BIGLOBEモバイルおすすめスマホ端末6選|キャンペーンで格安スマホに機種変更

BIGLOBEモバイルでおすすめのスマホ機種端末をご紹介します。今ならキャンペーン中で人気のHUAWEIがお得に使えます。そのほかBIGLOBEモバイルの特徴やスマホを選ぶポイントなども解説しています。
BIGLOBEmobile20190724_desc BIGLOBEモバイルおすすめスマホ端末6選|キャンペーンで格安スマホに機種変更

数ある格安SIMの中でも、一際多くのユーザーから支持されているBIGLOBEモバイル。2017年10月にはau回線(タイプA)にも対応し、auからの乗り換えもスムーズになりました。

現在はドコモ回線、au回線の2つから選べるマルチキャリア対応MVNOとして、新規顧客やMNPユーザーを多く獲得しています。

そんなBIGLOBEモバイルで販売されているスマホは、ASUSやHUAWEIとった海外メーカーによるAndroid端末が中心です。

しかし、たくさんの端末を取り扱っているため、どれが自分の使い方に合うのかわかりにくいのも事実。

そこで今回、自分に合ったスマホ選びのポイントを解説するとともにBIGLOBEモバイルで購入できる最新スマホをいくつかご紹介します。

【1/29まで】超お得な期間限定キャンペーン

BIGLOBEモバイルで期間限定のキャンペーンが実施中となっています。

かなりお得なキャンペーンとなっていますが、その分実施期間は1/7~1/29までと短め。早めに申し込むことを強くおすすめします!

SIMのみ契約のキャンペーン情報

SIMカード単体契約の方向けのキャンペーン情報をまとめました。特典1.2.4は端末セットと同じで、特典3はSIMカードのみの特典となっています。

  • 特典1.初期費用0円(3,394円値引き)
  • 特典2.月額料金800円値引き×3ヶ月間で2,400円無料!(※1)
  • 特典3.サービス開始翌月に1,500円相当還元!(※2)
  • 特典4.エンタメフリー・オプションが最大6か月無料!(※3)

※1: 音声通話SIM3ギガプランの場合、3ヶ月間半額。
※2 :進呈するGポイントは、BIGLOBE利用料金の支払いに交換の場合1G=1円。その他ポイントにも交換可能。
※3:初回申し込みの方のみ対象。

「BIGLOBEモバイルに乗り換えようかな……」とお考えなら、4つの期間限定キャンペーンが実施中の今がベストのタイミングです!

【限定特典あり】BIGLOBEモバイルを申し込む

BIGLOBEmobile20190724_incontent

端末セット契約のキャンペーン情報

SIMカードと端末セット契約の方向けのキャンペーン情報です。最大14,500円相当のポイントが還元されるので、ぜひキャンペーンを活用しましょう!

  • 特典1.初期費用0円(3,394円値引き)
  • 特典2.月額料金800円値引き×3ヶ月間で2,400円無料!(※1)
  • 特典3.対象端末で最大14,500円相当還元!(※2)
  • 特典4.エンタメフリー・オプションが最大6か月無料!(※3)

※1: 音声通話SIM3ギガプランの場合、3ヶ月間半額。
※2 :対象端末と音声通話SIMをセットで申し込んだ方に最大14,500円相当還元。
※3:初回申し込みの方のみ対象。

特典3の対象端末は、以下の通りです。

  • iPhone 7(32/128GB):14,500円
  • ZenFone Live(L1):14,500円
  • AQUOS sense3:14,500円
  • AQUOS sense2:14,500円
  • OPPO Reno A:14,500円
  • OPPO A5 2020:14,500円
  • ZenFone 6:14,500円
  • HUAWEI P30/P30 lite:14,500円
  • Moto E5:14,500円
  • その他の端末:1,500円相当

見てわかる通り、ほとんどの端末が14,500円相当のポイントをもらうことができます。今回のキャンペーンを使えば、実質2,300円で購入できる端末もあるので、かなりお得です(ZenFone Live)。

スマホの買い替えを検討している方は、対象端末の中に欲しいスマホがないか一度確認してみてはいかがでしょうか。

【限定特典あり】BIGLOBEモバイルを申し込む

BIGLOBEモバイルの最新スマホ6選

現在販売されている、BIGLOBEモバイルの最新おすすめ人気スマホをご紹介します。

OPPO A5 2020

出典:BIGLOBEモバイル

OPPO A5 2020は、4眼カメラ搭載で2万円台という圧倒的な安さで大きく注目を集めたスマホです。

エントリーモデルの価格ながら、超広角レンズや1,600万画素のインカメラを搭載するなど、他のAndroidの追随を許さないコストパフォーマンスとなっています。

OPPO A5 2020実機を使った動画レビューを行っています!ぜひチャンネル登録をお願いいたします。

  • 4眼カメラ+高画質インカメラでどんな写真も綺麗に
  • 5,000mAhの超大容量バッテリー

UQモバイルでOPPO A5 2020に機種変更する

機種名 OPPO A5 2020
価格 19,800円
本体サイズ 163.6×75.6×9.1mm
画面サイズ 約6.5インチ
重さ 約195g
CPU Qualcomm Snapdragon 665
RAM/ROM RAM4GB/ROM64GB
バッテリー 約5,000mAh
アウトカメラ クアッドカメラ
約1,200万画素
約800万画素
約200万画素
約200万画素
インカメラ 約1,600万画素
カラー グリーン・ブルー

4眼カメラ+高画質インカメラでどんな写真も綺麗に

出典:BIGLOBEモバイル

OPPO A5 2020には、119°の超広角レンズが搭載されています。そのため、建物の近くにいても上から下まで見きれることなく映し出すことが可能です。

背景をボカして被写体を際立たせるポートレートモードや、夜景を明るく美しく撮影するためのウルトラナイトモードも搭載されています。

さらに驚くべきが、インカメラの画質です。800万画素前後が一般的なインカメラ性能ですが、OPPO A5 2020はその2倍の約1,600万画素。アプリを使わずとも、自然に盛れる写真が撮れます。

BIGLOBEモバイルでOPPO A5 2020に機種変更する

5,000mAhの超大容量バッテリー

出典:BIGLOBEモバイル

OPPO A5 2020の驚くべき点は、カメラ性能だけではありません。5,000mAhという超大容量バッテリーも人気の秘訣です。

一般的なスマホのバッテリー容量は大体3,000mAh前後なので、1.5倍以上も多い計算です。1日中タフに使っても充電が切れる心配がありませんし、ライトユーザーであれば1週間程度は充電が持ちます。

スマホのバッテリーは使うほど経年劣化していくので、購入時これだけバッテリー容量が多いと安心ですね。

BIGLOBEモバイルでOPPO A5 2020に機種変更する

OPPO Reno A

OPPO Reno Aは、元HKT48の指原莉乃さんがイメージキャラクターを務めるスマホです。

防水・防塵・おサイフケータイといったスマホ三種の神器に加え、約2500万画素の超高画質インカメラを搭載しています。

上記の動画では、実際に端末を触りながら使い心地をレビューしています。ぜひ一度ご覧ください!

  • 約2500万画素の超高画質インカメラ
  • 防水・防塵・おサイフケータイ搭載

BIGLOBEモバイルでOPPO Reno Aに機種変更する

機種名 OPPO Reno A
本体サイズ 約158mm×約75×約7.8mm
画面サイズ 約6.4インチ
重さ 約169g
CPU Qualcomm Snapdragon 710
RAM/ROM RAM6GB/ROM64GB
バッテリー 約3,600mAh
アウトカメラ デュアルカメラ
約1,600万画素
約200万画素
インカメラ 約2,500万画素

約2500万画素の超高画質インカメラ

出典:BIGLOBEモバイル

OPPO Reno Aの大きな特徴として、約2500万画素の超高画質インカメラが挙げられます。

ミドルレンジスマホのインカメラは大体800~1000万画素が一般的ですが、それを大きく上回るカメラ性能を誇っています。

画質が良いだけでなく、被写体を綺麗に映してくれる「AIビューティモード」が自動的に作動します。そのため、アプリでの加工やフィルターをかけずに自然と綺麗に自撮りができるんです。

もちろんおサイフケータイも使えるので、人気のスマホ決済・キャッシュレス決済も存分に活用できます。

BIGLOBEモバイルでOPPO Reno Aに機種変更する

防水・防塵・おサイフケータイ搭載

出典:BIGLOBEモバイル

OPPO Reno Aはカメラに注目されがちですが、必要機能が十二分に備わっている点も評価すべきでしょう。

防水・防塵・おサイフケータイに対応しているだけでなく、指紋認証・顔認証の2つの生体認証に対応しています。最新のAndroidモデルは顔認証だけというものも多いですが、指紋認証も使えるのは便利ですね。

もちろんおサイフケータイも使えるので、人気のスマホ決済・キャッシュレス決済も存分に活用できます。

BIGLOBEモバイルでOPPO Reno Aに機種変更する

AQUOS sense3

出典:BIGLOBEモバイル

AQUOS senseシリーズは、平均以上のスペックで価格を抑えたコストパフォーマンス代表モデルです。

キャリア・格安SIMともに人気が高く、AQUOS sense3シリーズを待ち望んでいた方も多いのではないでしょうか。

AQUOS sense3のコンセプトは、「1週間の電池持ちと、必要十分な使いやすさ」です。詳しいスペックを見ていきましょう。

  • 必要十分な使いやすさ
  • シンプルだけど一味違ったカメラ搭載

BIGLOBEモバイルでAQUOS sense3に機種変更する

機種名 AQUOS Sense 3
価格 36,000円
本体サイズ 68mm×158mm×8.2mm
画面サイズ 約6.1インチ
重さ 約164g
CPU Qualcomm Snapdragon 630
RAM/ROM RAM6GB/ROM64GB
バッテリー 約4,000mAh
アウトカメラ デュアルカメラ
標準:約1,220万画素
広角:約1,310万画素
インカメラ 約800万画素
カラー シルバーホワイト・ライトカッパー・ブラック

必要十分な使いやすさ

出典:BIGLOBEモバイル

オーバースペックぎみのスマホが増えている一方で、「ほどほど」のスペックをもつスマホの人気も高まっています。

AQUOS sense 3は、そんなコスパスマホの1つとして注目されている端末です。防水・防塵という壊れにくさに加え、顔認証・指紋認証、おサイフケータイに対応しています。

さらに1日1時間ほどの使用であれば、最大1週間という電池持ちを実現。ついついスマホの充電を忘れてしまう方でも、安心して使えるバッテリー容量です。

おサイフケータイや、文字やアイコンを大きく表示する「かんたんモード」も搭載しています。

最新スマホと比較すると決して高性能とはいえませんが、機能を抑えてわかりやすく使いたい方におすすめです。

BIGLOBEモバイルでAQUOS sense3に機種変更する

シンプルだけど一味違ったカメラ搭載

出典:BIGLOBEモバイル

AQUOS sense 3のアウトカメラは、標準カメラと広角カメラのデュアル構造を採用しています。センサーは標準・広角どちらも約1200万画素なので、きれいな写真を撮影することができます。

新機能として、一本の動画から笑顔や動きなどの見どころをAIが抽出し、約15秒のダイジェストムービーを自動で作成する「AIライブストーリー」機能が追加されました。

日々の思い出の、素敵な瞬間だけをAIが見つけ出す画期的な機能といえます。

BIGLOBEモバイルでAQUOS sense3に機種変更する

▼iPhone格安SIM通信ではAQUOS sense3の実機レビューを行いました!

ZenFone 6

出典:BIGLOBEモバイル

ASUS ZenFone 6は、2019年8月23日に発売されたSIMフリースマホです。

ZenFone 6は、180度回転するカメラユニット「Flip Camera(フリップカメラ)」を搭載する新フラッグシップスマホ。最大の特徴であるFlip Cameraは、標準レンズと視野角125度の広角レンズの2つを組み合わせています。

  • アウトカメラがインカメになる「Flip Camera」
  • 最大35日間持つ5000mAhバッテリー

アウトカメラがインカメになる「Flip Camera」

出典:BIGLOBEモバイル

カメラアプリで自撮り用にカメラを切り替えるとFlip Cameraが自動で立ち上がり、インカメラとして使うことができます。

一般的なスマホでは、レンズサイズの制限でインカメラの画質はアウトカメラと比べて低くなってしまいます。

しかし、ZenFone 6のFlip Cameraなら、アウトカメラとインカメラが共通です。そのため、高性能なカメラでの自撮りが実現します。綺麗に自撮りをしたい方にぴったりです。

BIGLOBEモバイルでZenFone 6に機種変更する

最大35日間持つ5000mAhバッテリー

ZenFone 6は、5000mAhという大容量バッテリーも1つの魅力です。5000mAhで実際何日電池が持つのかというと、全く使わない状態であればなんと35日間も持ちます。

通話時間に換算すると約40時間、Webブラウジングに換算すると約23時間です。スマホは毎日使うものなので、こまめに充電する必要がないのはかなり楽でしょう。

災害といった万が一の際も、充電が長く持つのは安心ですね。

BIGLOBEモバイルでZenFone 6に機種変更する

HUAWEI P30 lite

出典:BIGLOBEモバイル

HUAWEI製品の中でも一際人気なのがliteシリーズ。シリーズ最新のHUAWEI P30 liteは、ミドルクラス初のトリプルカメラ搭載ということで業界でも話題になりました。

  • この価格帯でトリプルカメラを搭載
  • ProにはないSIMフリーモデルがある

BIGLOBEモバイルでHUAWEI P30 liteに機種変更する

本体サイズ 約153mm✕約73mm✕約7.5mm
画面サイズ 約6.1インチ
重さ 約159g
CPU Kirin 710
RAM/ROM RAM4GB/ROM128GB
バッテリー 約3,340mAh
アウトカメラ トリプルカメラ
広角 約2400万画素
広角 約800万画素
被写界深度 約200万画素
インカメラ 約2400万画素

この価格帯でトリプルカメラを搭載

出典:BIGLOBEモバイル

HUAWEI P30 Proがクアッドカメラになったことで、廉価版のP30 liteはトリプルレンズになりました。ハイエンドスマホでも未だデュアルレンズは多いので、P30 liteがいかにすごいかがわかります。

P30/P30 Proと違う点は、Leica監修レンズではない点。写真を撮り比べてみないとわかりませんが、P30/P30 Proに比べてレンズの質は若干落ちるようです。

とはいえ、3眼で撮影の幅が広がっていることは間違いないので、カメラ特化型のスマホならP30 liteに決まりでしょう。

BIGLOBEモバイルでHUAWEI P30 liteに機種変更する

ProにはないSIMフリーモデルがある

HUWEI P30 Proはキャリア発売のみのですが、P30 liteはSIMフリー版の発売が予定されています。

SIMフリーモデルであれば、3キャリアどの回線でも使えるので、乗り換えの時に便利です。

BIGLOBEモバイルでHUAWEI P30 liteに機種変更する

Motorola moto g7

出典:BIGLOBEモバイル

Motorola(モトローラ)は、SIMフリー端末で有名な海外メーカーです。z・x・g・eという4つのシリーズがあり、gシリーズはエントリーモデルにあたります。

moto g7は、シンプルな操作性とデザインが人気です。詳しいスペックや特徴を見ていきましょう。

  • シンプルで万人受けする操作性
  • motoアクションでシャッターチャンスを逃さない

BIGLOBEモバイルでmoto g7に機種変更する

本体サイズ 約157mm✕約75mm✕約7.9mm
画面サイズ 約6.24インチ
重さ 約174g
CPU Snapdragon 632
RAM/ROM RAM4GB/ROM64GB
バッテリー 約3,00mAh
アウトカメラ デュアルカメラ
インカメラ 約800万画素

シンプルで万人受けする操作性

出典:BIGLOBEモバイル

moto g7は、わかりやすい・使いやすい操作性が魅力です。「Androidはアイコンの配置がわかりづらい」と考えているユーザーも、moto g7なら直感的に操作できるはずです。

カメラはデュアルレンズになっており、撮影に必要な最低限の機能を有しています。面倒な設定や選択はいらず、説明書を読まなくても大体の機能が触っただけでわかるでしょう。

BIGLOBEモバイルでmoto g7に機種変更する

Motoアクションでシャッターチャンスを逃さない

出典:BIGLOBEモバイル

Motoアクションとは、本体に搭載されているジェスチャー機能です。

例えば「本体を2回ひねるとカメラが起動」といった設定ができるので、シャッターチャンスを逃さずにカメラを起動できます。

他にも様々なジェスチャー機能があり、使い方次第でかなりの操作を短縮できます。moto g7を購入した際にはぜひとも試してみたい機能の1つです。

BIGLOBEモバイルでmoto g7に機種変更する

自分に合ったスマホの選び方・ポイント

出典:BIGLOBEモバイル

格安スマホの基本的な選び方をポイント別で解説します。真っ先に購入予算を決めた上で、基本スペックや液晶ディスプレイ、バッテリー持ちなどを比較してみましょう。

ポイント1.予算

まずは予算を決めることから始めましょう。BIGLOBEモバイルをはじめとするMVNOは、1万円から5万円まで、幅広い価格帯のスマホ端末を販売しています。

一般的に価格が上がるほど基本スペックも高まる傾向にあるものの、使い方によってはオーバースペックとなることがあるので注意してください。以下に価格帯別のスマホ端末の特徴をまとめましたので、参考程度にご覧ください。

  • 1〜2万円の端末:安さが売りの機種が揃う。スペック不足に悩まされることも
  • 3万円前後の端末:スペックと価格のバランスに優れる。コストパフォーマンス良し
  • 5万円以上の端末:スペックは申し分ないが予算オーバーしやすい

上記から考えると、例えばSNSやネットサーフィンがメインであれば、5万円以上のモデルだと“宝の持ち腐れ”になるかもしれません。

スペックは、高ければ高いほど良いのは確かです。しかし、要求スペックの高いスマホゲームをプレイしたり、複数のアプリを立ち上げて使いたいユーザーでない限り、オーバースペックとなる印象は拭えません。

SNSやネットサーフィンがメインなら、1〜2万円台のスマホ端末で十分です。また、ある程度スペースを確保し、それでいて価格も抑えたいなら3万円前後のスマホがおすすめです。自身の利用用途に合わせ、予算を組んでから機種選びを行いましょう。

ポイント2.液晶ディスプレイ

解像度・輝度・サイズなど、端末によって液晶ディスプレイの特徴は大きく異なります。とりわけMVNOが扱う価格帯のスマホ端末は、5万円〜10万円以上のハイスペック機に比べ、画面品質の差が顕著です。

具体的な差として挙げられるのが、ディスプレイの輝度。例えば、輝度を最大にして複数の端末を並べてみると見るからに画面が明るいものと暗いものの差がハッキリします。

この点は家電量販店などで実機を確認し、画面の明るさに問題がないかどうか確認することをおすすめします。あわせて、映し出される文字や写真のキレ、全体のサイズ感なども確認しておきましょう。

ポイント3.端末スペック

端末スペックで確認したいのは、処理能力の高さに繋がるCPU・ROM(メモリ)・RAM(記録容量)の3項目。まずCPUに関しては、さまざまなモデルに採用されている「Snapdragon シリーズ」や「Kirin シリーズ」中で、オクタコアと呼ばれるものを選びたいところ。

今回ピックアップするBIGLOBEモバイルのスマホは、その殆どがオクタコア以上のCPUを搭載しているため、あまり気にする必要はありません。

また、ROMとRAMの数値にも注目です。ROMとは「データを保存しておける容量」、RAMは「一度の稼働させられる容量」のことを指します。

この2つの数値が低いと、1つ1つの動作が遅くなってストレスに繋がる恐れがあります。少なくともROMは16GB以上、RAMは2GB以上のモデルを選んでおきましょう。

ポイント4.カメラ性能

「カメラ性能の高さ=画素数の高さ」と認識している人は多いもの。しかし、実際はそうとも限りません。カメラ性能の高さを左右するのは画素数だけでなく、レンズの明るさを示す「F値」にあります。

例えば、iPhone 8のメインカメラのF値は1.8です。同様にBIGLOBEモバイルで販売されているHUAWEI nova 3も1.8であり、画素数もiPhone 8と同じ1,200万+800万画素。つまり、MVNOが販売するスマホ端末で、iPhone並の写真が撮れることになります。

「スマホで綺麗な写真を撮りたい!」という方ほど、そのイメージからiPhoneシリーズに目が向きがちです。しかし、Android端末にもiPhone同様のカメラ性能を誇るものがたくさんあります。画素数とF値を比較し、満足できるカメラ性能の1台を探してみましょう。

ポイント5.バッテリー

意外と軽視されがちなのが、スマホの使用時間を決めるバッテリー容量です。バッテリー容量は「mAh」という単位で示され、この数値が大きければ大きいほど、1回の充電でより長く使えることになります。

最近はMVNOが扱う端末の中でも、3,000mAh以上の大容量バッテリ−を搭載したモデルが増えています。バッテリー容量については、少なくとも2,000mAh以上のものがおすすめです。

元より使用頻度が低く、SNSやネットサーフィンがメインなら1,500mAh程度でも問題ないでしょう。実際のバッテリー持ちは使い方によって変わるものの、予算に余裕があるならば、基本容量の大きいバッテリーを選ぶと後悔しません。

スマホセット特典を活用して、最新スマホをお得にゲット!

今回は格安スマホの基本的な選び方に加え、BIGLOBEモバイルで販売中の最新スマホをいくつかご紹介しました。

BIGLOBEモバイルへの乗り換え、もしくはスマホセットの購入している方は、今が大チャンスです!ぜひ公式サイトを覗いてみてくださいね。

Y!mobile1,080円~

公開日時 : 2020年01月17日

ポメラニアン高橋 ― ライター
ポメラニアン高橋 ― ライター

ラーメンとロックをこよなく愛する洋犬ライター

関連キーワード