引越しに伴うドコモ光の手続き方法|乗り換えも検討してみよう

WiMAXなどの無線回線の場合、引越しすると住所変更は必要ですが回線工事は不要です。しかし、光回線の契約中に引越しした場合、住所変更と共に回線工事が必要です。引越しの際には諸手続きが多いため、予め手続き方法などを確認しておきましょう。
【公式】カシモWiMAX 引越しに伴うドコモ光の手続き方法|乗り換えも検討してみよう

モバイルルーターを使った無線回線と異なり、光回線のような固定回線は引越しすると住所変更の他に回線工事を依頼しなければなりません。回線工事には数週間から1カ月程度の期間を要するため、依頼方法などを予め確認しておくことが大切です。

ここでは、ドコモ光の契約中に引っ越す際の手続き方法を把握し、スムーズな開通を目指しましょう。

引越しの際の選択は2つ

ドコモ光などの光回線は、モバイルルーターを使った無線回線よりも通信速度が速く、安定したインターネット環境が築けることが魅力の一つです。ドコモ光の契約中に引っ越す際には、転居先でも利用し続ける場合と解約して他社光回線に乗り換える場合といった2つの選択肢が挙げられます。

転居先で回線工事を依頼すると、通常は数週間から1カ月程度の期間を要し、引越しシーズンのような繁忙期にはそれ以上の期間を要するかもしれません。

上記で挙げた2つの方法にはそれぞれメリットやデメリットがあるため、月額料金の見直しやキャンペーンの内容などを吟味し、自分に合った手段を選択するようにしましょう。

なお、ドコモ光を継続利用する場合、より高性能なWi-Fiルーターがレンタルできるプロバイダやお得なキャンペーンを打ち出しているプロバイダに変更する方法も検討してみてはいかがでしょうか。

ドコモ光を継続利用する場合

ドコモ光を継続利用する場合、引越しの際に住所変更などの手続きと開通工事が必要です。また、事務手数料や工事費などの費用がかかるため、予め確認しておくようにしましょう。

移転する流れ

  • Webやドコモショップ、電話にて手続き
  • ドコモから工事費に関する連絡
  • 必要書類の送付
  • 開通工事の実施
  • 各自で接続と設定
  • 利用開始

ドコモ光の移転手続きは、上記のような流れで手続きを進めていきます。まずは、3つの方法から選択して移転手続きを行います。3つの方法のうちWebを選択すると、24時間いつでも手続きできることに加えて、事務手数料や工事費相当のdポイントが還元されるのでお得です。

ドコモから工事費に関する連絡を受けた後、手続きに必要な書類が送付されます。通常は数週間から1カ月程度の間に開通工事が行われ、各自で接続や設定を行うと利用開始となります。

なお、開通工事の際には立ち合いが必要ですが、約1時間程度で完了します。

ドコモ光の移転にかかる費用

ドコモ光の移転手続きには、事務手数料や工事費がかかります。事務手数料は一律2,000円(税抜)ですが、工事費は以下のように移転先のエリアによって異なります。

  • マンションタイプ
    NTT東日本内・西日本内での移転で派遣工事ありの場合:7,500円(税抜)
    NTT東日本内・西日本内での移転で派遣工事なしの場合:2,000円(税抜)
    エリアをまたぐ移転で派遣工事ありの場合:15,000円(税抜)
    エリアをまたぐ移転で派遣工事ありの場合:2,000円(税抜)
  • 戸建てタイプ
    NTT東日本内・西日本内での移転で派遣工事ありの場合:9,000円(税抜)
    NTT東日本内・西日本内での移転で派遣工事なしの場合:2,000円(税抜)
    エリアをまたぐ移転で派遣工事ありの場合:18,000円(税抜)
    エリアをまたぐ移転で派遣工事ありの場合:2,000円(税抜)

このように物件のタイプに関わらず、東西のエリアをまたぐ場合は費用が2倍かかりるため、移転にかかる費用を軽減するためには一度解約して新規契約するのも選択肢の一つです。また、土日祝に工事を依頼する場合、追加で3,000円かかります。

ドコモ光を移転する際の注意点

ドコモ光を継続利用する際には、手続きや開設工事が必要です。移転先でインターネットの接続をスムーズに開始するためには、早目の手続きが重要だと言えるでしょう。

手続きに日数がかかる場合がある

ドコモ光は固定回線のため、転居先で開設工事が完了しなければインターネットに接続できません。電気やガスなどのライフラインに関する手続きもインターネット経由で済ませたいところですが、通常でも開通工事には数週間から1カ月程度かかってしまいます。

従って、移転してすぐにインターネットに接続できないため、必要な手続きは転居前に済ませておくか、スマホで行った方が良いでしょう。

また、他社でも同様のことが言えますが、3月から4月にかけての引越しシーズンと重なった場合、開設工事までに要する期間が通常よりも長くなる可能性があるので注意が必要です。

レンタル機器を返却しなくてはいけない場合がある

多くのプロバイダではWi-Fiルーターがレンタルでき、一定期間利用すれば、ユーザーに譲渡されるプロバイダもあります。ただし、プロバイダやドコモ光の契約内容によっては、移転の際にレンタル機器の返却が必要な場合もあるので注意が必要です。

返却する場合は新たなWi-Fiルーターを準備しなくてはならず、移転と同時にプロバイダを変更する場合は新たに契約するプロバイダからレンタル、プロバイダからレンタルできない場合は家電量販店やオンラインショップで購入しなければなりません。

ドコモ光を解約して乗り換える場合

移転をきっかけとしてドコモ光を解約する場合、当然ながら解約手続きが必要です。また、ドコモ光の解約では日割り計算されないため、解約のタイミングを間違えないように気をつけましょう。

乗り換え時の流れ

  • 契約内容の確認
  • 移転先のインターネット環境をリサーチ
  • キャンペーンやサービス内容などを比較して乗り換え先を検討
  • 移転先で使用するネット回線の手続き
  • ドコモ光とプロバイダの解約手続き
  • 撤去工事、必要な場合はレンタル機器の返却

ドコモ光を解約する場合、契約内容によっては違約金が発生する可能性があるため、契約内容や契約期間の確認が必要です。その後、移転先で使用するインターネット環境をリサーチしておきましょう。

固定回線に関わらず多くの業者が独自のキャンペーンを打ち出しているため、キャンペーンやサービス内容を比較して乗り換え先を検討しましょう。業者が行うキャンペーンには、キャッシュバックやポイント還元、各種ギフト券が貰えるものなど充実しており、乗り換えで適用されるキャンペーンもあるのでしっかりと吟味することをおすすめします。

乗り換え先の業者が決まったら、インターネット環境をスムーズに整えるために、ドコモ光を解約する前に乗り換え先の契約手続きを進めます。次にドコモ光の解約手続きに進みますが、プロバイダの解約手続きも忘れないようにしましょう。

最後に回線の撤去工事が行われ、Wi-Fiルーターなどをレンタルしている場合はそれらの機器を返却して一連の手続きが完了します。なお、ドコモ光の移転手続きと異なり、解約手続きの場合はドコモショップと電話のいずれかで手続きを行います。

ドコモ光を解約する際にかかる費用

ドコモ光を解約する際に、ドコモが設定した更新月以外の解約の場合は違約金が発生します。また、開通時の工事費を分割払いにしていた場合、残金を一括返済しなければなりません。

  • 違約金(更新月以外の解約)
    戸建てタイプ:13,000円
    マンションタイプ:8,000円
  • 工事費
    分割払いの場合は残金を一括返済
    機器て拒否用や回線撤去費用は不要

更新月とは契約してから25カ月目と26カ月目を指しており、この2カ月の期間中に解約すると違約金は発生しないため、更新月と移転が重なることが利用だと言えるでしょう。

ドコモ光を解約する際の注意点

ドコモ光を解約する場合、契約内容や支払い方法によっては違約金の発生や工事費の残金を一括返済しなければなりません。また、以下のように解約日やプロバイダの解約手続きに注意が必要です。

解約日に注意

ドコモ光では、月初に解約した場合でも解約月の基本使用料は日割り計算されません。従って、解約するタイミングによっては割高な基本使用料を支払わなければならないため、できるだけ月末で解約することをおすすめします。

ただし、移転先がドコモ光に対応した物件でない場合や海外に移転する場合には、基本使用料を日割り計算できるので安心です。

プロバイダの手続きが必要な場合がある

ドコモ光に対応しているプロバイダの場合、基本的に違約金は発生しません。ただし、プロバイダ独自のオプションに申し込んでいる場合、ドコモ光を解約してもプロバイダとの契約が残るケースがあります。

このようなケースでは、ドコモ光の解約後に「意思表示確認の用紙」が送付されるため、解約希望する旨を記入して返送することで解約できます。なお、プロバイダにきちんと解約の意思が伝わっていない場合、解約したと思っていても翌月以降も基本使用料を請求される可能性があるので注意が必要です。  

乗り換えと継続はどちらがお得な選択なのか

移転のタイミングがドコモ光の更新月の場合、違約金が発生しないのでお得に解約できます。しかし、エリアをまたぐ移転の場合は工事費が割高なため、乗り換えた方がお得な可能性もあります。

乗り換えたほうがお得な場合が多い

携帯キャリアと同様に、多くの回線業者では乗り換えを対象としたお得なキャンペーンを打ち出しています。乗り換えキャンペーンの一つとして、更新月以外に解約した際に発生する違約金を乗り換え先の業者が負担してくれるケースがあります。

また、条件次第では10,000円以上の高額なキャッシュバックやポイント還元が受けられるキャンペーンもあり、高性能なWi-Fiルーターを無料でレンタルできる場合もあります。移転先でもインターネットをスムーズに使用したい場合、他社への乗り換えがおすすめです。

ただし、他社に乗り換えてキャッシュバックなどの特典を受けるためには、キャンペーンごとに一定期間以上の利用などが適用条件が設定されているため、適用条件を予め確認しておくようにしましょう。

ドコモのスマホを使用している人は移転するのがおすすめ

ドコモではスマホとドコモ光を同時契約すると、「ドコモ光セット割」でスマホ料金がお得になる料金プランを打ち出しています。スマホの契約内容によって割引き料金が異なりますが、「ギガホ」や「ギガライト」の場合、家族全員のスマホ料金が毎月永年で最大1,000円割引きされるのでお得です。

また、「ずっとドコモ割+」では、ドコモとの契約期間が長いほどお得になる仕組みとなっているため、ドコモのスマホを使用している場合は移転先でもドコモ光の使用をおすすめします。 

自分にあったお得な方法を検討しよう

移転に伴うインターネット環境の手続きは何かと面倒ですが、移転をきっかけとして回線業者やプロバイダの変更を検討することをおすすめします。場合によっては、現在よりも基本使用料がお得になるケースやキャッシュバックなどの特典が受けられるケースもあります。

ただし、ドコモのスマホを長期間使用している場合は、セット料金や割引きサービスが適用されるため、ドコモ光の使用がおすすめです。ドコモ光を解約しなくても、プロバイダのみの変更もできるため、お得なキャンペーンを打ち出しているプロバイダへの乗り換えも検討してみましょう。

【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2019年05月12日

おっきー ― ライター
おっきー ― ライター

物心ついた頃からiPhoneがあるスマホネイティブ世代。SNSから最新情報を取得するのが日課。趣味はダンス。

関連キーワード