ヤフーモバイルでラインは使える?引き継ぎの手順や使える機能

ヤフーモバイルで乗り換えるとよりお得に利用できる場合が多いですが、ラインが使えるのか疑問に思う人は多いかと思います。ヤフーモバイルで乗り換えてもラインは利用可能で、引き継ぎも簡単にできます。上手な引き継ぎ方法を知り、ラインを使いこなしましょう。
BIGLOBEmobile20190724_desc ヤフーモバイルでラインは使える?引き継ぎの手順や使える機能

数あるメッセージアプリの中でも、ラインは特に利用者が多く、スマホを便利に使うには必須のアプリと言えるでしょう。

ラインは便利なアプリですが、他社乗り換えをする際に、引き続き利用できるか、データをスムーズに移行できるか心配する人は少なくありません。

ヤフーモバイルはスマホをお得に使えて便利ですが、ラインが使えるかどうかを知り、乗り換え時に役立てましょう。

ヤフーモバイルって何

そもそもヤフーモバイルとは何なのか、正しく理解できていない人も多いでしょう。スマホのキャリアや格安SIM、サービスを扱う代理店は非常に多いため、これらを混同して何が何だか分からないという人も少なくありません。

ヤフーモバイルでスムーズに乗り換えをするためにも、まずは基本的な理解から深めておきましょう。

ヤフーとソフトバンクが運営するオンラインストア

ヤフーモバイルは、簡単に言えばスマホやタブレットの購入ができるオンラインストアのひとつです。運営はヤフージャパンとソフトバンクで、どちらも信用できる企業のため、サイトの信頼度も高いでしょう。

ヤフーモバイルでは、スマホやタブレットだけではなく、PHSやケータイ、モバイルWiFi、SIMカードまで幅広く販売しています。

また、各種端末や付属品を購入するだけではなく、ネット完結で各種契約が可能なのも大きな特徴でしょう。便利に使えるオンラインストアのため、上手に活用すると乗り換えはさらにスムーズかつ、お得に行えます。

BIGLOBEmobile20190724_incontent

ワイモバイルとの違いは

ヤフーモバイルとワイモバイルはほぼ同じ存在と考えても良いですが、厳密に分けるならキャリアとオンラインストアという違いがあると考えましょう。

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドであり、安い料金プランながらもソフトバンクと同じ回線が利用できるのが魅力です。

対してヤフーモバイルは、ワイモバイルの商品、契約を扱うネット上の代理店で、利用できるものは全てワイモバイルの直営店と同じです。単にどこで契約するかだけの違いであり、利用するキャリア自体は同じと考えましょう。

実店舗で契約するならワイモバイルの直営店、ネット経由ならヤフーモバイルのオンラインストアという違いに過ぎません。

ヤフーモバイル

ラインのデータの引き継ぎについて

ヤフーモバイルで購入した端末は、ワイモバイルキャリアで契約できるため、ラインは利用できます。しかし、問題はデータ引き継ぎが可能か、どのように行うかという点でしょう。

ラインのデータが消えては困るという人は多く、他社乗り換えの際には悩むの種となりやすいです。まずは引き継ぎに関する基本情報を知り、乗り換えの際に役立てましょう。

引き継ぎが必要なケース

そもそも引き継ぎが必要なのは、SIMカードも端末も変更して乗り換える場合です。SIMカードのみの変更で、使用している端末はそのままという場合は、ラインの設定から電話番号を変えるだけで済み、引き継ぎは必要ありません。

また、SIMカードの変更のみで、電話番号もそのまま使えるなら、この設定も不要です。特殊なケースではありますが、引き継ぎ不要で使える場合もあるため、まずは引き継ぎの必要性から確認することが大切です。

移行できるデータとできないデータがある

引き継ぎが必要な場合は、実際に作業を進めますが、引き継げるデータは限られているため注意しなければなりません。

引き継ぎできないデータは、以降時に消去されるため、必要なものは事前にバックアップを取ることが大切です。データごとの移行の可否を知って、引き継ぎで失敗しないよう注意しましょう。

移行できるデータ

乗り換えで移行できるデータは、以下の8つです。

  • 友達リスト
  • 「ノート」「アルバム」に投稿した内容
  • プロフィール設定(プロフィール画像/名前/ステータスメッセージ/ID)
  • タイムライン・ホーム
  • 「Keep」で保存したデータ(画像・動画/テキスト/ファイル)
  • LINEスタンプと着せかえを利用する権利
  • 課金アイテムの購入履歴やコイン/LINE ポイントの残高
  • LINE関連タイトル(LINE ゲーム⋅LINE PLAYなど)のアプリ連動に関するデータ

基本的な内容は移行可能なため、引き継いだ後も特に問題なく利用できるでしょう。友達リストは個人だけではなく、グループの引き継ぎも可能で、乗り換えのタイミングで全て退会してしまうという心配はありません。他にも各種設定や情報は移行が可能で、細かい設定もそのまま残せます。

移行できないデータ

基本的に移行できないのはトーク履歴で、これを残しておきたい人は注意が必要です。トークルームでアルバムを作ってそこに写真を残している場合は残りますが、通常のトークで送信したメッセージ、写真は全て消えてしまいます。

また、グループを作らず、複数人で組んだトークルームも履歴の抹消とともに退会となるため注意が必要です。iPhoneからandroidといった、異なるOSに乗り換える場合は、トーク履歴だけではなく、課金したコインの残高も消えてしまいます。

コインが残った状態で引き継ぐと損をするため、事前に使い切るか、乗り換え後に課金したほうが良いでしょう。引き継ぎに伴い消えてしまったデータは、復元ができないため注意しなければなりません。

ラインのデータをヤフーモバイルへ引き継ぐ方法

基本的なポイントを知った上で、スムーズに引き継ぐにはさらに詳細な方法を知っておくことが大切です。ラインの引き継ぎは乗り換え時に正しく行わないと、その後データ移行ができなくなるため注意しなければなりません。

引き継ぎには細かい設定の手順があり、方法も複数あります。正しい手順と自分に合った方法を選んで、スムーズにデータを移行させましょう。

メールアドレスとパスワードを設定する

データを引き継ぐには、ラインの設定でメールアドレスとパスワードを設定します。メールアドレスは何でも構いませんが、乗り換え後も継続して使用できるものを選びましょう。

キャリアのメールアドレスで登録してしまうと、解約後使えなくなってしまうため、契約先に関係なく使えるフリーアドレスを使うのがおすすめです。

それぞれ登録し、設定の「アカウント引き継ぎ」をオンにすると、古い端末での設定は完了です。

アカウント引き継ぎがオンになっていないと、新しい端末で情報を入力してもデータが移行できないため注意しなければなりません。

また、これをオンにしていると、メールアドレスとパスワードを知っている人なら誰でも引き継げてしまうため、セキュリティを考えて引き継ぎ直前にオンにしましょう。

トーク履歴のバックアップをする

トーク履歴は基本的には移行できませんが、バックアップして復元するという方法での移行なら可能です。履歴が消えても問題ない人は無視して構いませんが、引き継いで利用したいなら、必ず事前にバックアップしておきましょう。

引き継ぎが完了した時点でトーク履歴は全て消えてしまい、後から復元はできないため、必ず引継ぎ前にバックアップを取ることが大切です。

Androidの場合

Android端末の場合、ラインのトーク画面から「トーク履歴のバックアップ・復元」を選択し、詳細な設定へと進みます。

バックアップの際にはGoogleアカウントが必要で、ここれを登録し、バックアップを選択すると履歴を保存できます。

履歴はバックアップを選択した時点のものが保存されるため、その後トークルームに動きがあっても、自動で情報が追加されるわけではありません。最新の状態で引き継ぎたいなら、バックアップはデータ移行の直前に行いましょう。

iPhoneの場合

iPhoneの場合も基本的な操作は同じで、トーク画面から設定に進み、「トークのバックアップ」を選び、さらに「今すぐバックアップ」を選びましょう。

バックアップが完了すると、いつの時点のものを保存したのか日付が表示されます。

iPhoneの場合、トーク履歴はiCloud driveに保存されており、設定次第では定期的に自動でバックアップも可能です。ただし、自動バックアップにはデータ通信量がかかるため、不要な場合は設定をオフにし、必要な時のみ手動でバックアップしたほうが良いでしょう。

自動バックアップでも、常に最新のトーク履歴が保存されているとは限らないため、引き継ぎ直前にバックアップ完了日時を確認し、場合によっては更新が必要です。

新しいスマホでアカウントの引き継ぎを行う

古い端末で設定が終了した後は、新しい端末で引き継ぎを実行します。まずはラインのアプリをインストールし、起動後に登録したメールアドレス、パスワードを入力しましょう。

その後の登録は通常通りで、電話番号を入力後、送られてくる認証コードを入力すると、引き継ぎは完了です。この手順はiPhoneでもandroidでも同じで、基本的なデータの移行だけなら、それほど難しくはないでしょう。

Facebookを使った方法も

ラインを登録する際には、電話番号ではなく、Facebookのアカウントを使う方法もあります。アプリの最初の起動時には認証方法が選択でき、この時Facebookアカウントを選択するだけです。後はFacebookのIDでログインするとラインを利用できます。

データを引き継ぐ場合は、電話番号認証と同じように、事前にメールアドレスとパスワードの設定が必要なため、これは忘れずに行いましょう。あくまでラインの利用開始のための認証方法が変わるだけで、引き継ぎの方法自体が変わるわけではありません。

トーク履歴を復元する

新しい端末での引き継ぎが完了したなら、基本的なデータ移行は完了していますが、これではトーク履歴は消えたままです。トーク履歴を復活させるには、バックアップから復元を選ばなければなりません。

iPhoneの場合は、データ引き継ぎ時に「トーク履歴をバックアップから復元」という項目があるため、ここから操作を進めましょう。Androidはログインした後、設定画面から、「トーク履歴のバックアップ・復元画面」を開きます。

その後Googleアカウントを登録し、トーク履歴の復元を選択すると、復元は完了です。それぞれ端末ごとに設定方法は違いますが、復元を選択しないと自動的にはトーク履歴は復活しないため注意しなければなりません。

ヤフーモバイルではラインのID検索は使えるのか

ヤフーモバイルで契約した端末でも、ラインのID検索は利用できます。検索して他の人のアカウントを登録することはもちろん、自分のID設定も可能です。

ID検索を利用するには年齢認証をし、18歳以上であることを証明しなければなりませんが、このハードルさえクリアできるなら、大手キャリアと同様にIDが利用できます。

格安SIMではID検索できないことが多いため、問題なく利用できるのは、ヤフーモバイル、ワイモバイルならではの魅力と言えるでしょう。

ヤフーモバイルでラインを使おう

ヤフーモバイルで端末を購入、契約した場合、使用する通信事業者はワイモバイルです。ワイモバイルはソフトバンク回線を使用しているため、できることは大手キャリアとほとんど同じです。

ラインも問題なく引き継ぎ、使用できるため、事前準備を正しく行い、スムーズに引継ぎを完了させ、ヤフーモバイルでお得な乗り換えを実現させましょう。

ヤフーモバイル

Y!mobile1,080円~

公開日時 : 2019年05月01日

おっきー ― ライター
おっきー ― ライター

物心ついた頃からiPhoneがあるスマホネイティブ世代。SNSから最新情報を取得するのが日課。趣味はダンス。

関連キーワード