WiMAXと光回線を徹底比較!どちらがおすすめ?併用はできる?

WiMAXと光回線を徹底比較し、どちらを選ぶべきか、安くて通信速度が速いのはどっちか解説します。WiMAXと光回線を比較し、違いや選び方をまとめました。一人暮らしの自宅で光回線を使いたい方や、マンションの固定回線としてWiMAXを契約したい方も必見です。
【公式】カシモWiMAX WiMAXと光回線を徹底比較!どちらがおすすめ?併用はできる?

インターネット回線を選ぶ時、WiMAXと光回線のどちらがよいのか迷うこともあるのではないでしょうか。

この記事では、WiMAXと光回線、それぞれの料金や特徴、メリットについて詳しくご紹介します。

どちらがいいのか検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

モバイルWiFiを選ぶなら、月額料金が安いWiMAXがおすすめです。

月額料金が安いことに加えて、工事不要ですぐネットが使えること、外出先でも使えることが、光回線にはないWiMAXのメリットです。

カシモWiMAX 出典:カシモWiMAX

数あるWiMAXプロバイダの中で最もおすすめなのが、カシモWiMAXです。

カシモWiMAXは業界最安級の月額1,518円(税込)~利用することができるため、WiMAXをさらに安く使うことができます。

詳しい内容は記事後半でご紹介しますが、光回線ではなくモバイルWiFiを選ぶならWiMAX、その中でもカシモWiMAXがおすすめです。

WiMAXと光回線比較

まず、光回線とWiMAXの特徴を比較します。両者にはどんな違いがあるのでしょうか。

特徴を理解しておけば、格段にサービスを選びやすくなりますので、ぜひ覚えておきましょう。

料金

光回線(auひかり) WiMAX(カシモWiMAX)
集合住宅 4,180円(税込)※ずっとギガ得プラン(3年契約)・1年目 4,455円(税込)※3年プラン
一戸建て 5,610円(税込)※ずっとギガ得プラン(3年契約)・1年目 4,455円(税込)※3年プラン

ここでは光回線の例としてauひかりと、WiMAXの例としてカシモWiMAXを比較します。

なお、光回線の場合、アパートやマンションなどの集合住宅と一戸建てで料金が変わるので、両方の料金を掲載しています。

月額料金で見ると、最も安く利用できるのは、集合住宅で光回線を利用する場合です。続いてWiMAXで、最も高額なのが一戸建てで光回線を利用する場合です。

そのため、一戸建てでインターネットを利用する場合は、WiMAXの方が安い月額料金で利用できることがわかります。


また、注意したいポイントとして、光回線には回線工事費が発生する点があげられます。

設備や回線業者によって変わってきますが、回線工事費は一般的に集合住宅だと15,000円ほど、一戸建てだと18,000円ほどかかります。

キャンペーンで回線工事費が割引になったり、無料となっている回線事業者も多くありますが、もし割引がないとかなりの費用負担となります。

一方、WiMAXには開通工事がありませんので、回線工事費も発生しません。

エリア

エリアカバー率
フレッツ光 約99%
auひかり(KDDI) 約70%
WiMAX 約85%

インターネットを利用するに当たって必ず確認したいのが、エリアです。ここでは全国でのカバー率について紹介します。

最もエリアが広いのが、フレッツ光です。東日本・西日本あわせて99%と、ほとんどの地域で利用できます。

一方、同じ光回線でも、KDDI回線であるauひかりは約70%です。一戸建てプランの場合、西日本で使用できないエリアが多く、大阪府・京都府・和歌山県・奈良県・滋賀県・兵庫県・三重県・愛知県・静岡県・岐阜県・沖縄県は対象外エリアとなります。

集合住宅の場合は対応している建物もありますが、検討している場合は必ずエリア確認をすることをおすすめします。

モバイルWiFiであるWiMAXは、カバー率約85%となっています。また、無料のWiFiスポットも全国に約20万ヶ所設定されています。

ただ、光回線と違ってWiFiを利用するため、建物の位置や設備環境、ビルの中や地下などは届きにくくなる可能性もあります。

速度

auひかり 1Gbps~10Gbps
NURO光 2Gbps
ドコモ光 1Gbps~10Gbps
WiMAX 5G 2.7Gpbs(Speed Wi-Fi 5G X11使用時)
WiMAX 4G 1.2Gbps(W06使用時)

※速度は下り最大での数値であり、あくまで理論値です。お住まいの地域や接続環境によって変動しますのでご注意ください。

続いては気になる通信速度を比較してみましょう。

光回線は、基本的には上り下りともに最大1Gbpsとなります。NURO光は最大2Gbpsとなっており、高速通信を求める方に人気の回線事業者です。

また、最近ではドコモ光やauひかりで、最大5~10Gbpsのサービス提供も始まってきています。まだ対象エリアは一部となりますが、かなりの高速通信となりますので、ぜひチェックしてみてください。

一方WiMAXでも、5Gの提供が始まっています。こちらも対象エリアは限られていますが、X11使用時は下り最大2.7Gpbsと、一般的な光回線の1Gbpsよりも速くなっています。

通信制限

光回線 なし
WiMAX 5G 直近3日間で15GBを超えた場合
WiMAX 直近3日間で10GBを超えた場合

光回線は通信制限がなく、使い放題ですが、WiMAXはプランによって月間のデータ量に制限があります。

速度制限は、WiMAX 5Gが直近3日間で15GBを超えた場合、WiMAXギガ放題は直近3日間の使用量が10GBを超えた場合、通信速度が1Mbpsに低下します。

とはいえ、通信速度が制限されるのは、翌日の18時〜深夜2時という時間だけです。1MbpsでもYouTubeを標準画質でなら再生できるので、そこまで不自由はしないかもしれませんが、インターネットを仕事で使用する方は注意が必要です。

\工事不要ですぐ使える!/
【公式】カシモWiMAX

開通工事

光回線 あり
WiMAX なし

光回線には開通工事があります。基本的に新規申し込みをする場合は開通工事が必要になると認識してもいいでしょう。

ただ、フレッツ光からフレッツ光のコラボ事業者への転用や、コラボ事業者間での乗り換え(事業者変更)の場合は、開通工事なく手続きができます。

とはいえ開通工事に関しては、光回線事業者やお住まいの建物、設備環境によって、工事の有無や工事費の金額が変わってきます。申込みの際には、割引キャンペーンも含め、必ずしっかりと確認をしてくださいね。

一方、WiMAXはモバイルWiFiなので、開通工事自体がありません

開通までの時間

光回線 約1ヶ月ほど
WiMAX なし

光回線の開通までの期間は、工事業者の混み具合などで変わってきます。空いている時期なら最短で2週間ほど、引っ越しシーズンなど繁忙期であれば1~2ヶ月かかることもあります。

光回線の乗り換えであれば、開通するまで現在利用中のインターネット回線を使用できますが、新築や引っ越しなどで開通をする際は、前もってなるべく早めに申し込むことがおすすめです。

また、光回線事業者によっては、開通するまでの間モバイルWiFiを貸し出してくれるところもあります。ネット環境がないと不便かと思いますので、その点も事前にチェックしましょう。

一方WiMAXは、開通工事がありませんので、申込みをしてから使用開始までかなり短い期間となります。即日発送や即日受け取りなども可能な場合もありますので、ネット環境を急いでいる方にはメリットとなります。

契約期間・解約金

光回線(auひかり) 3年契約
契約解除料16,500円(税込)
WiMAX(カシモWiMAX) 3年契約
契約解除料10,450円(税込)

契約期間と契約解除料について、ここでは例としてauひかりとカシモWiMAXで比較をしています。

光回線もWiMAXも、一般的に3年契約の事業者が多くなっています。契約期間満了時に更新期間があり、そこで解約をするぶんには契約解除料が発生しないようになっています。

更新期間を過ぎてしまうと自動更新となり、次の更新期間までの間に解約をすると、契約解除料が発生する仕組みとなっているようです。

ただ、たとえばUQ WiMAXは、契約解除料はありますが1,100円(税込)とかなり安く設定しています。長期間利用する予定がない場合は、契約解除料が安いプロバイダーを探してみるとよいでしょう。

WiMAXと光回線のメリット・デメリット

ここでは、WiMAXと光回線それぞれが持つメリットとデメリットを具体的に紹介します。

WiMAXのメリット・デメリット

まずはモバイルWiFiであるWiMAXから見てみましょう。

WiMAXのメリット

  • 月額料金が安い
  • 工事不要ですぐネットが使える
  • 外出先でもネットが使える

月額料金は、光回線の一戸建てプランよりは安く利用できます。ただ、集合住宅プランの場合だとあまり変わらなくなりますので、お住まいの建物によって判断しましょう。

一番のメリットは、開通工事がないため工事費もかからず、申込みをしてからすぐにネットが利用できる点です。引っ越しが多い方にもおすすめです。

また、持ち歩いて使えるのもWiMAXのメリットです。旅行や出張、仕事で外にいることが多い方には非常に便利なポイントです。

WiMAXのデメリット

  • 電波状況の影響を受ける
  • 通信制限・速度制限がある

WiMAXは、エリアや場所、建物の影響で、電波が弱くなる可能性があります。光回線と違って不安定な面がありますので、よくインターネットを利用する場所がきちんと繋がるかどうか、確認が必要です。

また、光回線のように使い放題ではなく、プランによって通信制限が設けられています。通信制限を超えると速度制限がかかり、通信速度が著しく落ちてしまいます。

容量を確認しながら計画的に利用する必要があるでしょう。

\工事不要ですぐ使える!/
【公式】カシモWiMAX

光回線のメリット・デメリット

続いては光回線について解説します。

光回線のメリット

  • 通信が安定している
  • 通信制限・速度制限がない

電波状況があるWiMAXと違い、光回線は安定してインターネットが利用できる点がメリットです。リモートワークの方やオンラインゲームなどを多く利用する方は、やはり固定回線である光回線がおすすめです。

また、通信制限などがなく、使い放題である点もポイントです。容量などを気にせず、たっぷりインターネットを使いたい場合は、光回線を選択することになるでしょう。

光回線のデメリット

  • 開通工事が必要
  • 料金が高い・工事費の負担がある

光回線のデメリットは、開通工事が必要なことです。時期によっては申込みから2ヶ月近く待つ可能性もありますので、すぐにネットを使いたい方には不向きと言えます。

また、一戸建てで光回線を利用すると、割引を利用しても5千円以上となる場合が多く、月額料金は高めとなります。さらに開通工事費も負担するとなると、さらに料金の負担は増えてしまいます。

なるべくキャンペーンの割引やキャッシュバック特典などがあったり、携帯電話とセット割引が利用できたりする光回線事業者を選ぶようにしましょう。

WiMAXと光回線どちらがおすすめ?

それでは、WiMAXと光回線どちらを選べばよいのでしょうか?ここでは、それぞれどちらがおすすめなのかを詳しく解説します。

WiMAXがおすすめな人

  • 1人暮らしでインターネットを使いたい人
  • 外でインターネットを使うことが多い人
  • 転勤や急な引越しが多い人

一人暮らしの場合や、家族の中でもインターネットをよく使う人が限られている場合は、WiMAXがおすすめです。

また、外でインターネットをすることが多くて、家ではあまりインターネットを使わないという方も、持ち歩いて使えるWiMAXが便利です。

さらに、会社員の方で転勤や急な引越しが多い場合も、WiMAXは工事が必要ないので便利です。光回線は工事費用がかかるだけでなく、引っ越しの場合は移転費用が発生します。

WiMAXであれば端末を持って引っ越しをするだけなので、引越し先でもすぐにネットが利用できますよ。

WiMAXについては、WiMAXプロバイダ15社を徹底比較した記事もぜひ参考にしてください。

光回線がおすすめな人

  • 無制限でインターネットを使いたい人
  • 安定した回線を求める人
  • 集合住宅で利用する人

家族みんなでインターネットを利用する人は、通信制限がない光回線がおすすめです。家族数人でインターネットを使うと、WiMAXだとすぐに速度制限がかかってしまう可能性が高いです。

また、オンラインゲームやデイトレード、映画や動画配信を多く利用する方も、通信が安定している光回線を選んだ方がいいでしょう。

また、集合住宅での利用であれば、光回線でも比較的安い月額料金で利用できる場合もあります。WiMAXよりも安くて、持ち歩く必要がなければ、光回線がいいですね。

光回線については、おすすめの光回線プロバイダ9社を徹底比較した記事もぜひ参考にしてください。

\5G高速WiFiなら!/
【公式】カシモWiMAX

併用がおすすめな人

  • 家でも外出先でもインターネットを使う
  • 速度制限を避けたい

これまでWiMAXと光回線を比較してきましたが、どちらも併用するという方法もあります。

家族の中に外でインターネットを多く利用する人がいる場合、WiMAXの契約ひとつだと、その人が持ち出している間、他の家族はインターネットが利用できなくなってしまいます。

逆に光回線のみの契約だと、外ではテザリングなどでインターネットを利用することになるので、今度は携帯電話の料金が高額になってしまいます。

家でも外でも使いたい、どちらの利用も多い場合は、むしろ格安SIMなどをうまく利用して、併用で契約したほうがお得になる場合もありますよ。

WiMAXと光回線に関するよくある質問

ここでは、WiMAXと光回線でよくある疑問をピックアップしました。ぜひ検討の参考にしてください。

WiMAXは光回線の代わりになる?

A.WiMAXは光回線の代わりになり得ます

光回線の一般的な速度は下り最大1Gbpsですが、WiMAXは上り最大1.2Gbps、下り75Mbps、5Gに至っては最大2.7Gpbsと光回線同等、もしくはそれ以上の速度が出ます。そのため、通信速度という点ではWiMAXは十分光回線の代わりになるでしょう。

光回線からWiMAXへ乗り換えれる?

A.光回線からWiMAXへ乗り換えは可能です。WiMAXはエリアさえ対象内なら、どの建物でも利用ができます。

光回線とWiMAXは併用もできますので、WiMAXを契約してから光回線を解約するという流れで乗り換えれば、ネット環境が途切れることなく乗り換えができます。

光回線からWiMAXへの乗り換えについては、光回線からWiMAXへお得に乗り換える方法を検証した記事もぜひ参考にしてください。

WiMAXと光回線をセットで使うとお得?

A.家でも外でもインターネットをたくさん使う場合はお得になります

月額料金は2社負担となりますが、割引キャンペーンや格安SIMを利用するなど、工夫次第では通信量を抑えてお得に利用することも可能です。

\5G高速WiFiなら!/
【公式】カシモWiMAX

WiMAXと光回線のまとめ

WiMAXと光回線の違い

  • WiMAXは外での利用・引っ越しが多い方向け
  • 光回線は安定した通信が必要な方向け

WiMAXと光回線、それぞれの特徴とおすすめポイントを紹介しました。

WiMAXは外に持ち歩きたい方や、引っ越しが多い方におすすめです。光回線は家での利用が多い方、安定した通信環境が必要な方におすすめですよ。

この記事を参考に、ぜひご自身のライフスタイルに合ったインターネット回線を選んでみてくださいね。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2022年01月14日

菅野 辰則 ― ライター
菅野 辰則 ― ライター

最新ガジェット、家電、デバイスが大好物。秋葉原、ネットショップでコスパの高い中古端末に目を光らせている。iPhone・iPadを格安SIMとWiMAXで利用中。趣味はダンス、週4日のトレーニングを欠かさない。

関連キーワード