ソフトバンク光

フレッツ光からビッグローブ光に乗り換える流れを徹底解説!転用のメリット・注意点

現在フレッツ光の回線を引いているなら、ビッグローブ光への転用(乗り換え)がお得です!今回はビッグローブ光への転用のメリットやデメリット、手順などをご紹介。ビッグローブ光をお得に契約できるおすすめの申し込み窓口も紹介しているので、転用を検討している方はぜひ参考にしてください。
【公式】カシモWiMAX フレッツ光からビッグローブ光に乗り換える流れを徹底解説!転用のメリット・注意点

本記事では、フレッツ光からビッグローブ光に乗り換える流れを徹底解説していきます。

その他にも、転用のメリットや乗り換え時の注意点についても紹介していくので、これからビッグローブ光に乗り換えを検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

フレッツ光からビッグローブ光に「転用」するとは?

そもそも、ビッグローブ光に「転用」するとはどういうことなのでしょうか?転用を説明する前に、まず光回線がどのような契約形態なのか、というところからご説明したいと思います。

通常光回線を使うには、「(1)光回線の提供元」と「(2)プロバイダ」という2つの会社と契約する必要があります。

プロバイダとは、光回線をインターネットに接続してくれる役割の会社です。プロバイダがいなければ、自宅でインターネットに接続することはできません。

プロバイダには、GMOとくとくBBやSo-net、OCN等様々な会社があります。そのため、同じ光回線であっても様々なプロバイダから提供されているのです。

そのため、現在フレッツ光を契約している方は以下のような契約形態になっています。

  • 光回線:NTT東日本・西日本(※1)と契約
  • プロバイダ:利用する1社と契約

※1:フレッツ光とは、NTT東日本・NTT西日本が提供している光回線の名前。

上記のように、現在フレッツ光を契約している方は「NTT東日本・西日本」と「プロバイダ」という合計2社と契約しています。

会社が別々なので、月々の請求もそれぞれの会社からきているはずです。ですが、ビッグローブ光に転用すると、この請求を1つにまとめることができます

なぜなら、ビッグローブ光は「光回線」と「プロバイダ」をセットで販売している会社だからです。ビッグローブ光自体がプロバイダでもあるので、ビッグローブ光を販売しているプロバイダはビッグローブ光だけです。

なお、使っている回線はフレッツ光と同じNTT東日本・西日本の回線です。フレッツ光の回線を借りて、ビッグローブ光という名前で販売していると考えるとわかりやすいかもしれません。

ちなみに、フレッツ光の回線を借りて販売している会社は、ビッグローブ光以外にもたくさんあります。こうした会社の回線のことを「光コラボレーション(光コラボ)」といいます。

他社光回線に変えることを、通常は「乗り換え」と呼びます。ですが、フレッツ光からビッグローブ光の場合は、同じ回線を使っているため「転用」という呼び方をします。

つまり、転用とはフレッツ光から他の光コラボレーション(光コラボ)に乗り換えることを言うのです。

【ビッグローブ光】詳細はこちら

フレッツ光からビッグローブ光に転用する4つのメリット

フレッツ光からビッグローブ光への転用には、以下4つのメリットがあります。

  • 月額料金が安くなる
  • 速度が速くなるIPv6オプションが無料
  • au・UQモバイルスマホの割引が適用される
  • 工事不要で簡単乗り換え

基本的には料金面でのメリットです。これらのメリットを把握して、いかにお得に利用できるか知っておきましょう。

1.月額料金が安くなる

フレッツ光とビッグローブ光の月額料金を比較すると、ビッグローブ光の方が安くなる場合が多いです。契約内容の詳細によっても違いますが、戸建てタイプでの契約なら、以下の料金表が適用されます。

  • フレッツ光NTT東日本:6,270円(税込)
  • フレッツ光NTT西日本:5,291円(税込)
  • ビッグローブ光 2年プラン:5,698円(税込)
  • ビッグローブ光 3年プラン:5,478円(税込)

基本的にはフレッツ光NTT東日本エリアからの転用だと、月額料金が安くなります。

NTT西日本からの転用だと、反対に高くなる可能性があるため注意しなければなりません。少しでもお得に利用するなら、3年プランで契約したほうが良いでしょう。

【ビッグローブ光】詳細はこちら

2.速度が速くなるIPv6オプションが無料

ビッグローブ光では、速度が速くなるIPv6オプションが無料で利用できます

IPv6オプションは、ビッグローブ光など光コラボレーション回線を利用されている方向けのIPv6接続サービスです。

一般的なIPv4接続(PPPoE方式)に比べると、地域・時間帯による混雑の影響が少ないため、どの時間帯でも通信速度が安定していることがメリットとして挙げられます。

工事不要で利用できるオプションなので、時間帯や利用者増加による速度低下が気になる方は、IPv6オプションを利用してみましょう。

【ビッグローブ光】詳細はこちら

3.au・UQモバイルスマホの割引が適用される

ビッグローブ光では、au・UQモバイルスマホそれぞれに割引が適用できます

auスマホは、月額1,100円(税込)割引される「スマートバリュー」、UQモバイルスマホは858円(税込)割引される「自宅セット割」の適用が可能です。

そのため、au・UQモバイルスマホユーザの方には特におすすめです。

【ビッグローブ光】詳細はこちら

auひかり

4.工事不要で簡単乗り換え

通常光回線の導入には、工事が必要ですがフレッツ光からビッグローブ光への乗り換えの場合は工事が不要なため、簡単に乗り換えができます。

また機器についてもそのまま利用可能で、当然工事費もかからないため、コストを抑えて乗り換えが可能です。

【ビッグローブ光】詳細はこちら

フレッツ光からビッグローブ光に転用するデメリット・注意点

フレッツ光からビッグローブ光に転用するデメリットと注意点について解説していきます。

1.プロバイダ発行のメールアドレスを使用できなくなる

フレッツ光からビッグローブ光に転用するとこれまで使用していた、プロバイダ発行のメールアドレスを使用できなくなります

そのため、転用をする前に転用後も使用できるフリーメールを用意しておくと安心です。

2.フレッツ光に戻す場合は手続きが複雑

一度ビッグローブ光に転用した後、フレッツ光に戻す場合は手続きが大変複雑になるため注意しましょう。

戻したい際は、ビッグローブ光を解約しその後、新たにフレッツ光の新規契約をしなければなりません。ビッグローブ光の解約違約金や残債の一括支払い、更にフレッツ光の新規開通工事費が必要になります。

手続きが複雑になるだけではなく、費用が多くかかるため転用後にフレッツ光に戻すのはおすすめしません。

【ビッグローブ光】詳細はこちら

ビッグローブ光のおすすめ申し込み窓口は「NEXT」

ビッグローブ光

ビッグローブ光に申し込みする方法はいくつかありますが、最もおすすめな申し込み窓口は「NEXT」です

NEXTでは、キャッシュバックが最大60,000円貰えます。また、一般的にキャッシュバックの手続方法は複雑だとされていますが、ビッグローブ光では申し込みの際にオペレーターに振込先口座を伝えるだけでOKです。

さらに振込スピードも業界最速クラスで最短2カ月後に振込されます。

【ビッグローブ光】詳細はこちら

auひかり

フレッツ光からビッグローブ光に転用する流れ

フレッツ光からビッグローブ光に転用する流れを解説していきます。

転用の手順は以下のとおりです。

転用の流れ

  1. 転用承諾番号を取得する
  2. ビッグローブ光に申し込む
  3. 回線を切り替える
  4. 接続・設定を行う

手順1.転用承諾番号を取得する

ビッグローブ光に転用する場合、まずはフレッツ光で転用承諾番号を取得しなければなりません

これはNTT東日本/西日本のいずれかの窓口にて発行してもらうもので、自身の契約エリアに合わせて問い合わせましょう。問い合わせは公式ホームページか電話での連絡となります。

電話の場合は、NTT東日本は「0120-140-202」、NTT西日本は「0120-553-104」で、どちらも9~17時までの受付です。

WEBならそれぞれ電話よりも長い時間受け付けています。

手順2.ビッグローブ光に申し込む

転用承諾番号を取得した後は、5日以内にビッグローブ光に申し込み手続きをしなければなりません。期限を超過しないよう注意しましょう。

ビッグローブ光に申し込む際に、NTTから取得した転用承諾番号を伝えてください。

【ビッグローブ光】詳細はこちら

手順3.回線を切り替える

申込みから、1週間程度で入会資料と開通案内が送付されます。これらは、契約内容や接続設定などを掲載した資料で設定時必要になりますので、大切に保管しておきましょう。

この時点では、プロバイダの解約をしてしまうと一時的にインターネットが利用できなくなるため注意してください。

auひかり

手順4.接続・設定を行う

ビッグローブ光との契約後は、工事は必要ありませんがインターネットの接続設定が必要です。設定方法は送付される案内に記されているため、その通りに行いましょう。

また、無線LAN付きのプランで申し込んでいる場合は、機器の電源を入れるだけで使えます。初期設定は不要で面倒もないため、分からない場合は無線LAN機器も申し込んでおくと良いでしょう。

そして無事にビッグローブ光の利用開始できた後は、それまで使っていたプロバイダを解約してください

【キャッシュバック実施中】ビッグローブ光に申し込む

フレッツ光からビッグローブ光に転用する際のFAQ

フレッツ光からビッグローブ光に転用する際によくある質問をまとめました。

ルーターはそのまま使える?

フレッツ光で使用していた、ルーターや配線はそのまま使用できます

転用するときに解約金はかかる?

フレッツ光からビッグローブ光に転用した場合、解約金はかかりません

しかし転用の際の事務手数料3,300円(税込)は初期費用として必要です。

ビッグローブ光とフレッツ光の違いは?

回線速度や対応エリアにはそれぞれ違いはありません。しかし、ビッグローブ光のほうがフレッツ光と比べて月額料が安いです。

月額料金にプロバイダ料も含まれているため、料金体系がわかりやすいこともメリットとして挙げられます。また、セット割やキャンペーンも充実しているため、よりお得に利用できます。

【ビッグローブ光】詳細はこちら

フレッツ光からビッグローブ光への転用まとめ

本記事では、フレッツ光からビッグローブ光に乗り換える流れを解説しました。

乗り換え(転用)の手順は以下のとおりです。

転用の流れ

  1. 転用承諾番号を取得する
  2. ビッグローブ光に申し込む
  3. 回線を切り替える
  4. 接続・設定を行う

フレッツ光からビッグローブ光に転用すると、月額料金が安くなり、速度が速くなるIPv6オプションが無料で利用できます。その他にも、乗り換え時に割引の適用が可能で、工事不要で簡単に乗り換えが可能です。

さらにおすすめ申し込み窓口「NEXT」から申し込みをすればキャッシュバックを受け取れます

月額費を抑えたい方やキャッシュバックを受けたい方は、フレッツ光からビッグローブ光への転用がおすすめです。ぜひ本記事を参考に手続きをしてみてください。

【ビッグローブ光】詳細はこちら

公開日時 : 2022年11月11日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!