ヤフーモバイルとソフトバンクの違いは?乗り換え方法を解説|お得な割引も紹介!

ヤフーモバイルは、ワイモバイルのオンラインストアであり、ソフトバンクとは違っている点が多いです。それぞれどのような違いがあるかを知っておくと、契約先選びにも役立ちます。キャリアごとの違いを知り、よりお得なほうへ上手に乗り換えましょう。
BIGLOBEmobile20190724_desc ヤフーモバイルとソフトバンクの違いは?乗り換え方法を解説|お得な割引も紹介!

スマホのキャリアは数多くあり、ワイモバイルもそのひとつです。ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドで、格安SIMと大手キャリアの中間的存在と考えましょう。

そのワイモバイルのオンラインストアの名称が、ヤフーモバイルです。

そのため、基本的には「ヤフーモバイル=ワイモバイル」と考えて問題ありません。ヤフーモバイルとソフトバンクの違いを知り、よりお得なほうに上手に乗り換えましょう。

ヤフーモバイルとソフトバンクの料金プラン比較

ヤフーモバイルとソフトバンク、どちらがお得に使えるかを考えるには、それぞれの料金プランを比較することが大切です。

ヤフーモバイルはソフトバンクのサブブランドのため、当然安く利用しやすいですが、契約内容次第では料金がそれほど変わらないこともあります。

場合によってはソフトバンクより高くなるケースもあるため、詳細まで比較して、理解を深めておきましょう。

料金プランの違い

それぞれの料金プランの違いですが、基本的なプランはソフトバンクは2つ、ヤフーモバイルだと3つに分けられます。

  • ミニモンスター 月額1,980円~
  • ウルトラギガモンスター+ 月額3,480円~

ソフトバンクは上記2つのプランで、示されているのは割引を適用し、かつデータ使用量を最低まで抑えた場合の金額です。使用量が増えるほど金額は上がり、高い場合だと1万円前後する場合があります。

  • スマホプランS:月額1,980円
  • スマホプランM:月額2,980円
  • スマホプランL:月額4,980円

対してヤフーモバイルで契約した場合は、以上3つの料金体系となります。契約内容や使用状況によっては、ソフトバンクのほうが安い場合もありますが、ヤフーモバイルだと使用量が増えても月額料金は定額です。

そのため、目一杯使うことを考えるなら、断然ヤフーモバイルのほうが安く、使い勝手も良いと言えるでしょう。

BIGLOBEmobile20190724_incontent

ワンキュッパ割の違い

ワンキュッパ割は、月額使用料が毎月1,000円割引される特典で、加入翌月から12カ月間有効です。ヤフーモバイルがお得なのは、この割引が適用できる点にあり、上記の最安値はワンキュッパ割適用時の金額と考えましょう。

ソフトバンクでは2018年に受付を終了しているため、これを利用することはできません。

ヤフーモバイルでも12カ月といった縛りはありますが、以降1,000円プラスになっても、もともとの料金が安いため、お得に利用できる点に変わりはないでしょう。

▼iPhone格安SIM通信ではヤフーモバイル・ワイモバイルのお得なキャンペーンをご紹介しているので、ぜひこちらの記事もご一読ください。

使用している回線の違い

ヤフーモバイルで購入したスマホは、ワイモバイルキャリアで契約するため、使用する回線はソフトバンクと同じです。

そのため、通信速度や品質はソフトバンクに劣ることなく使え、使用時のストレスにならないのも魅力でしょう。

料金が安いのは、月々使用できるデータ量の違いがあるためです。使用データ量がそれほど多くないなら、ヤフーモバイルで契約することがおすすめです。

一方で、データ容量を気にせず毎月たっぷりキャリア回線を利用したいなら、ソフトバンクがおすすめです。通信量が少ないか、WiFiを使ってデータ使用量を抑えられる場合は、ヤフーモバイルが向いているでしょう。

ヤフーモバイルに乗り換える

ソフトバンクからヤフーモバイルに乗り換える時の手順

現在ソフトバンクを利用していて、ワイモバイルへ乗り換えたいなら、オンラインストアのヤフーモバイル経由で契約するのがおすすめです。

スムーズに乗り換えるには、手順を守って行うことが大切です。乗り換える際の手順を把握して、上手にワイモバイルに切り替えましょう。

ソフトバンクに電話してMNP予約番号を取得する

乗り換えの際にソフトバンクで使用している電話番号を引き継ぎたいなら、MNP予約番号を取得する必要があります

これはソフトバンクの窓口への連絡で簡単に取得できますが、有効期限は番号取得から15日以内となっているため注意が必要です。

契約直前に取得しても問題ないため、スケジュールが決まってから電話したほうが良いでしょう。また、店頭での手続きも可能なため、電話が繋がらない場合は、直接店舗を尋ねるのもひとつの方法です。

MNP予約番号を取得し、転出先のキャリアで契約すると、自動的に乗り換えは完了します。

そのため、別途ソフトバンクでの解約手続きは不要です。乗り換え完了を持ってソフトバンクとの契約は解除されるため、解除前にやるべきことがあるなら、予約番号取得前に済ませておきましょう。

また、電話番号が変わっても良いなら、ソフトバンクを解約し、ヤフーモバイルから新規契約しても構いません。この場合はMNP予約番号の発行は不要です。

ヤフーモバイルで申し込みを行う

MNP予約番号を取得したなら、ヤフーモバイルを使って乗り換え契約を進めましょう。オンラインストアでは、端末や付属品の購入だけではなく、契約の変更や新規契約、乗り換えも可能です。

契約の際にはクレジットカードや本人確認書類が必要なため、事前に用意しておきましょう。

また、契約するプランは全て自身で決める必要があるため、事前にどのプランで組むかも考えておかなければなりません。ヤフーモバイルのサイトからだけではなく、ワイモバイルの店舗で直接乗り換えも可能です。

ソフトバンクとワイモバイルは店舗が隣接していることも多いため、よく分からない場合はMNP予約番号の発行から、乗り換え手続きまで、全て店舗で行っても良いでしょう。

ただし、この場合ヤフーモバイル経由ならではの特典は一部受けられなくなるため注意が必要です。

ヤフーモバイルだと、機種がセールで安く売られていることもありますが、店舗では基本的には定価での購入になると考えましょう。

ヤフーモバイルに乗り換える

ソフトバンクからヤフーモバイルに乗り換えるメリット

料金が安くなることはもちろん、ヤフーモバイルでの乗り換えにはメリットが多いです。ワイモバイルの店舗で乗り換えてもメリットは変わりませんが、ヤフーモバイルのサイトからだと、さらに便利でメリットは大きくなると考えましょう。

ソフトバンクからの乗り換えで得られるメリットは、大きく2つに分けられます。

ヤフープレミアム会員の特典が利用できる

ヤフーモバイルでは、ヤフープレミアム会員の特典が無料で利用でき、多岐にわたるサービスをお得に使えます。

ソフトバンクでプレミアム会員に加入していた場合は、そのまま引き継ぎが可能で、非会員だった場合でも、乗り換え後新規に特典が利用できるのは大きなメリットでしょう。

ヤフーのサービスを利用することが多いなら、電話やネットがさらに便利に使えて、お得度は高まります。

電話が10分かけ放題になる

電話の無料プランを利用するには、ソフトバンクでは別途オプションへの加入が必要です。しかし、ヤフーモバイルなら、通常のスマホプランに10分間の電話無料サービスが付いており、10分以内の通話なら、月々何回かけても電話代はかかりません。

短い電話を何本もかける人には特におすすめで、電話代がカットできる点からも、安く利用できておすすめでしょう。

ヤフーモバイルに乗り換える

ソフトバンクからヤフーモバイルに乗り換える時の注意

ソフトバンクからの乗り換えはメリットが大きく、よりお得に利用できますが、反面注意点があることは忘れてはいけません。

乗り換えると何でもお得と考えていると、思わぬところで落とし穴に引っ掛かり、損をする可能性もあります。注意点を正しく把握し、確実にお得に利用できるよう、細部まで理解を深めておきましょう。

SIM単体契約特別割引は適用されない

ヤフーモバイルではスマホを購入して契約するだけではなく、SIMカードだけを購入し、手持ちのスマホに差し込んで使うSIM単体契約特別割引のプランもあります。

これを利用することで、月額料金はさらに安くなりますが、ソフトバンクからの乗り換えは適用対象外となるため注意しなければなりません。

ソフトバンクで使用していた端末をそのまま引き継いで使用すること自体は可能ですが、割引対象外のため特別安くなるわけではないと考えましょう。

他社キャリアからの乗り換えならSIMカードだけの購入、契約もおすすめですが、ソフトバンクからの乗り換えの場合、特に選ぶ必要のない方法と言えます。

SIMロックの解除が必要

割引は適用されないものの、ソフトバンクで使っていた機種を、そのまま使用することは可能です。ただし、使用時するにはSIMロックを解除する必要があり、ロックがかかったままでは利用できないため注意しなければなりません。

SIMロックの解除には要件があり、購入したばかりでは解除できない場合が多いです。また、店舗でロック解除してもらう場合は、手数料が3,000円かかります。

コストが高くなるため、SIMカードを使った契約は、ソフトバンクからの乗り換えでは不向きです。

よほど端末に愛着があるなら別ですが、乗り換え時には基本的に新しい端末を購入するのがおすすめでしょう。新規端末の購入でも、適用できる割引は多く、ソフトバンクからなら、SIMカードでの契約よりお得に利用できる場合もあります。

ヤフーモバイルに乗り換える

ヤフーモバイルの料金をさらに安くする方法

ヤフーモバイルを使って契約すると、ソフトバンクを利用しているよりも月額料金は安くなります。通常利用でも十分お得ですが、さらにお得度を高めるには、契約内容を工夫することが大切です。

プランの組み方次第では、さらに安く利用できるため、どのような割引が適用できるのか知っておきましょう。

ソフトバンク光を利用する

 SoftBank光 出典:ソフトバンク光

自宅にネット回線を引いているなら、SoftBank光を利用し、料金をまとめるとさらに安く利用できます。契約しているプランによって割引料金は違いますが、月額500~1,000円の割引が受けられるため、安くなるのは間違いないでしょう。

自宅のネット回線とスマホの契約先が別々でもメリットはないため、乗り換えに合わせてネット回線業者も見直すのがおすすめです。

ただし、ソフトバンク光のセット割を適用した場合、他の割引が適用できなくなるため注意が必要です。

すでに受けている割引額が大きいなら、無理にまとめないほうがより安く利用できるでしょう。ネットとのセット割を適用を考えるなら、どの組み合わせがもっとも安くなるか、事前にコストを計算しておくことが大切です。

ソフトバンク光のキャッシュバックキャンペーンを利用する

ソフトバンク光に乗り換える際には、ネット経由で契約して、キャッシュバックキャンペーンを利用するのがおすすめです。キャンペーンを適用させることで、さらにお得に使え、最大80,000円分のキャッシュバックが受け取れます。

同じ乗り換えでもキャンペーン適用の有無でメリットは大きく違うため、利用できるものは全て使い、乗り換え自体をお得に行うことが大切です。

SoftBank光を契約する

ヤフーモバイルに乗り換えてスマホを安く使おう

ワイモバイルのオンラインストアであるヤフーモバイルなら、よりお得に乗り換えができます。ソフトバンクと比較するとお得度は段違いで、乗り換えたほうが断然安く利用できます。

大手キャリアのスマホ代は月額あたりも高額になりやすいため、乗り換えで賢く料金を抑え、スマホ代を上手に節約しましょう。

ヤフーモバイルに乗り換える

Y!mobile1,080円~

公開日時 : 2019年04月09日

おっきー ― ライター
おっきー ― ライター

物心ついた頃からiPhoneがあるスマホネイティブ世代。SNSから最新情報を取得するのが日課。趣味はダンス。