ヤフーモバイルを解約するには|注意点や費用などを徹底解説

ヤフーモバイルをスムーズに解約するには、正しい手順を知っておかなければなりません。また、解約時には必要なもの、費用もあるため、それらも事前確認が必要です。解約の手順や注意点といった基本的な知識を身につけ、スムーズな解約を目指しましょう。
BIGLOBEmobile20190724_desc ヤフーモバイルを解約するには|注意点や費用などを徹底解説

ヤフーモバイルはソフトバンクのサブブランドの位置づけで、低料金ながらも高品質な通信が特徴です。しかし、他にも便利に利用できるキャリア、格安SIMはあるため、解約を考える人もいるでしょう。

ヤフーモバイルの解約は、やったことがないと複雑に感じられやすく、戸惑う人も多いです。スムーズに解約するためにも、手順や注意点といった基本的なポイントを、事前に理解しておきましょう。

ヤフーモバイルを解約するには

ヤフーモバイルの解約方法は、大きく2つの方法に分けられます。どちらの方法でも解約はできるため、より便利に感じるほうを選んで構いません。

ただし、それぞれで手順が異なるため、違いを正しく理解してから解約手続きを進めましょう。

店舗に行って解約する

ヤフーモバイルは全国に直営店があるため、大手キャリア同様に、店舗で直接解約が可能です。店舗の場合は、窓口で担当者と相談しながら解約手続きを進められるため、分からないことがあってもすぐに聞けるのが特徴です。

解約手順がよく分からない人におすすめですが、混み具合によっては時間がかかる場合もあるため注意しなければなりません。

時間を気にしたくないなら、事前に予約を取っておくと、スムーズに解約できるでしょう。実店舗が近所にあるなら、立ち寄りやすいため店舗での解約はおすすめです。

BIGLOBEmobile20190724_incontent

電話をかけて解約する

ヤフーモバイルにはカスタマーセンターがあり、そこに電話をかけて解約することも可能です。電話解約の場合は、まずは音声ガイダンスに従って進め、オペレーターに繋がった際に解約することを申し出ましょう。

基本的には電話で解約手続きは完了しますが、場合によっては解約書類が郵送されることがあります。

この場合、郵送された書類に解約する旨を記載し、返送することで解約が完了します。電話時点では解約完了となっていないため、注意しなければなりません。

その時々で対応が違うため、電話で解約する場合は、電話時点で解約が完了しているのか、後日郵送された書類を返送する必要があるのかまで聞いておきましょう。

ヤフーモバイル

ヤフーモバイルを解約する時に必要なもの

基本的には、解約手続きは解約したい旨を申し出ると進められますが、完了させるには用意しなければならないものが複数あります。

特に店舗で解約する場合は、準備物が不足していると、再度出直しとなるため注意しなければなりません。何度も店舗に行かずに済むように、解約手続きでは何が必要なのか把握しておきましょう。

店舗に本人が行く場合

契約者本人が直接店舗に行って解約する場合は、本人確認書類と印鑑、契約している端末が必要です。本人確認書類に該当するのは、以下の8点です。

  • 運転免許証
  • 日本国パスポート
  • 顔写真付マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 住民基本台帳カード(QRコード付)+住所確認書類
  • 身体障がい者手帳
  • 療育手帳
  • 精神障がい者手帳
  • 健康保険証

書類によっては別のものと組み合わせて提示しなければならない場合もあるため、注意しなければなりません。基本的には運転免許証が便利なため、持っているならこれを提示しましょう。

後は印鑑と端末だけで解約できますが、解約時には費用がかかるため、最低限現金も用意しなければなりません。解約時の状況によっていくら必要かは異なりますが、場合によっては数万円必要なこともあるため注意が必要です。

店舗に本人以外の家族が行く場合

契約者以外が店舗に行き、代理で解約する場合は、上記に加えて、代理人の本人確認書類と、委任状が必要です。家族間でも委任状なしで勝手に解約はできないため、注意しなければなりません。

本人の確認書類と代理人の確認書類、さらに印鑑と委任状を持っているなら、後の解約方法は通常時と特に変わらないため、特別難しくもないでしょう。

また、代理人が解約する場合でも、費用は同様にかかるため、この場合も最低限の現金は用意しておかなければなりません。

親が契約し、子供が使用しているといった、契約者と使用者が異なる場合は、誰が何を持っていくべきなのかを混同しやすいため注意が必要です。

ヤフーモバイルを解約する時に注意すること

解約時には注意すべきことがいくつかあり、これが守れていないとスムーズに手順を進められない可能性があります。

また、解約して損をする可能性もあるため、注意点は正しく理解しておかなければなりません。どのような点に注意すべきかを知り、損なくスムーズに解約を完了させましょう。

スマホとポケットWiFiでは最低契約期間が違う

ヤフーモバイルでは、スマホ以外にポケットWiFiの提供もありますが、それぞれで契約期間が異なります。スマホは最低契約期間が2年、ポケットWiFiは3年のため、同時期に契約している場合は、解約期間が前後することは理解しておきましょう。

もちろん、途中解約も可能ですが、その場合は違約金が発生し、余計なコストがかかってしまうため注意が必要です。

少なくとも最低契約期間は満了しないと、解約時の負担となるため、契約時には長期的な視点で考えて、本当に数年単位で必要になるか検討しなければなりません。

直営店以外での契約は店舗で解約ができない

ヤフーモバイルは、直営店以外でも家電量販店から契約も可能です。しかし、直営店以外で契約した場合、店舗での解約ができない場合もあるため注意しなければなりません。

契約先によって条件は違いますが、店舗での解約ができない場合は、電話での対応のみとなります。

電話での解約も便利ではありますが、店舗解約のように相談しながら手続きを進めるというのが難しいため、解約まで見越して契約方法を決めるのも大切です。

スムーズに解約したいなら、直営店かオンラインストアといった、ヤフーモバイルからの直接契約がおすすめでしょう。

基本料金の日割り計算は適用されない

解約は申し出るだけでいつでも可能ですが、解約時期によっては1カ月分料金を損することもあるため注意しなければなりません。

ヤフーモバイルでは、解約を申し出た場合、いつ申し込んでも1カ月分の月額料金がかかります。

解約時点から日割り計算し、最後の料金を計算するということにはならないため、月初に解約を申し出ても、丸々1カ月分費用は発生すると考えましょう。

月末近くに解約を考えている場合は注意が必要で、余計なコストを少しでも削減するためには、翌月にまたがらないうちに解約を完了させることが大切です。

ヤフーモバイルを解約する時に必要な費用

解約時にはいくらか費用が発生するため、これも事前に準備しておかなければなりません。解約時に発生する費用は、実費精算だけではなく、最後の請求とまとめて支払うことも可能です。

支払い方法は何であれ、コストがかかるのは事実なため、何にいくらかかるか、正しく把握しておく必要があります。

他社へ乗り換える場合のMNP転出手数料

ヤフーモバイルから電話番号を持ったまま他社に乗り換える場合、MNP転出という方法を用います。MNP転出をする際には、手数料が発生し、番号の持ち出しで3,000円かかるため注意しなければなりません。

また、これは契約から7カ月以上経過している場合の費用で、6カ月以内のだと手数料は6,000円と倍に跳ね上がるため注意が必要です。

短い期間での解約やMNP転出は、通常よりも費用が高くなることは覚えておきましょう。また、同じ解約でも番号を持ち出さないなら、MNP転出の手数料はかかりません。

契約更新月以外に解約した場合の契約解除料

スマホでもその他端末でも、契約更新月以外での解約には、全て契約解除料がかかるため注意しなければなりません。

金額は契約しているプランによって違いますが、数千円から1万円程度が多いです。MNP転出の場合は、手数料と契約解除料の両方がかかり、より費用が高くなってしまうため注意が必要です。

他社乗り換えのプランによっては、契約解除料を負担してくれるものもありますが、適用条件が限られていることも多く、毎回都合よく使えるとは限りません。

乗り換え時の契約解除料負担は、運が良い場合のみ利用できる特典のため、契約更新月以外の解約は、基本的にお金がかかると考えましょう。

ヤフーモバイルの契約解除料が免除になるケース

解約時に高くつきやすい契約解除料ですが、これは方法次第では支払いなしで済む場合もあります。解約時まで余計なコストをかけてしまうのはもったいないため、少しでも節約する方法を知ることが大切です。

契約解除料をかけずに解約する方法は、大きく2つに分けられます。

更新月に解約を行った場合

そもそも契約解除料とは、当初の契約期間に満たない時点で解約した場合にかかる違約金です。そのため、契約を満了し、指定された更新月に解約するなら、どのプランに加入していても契約解除料はかかりません。

これはスマホやタブレット、ポケットWiFi全てに共通することで、余計な費用をかけたくないなら、契約更新月内の解除が基本と考えましょう。

注意が必要なのが、契約更新月は一定期間に限られ、それを過ぎると契約が自動更新される点です。

例えばスマホの2年契約をしている場合、契約更新月を超過して自動更新されると、次の契約更新月がやってくるんは2年後となります。

それ以内での解約は、通常通り契約解除料が発生するため、いつが更新月なのか、こまめに確認しておかなければなりません。

最初の2年間は端末もほとんど劣化していないため問題ないでしょうが、4年目までの2年間は、性能が落ちて使い勝手が悪くなっていることも多いです。

金銭的なデメリットだけではなく、通信機器の利便性自体も下がりやすいため、自動更新には特に注意しましょう。

ヤフーモバイル内で機種変更をした場合

契約更新月以外の解約は、基本的に全て契約解除料がかかりますが、ヤフーモバイル内での機種変更に関しては別です。

ヤフーモバイル同士での機種変更なら、更新月以外でも契約解除料なしで実行でき、よりお得に別機種に乗り換えができます。

ただし、機種変更の際には手数料が3,000円かかり、他にも契約変更や事務手数料といった、各種コストがかかる場合もあるため注意しなければなりません。

契約内容によっては、契約解除料とそれほど変わらない金額がかかることもあり、同じ費用を負担するなら解約して、別のキャリア、格安SIMと契約するのもひとつの手です。

機種変更による契約解除料はかからないものの、別の面で費用がかかってしまうことは覚えておかなければなりません。

また、同じ回線を使用しているソフトバンクへの機種変更は、当然契約更新月以外は費用が発生するため、この点にも注意が必要です。

ヤフーモバイルを解約する時は契約月を確認しよう

疲れとストレス

スマホやタブレットの解約時に気になるのが費用であり、できるだけ安く抑えるには更新月に行うのが基本です。一部更新月以外でも費用を免除されるケースはありますが、これは特例です。

契約解除料をかけないためには、更新月内に解約し、契約を自動更新しないよう注意しなければなりません。

スマホは解約のコストも押さえてこそお得に利用できるため、余計な費用をかけないためにも、最後の解約時まで注意を払うことが大切です。

ヤフーモバイル

Y!mobile1,080円~

公開日時 : 2019年04月14日

おっきー ― ライター
おっきー ― ライター

物心ついた頃からiPhoneがあるスマホネイティブ世代。SNSから最新情報を取得するのが日課。趣味はダンス。

関連キーワード