポート経験豊富なプロのアドバイスがあれば、通信速度の改善策や、速度低下の原因となっている箇所が見つかる可能性もあるでしょう。

さまざまな手段を講じても改善されない場合は、プロバイダ乗換えや他の光回線への乗換えも検討しなくてはなりません。ただ、プロバイダや回線の乗換えには、解約可能期間も関係してきます。

タイミングによっては、違約金や撤去工事費用を請求される場合もあるので、よく確認しましょう。

auひかりの通信速度は決して遅くない

電話回線に比べてはるかに性能の高い光回線を使用した通信である以上、動画や音楽の視聴、SNSでのメッセージ交換などで支障が出るようなことは、まずありません。もしも満足のいく速度が感じられない場合は、利用環境によるところが大きいといえます。

auひかり

auひかりの最大速度は1Gbps

auひかりの最大速度は1Gbpsです。これはフレッツ光と同じ速度であり、国内のインターネット回線の中では2番目に速い速度です。なお、現在最も速いのはNURO光の2Gbpsです。

通信速度は利用環境によって左右される

他の通信回線事業者のサービスでも同様ですが、auひかりによる通信は、ベストエフォート型で提供されています。ベストエフォートとは「最大限の努力」という意味であり、理論上の最大速度に達するよう努めるものの、必ずしもそれを実現することを約束できないということを表しています。

したがって、最大速度を享受するためには、宅内に設置された機器の性能や環境がベストな状態でなければなりません。例えば高速な通信規格に対応したルーター、ケーブルなどの機器、そして性能の高いパソコンを利用していることが必要となります。

とはいえ、どんなに高性能な機器で環境を構築したとしても、理論値である1Gbpsの速度がでることはありません。実際のインターネット利用環境では、高画質の動画・高音質の音楽を視聴する場合であっても、最低80Mbps程度の速度があれば十分です。

したがって、最大速度が出ないからといっても、実際にはあまり問題にはならないでしょう。

auひかりの通信速度を計ってみよう

ネットが遅い、速いというのは、個人的な感覚の差もあります。速度が気になったら、まずは客観的な数値で速度を評価してみましょう。

auひかりなら、公式サイトからスピードチェックもできます。公式サイト以外にも、さまざまな速度チェックを提供しているサービスがあり、ほとんどすべてが無料で利用できます。

auひかりの通信速度は一工夫で早くなる可能性がある

公式サイトにも記載がある通り、auひかりのサービスはベストエフォート型サービスです。各所に記載されている速度は技術規格上の最大値であり、使用しているパソコンやスマートフォンで、実際に最大速度が出ることを約束したものではありません。

利用環境、回線の状況、周囲の電波干渉などにより大幅に速度が低下することもあるということを認識しておきましょう。それでもなお、想像していたほどの速度が感じられない場合は、接続機器を順番にチェックしたり、サポート窓口に相談するのがおすすめです。

複数の機器や、周囲の環境が影響を及ぼすネットの通信速度は、不具合があったときの原因追及が単純にはできないこともありますが、丁寧にチェックしていくことでボトルネックとなっている個所を発見することもあります。

光回線の通信速度を安定する方法をまとめた記事はこちらになりますので、ぜひ合わせてご覧ください。

ほかにも、インターネットのお得乗り換え方法やキャンペーンを紹介した記事もありますので、乗り換えを検討している方は、ぜひご参考にしてください。

速度が速いおすすめのWiFiを紹介した記事もありますので、ぜひご参考にしてください。

公開日時 : 2019年05月08日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード