[2020年]IIJmioの通信速度は遅い?実際の速度・評判を他社と比較した結論

格安SIMのIIJmioは、どのくらいの速度が出るのでしょうか。ここではIIJmioの速度に関する情報を解説するとともに、他社との比較も行い、IIJmioの速度はどのくらいなのかを検証します。さらに、ユーザーの評判も紹介していきます。
BIGLOBEmobile20190724_desc [2020年]IIJmioの通信速度は遅い?実際の速度・評判を他社と比較した結論

格安SIMと聞くと、利用料金が安い代わりに速度が遅いのではないかと不安に思う人がいるかもしれません。しかし、格安SIMだからといって必ずしも遅いとは限らないのが現状です。

本記事では、人気格安SIMの1つであるIIJmioの通信速度は速いのか、ユーザーの評価も交えて調べていきます。結論だけ知りたいという方は、こちらをご覧ください。

  • 大手キャリアと比較してIIImioの方が速度が速い
  • 一部格安SIM会社には速度で負けている
  • 速度に関する評判は好評

大手キャリア・他社格安SIMを比較したところ、IIJmioは通信速度が速い格安SIMであることがわかりました。大手キャリアと比べても遜色ない通信速度で、快適に使うことができるはずです。

実際にIIJmioを使っているユーザーの口コミ・評判でも、通信速度が速くて快適との声が多く見受けられました。

【IIJmio】速度・料金を詳しく見てみる

もっと詳しく速度について知りたい方は、ぜひこのまま読み進めてみてください。

楽天モバイル

IIJmioの公式速度

出典:IIJmio
  • Dプランの速度
  • Aプランの速度

IIJmioには、ドコモの回線を利用するDプランと、auの回線を使用するAプランの2種類があります。ここでは、AプランとDプランの公式発表されている値から、それぞれのプランがどれくらいの速度を出せるのかを詳しく見ていきましょう。

Dプランの速度

IIJmioでは、高速通信が可能なデータ容量を「クーポン」と呼びます。当然、クーポンを使用時は回線速度が速くなり、不使用時は速度が落ちることになりますが、IIJmioでドコモの回線を利用するDプランは、クーポン使用時で下り最大1288Mbps、上り最大131.3Mbpsという速さとなっています。

一方、クーポン不使用時の速度は上り下りともに最大200kbpsとなりますが、IIJmioのメールサーバとIIJmioのホームページ、IIJmioのMailViewer、IIJmioのDNSサーバを利用する場合に限り、下り最大988Mbps、上り最大75Mbpsとなっています。

Aプランの速度

IIJmioでauの回線を利用するAプランは、クーポン使用時で下り最大958Mbps、上り最大112.5Mbpsとなります。

クーポン不使用時は、Dプランと同じく上り下りともに最大200kbpsとなっていて、IIJmioのメールサーバとIIJmioのホームページ、IIJmioのMailViewer、IIJmioのDNSサーバを利用する場合に限り、下り最大958Mbps、上り最大112.5Mbpsとなっています。

【IIJmio】速度・料金を詳しく見てみる

IIJmioと大手キャリアの速度比較

IIJmioと他社で速度を比較すると、どちらが速いのか気になる人も多いのではないでしょうか。言うまでもなく、格安SIMを選ぶ上で、速度は重要なポイントです。ここでは、IIJmioと大手キャリアのドコモ、au、Softbankで速度を比較して、どちらが速いのかを見ていきます。

ドコモよりIIJmioの方が速い

NTTドコモの公式ホームページに掲載されている実効速度集計結果によると、ドコモの速度はAndroidの場合が下り最大568Mbps、上り最大67Mbpsで、iOSの場合は下り最大464Mbps、上り最大54Mbpsとなっています。

したがって、ドコモとIIJmioの速度を最大値で比較すると、上り下りともにIIJmioの方が速いということになります。

auよりIIJmioの方が速い

auの公式サイトによると、auの速度はAndroidの場合で下り最大412Mbps、上り最大68Mbps、iOSの場合が下り最大346Mbps、上り最大42Mbpsとなっています。

そのため、auとIIJmioを比較した場合も、上り下りともにIIJmioの方が速いという結果となりました。

ソフトバンクよりIIJmioの方が速い

Softbankの公式サイトによると、Softbankの回線速度はAndroidで下り最大338Mbps、上り最大31Mbps、iOSの場合が下り最大308Mbps、上り最大32Mbpsとなっています。そのため、ソフトバンクとIIJmioで上り下りの最大値を比較した場合、IIJmioの方が速いという結果となります。

ここまでの比較結果を見ていただくとわかるように、IIJmioの速度は他社と比べて遅くはありません。むしろ、大手キャリア3社と上り下りの速度を最大値で比較した場合は、IIJmioの方が速いという結果になりました。

料金の安い格安SIMでありながら大手キャリアよりも速度が速いというのは、IIJmioの大きな魅力と言えるのではないでしょうか。

【IIJmio】速度・料金を詳しく見てみる

IIJmioと他社格安SIMの速度比較

  • Dプランと格安SIM他社とを比較
  • Aプランと格安SIM他社とを比較

ここからは、格安SIM他社とIIJmioのDプラン、Aプランの回線速度を比較します。

iPhone格安SIM通信アンケート

Dプランと他社格安SIMの速度比較

IIJmioのDプランは随時2Mbps以上の速度が出ており、代表的な格安SIMである楽天モバイル、OCNモバイルONE、mineo、BIGLOBEモバイル、LINEモバイルなどの各au回線速度と比較しても引けを取りません。

Aプランと他社格安SIMの速度比較

IIJmioのAプランと、楽天モバイル、OCNモバイルONE、mineo、BIGLOBEモバイル、LINEモバイルの各ドコモ回線を速度で比べてみると、速度が速いと評判のBIGLOBEモバイル、LINEモバイルには速度では負けることがわかります。

【IIJmio】速度・料金を詳しく見てみる

IIJmioユーザーの実際の口コミ・評判

  • バースト機能で快適に使える
  • 高速データ通信の残りは繰り越せる
  • タイプDに高速通信に制限がない
  • 低速通信は制限あり
  • 遅さが感じられない
  • 午後2時でも快適

昼時でも快適な速度

回線が混雑しやすい時間帯である12時前後に速度計測をした結果、下り37.11Mbps、上り11.77Mbpsという十分なスピードが出ていることがわかりました。

お昼時にこれだけの速度が出れば、大手キャリア並みといっても過言ではないでしょう。

体感的にも、Twitterがサクサク閲覧できる速度と感じているようです。

IIJmioのお申込みはこちら

バースト機能で快適に使える

格安SIMの多くは、低速通信モードという機能を搭載しています。ですが、低速通信モードは、データ容量を節約できる代わりに使い勝手が悪くなってしまうという欠点がありました。

IIJmioには、低速通信時でも一定の通信量のみ高速通信ができる「バースト機能」というものがあります。

バースト機能を上手く使えば、データ容量を節約しつつも快適にネットサーフィンすることが可能となるため、ぜひ上手に活用しましょう。

動画のストリーミング視聴など、長時間に渡って高速な通信が要求される場合には向いていませんが、テキストサイトの閲覧や軽めの画像を読み込む時など、最初の短い時間だけ高速通信が必要な場合におすすめです。

余ったギガは繰り越せる

プランで契約した高速データ容量を当月内に使い切らず残った場合は、その残った高速データ容量を翌月に繰り越しできます。

IIJmioは毎月プランを変更できるため、高速データ容量を繰り越した場合は、その繰り越した容量に応じて翌月のプランをデータ容量が少量のものに変更して、利用料金を節約することが可能です。

毎月、使用したデータ容量を確認して、それに応じてプランを変更するのは面倒くさく感じるかもしれません。しかし、年間で考えると上手にやり繰りすれば、かなりのコストダウンが可能となるため、IIJmioを利用するのであれば、是非、高速データ通信の繰り越しを利用して上手にやり繰りしましょう。

タイプDに高速通信に制限がない

Dプランは他社のプランと違って、高速通信の容量制限がありません。そのため、通信制限になる心配をせず、契約したデータ量を目一杯使えるというメリットがあります。

一方、Aプランは、高速通信・低速通信どちらかということに関わらず、3日間で6GBを超えると制限がかかる場合があることに注意しましょう。

このように、DプランとAプランでは同じIIJmioのプランでも明確な違いがあるため、自分に最適なプランはどちらなのか、自分の使い方などを踏まえて検討した上で選ぶようにしましょう。

低速通信は制限あり

前述の通り、高速通信に制限が無いDプランですが、低速通信には制限があることに注意しましょう。Dプランでは、低速通信時に3日あたりの通信量が366MBを超えると、4日目から通信制限がかかってしまいます。

低速通信で通信制限がかかってしまうと、その速度はさらに遅くなります。実際、この状態はかなり遅くなるため、ネットサーフィンなど快適にインターネットを利用するのは難しいと言わざるを得ません。そのため、なるべく制限がかかるのは避けたいところです。

IIJmioのお申込みはこちら

【2020年10月】IIJmioのキャンペーンまとめ

IIJmioへの申込みを検討している方に朗報です。お得な情報が盛り沢山なので、ぜひチェックしてくださいね。

秋のコミコミキャンペーン【はじめての誰とでも通話定額10分割引】

出典:IIJmio
  • 期間:2020年9月1日~11月4日

現在実施されている秋のコミコミキャンペーンは、「みおふぉんダイアル通話定額10分」(通常月額料金830円)を申し込むと音声通話SIMの月額基本料金が6か月間700円割引通話定額オプションが7か月間無料になるキャンペーンです。

データ通信容量12GBのファミリーシェアプランは、音声・SMS・データSIM問わず月額料金が6か月間1,280円割引になります。通常定額セットの割引と合わせると、6GBのライトスタートプラン(1,520円)よりも安くなるのでお得です。

使った分だけ1GB単位で支払いができる従量制プランも対象となっているので、1GB480円から利用可能です。

さらに、最大15,000円のキャッシュバックも行っているので、見逃さないようにチェックしましょう。

【IIJmio】最新キャンペーンはこちら

秋のコミコミキャンペーン【MNPキャッシュバック特典】

出典:IIJmio

対象期間中にIIJmioモバイルサービスの音声通話機能付きSIMをMNP乗り換えで申し込むと、1回線ごとに3,000円キャッシュバックされるキャンペーンも実施されています。

  • 期間:2020年9月1日~11月4日

こちらは、MNP転入のみ対象のため、「新しい番号を取得」としての新規申し込みは対象外となります。

キャンペーン対象プランとキャッシュバックの上限額は以下の通りです。

  • ミニマムスタートプラン:最大6,000円(2回線まで)
  • ライトスタートプラン:最大6,000円(2回線まで)
  • ファミリーシェアプラン:最大15,000円(5回線まで)
  • 従量制プラン:最大9,000円(3回線まで)

MNPキャッシュバック特典は、2020年8月より開始された従量制プランを含む全プランが対象です。

【IIJmio】最新キャンペーンはこちら

秋のコミコミキャンペーン【スマホ特価セール】

出典:IIJmio
  • 2020年10月1日(木)~2020年11月4日(水)23:59

MNP乗り換えで人気端末が安価で購入できるスマホの特価セールも実施中!対象端末は以下となります。

  • motorola moto e6s:1,980円(一括払い) 85円(24回払い)
  • HUAWEI nova lite 3+:4,980円(一括払い) 257円(24回払い)
  • OPPO A5 2020:6,980円(一括払い) 305円(24回払い)
  • AQUOS sense2:6,980円(一括支払い) 295円(24回払い)
  • Xiaomi Redmi Note 9S:9,980円(一括払い) 417円(24回払い)
  • OPPO Reno A:19,800円(一括払い) 830円(24回払い)
  • AQUOS sense3:19,800円(一括払い) 830円(24回払い)
  • Xperia Ace:21,800円(一括支払い) 920円(24回払い)
  • iPhone 8(中古):27,500円(一括支払い) 1,159円(24回払い)

なお端末在庫がなくなり次第の終了となります。音声通話機能付きSIMをMNP転入で、上記対象端末をセットで申し込んだ場合特典が適用されます。

【IIJmio】最新キャンペーンはこちら

はじめての12GBファミリーシェアプラン1,280円キャンペーン

出典:IIJmio
  • 期間:2020年9月1日~2020年11月4日
  • 対象プラン:ファミリーシェアプラン

期間中にIIJmioのファミリーシェアプランに新規申し込みまたはプラン変更すると、月額料金が6か月間1,280円(税抜)割引されるキャンペーンです。

こちらのキャンペーンは、秋のコミコミキャンペーンとの併用が可能となっています。

ファミリーシェアプランを3回線で利用する場合、「はじめての誰とでも10分通話定額割引」を適用すると、月額料金が通常7,150円のところ1,280円になるのでかなりお得です。

家族での新規申し込みを検討している方に、おすすめのキャンペーンです。

【IIJmio】最新キャンペーンはこちら

初期費用2,999円割引

出典:IIJmio
  • 期間:2020年10月1日~2020年11月4日
  • 対象プラン:ミニマムスタートプラン/ライトスタートプラン/ファミリーシェアプラン/従量制プラン

IIJmioの対象プランに新規で申し込むと、初期費用3,000円(税抜)が1円になる特典です。初期費用割引特典は、秋のコミコミキャンペーンとの併用が可能です。

初期費用を抑えたい方や、できるだけ安く契約したい方は、この機会を見逃さないようにしましょう。

【IIJmio】最新キャンペーンはこちら

SIMカード追加・再発行手数料割引キャンペーン

出典:IIJmio
  • 期間:2020年9月1日~2020年11月4日

期間中にIIJmioモバイルサービスのSIMカード追加・再発行手続きを行うと、手数料が割引になるキャンペーンです。

例えば、SIMカード追加手数料1枚あたり2,000円(税抜)が0円になります。また、SIMカードの機能変更をする際の手数料2,000円(税抜)も0円に。

IIJmioは、SIMカードを追加してデータ容量をシェアできるプランもあるので、このキャンペーンを利用して家族でお得にスマホを使いましょう。

【IIJmio】最新キャンペーンはこちら

端末保証オプション最大2ヶ月無料キャンペーン

出典:IIJmio

【端末保証オプション最大2ヶ月無料キャンペーン】

  • 開催期間:終了日未定
  • 端末保証オプションが最大2ヶ月無料

端末保証オプション(月額380円/500円)が最大2ヶ月間無料になるキャンペーンです。このオプションはIIJmioのセット端末のみに適用されるので注意してください。また、申し込みを行えるタイミングは端末購入時のみとなっています。

【限定キャッシュバックあり】IIJmioを契約する!

IIJmioの速度の評判は概ね良い

ここまで見てきて頂いたことからわかるように、IIJmioは、その速度について概ね良い評判が多い格安SIMです。その速度は、大手キャリアと比較しても負けない程です。格安SIMを選ぶ際に速さを重視する人にとって、IIJmioは有力な選択肢となるのではないでしょうか。

もし、IIJmioに加入するのであれば、高速通信と低速通信を上手に使い分けることが大切です。低速通信時にはバースト機能も有効活用しましょう。また、お金を節約するためにはデータの繰り越しに応じて、来月のプランを柔軟に変更していくなどの工夫も重要となります。

IIJmioを上手に利用して、お得に快適なモバイル生活を楽しみましょう。

IIJmioのお申込みはこちら

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2020年02月03日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード