WiMAXと光回線の最大速度・料金を比較!WiMAXは光回線の代わりになる?

WiMAXと光回線を徹底比較し、どちらを選ぶべきか、安くて通信速度が速いのはどっちか解説します。WiMAXと光回線を比較し、違いや選び方をまとめました。一人暮らしの自宅で光回線を使いたい方や、マンションの固定回線としてWiMAXを契約したい方も必見です。
【公式】カシモWiMAX WiMAXと光回線の最大速度・料金を比較!WiMAXは光回線の代わりになる?

「WiMAXがあれば光回線は不要なの?」と思ったことはありませんか?

この記事では、WiMAXのルーターを使って光回線が不要か必要かを検証してみました。

先に結論を知りたい方のために要点をお伝えすると、光回線がなくても、WiMAXがあればインターネットは十分使えます。その上で、光回線よりもWiMAXをおすすめする理由を3つご紹介します。

  • 光回線よりWiMAXの方が安い
  • WiMAXなら工事不要ですぐネットが使える
  • WiMAXなら外出先でもネットが使える

どちらも十分ネットが使えるなら、月額料金が安いWiMAXの方がおすすめです。

月額料金が安いことに加えて、工事不要ですぐネットが使えること、外出先でも使えることが、光回線にはないWiMAXのメリットです。

数あるWiMAXプロバイダの中で最もおすすめなのが、カシモWiMAXです。

カシモWiMAXは業界最安級の月額1,380円~利用することができるため、WiMAXをさらに安く使うことができます。

詳しい内容は記事後半でご紹介しますが、光回線とWiMAXならWiMAX、その中でもカシモWiMAXがおすすめです。

【最短当日発送】カシモWiMAXを契約する!

光回線とWiMAXを徹底比較

まず、光回線とWiMAXの特徴を比較します。両者にはどんな違いがあるのでしょうか。

特徴を理解しておけば、格段にサービスを選びやすくなりますので、ぜひ覚えておきましょう。

開通までの時間

光回線を利用する場合はインターネットが使えるようになるまでに時間がかかる一方、WiMAXは手元に端末さえ届けば即日で利用することが可能です。

光回線の利用までに時間がかかる理由として、工事を行う必要があることが挙げられます。

この工事についても、引っ越しシーズンの3月~4月などは予約がいっぱいになっており、申し込みをしてから着工を行うまでにかなりの期間が空いてしまう場合もあります。

引っ越した後にネット環境がしばらく使えない、ということも起こりうるので、計画的な予約をおすすめします。

インターネットが使える場所

光回線とWiMAXの違いは、インターネットが使える場所です。

光回線は固定回線とも呼ばれる通り、家の外でしか使うことができません。そのため、自宅でのみインターネットを使いたい方向けのサービスです。

一方、WiMAXは家の中でも外でもデータ通信が使えます。モバイルルーターを持ち歩けば家でも外でも使えるので、光回線よりもWiMAXの方が汎用性は高いです。

回線工事の有無

光回線は自宅にインターネットを引くための工事が必要ですが、WiMAXは工事不要です。光回線の工事時間は段取りや依頼する業者によって変わりますが、40分程度を見ておけばよいでしょう。

回線工事は日程を合わせて工事に立ち会わなければならないため、忙しい方やインターネットを早く使いたい方には少々面倒です。

その点、WiMAXは端末の設定を行うだけでネットが使えるので、時間も手間もかかりません。「回線工事に立ち会うのが大変」「女性の一人暮らしだから、工事の人を部屋にあげるのが不安」という人にとっては大きな魅力ですね。

光回線の場合は引越し先によっては工事代がかかる

新しく工事するとなると、工事費用が3,000〜20,000円ほどかかります。筆者の場合、最初の引越し先のアパートは光回線の工事が終わっていたので、工事費用はかかりませんでした。しかし、次に引越ししたマンションは光回線の工事が終わっていなかったので、工事費用が10,000円ほど発生しました。

なお、この工事は平日の日中以外は追加の費用が発生する場合があります。工事業者と光回線の契約先にもよりますが、休日だと3,000円ほど追加の料金が必要です。夜の作業も追加の料金が発生することがあります。工事の予約をする際は、追加の手数料が発生しないかどうかを確認しておきましょう。

通信制限の有無

光回線はいくらデータ通信が使い放題ですが、WiMAXはプランによって月間のデータ量に制限があります。

WiMAXには「ギガ放題プラン」と「通常プラン」という2つのプランがあり、通常プランは月間7GBまでです。加えて、「ギガ放題プラン」でも3日間で10GB以上のデータ通信を使うと、通信速度が制限されます。

通信速度が制限された後は、1Mbpsになります。とはいえ、通信速度が制限されるのは、翌日の18時〜深夜2時という時間だけです。1MbpsでもYouTubeを標準画質で再生できるので、そこまで不自由はしないと思います。

月額料金

「料金はどう違うの?」という人もいると思うので、ここでは代表的なフレッツ光(光回線)とカシモWiMAX(WiMAX)を比較します。

なお、光回線の場合、アパートやマンションなどの集合住宅と一戸建てで料金が変わるので、両方の料金を比較します。

また、フレッツ光には基本料金の他にネットに接続するためのプロバイダー料も必要なので、一番安いプロバイダをつけた状態の金額を記載します。

光回線WiMAX
集合住宅3,450〜4,450円1,380~4,079円
一戸建て5,100円1,380~4,079円

フレッツ光の場合、集合住宅の部屋の数によって金額が変わるため金額幅が出ます。

戸建ての人はともかく、集合住宅にお住いの人は光回線かWiMAXか迷うと思います。しかし、月額料金以外にもかかる費用があるので、比較していきましょう。

契約料

光回線の場合、フレッツ光なら800円の契約料がかかります。一方でWiMAXは3,000円の契約事務手数料が発生します。

工事費

フレッツ光は、一戸建ての場合18,000円。集合住宅の場合15,000円の工事代がかかります。キャンペーンによっては、工事代分月額料金が割引されたりします。

ただし、2年以内に解約すると工事代の残債を請求されるので、解約時の費用が高くなります。一方、WiMAXは工事の必要がないので、もちろん工事の費用は掛かりません。

解約金

解約金はフレッツ光の場合、25カ月以外に解約すると戸建ての場合、9,500円。

集合住宅の場合、1,500円を支払うことになります。さらに、先ほどお伝えした通り、工事代の残債を支払うことになります。

UQ WiMAXの場合、12カ月目までは19,000円。13カ月〜24カ月目は14,000円となり、25カ月目が0円で解約できます。

WiMAXがおすすめな人

ここでは、WiMAXの契約がおすすめな人の特徴をまとめています。

1人暮らしでインターネットを使いたい人

一人暮らしの場合や、家族の中でもインターネットをよく使う人が限られている場合は、WiMAXのみで十分です。

共働きの場合でも、外出先では会社支給のポケットWiFiを使い、自宅で仕事をする方はWiMAXを契約して使うというパターンや、自宅でしかインターネットを使わないという場合もWiMAXがおすすめです。

インターネットの使い方はそれぞれですので、WiMAXを契約して不自由がないかを試すと失敗しませんね。

外でインターネットを使うことが多い人

外でインターネットを使うことが多い人にはWiMAXだけ契約すれば良いでしょう。なぜならば、外でのインターネットがメインの場合、光回線サービスを契約していても外ではインターネットができないからです。

なお、 WiMAXのルーターを使って外でインターネットをすれば通信料を節約できます。

なぜならば、WiMAXで通信ができるのでスマホのデータ通信パッケージを安いプランに変更できるからです。格安SIMと併用するとさらに安く抑えることもできます。

「外でインターネットをすることが多くて、家ではあまりインターネットを使わない」という人はWiMAXだけで良いでしょう。

どんなに通信速度が速い光回線を契約していても、光回線を持ち運びして使えません。それに対して、WiMAXは家でも外でもネットに接続できるというのは、大きなメリットですね。

転勤や急な引越しが多い人

会社員の方で転勤や急な引越しが多い場合もWiMAXは工事が必要ないので便利です。光回線は工事費用がかかるだけでなく、乗り換える場合は違約金が発生し、工事の日程も立会いが必要なため忙しい会社員の方にとってはやや手間です。

中には平日の工事と休日の工事では工費費用が数千円変化する光回線プロバイダもあるので、引越しが多い場合は工事がないWiMAXを選ぶ方がいいですよね。

月額料金を安く抑えたい人

とにかく月額のインターネット代を抑えたいという方はWiMAXがおすすめです。

WiMAXにも様々なプロバイダがありますが、業界最安級のカシモWiMAXの場合は月額1,380円~契約することができます。もちろんWiMAXは光回線のように工事が必要なく、端末料金や送料もかかりません。

もちろんカシモWiMAXには最新機種のW06というWiMAXルーターもあるので、不便なく快適なインターネットを楽しむことができますよ。

光回線がおすすめな人

ここでは、光回線の契約がおすすめな人の特徴をまとめています。

家族でインターネットを使いたい人

インターネットを利用する家族が多い場合も光回線が必要になると思います。というのも、家族が多い場合、WiMAX1台だけで複数人がインターネットに繋ぐと、回線が割かれて通信速度が遅くなってしまうからです。

オンラインゲームをしたり、動画をたくさん楽しみたい場合は光回線の方が安定した速度でインターネット接続ができるのでおすすめです。

WiMAXの下り最大通信速度は最大440Mbpsですが、光回線は設備によっては、最大1Gbpsと最高速度が速いです。

さらに光回線には通信速度制限がありません。よって、「少しでも通信速度が速い方が良い」という人は光回線の契約が必要かもしれません。

私の知り合いにオンラインゲームが好きな友達がいましたが、「通信速度が遅いとオンラインゲームをする時に反応が悪くなるから、光回線は必須」と言っていた人がいました。

家族で使う場合、使う人が多いのでWiMAXギガ放題プランで決められている、3日間で10GBの通信速度制限にも引っかかりやすくなってしまいます。通信速度制限後は1Mbpsという速度になるので、複数人で使用しづらくなってしまいます。

WiMAXと光回線の併用がおすすめな人

外出先でインターネットを使う・速度制限を気にする

家族の中でもインターネットの使い方は様々ですよね。

最近ではタブレットやスマホを使って小さなお子様のために動画再生をしたり、教育アプリを使うことも多くなりました。外出先でも自宅でもインターネットを使う場合はWiMAXがあると安心です。

ただ、日中外出先でインターネットを使う場合、WiMAXのルーターを持ち運ぶと、自宅にいる家族はキャリア回線を使うことになります。キャリア回線のみの契約でスマホが速度制限になった場合、不便な思いをします。

このように、日中など家族が仕事や家事、子育てなどでそれぞれインターネットを使う場合は光回線とWiMAX両方の契約がいいでしょう。

両方の契約だと通信料金がかなり高額になるとお考えかもしれませんが、格安SIMとWiMAXを併用すれば、月額の通信料金も抑えることができますよ。

WiMAXプロバイダの選び方

使い方によってWiMAXの契約が必要となった方のためにWiMAXプロバイダの選び方を解説します。

WiMAXプロバイダは20社以上あるので、選び方のポイントを押さえて失敗しない選び方を身につけましょう。

WiMAXをプロバイダ経由で契約するメリット

まずWiMAX契約の仕組みをわかりやすく解説します。

WiMAX回線を提供しているのは『UQ WiMAX』という会社です。プロバイダとはその回線を使ってサービス提供する販売代理店のことです。

つまりWiMAXはどのプロバイダと契約しても性能は変わりません。

さらにWiMAXは『UQ WiMAX』と直接契約するよりも、プロバイダを介して契約した方が月額料金が安くなります。

一見、直接契約の方が安くなるイメージがある方も多いと思いますが、UQ WiMAXは販売代理店であるプロバイダに協力してもらうことで、サービス拡大を図っています。

広告費を使う代わりにプロバイダに安くサービスを提供しているということになります。

WiMAXプロバイダの大きな差は月額料金

WiMAXは、どのプロバイダで契約をしてもWiMAXの性能は同じです。プロバイダごとで異なるのは月額の料金です。

同じWiMAXではありますが、月々3,000円程度のプロバイダもあれば1,500円を切るプロバイダもあります。キャンペーン内容も異なるので、しっかりと比較する必要があります。

キャッシュバックではなく月額割引のプロバイダを選ぶ

プロバイダ選びでもう1つ重要なことはキャッシュバックキャンペーンをしているプロバイダとの契約をしないということです。

WiMAXのキャッシュバックキャンペーンは多いところで30,000円~40,000円ほどの額が戻ってきます。かなり額が大きいので、ついキャッシュバックの額が多いプロバイダを選んでしまいがちです。

しかし、実はこのキャッシュバックを受け取るのはかなり困難な仕様になっています。

キャッシュバックを受け取る方法

キャッシュバックを受け取るには契約11か月後にプロバイダから送られてくるキャッシュバックの案内のメールを確認し、受信から1か月以内に手続きをするという流れです。

手続き自体は簡単そうに見えますが、このキャッシュバックの案内メールがプロバイダから届くのは、WiMAX契約時に新しく発行されたメールアドレス宛です。

このアドレスには日ごろからプロバイダからの多くの広告メールが届き、キャッシュバック案内のメールを見つけることすら難しいです。

さらにこのメールは契約から11か月後に送られてくるため、契約直後にキャッシュバックを受け取ることはできません。

また、該当メールを受信後、1か月以内に手続きを進める必要があります。その期間を1日でも過ぎると、キャッシュバック受け取りの権利が消滅してしまいます。

このキャッシュバック受け取りの手順がわかりにくく、不親切ということで泣く泣くキャッシュバックを諦めるという方も多いようです。

WiMAXプロバイダは月額割引を選ぶべき!

出典:カシモWiMAX

WiMAXプロバイダの中にはキャッシュバックではなく、月額割引の制度をとっているプロバイダもあります。

月額割引とは、キャッシュバックの代わりに、月々のWiMAX通信費から割引されている仕組みです。

月額割引であれば、面倒な手続きなしで確実に安くWiMAX契約ができますね。月額割引のWiMAXの中でも特におすすめなのは、「カシモWiMAX」です。

カシモWiMAXは業界最安級の月額1,380円~という価格を打ち出しており、月額負担が抑えられるのでとてもおすすめです。

料金プランもシンプルでわかりやすいので、ユーザーに優しい、安心で快適なWiMAXプロバイダといえます。

【最短当日発送】カシモWiMAXを契約する!

光回線プロバイダの選び方

続いて光回線の契約を検討している方のために、失敗しない光回線の選び方を解説します。

利用中のスマホキャリア提供の光回線を選ぶ

光回線はお使いのスマホキャリアが提供している光回線を選ぶことをおすすめします。

理由はキャリアが光回線を契約するとスマホ代も安くなるというプランを作っているからです。

光回線 一戸建て マンション ①初期費用
②契約料
ドコモ光 4,000円 2,800円 ①18,000円
②3,000円
ソフトバンク光 4,291円 2,891円 ①24,000円
②3,000円
auひかり 4,190円 2,890円 ①実質無料
②3,000円

初期費用には工事費なども含まれます。

ソフトバンク光は初期費用が高く設定されていますが、光回線の乗り換えや引っ越しの際の契約であれば無料になります。

現在他の光回線を契約していたり、これからお引越しされるソフトバンクユーザーの方は安心して契約を進めることができますね。

また、auひかりは全国36か所のみ対応しているため、注意が必要です。auひかりが対応していないエリアは以下の通りです。

中部 静岡県・愛知県・岐阜県
近畿 三重県・大阪府・京都府・和歌山県・奈良県・滋賀県・兵庫県
沖縄 沖縄県

WiMAXで生活をしてみた感想

まず、WiMAXを使ってみた感想をお伝えします。普段は契約している光回線でインターネットをすることが多いので、いろいろと感じることがありました。

引っ越しが多い人にはWiMAXはお手軽

まず感じたのが、WiMAXは簡単に使えてお手軽ということです。私は今のマンションに引越しをした際に、マンションの光回線の工事が終わっていませんでした。

よって、「工事の日程を決めて光回線の工事をしてようやく開通をする」という手順を踏んでいました。その点、WiMAXは工事が不要で電源を入れば、WiFi環境の完成です。

WiFiに対応しているパソコンやスマホにパスワードを入れれば、すぐにインターネットに接続できます。

工事不要で使えるので、引越しが多い人におすすめです。ちなみに、私はマンションの光回線の工事をしてから2回引越しをしているので、工事代だけで3万円くらい支払っています。

WiMAXの技術の進歩に驚く

「WiMAXはデータ通信が無制限だけど、室内では速度が出ない」と思っていました。しかし、家の中でも外でも通信速度は非常に速くて動画も高画質でサクサク観ることができました。

私は2013年に引っ越した頃、自宅で光回線を契約せずに、WiMAXやLTEのモバイルWiFiルーターで生活をしていた時期がありました。

その時は、なかなか動画が再生されなかったり、ファイルのアップロードに時間がかかったりで、ストレスに感じていました。

それが、5年で光回線のような通信速度になるのは技術の進歩を感じました。バッテリーの持ちも良く、6時間連続で使ってもバッテリーが切れませんでした。

WiMAXと光回線のよくある質問

WiMAXと光回線どちらを選べばいいかわからない方に向けて、よくある質問をまとめました。

Q.WiMAXは光回線の代わりになる?

A.WiMAXは光回線の代わりになり得ます

光回線の一般的な速度は下り最大1Gbps、上り最大100Mbpsに対し、WiMAXは上り最大1.2Gbps、下り75Mbpsと光回線同等の速度が出ます。そのため、通信速度という点ではWiMAXは十分光回線の代わりになるでしょう。

Q.WiMAXと光回線の併用は可能?

A.WiMAXと光回線の併用は可能ですが、併用するメリットはあまり多くはありません

WiMAXと光回線のセット割引が廃止されたため、併用するとなると月々7,000円前後かかってしまうからです。

家族が光回線を契約しており、外出用にWiMAXを契約するケースはありますが、自分1人用に契約するならどちらか1つに絞った方がいいでしょう。

Q.一人暮らしにおすすめなのはWiMAXと光回線どっち?

A.一人暮らしにおすすめなのは、WiMAXです。通信料金の安さと工事不要で使える手軽さという点で、光回線よりもWiMAXをおすすめします。

マンション・アパートタイプの光回線は月額平均4,000円ほどですが、WiMAXは月額平均3,000円程度です。月1,000円安いということは2年で24,000円、3年で36,000円も安くなります

さらにWiMAXは工事不要で使えるため、大家さんやマンションに許可をとる必要もなく、引越しする際も便利です。

まとめ

WiMAXだけで生活をしてみましたが、私の場合は十分に使えました。

WiMAXには無制限と宣伝されていますが、「3日間で10GB以上データ通信を使う」と通信速度制限がかかります。とはいえ、通信速度制限がかかるのは、翌日の18時から2時という限られた時間なので不便は感じませんでした。

よって、光回線でなくてもWiMAXだけで十分なネット環境が整います。引越しなどでWiMAXへ乗り換えを検討している方は、ぜひおすすめをします。

光回線のように設置工事が必要な場合、土日だと工事自体が有料な場合もありますし、平日だとお仕事などでお忙しい方にとっては時間を取りづらいですよね。WiMAXは工事なしで使えるので、とても便利でした。

こちらでは数多くありWiMAXプロバイダを比較していますので、より最適なWiMAXプロバイダを見つけたい!という方はぜひ参考にしてみてくださいね。

【最短当日発送】カシモWiMAXを契約する!

【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2020年03月30日

菅野 辰則 ― ライター
菅野 辰則 ― ライター

最新ガジェット、家電、デバイスが大好物。秋葉原、ネットショップでコスパの高い中古端末に目を光らせている。iPhone・iPadを格安SIMとWiMAXで利用中。趣味はダンス、週4日のトレーニングを欠かさない。

関連キーワード