JCOM_iPhone7

ドコモ光の工事費はいくらかかる?ケース別の費用や節約の方法

ドコモ光を利用するには、回線の開通工事が必要な場合があります。工事が必要なら当然工事費がかかりますが、負担金額はケースによって異なります。ケース別の工事費や上手にコストを抑える方法を知り、少しでもお得にドコモ光を利用しましょう。
【公式】カシモWiMAX ドコモ光の工事費はいくらかかる?ケース別の費用や節約の方法

ドコモユーザーなら光回線だと、ドコモ光が相性が良くおすすめです。ドコモ光を利用するなら、毎月の月額料金だけではなく、初期費用もかかります。

ここで重要なのが、回線を開通させるための工事費です。工事費がいくらかかるかは、ケースによって異なります。また、節約する方法もあるため、費用への理解を深めてお得にドコモ光と契約しましょう。

ドコモ光の工事にかかる費用は

ドコモ光と契約するには、回線の開通工事が必要なので、当然工事費がかかります。しかし、実際にいくらかかるかは、ケースによって異なります。

  • フレッツ光から乗り換えの場合
  • ドコモ光を新規で契約する場合
  • 引越し先でもドコモ光を利用する場合

それぞれの場合で費用がいくらかかるか知り、コストを事前に把握しておきましょう。

フレッツ光から乗り換えの場合

すでにフレッツ光を利用していて、光回線を引いている場合、ドコモ光への乗り換えでも工事費用はかかりません。これはフレッツ光で使用していた回線が、そのままドコモ光でも使えるからです。

フレッツ光を解約し、ドコモ光で新規契約というよりは、フレッツ光からの転用という手続きになることは覚えておきましょう。回線は同じものを使用しているため、変わるのは回線サービスを提供する大元の業者だけです。

ただし、転用できるのはフレッツ光回線であり、他の光回線業者からでは転用できません。そのため、ドコモ光での回線開通工事が必要で、通常通り費用がかかることは覚えておきましょう。

フレッツ光からの転用でもアップグレード工事が必要な場合もある

基本的にはフレッツ光で使用していた回線はそのまま利用できますが、契約内容が古い場合は注意が必要です。古い契約内容や旧回線で利用していた場合は、転用に伴いアップグレード工事が必要で、工事費がかかります。

工事費は7,600円ですが、アップグレードすることで使い勝手は良くなるため、損をすることはないでしょう。古いサービスや旧回線を利用していると、接続する端末が最新でもスピードが出ないため、使用時にストレスを抱えてしまうことも多いです。

転用は良い機会のため、アップグレード工事が必要なら、必ず行いましょう。また、基本的には税別7,600円の工事費がかかるものの、変更前の契約内容が「Bフレッツフレッツ光プレミアム」で、NTT西日本エリアの場合は、例外的に無料で工事をしてもらえます。

ドコモ光を新規で契約する場合

自宅に光回線を引いておらず、ドコモ光と新規契約する場合は工事費がかかります。工事費は戸建てとマンションで違い、戸建ては税別18,000円、マンションは税別15,000円です。

また、それぞれ事務手数料として税別3,000円がかかるため、費用は大体2万円前後になるでしょう。新規契約の場合は、どうしても回線を引かなければならないため、少なからず費用はかかってしまいます。

引越し先でもドコモ光を利用する場合

すでにドコモ光を利用しており、引越し先でも契約を継続する場合は、引越し先の環境次第で費用が異なります。戸建てへの引越しなら、工事費は税別9,000円、マンションへの引越しなら税別7,500円です。また、これはそれぞれ派遣工事ありの場合の費用で、派遣工事が不要なら、それぞれ税別2,000円で済みます。

どこからどこに引越すかも重要で、上記の金額はNTT東日本/西日本の同一エリア内での引越しの場合の料金です。エリアをまたぎ、派遣工事が必要な場合は、それぞれ倍の税別18,000円と、税別15,000円がかかるため注意しなければなりません。

なお、派遣工事なしならエリアをまたいでも、料金はそのままです。さらに事務手数料が税別2,000円かかり、引越しで継続利用の場合、状況次第ではかなり高額な費用が発生することは覚えておきましょう。

【ドコモ光】最大2万円キャッシュバックはこちら

ドコモ光の工事費の支払い方法

工事費の支払い方法は、以下2つから選べます。

  • 1度で払いきる一括払い
  • 回数が選べる分割払い

どちらを選ぶのも自由で、状況に合わせて選び分けると良いでしょう。工事費は少額で済むケースから、思わぬ高額負担になることもあるため、その時々での判断が必要です。

【300×250】株式会社ネットナビ/ドコモ光

1度で払いきる一括払い

一括払いの場合は、工事を契約時に全て支払い、以降の費用負担は発生しません。状況によっていくらかかるかは異なるため、契約時に金額をチェックすることが大切です。

例えば新規契約で戸建ての場合、派遣工事ありなら工事費が税別18,000円、事務契約手数料が税別3,000円で、税込みの負担総額は8%計算で22,680円です。マンションだともう少し安く、税込みでも増額19,440円で済みます。

また、これは派遣工事あるの場合で、派遣なしで開通できるなら工事費は税込みでも2,160円と比較的少額です。さらに屋内配線がすでにあり、新規で設置が不要なら税込み8,208円で工事できます。

場合によっては高額になるケースもありますが、大体2万円前後のため、一括で支払ってもそれほど大きな負担にはならないでしょう。

回数が選べる分割払い

一括での支払いが厳しそうなら、分割を選ぶのもひとつの手です。分割は12回から60回まで可能で、回数を増やすほど長期間支払いが必要なものの、月々の負担額は安くなります。例えば新規契約で戸建てタイプ、派遣工事ありだと、工事費は税込みで19,440円です。

これを分割払いにすると、もっとも回数が少ない12回払いで月々1,620円、もっとも多い60回払いだと月々324円の負担で済みます。

ドコモ光と契約する際には、回線の工事費以外にも、プロバイダとの契約費用といった、各種コストがかかります。初期費用全てをまとめて支払うのは負担になるなら、工事費だけでも分割を選ぶと良いでしょう。

【ドコモ光】最大2万円キャッシュバックはこちら

ドコモ光の工事費に関する注意点

工事費に関する注意点は多く、以下3つに気を付けなければなりません。

  • 追加工事が発生する場合がある
  • 解約する場合は残債を一括で支払う必要がある
  • 無料キャンペーン期間を過ぎると有料になる

注意点を守れていないと、思わぬところで負担が重くのしかかったり、損をしたりする可能性もあります。賢くコスト負担を下げるためにも、注意点は正しく理解しておきましょう。

追加工事が発生する場合がある

すでにドコモ光を利用できる環境が備わっているなら、契約時には事務手数料がかかるだけで、工事費は必要ありません。しかし、状況によっては追加工事が必要で、回線が引いてあっても費用が発生するケースはあるため注意が必要です。

追加工事の必要性は高く、条件に該当するなら実施しなければなりません。費用はかかるものの、便利に使うための必要経費と考えておきましょう。

解約する場合は残債を一括で支払う必要がある

工事費を分割で支払っている場合、解約時には注意が必要です。分割での支払いがまだ残っている場合、解約時には残債分を一括で返済しなければなりません。分割回数が多いものを選ぶほど、月々の負担は小さいですが、早期解約時の負担が重くなることは覚えておきましょう。

これは残債がある場合のみ発生する費用で、分割払いでもすでに支払いを終えているなら、コスト負担はありません。ただし、解約時にはタイミング次第でドコモ光とプロバイダ、それぞれの契約解除料がかかる場合もあります。

解約時には何かと負担が出やすいため、分割払いしている人は余計なコストを上乗せしないよう注意しなければなりません。

無料キャンペーン期間を過ぎると有料になる

2019年5月6日まで、ドコモ光では工事費無料のキャンペーンを実施しています。この期間中なら工事に費用はかかりませんが、1日でも過ぎてしまうと、通常通り有料となるため注意しなければなりません。全く同じ状況で工事をする場合でも、キャンペーン適用の有無で、負担金額は大幅に異なります。

工事が必要で高い金額が発生する人ほど、キャンペーンの適用はマストと言えるでしょう。また、キャンペーンを適用しても、あくまで無料になるのは工事費だけです。契約手数料を始めとした、各種コストは発生するため、全く費用をかけずに契約できるわけではないことも理解しておきましょう。

【ドコモ光】最大2万円キャッシュバックはこちら

ドコモ光の工事費を抑える方法

契約時の状況次第では、どうしても工事費はかかってしまい、これは仕方ありません。しかし、工夫次第で工事費を抑えることは可能です。

  • 代理店で契約する
  • 工事費無料キャンペーンを利用する
  • dカードゴールドに申し込む

これら3つを駆使して、少しでもコストを下げてお得にドコモ光と契約しましょう。

代理店で契約する

ドコモ光は公式からだけではなく、代理店からの申し込みも可能です。代理店契約のメリットは大きく、ドコモ公式の特典に加えて、代理店特有の特典も得られます。代理店ごとに内容は違いますが、ドコモ光の契約ならキャッシュバックやdポイントのプレゼントで対応していることもあるでしょう。

より特典の充実した代理店を選ぶことで、工事費の実質負担額を引き下げられ、場合によっては実質無料で行える可能性もあります。ただし、あまりに好条件を提示している代理店には注意が必要で、本当に特典が得られるか、信憑性は確認しておかなければなりません。

代理店によっては特典を受けるための条件を細かく設定し、余計なオプションへの加入を求める場合もあります。また、受け取りまでの期間が極端に長かったり、方法が複雑過ぎたりするものも避けたほうが無難です。特典内容が分かりやすく、契約内容もシンプルなもので各種特典が得られる代理店を選びましょう。

工事費無料キャンペーンを利用する

2019年5月現在では、同年5月6日までの工事費無料キャンペーンが利用できます。キャンペーンの実施内容はその時々で違い、このキャンペーン終了後も、新たな特典付きで開催される可能性があるでしょう。工事費無料の特典を狙いたいなら、現在開催されているものを狙うのがおすすめで、期間終了前に申し込みましょう。

ただし、工事費無料は全ての場合で適用できるとは限らないため注意が必要です。新規や転用、移転、どの場合に適用できるかといった条件にも注目して、利用の可否は確認しておきましょう。

dカード GOLDに申し込む

dポイントのメリットを高めたいなら、dカード GOLDに申し込むのがおすすめです。dカード GOLDは、ドコモ光で使った料金の10%が、dポイントに還元されます。さらに、ドコモキャリアのスマホ料金も同様の利率でポイント還元されるため、ドコモユーザーならお得に使えるでしょう。

新規申し込みで最大14,000円相当のプレゼントもあり、場合によっては工事費以上の特典が得られることもあります。ドコモ光契約時の工事費に直接関係するわけではありませんが、今後長く使う上では相性の良いカードのため、おすすめ度は高いです。

【ドコモ光】最大2万円キャッシュバックはこちら

キャンペーンの利用でドコモ光の工事費を節約しよう

ドコモ光をお得に利用するには、まずは最初の工事費をいかに削減できるかが重要です。ケースによっていくらかかるかは違いますが、2万円以上かかることも少なくありません。

キャンペーンを使うと、この2万円の負担を実質減額、あるいは無料にできる場合もあるため、上手に使ってお得にドコモ光を利用しましょう。

【ドコモ光】最大2万円キャッシュバックはこちら

光回線/Wi-Fi お申し込み電話相談を受け付け中!

iPhone格安SIM通信では光回線や、Wi-Fiなどインターネットの利用開始やお切替えを検討中のお客様に電話相談を受け付けております。

ソフトバンクの正規代理店DRMの専門オペレータがお客様のご要望に合わせて、ソフトバンク光やソフトバンクAirをご案内させていただきます。

今すぐ無料相談!
SoftBank 光
SoftBank Air
ソフトバンク光公式代理店

公開日時 : 2019年05月19日

おっきー ― ライター
おっきー ― ライター

物心ついた頃からiPhoneがあるスマホネイティブ世代。SNSから最新情報を取得するのが日課。趣味はダンス。