やっぱり光回線?WiMAXと比較|引越し先のインターネット

引越しはインターネット回線の契約を見直すのに最適です。固定回線では光回線がお馴染みですが、本当に光回線がいいのでしょうか。今回はWiMAXと比較してみます。引越し時の乗り換え、契約時にそれぞれどのような違いがあるのでしょうか。
【公式】カシモWiMAX やっぱり光回線?WiMAXと比較|引越し先のインターネット

「引越しの時って、インターネットの手続きはどうすればいいの?」「今契約している光回線はそのまま使えるの?」と悩んでいる人もいるでしょう。

この記事では、引越し時のインターネットの開通についてお伝えします。

これから引越しをされる人はぜひ参考にしてください。

光回線を申込む場合

引越しの時に、光回線を申し込むにはどうしたらよいのでしょうか?

現在光回線を契約していない人は、家電量販店やネットから光回線に申し込みをすることができます。

ただし、光回線を使うためには、引越し先で工事が必要になる場合が多いので気をつけましょう。

既に、光回線を契約している人なら、光回線の契約を引き継ぐことはできます。

契約している光回線に「引越しをしたいので、光回線の引き継ぎをお願いします」と連絡をすれば、手続きの方法を教えてくれます。また、フレッツ光など光回線によっては、別途プロバイダにも「引越しをするので、使用する住所が変わります」と連絡をする必要があります。

プロバイダとは、インターネットに繋ぐための手続きをしてくれる事業者のことです。ただ最近では、光回線とプロバイダがセットになった「光コラボレーション」というサービスの光回線も増えています。その場合は、光回線の会社にだけ連絡をすれば大丈夫です。

契約している光回線の会社に連絡する際は「引越しをする前の住所でいつまで光回線を使うのか?」と、引越し先の住所を伝えておけば手続きをしてくれます。その際、光回線の契約時にもらったIDが書かれた契約の控えが必要になる場合があります。

契約の控えが手元にある人は連絡する際に用意しておきましょう。

ただ、光回線を申し込むもしくは引き継ぐ前に、知っておいてもらいたいことがあります。

光回線の開通は工事の負担が大きい

光回線はデータ通信が無制限でできる魅力がありますが、開通に関しては利用者に負担がかかる場合があります。

どんな負担があるのか、確認していきましょう。

開通までに時間がかかる

まずは、光回線は開通作業やインターネットが使えるようになるまで時間がかかるということです。光回線は、基本的には申し込みをしてから直ぐには使えません。

引越し先の光回線の工事が終わっていれば、電話だけで使える場合もあります。しかし、光回線の工事が終わっていない場合は、業者を手配して工事をしてもらう必要があります。

工事の業者が空いている日まで開通はできません。引越しシーズンの3~4月は工事業者の予約が混んでいるので、申し込みをしてから工事の日まで2週間ほどかかる場合があります。

工事完了まで、引越し先でインターネットが使えなくなる可能性があります。

引越し先によっては工事代がかかる

新しく工事するとなると、工事費用が3,000〜20,000円ほどかかります。筆者の場合、最初の引越し先のアパートは光回線の工事が終わっていたので、工事費用はかかりませんでした。しかし、次に引越ししたマンションは光回線の工事が終わっていなかったので、工事費用が10,000円ほど発生しました。

平日以外は別途料金が必要

なお光回線の工事は平日の日中以外は追加の費用が発生します。工事業者と光回線の契約先にもよりますが、休日だと3,000円ほど追加の料金が必要です。

また夜も追加の料金が発生することがあります。工事の予約をする際は、追加の手数料が発生しないかどうかを確認しておきましょう。

なお、工事の作業時間は業者の人が到着してから現場を見て判断するので、事前にはわかりません。

筆者の場合は40分ほどの作業で完了でした。

部屋の中に人を入れるのが大変

光回線の工事では、業者の人を部屋の中に入れなければいけません。筆者はそこまで気にしませんでしたが、人によっては初対面の人が部屋の中に入ってくることに、心理的な負担があるかもしれません。

特に、光回線の作業員は多くの場合男性なので、一人暮らしの女性は緊張してしまうかもしれませんね。

建物に穴を開ける

筆者の知り合いの光回線の業者がこんなことを話していました。「光回線はエアコンの穴など既存の配管に光回線を通せればいいけれど、そうじゃない場合は建物に穴をあけなければいけない。そうなると建物にダメージを与えることにもなる」引越し先が新築の場合などは、建物に穴を開けるのは少し抵抗がありますね。

成人の立会いが必要

また、光回線の工事について大変なのが、成人の立ち会いが必要ということです。例えば筆者の知り合いは娘が大学進学を機に下宿するので、光回線の工事を依頼しました。しかし、娘が未成年だったので、光回線の工事に立ち会う必要がありました。

「娘の下宿先まで行かなければならず大変だった」と話していました。

手軽にネットを楽しみたいならWiMAXがオススメ

引っ越しが多い人の場合、引越しのたびに上記の光回線の工事を検討する必要があり、負担が大きいと思います。

ここまでの記事で「光回線の開通って思っていたより大変」と思った人もいると思います。そんな人にはWiMAXがオススメです。

WiMAXなら工事不要

WiMAXは、工事不要でスタートできます。なので、先ほどまであげてきた光回線の工事に関するデメリットは解消できます。

工事が不要なので、契約してルーターを手にしたその日から直ぐに使えます。光回線の場合、引っ越しをしてから数日間インターネットが使えなくなる可能性がありますが、WiMAXは契約後すぐに使えるので、インターネットが使えない期間が最小限で済みます。

持ち運びができる

さらに、WiMAXには「持ち運びができる」というメリットがあります。

モバイルルーターにすれば、引越し先でも勤務先でも屋外でもインターネットが使えるので手軽です。

現在光回線を使っている人は、WiMAXを契約するために、光回線を解約すると違約金が発生する場合もあるでしょう。ただ、WiMAXは毎月の料金が比較的安いことが多いので、光回線の違約金が発生しても、長期的に見たら乗り換えた方がお安くなります。

おすすめのWiMAXは「カシモWiMAX」|特徴とメリット

WiMAXが光回線と比べてより簡単に早く使い始めることができるということがおわかりいただけたと思います。

WiMAXサービスはいくつかあるので「どのサービスと契約するのが一番お得なのか」というところが気になりますよね。

カシモWiMAXなら、初月の契約は無料で翌月からも業界最安級の1,380円から利用することができます。

またどこのサービスも2-3年契約が必要です。カシモWiMAXも2年契約が必要ですが、主要なWiMAXサービスと比較しても2年間の総額は2万円以上の差があります。

さらに詳細な比較情報を知りたいという方はこちらの記事を合わせて読んでみてください。カシモWiMAXとその他のおすすめWiMAXサービスを比較しています。

カシモWiMAXの詳細についてさらに知りたいと言う方はこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

まとめ

引越しの際の開通の負担をお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

引越し先で光回線を開通させるとなると工事の負担や日数を検討する必要がありますが、WiMAXなら工事不要で、ルーターを引越し先に持っていくだけで済みます。

WiMAXの通信速度についても数年前までは、光回線よりも遅く感じられていました。しかし、現在はWiMAXの通信技術が進歩したので、高画質の動画もストレスなく楽しむことができます。

「引越し先でも手軽にインターネットを使いたい」「頻繁に引越すので工事はしたくない」という人はWiMAXを検討されてみてはいかがでしょうか?

【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2018年06月15日

菅野 辰則 ― ライター
菅野 辰則 ― ライター

最新ガジェット、家電、デバイスが大好物。秋葉原、ネットショップでコスパの高い中古端末に目を光らせている。iPhone・iPadを格安SIMとWiMAXで利用中。趣味はダンス、週4日のトレーニングを欠かさない。

関連キーワード