ヤフーモバイルでスマホを乗り換えるには。メリットや注意点を解説

ヤフーモバイルは格安SIMのワイモバイルとは異なり、スマホなどのモバイル製品を販売するオンラインストアのことを指しています。これからヤフーモバイルを利用して乗り換えを検討しているなら、乗り換えのメリットやデメリットを把握しておきましょう。
BIGLOBEmobile20190724_desc ヤフーモバイルでスマホを乗り換えるには。メリットや注意点を解説

MVNOの枠が解放され、大手三大キャリア以外のキャリアが登場し、お得な料金で利用できる格安スマホを提供する業者が増えてきました。ワイモバイルはその一つで、オンラインストアのヤフーモバイルで端末などを販売しています。

ヤフーモバイルを利用するとお得に端末を購入できる一方でデメリットもあるため、乗り換え前に把握し、後悔しない乗り換えを目指しましょう。

ヤフーモバイルでスマホを乗り換えるメリット

ヤフーモバイルは大手ポータルサイトのYahoo!JAPANが関わっているため、独自のキャンペーンを利用できるなどお得が満載です。ここでは、ヤフーモバイルを利用してスマホを乗り換えるメリットについて解説していきます。

お得な基本料金で利用できる

ヤフーモバイルのオンラインストアではワイモバイルの料金プランで利用できるため、大手三大キャリアよりもお得です。

お得な料金プラン

ヤフーモバイルの料金プランは以下のように3種類展開されており、ユーザーの利用状況に応じて選びやすいことが特徴です。

  • スマホプランS・・・2,980円
  • スマホプランM・・・3,980円
  • スマホプランL・・・5,980円   

スマホプランSはメールやネット通信を多く利用するユーザーにとってお得な料金プランとなっており、データ通信量は3GBと少なめではありますがWEBサイトの閲覧程度であれば十分です。

スマホプランMはアプリを頻繁に利用するユーザーにとってお得な料金プランとなっており、データ通信量がスマホプランSに比べると9GBと多いことが特徴です。

スマホプランLは動画の視聴やオンラインゲームを楽しむユーザーにとってお得な料金プランとなっており、データ通信量が21GBと大容量であることが特徴です。

このうちスマホプランSのデータ通信量は3GBで少ないと感じるかもしれませんが、自宅でWiFiを利用したり外出先では無料WiFiを利用すると、データ通信量は消費されません。

従って、データ通信量を工夫して利用することで、よりお得な料金でも十分利用できると言えるでしょう。

割引サービスの併用でさらにお得

スマホの利用状況に合わせて3種類の料金プランが展開されていますが、加入翌月から12カ月間は基本使用料が1,000円割引される「ワンキュッパ割」が適用されるのでお得です。

また、複数回線で契約すると2回線目以降が毎月500円割引される「家族割引サービス」、スマホと自宅のインターネットをセットで契約すると「おうち割 光セット」が適用され、それぞれ以下の料金が割引されます。

  • スマホプランS・・・500円割引き
  • スマホプランM・・・700円割引き
  • スマホプランL・・・1,000円割引き

スマホプランSで「ワンキュッパ割」と「おうち割 光セット」を併用すると、月額基本使用料が1,480円となり非常にお得となっています。

ただし、14カ月目以降は契約初月と同料金に戻るため、割引きされる期間は1年間限定です。

割引きサービスが適用される全てのスマホプランは、最低利用期間が2年間となっているため、2年間のうちの1年間はお得に利用できます。

10分以内の国内通話がかけ放題

スマホでのオンラインショッピングや動画視聴での利用が増え、音声通話よりもデータ通信量に重きを置くユーザーが増えています。このような状況に伴いワイモバイルでは、短時間の音声通話であれば基本使用料内でお得に利用できます。

国内通話であれば1回10分以内はかけ放題となっており、1回あたり10分を超える国内通話は、10分超過分において30秒につき20円の通話料が別途かかります。

ただし、留守番電話センターへのダイヤルや国際電話などの一部では、無料通話の対象外となっているので注意が必要です。

ソフトバンク運営だから安心の通信品質

ヤフーモバイルはYahoo!JAPANとソフトバンクが共同運営するオンラインストアで、ソフトバンクが提供しているワイモバイルと同じ回線を使用しているため、通信速度や通話も同じ品質なので安心です。

ソフトバンクでは音声通話時によりクリアで聞こえやすくする「VoLTE」という技術を採用しているため、従来の音声通話よりも高い通話品質を維持できます。

独自のキャンペーン特典が受けられる

大手三大キャリアだけでなく、多くの格安スマホでもさまざまなキャンペーンを打ち出してユーザーの獲得に乗り出しています。ヤフーモバイルでは、以下のような独自のキャンペーンを実施しています。

Tポイントがもらえるキャンペーン

ヤフーモバイルを利用すると、期間固定でTポイントを付与するキャンペーンを実施しており、以下のように料金プランによって付与されるポイントが異なります。

  • スマホプランS・・・5,000ポイント
  • スマホプランM・・・7,000ポイント
  • スマホプランL・・・10,000ポイント  

このキャンペーンが適用されるのは新規や他社からの乗り換えでの契約に限られますが、ソフトバンクからの乗り換えは対象外となっているので注意が必要です。

Yahoo!プレミアムの特典が使い放題

ヤフーモバイルを利用するとTポイントが貯まりやすくなったり、割引クーポンがもらえたりするYahoo!プレミアムの特典が利用できます。

Yahoo!プレミアムとは、大手ショッピングサイトYahoo!ショッピングの利用で通常よりも多くポイントが付与されたり、ヤフオクへの出品時のシステム利用料がお得になるなど、特典が盛り沢山の有料会員サービスです。

なお、Yahoo!プレミアムの会員は月額462円(税抜)が必要ですが、ヤフーモバイルを利用すると無料で特典が使い放題なので非常にお得です。

ヤフーモバイルでスマホを乗り換える

スマホやiPhoneの最新情報をいち早くお知らせ!
LINE友だち追加

オンラインショップならではのデメリット

近年はスマホの普及率が急速にアップし、機種変更を行うだけでも店舗で長時間待たなければならない状況が各地で発生しています。

そのため、大手キャリアのドコモではWEBを使って来店予約できるシステムを構築しており、指定した日時と時間に店舗に行くとスムーズに手続きができるサービスを提供しています。

また、ドコモでは来店予約システムの導入に加えて、機種変更などをオンラインで行えるシステムも導入しており、店舗の混雑や待ち時間解消に努めています。

店舗での契約は長時間の待ち時間などのデメリットがある一方で、端末の実物を確認でき、スタッフにその場で質問できることがメリットです。

しかし、ヤフーモバイルは完全オンラインのため、端末の実物を自分の目で確認できないだけでなく、その場で相談や質問ができないことがデメリットだと言えます。

また、店舗で契約すると初期設定などを行ってくれた上ですぐに使えますが、ヤフーモバイルの場合は契約しても端末が届くまでは使えないことがデメリットとして挙げられます。

スマホの使用感や他機種と比較したい場合は、ヤフーモバイルのようなオンラインでの契約はおすすめできないといえるでしょう。

ヤフーモバイルでスマホを乗り換える

iPhone格安SIM通信アンケート

ヤフーモバイルでのスマホ乗り換えに必要なものは

ヤフーモバイルは店舗での契約のように対面ではないため、待ち時間や余計なオプションサービスへの加入を勧められるという心配はありません。しかし、店舗での契約と同様に本人確認書類などの準備が必要です。

契約者本人名義のクレジットカード

多くのキャリアではさまざまな支払い方法を選べますが、ヤフーモバイルで契約する場合、事務手数料などの初期費用と月々の利用料金の支払いはクレジットカードのみの取り扱いとなります。

そのため、契約時には本人名義のクレジットカードを準備しなければならず、デビットカードは利用できないので注意が必要です。支払いに利用できるクレジットカードの種類は、以下のように限られています。

VISA/Mastercard/JCB/AMEX/DinersClub/UC/MUFGカード/DC/UFJカード/NICOS/三井住友カード/イオンクレジットサービス/オリコ/OMC/CF/Cedyna/ライフカード/TSキュービック/楽天カード/ジャックス/ポケットカード

契約者本人の確認書類

契約時には支払いに利用する本人名義のクレジットカードの他に、以下のような契約者本人の確認書類が必要です。

運転免許証/健康保険証または住民基本台帳カード及び住民票など/パスポート/マイナンバーカード/身体障害者手帳/療育手帳/精神障害者保健福祉手帳/特別永住者証明書/在留カード及びパスポート

なお、本人確認書類の提出はコピーなどをFAXや郵送するのではなく、スマホなどで撮影し、画像ファイルのアップロードして送付します。

\初回限定3ヶ月無料!/

MNP・ソフトバンクからの番号移行の場合

MNPを利用して他社から乗り換える場合、事前に予約番号の取得が必要で予約番号を取得してから2日以内の申し込みが必要です。

MNP予約番号を取得する

MNPを利用して他社から乗り換える場合、各キャリアのMNP予約窓口に問い合わせて予約番号を取得する必要があります。なお、MNP予約窓口の受付時間は各キャリアによって異なるため、事前に調べておくことをおすすめします。   

MNP予約番号取得から2日以内に申込する

MNP予約番号には有効期限があり、取得してから2日以内の申し込みが必要です。ソフトバンクから乗り換える場合、商品の着荷をソフトバンクで確認した日の翌日に自動切替完了後、利用開始となります。 

端末が手元に届くと特別な初期設定は必要ないため、すぐに利用できるので安心です。

ヤフーモバイルでスマホを乗り換える

ヤフーモバイルでの乗り換えの際の注意点

ヤフーモバイルを利用すると店舗に行くことなく契約できるため、待ち時間などを気にせず利用できることが魅力の一つです。

MNPによってこれまでに使っていた電話番号は引き続き利用できる一方で、メールアドレスや端末のデータを引き継ぐことができません。

利用中のコンテンツや電子マネーも引き継ぎできない場合もあるため、データ移行の方法を押さえておいた方が良いでしょう。

また、乗り換え前のキャリアで料金の未納がある場合には、開通時の本審査に通らないため申し込みができないため、未納分を納付してからの乗り換えをおすすめします。

ヤフーモバイルに乗り換える際には、乗り換え前のキャリアでの契約名義と申込契約者名義が同一でないと受け付けられないため注意が必要です。

さらに乗り換え前のキャリアでの契約内容によっては、契約期間中の解約ということで違約金が発生する可能性があるため、余計な料金の支払いがないように確認しておくと良いでしょう。

ヤフーモバイルでスマホを乗り換える

ヤフーモバイルでスマホをお得に乗り換えよう

ヤフーモバイルは、契約から端末の購入まで全てオンライン上で行える非常に便利なサービスだと言えるでしょう。また、通常であれば月額料金が必要な有料会員の特典が無料で利用できるなど、お得な特典が満載です。

ただし、MNP予約番号に期限が設けられていることや乗り換え時のデータ移行が上手くいかない可能性もあるため、注意点をきちんと押さえた上でスムーズな乗り換えを目指しましょう。

ヤフーモバイルでスマホを乗り換える

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2019年05月01日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード