さすガねっと

auひかりの無線LANルーターはレンタルするべき?|おすすめWiFiルーターと設定方法

スマホで契約している通信量を節約するには、無線LANを使用すると便利です。すでにauひかりの契約をしている場合、契約内容によってお得な料金でルーターをレンタルできます。ルーターの選び方や特徴を把握し、より良い通信環境を整えましょう。
【公式】カシモWiMAX auひかりの無線LANルーターはレンタルするべき?|おすすめWiFiルーターと設定方法

持ち運びが便利なWiMAXなどのポケットWiFiルーターに比べると、固定回線は通信速度が速いことが特徴です。

その中でもauひかりは、最大1Gbpsの通信速度という高速通信が魅力の固定回線です。スマホで契約している通信量を節約しつつ、auひかりの通信速度で快適にインターネットを使うには、無線LANルーター選びが重要です。

この記事では、auひかりで使用する無線LANルーターの選び方や市販品の購入ポイントについて解説していきます。

auひかりで使用するルーターについて

auひかりで無線LANルーターを使用する場合、auからのレンタルと市販品の購入という2種類の方法から選択できます。auでは、スマホと固定回線をセットで契約すると割引されるお得なプランを提供しているため、契約内容によっては無料で無線LANルーターを使用できます。

入手方法は2種類

auから無線LANルーターをレンタルする場合、月額料金を支払う必要があります。一方で市販品を購入する場合は価格帯が広いことが特徴です。機種のスペックやコストを考慮して、自分に合った方法で入手しましょう。

レンタルする

無線LANルーターを無料でレンタルできるキャリアがある一方で、auでは無料での貸し出しは行っていません。通常の場合、レンタル料金として月額550円(税込)が必要です。

なお、auひかりで使用する機器のホームゲートウェイにはWiFiが組み込まれているため、この機能を利用すれば新たに無線LANルーターを準備する必要はありません。

ホームゲートウェイに組み込まれたWiFiは最大300Mbpsとauひかりには及びませんが、動画を視聴する程度であればストレスなく使用できます。

市販品を購入する

auひかりは市販品の無線LANルーターも接続可能で、市販品を購入する場合、価格帯が2,000~30,000円台と幅広く、6,000円台が相場となっています。

現在はBUFFALOやNECなど、様々なメーカーから無線LANルーターが販売されています。ルーターによって通信規格や周波数帯域が異なりますが、より速い通信速度を求めるのであれば「11ad」を選ぶと良いでしょう。

接続機器が多い場合はそれぞれに配分される電波料が減るため、「MIMO」と呼ばれる複数アンテナによる高速化機能を備えた機種がおすすめです。

なお、マンションのような集合住宅と戸建てでは使用タイプが異なるため、自宅のタイプに合った機種を選ぶように注意しましょう。

ぜひ、WiFiルーター・無線LANルーターの選び方とおすすめ機種を解説した記事を参考にしてください。

ルーターをお得に使用するには

auで無線LANルーターをレンタルする場合、通常では月額550円(税込)の支払いが必要です。市販品を購入する場合は相場が6,000円台のため、長期間の使用を想定すると市販品を購入する方がお得と言えるでしょう。

また、auではスマホとインターネット回線などをセットで契約すると月額料金がお得になる「auスマートバリュー」という割引プランを提供しています。この料金プランで契約している場合は、無線LANルーターを無料でレンタルできるので最もお得になります。

ただし、auスマートバリューはスマホに加えて、インターネット回線と固定電話などの同時契約が必要となるため、適用されないケースも多いでしょう。従って、auで月額料金を支払って無線LANルーターをレンタルしても1年で6,000円に達するため、年単位で長期間使用するのであれば市販品を購入した方がお得です。

【auひかり】最大6万円キャッシュバックはこちら

auひかりでレンタルしているルーターについて

auひかりでレンタルできる無線LANルーターは主に5種類で、固定回線で使用しているホームゲートウェイによってレンタルできる機種が異なります。

auひかり

レンタルルーターのスペック

これから新たにauひかりを契約する場合は、「BL1000HW」のホームゲートウェイになります。この機種は高速中継機能とIEEE802.11a/b/g/n/ac/Draft axに対応しており、無線LAN機能を内蔵しているため、新たに無線LANルーターをレンタルする必要はありません。

また、マンションギガまたマンションミニギガを新規で契約する場合は、「BL900HW」のホームゲートウェイとなります。この機種も「BL1000HW」と同様に高速中継機能、IEEE802.11a/b/g/nに対応しています。これらのうち「BL1000HW」は無線LANの規格が11acであり、1Gbpsに対応しているのでおすすめです。

  • BL900HW
    LAN規格:IEEE802.11ax(Draft)/ac/a/b/g/n
    消費電力:約34W(最大)
    重量:約1.0kg
    高速中継機能対応
  • BL1000HW
    LAN規格:IEEE802.11n/a/b/g
    消費電力:約17W(最大)
    重量:約0.5kg

古いルーターは交換したほうが良い

ホームゲートウェイが旧型の「BL190HW」や「BL902HW」などの古い機種の場合、通信速度が遅くなる原因になります。そのため、高速通信でインターネット環境を楽しむためには新しい機種に交換した方が良いでしょう。

市販の機種を購入しなくてもauでは3,300円(税込)で機種変更が可能なため、auひかりの通信速度を活かすなら無線LANルーターを最新のモデルに変更するのをおすすめします。

【auひかり】最大6万円キャッシュバックはこちら

市販品を購入する際のポイント

無線LANルーターはさまざまなメーカーから発売されており、最新モデルがリリースされる度に高度な機能が搭載されています。ストレスのないインターネット環境を楽しむためには、高速通信であることが求められます。

スペックを確認

高速通信を実現するためには、無線LANルーターの無線LAN規格が重要です。WiFi環境でも高速通信に対応するスペックは「11ac」であるため、無線LAN規格をきちんと確認するようにしましょう。

市販品は2,000~30,000円と価格帯が広く、数千円でお得に購入できる機種も多いですが、より良い通信環境を求めるのであれば、価格に囚われずスペックに拘って購入することをおすすめします。

auひかり

スペック以外の機能も確認

メーカーによっては、WiFiの設定が複雑な場合もあるのが現状です。そのため、設定が簡単に行える機能が搭載されている機種を選ぶのが良いでしょう。例えば、BUFFALOの場合は「AOSS」、NECの場合は「らくらく無線LANスタート」という機能が付いており、本体のボタンを押すだけでWiFiの設定ができるので簡単です。

また、的確に無線電波を届けてくれる「ビームフォーミング」に対応している機種は、基地局と端末までの電波がスムーズになるのでおすすめです。

【auひかり】最大6万円キャッシュバックはこちら

auひかりの設定方法

auひかりと無線LANルーターを繋ぐ際には、auのホームゲートウェイと市販で購入した機種では以下のように設定方法が異なります。

ホームゲートウェイの設定方法

auひかりを契約するとレンタルできるホームゲートウェイは、以下の手順で設定を進めていきます。

  • ONUと本体をLANケーブルで接続 
  • 本体のLANポートからケーブルで端末に接続 
  • 全ての機器に接続し終わったら本体の電源を入れる
  • 3箇所が緑点灯になることを確認

まずは光回線終端装置のONUに接続されているLANケーブルを、本体の「WAN」と記載されている箇所に接続します。次に、本体の「LAN」と記載されている箇所をパソコンや電話機などの契約している端末に接続してください。

本体とONUや端末への接続後、本体の電源を入れます。数分後に電源ランプ、ネットランプ、無線1ランプの3箇所が緑点灯したことを確認して設定は完了です。

auひかり

市販で購入した無線LANをつなげる場合

市販で購入した無線LANルーターを使用する場合は、auひかりのホームゲートウェイと接続する必要があります。

接続方法は購入した無線LANルーターに付属されている説明書に記載されているため、手順に従って設定してください。購入した機種によって接続方法は若干異なりますが、一般的な接続方法は以下の通りです。

  1. 全ての電源を切る
  2. 無線LANルーターと本体を接続
  3. 接続機器の電源を入れる

まずはホームゲートウェイなど、これから接続する機器全ての電源を切ります。次に無線LANルーターと本体を接続し、接続機器の電源を入れて設定は完了です。

パソコンやスマホ、タブレットなどの端末でWiFiを使用する場合、以下のような方法で接続する必要があります。

  1. ネットワーク一覧を表示
  2. 無線LANルーター本体のネットワーク名(SSID)を選択し、「接続」をクリック
  3. パスワードとして暗号キーを入力

まずは端末の設定画面から「ネットワーク一覧」を表示し、無線LANルーター本体などに記載してあるネットワーク名(SSID)を選択し、「接続」をクリックします。

次の画面で。無線LANルーター本体に記載してある暗号化キーをパスワードとして入力すると設定は完了です。なお、ここでご紹介した設定方法はあくまで一般的な方法であるため、購入した機種の説明書を必ず確認するようにしましょう。

【auひかり】最大6万円キャッシュバックはこちら

ルーターの調子が悪くなったときの対処法

端末との接続不良やLANケーブルの故障など、無線LANルーターの調子が悪くなる原因はいくつか考えられます。突然調子が悪くなる可能性もあるため、以下のような対処法を把握しておきましょう。

再起動させる

インターネットに繋がらないなど通信環境に不具合が生じた場合は、まずは無線LANルーターと接続している機器を再起動することで不具合が改善する場合があります。

また、ホームゲートウェイの初期化を行うことで改善が見られる場合もあり、これらの方法は誰でも簡単に行える対処法であると言えるでしょう。通信環境に不具合が生じたら、サポートセンターに問い合わせる前に、まずはこの対処法で試してみることをおすすめします。

auひかりに問い合わせる

auでは、ユーザーが困ったときのためにサポートセンターを設置しています。再起動や初期化を行っても改善されない場合はau電話サポートに連絡してみましょう。auひかりの接続や設定、故障に関する問い合わせは、以下の電話番号で受け付けています。

auひかりの接続などに関する問い合わせ先:0077-7084(無料)

問い合わせする際には、機器の状態などを伝えられるように準備して問い合わせることをおすすめします。

【auひかり】最大6万円キャッシュバックはこちら

auひかりのルーターは最新モデルがおすすめ

固定回線をauひかりで契約している場合、スマホや固定電話とセットで契約する「auスマートバリュー」が適用されると、スマホの通信量を節約するのに便利です。無線LANルーターのレンタル費用がかからず、新たに市販品を購入する必要がないのでお得です。

auスマートバリューが適用されない場合は、月額550円(税込)支払ってレンタルするよりも市販品を購入した方が長期的に見るとお得と言えるでしょう。ただし、固定回線と同等の通信速度を求めるのであれば、最新モデルの購入をおすすめします。

【auひかり】最大6万円キャッシュバックはこちら

公開日時 : 2020年02月12日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード