• Wi-Fi

ワイモバイルのポケットWiFiはおすすめ?月額料・通信速度・対応エリアを徹底比較

ワイモバイルを含む6つのポケットWiFiを、料金や通信速度、端末のスペック、海外での利用など、複数の項目で比較しています。ワイモバイルのポケットWiFiが自分に合っているか知りたい方におすすめです。
【公式】カシモWiMAX ワイモバイルのポケットWiFiはおすすめ?月額料・通信速度・対応エリアを徹底比較

ワイモバイルのPocket WiFiは、海外で使う予定がある方におすすめのポケットWiFiです。

しかし、日本国内でのみ使う場合や、料金の安さで見ると他にもおすすめのポケットWiFiはいくつか存在します。

この記事ではワイモバイルのポケットWiFiを含め、6つのキャリアのポケットWiFiを比較し、ワイモバイルはどのような人におすすめのサービスなのかを解説します。

※この記事で紹介する通信速度の数値はあくまでも、理論値となります。利用地域や環境によって実際の速度は変動します。

ワイモバイルのポケットWiFiとその他のポケットWiFiを比較

ここではワイモバイルとカシモWiMAX、楽天モバイル、そして大手キャリアであるドコモ・au・ソフトバンクのポケットWiFiを月額料や通信速度、対応エリアなどの項目から比較していきます。

月額料金を比較

プラン名 月額料金
ワイモバイル Pocket WiFiプラン2(ベーシック):無制限 4,818円(税込)
カシモWiMAX ギガ放題プラン 初月:1,518円(税込)
1ヶ月目以降:3,971円(税込)
楽天モバイル Rakuten WiFi Pocket
【Rakuten UN-LIMIT VI】

~1GBまで:0円(※1)
1GB超~3GBまで:1,078円(税込)
3GB超~20GBまで:2,178円(税込)
20GB超~:3,278円(税込)

ソフトバンク データ通信専用50GBプラン
データシェアプラン:30GB
データ通信専用50GBプラン:5,280円(税込)
データシェアプラン:1,078円(税込)
ドコモ 5Gギガホプレミア:無制限
ギガホプレミア:60GB
データプラス:30GB(※2)
5Gギガホプレミア:4,928円(税込)~7,315円(税込)
ギガホプレミア:4,818円(税込)~7,205円(税込)
データプラス:1,100円(税込)
au データ容量無制限 2年契約N未加入時:4,908円(税込)
2年契約N加入時:4,721円(税込)

※1:2回線目以降は1,078円(税込)
※2:データプラスは、同一名義の「ドコモのギガプラン」の契約が必要です。「データプラス」単独での契約は不可。

月額料金で比較すると「Rakuten WiFi Pocket」「カシモWiMAX」の順で安く、どちらも3,000円台で無制限プランを利用できます

カシモWiMAXは初月1,518円(税込)、Rakuten WiFi Pocketはデータ容量に応じて自動的に料金が変動するため、あまりデータ利用しない月は料金を安く抑えることが可能です。

また、ドコモとソフトバンクは親回線のデータ容量をシェアするプランを提供しています。

ドコモ、ソフトバンク共に親回線が無制限プランを契約していた場合、ポケットWiFiで利用できるデータ容量の上限は30GB/月です。

\WiMAX 5Gプラン開始!/
【公式】カシモWiMAX

通信速度・スペックを比較

比較した6つのキャリアにおいて提供されている最新端末の情報を元に、通信速度とスペックをそれぞれ比較しました。

下り最大通信速度 重量 連続通信時間 最大同時接続可能台数
ワイモバイル
(803ZT)
838Mbps 約153g 約12時間
(省電力設定OFF時)
約13.5時間
(省電力設定ON時)
16台
カシモWiMAX
(W06)
867Mbps

約125g

約9時間
((WiMAX 2+、スマート設定時)
16台
楽天モバイル
(Rakuten WiFi Pocket)
150Mbps 約100g 約10時間 10台
ドコモ
(SH-52A)
1.7Gbps(4G)
4.2Gbps(5G)
約268g 約290分(5G)
約280分(PREMIUM 4G)
約400分(LTE)
18台
au
(X01)
1Gbps(4G)
4.1Gbps(5G)
16台
ソフトバンク
(802ZT)
838Mbps 約153g 約12時間(省電力設定OFF時)
約13.5時間(省電力設定ON時)
16台

今回比較した中では、4Gと5G共に、ドコモのSH-52Aが通信速度が速いですが、他の端末と比較すると連続再生時間が比較的短めです。

auのX01もなっており、5Gエリアでの下り最大速度は4.1Gbpsとなります。

ただし、5G通信対応エリアはまだ限定的なため、全国どこでも5G通信ができるわけではありません。

次いで、カシモWiMAX、ワイモバイル、ソフトバンクのポケットWiFiがほぼ横並びとなっています。

カシモWiMAXnoW06は ハイスピードプラスエリアモード(有料)、ハイパフォーマンスモードおよび4×4MIMO設定オンで利用することで下り最大1.2Gbpsの高速通信が可能です。

端末の速度の差は各社様々ですが、どのポケットWiFiでも、SNSを見たり、YouTubeの動画を視聴したりするなどの一般的な利用には十分な通信速度です。

対応エリアや実際に利用している人の声なども参考にしてみるとよいでしょう。

対応エリアを比較

人口カバー率
ワイモバイル 99%
カシモWiMAX 全国政令指定都市で99%以上
楽天モバイル 73.8%
ドコモ 99%
au 99%
ソフトバンク 99%

※4G LTEまたはWiMAX回線の人口カバー率

人口カバー率とは、日本全国を約500平方メートルの四角形に区切り、その地域内で通信可能な地域が50%を超えた際の人口を、日本の全人口で割ったものです。

つまり人口カバー率が高いほど、通信可能なエリアが広いとされています。

ワイモバイル・カシモWiMAX・ソフトバンク・au・ドコモは人口カバー率99%、WiMAXは全国政令指定都市で99%以上を達成しています。ただし、5G通信対応エリアは一部の地域に限定されています。

楽天モバイルの場合は、2020年12月末時点で人口カバー率は73.8%です。

楽天モバイルを利用したい場合や5G通信を使いたい方は、使用エリアが対応エリアに含まれているか、事前に公式サイトで確認しておきましょう。

スマホ最新料金プラン情報を配信中!
LINE友だち追加

支払い方法を比較

各社、支払い方法の詳細は次の通りです。

クレジットカード払い 口座振替払い その他の支払い方法
ワイモバイル なし
カシモWiMAX なし
楽天モバイル 楽天銀行・スルガ銀行のデビットカード、楽天ポイント
ドコモ 請求書払い、インターネットバンキング、モバイルバンキング
au なし
ソフトバンク なし

今回比較した中では、カシモWiMAXはクレジットカードのみ、それ以外は口座振替にも対応しています。

さらに楽天モバイルとドコモは、クレジットカードと口座振替以外の支払い方法にも対応しています。

\工事不要ですぐ使える!/
【公式】カシモWiMAX
iPhone格安SIM通信アンケート

契約期間・解約金を比較

ワイモバイルと楽天モバイルは契約期間の縛りがなく、契約解除時の解約金が発生しません。 ドコモとauでは最低利用期間なしのプランか2年の定期契約のどちらかを選ぶことができます。

契約期間 更新期間外の解約金
ワイモバイル 契約期間なし 0円
カシモWiMAX 3年 0ヶ月目~12ヶ月目までの解約:20,900円(税込)
13ヶ月目~24ヶ月目までの解約:15,400円(税込)
契約更新月を除く25ヶ月目以降の解約:10,450円(税込)
楽天モバイル 契約期間なし 0円
ドコモ 契約期間なしまたは2年定期契約あり 2年定期契約に場合、更新月以外の解約で1,100円(税込)
au 契約期間なしまたは2年定期契約あり 2年定期契約に場合、更新月以外の解約で1,100円(税込)
ソフトバンク 契約期間なし 0円

ドコモとauで2年定期契約の場合にかかる解約金は1,100円(税込)です。カシモWiMAXでは利用期間によって解約金が変動します。

カシモWiMAXは短期で利用する場合は解約違約金が高くつきますが、端末料金が0円、毎月の月額料金が安いため、3年契約を前提で考えると得られるメリットがあります。

海外での利用の有無を比較

各社の海外での利用条件、利用追加料金を見ていきます。

海外でも利用できるか 利用条件 海外利用追加料金
ワイモバイル


100ヵ国以上で利用可能

海外データ定額への加入
専用端末(701UC)が必要
海外利用料90円(課税対象外)/日
カシモWiMAX
楽天モバイル
66の国と地域で利用可能
追加申し込み不要 追加料金なしで2GBまで利用可能
1GB500円(課税対象外)でチャージ可能
ドコモ
200以上の国と地域で利用可能
初回利用のみ申し込みが必要
Web・電話またはドコモショップ
1時間プラン:200円
24時間プラン:980円
3日間プラン:2,480円
5日間プラン:3,980円
7日間プラン:5,280円
au
150以上の国と地域で利用可能
データチャージ(無料)に加入している 490円980円(課税対象外)/日
ソフトバンク 追加申し込み不要 25MBまで:0円~1,980円(課税対象外)/日
25MB以上:2,980円(課税対象外)/日

ワイモバイルは、事前に海外データ定額へ加入することで海外でも利用でき、1日あたりの海外使用料が安いことが特徴です。ただし、専用端末(701UC)のみが対象となります。

楽天モバイルは「Rakuten UN-LIMIT VI」の月額料金に海外利用2GBが含まれています。2GBを超えた場合は速度制限がかかりますが、1GB500円(課税対象外)でチャージ可能です。

ドコモでは1時間から最大7日間までの利用プランがあり、利用日数の多いプランほど1日あたりの料金が安くなります。

auでは事前予約をすることで早割キャンペーンが適用され、1日あたり980円(課税対象外)のところ、480円(課税対象外)で利用可能です。(早割キャンペーン対象外の国・地域の場合は690円(課税対象外)/1日)

比較した中ではソフトバンクが割高となり、1日あたりの海外利用料は25MB以上で2,980円(課税対象外)となります。

また、海外に対応しているキャリアであっても、世界各地どこでも定額で利用できるとは限らず、利用できる端末が限られているなどの条件もあります。

事前に各キャリアのサイトで、海外ローミング(データ通信)時の対応エリアと料金を調べておきましょう。

※本記事で紹介したキャンペーン(またはキャッシュバック)の内容は予告なく変更される可能性があるため、必ず公式ページで確認するようにしてください。

\最短当日発送!/
【公式】カシモWiMAX

ワイモバイルのポケットWiFiはどのような人におすすめ?

以上の比較結果を元に、ワイモバイルのポケットWiFiは次のような人におすすめです。

  • 月のデータ容量がそれほど多くない
  • 海外で利用する予定がある
  • 短期的な利用を考えている

ワイモバイルのPocket WiFiプラン2(ベーシック)ではデータ容量7GB/月のプランとデータ容量無制限プランの2種類があります。毎月そこまで利用しない人であればデータ容量7GBのプランがおすすめです。

もし7GBを使い切った場合は0.5GBを550円(税込)で追加チャージできます。

また、海外での利用に特化した「Pocket WiFi 海外データ定額」を提供しています。月額基本料金4,378円(税込)に加え、海外利用料が90円(免税)/日で利用可能です。

さらにワイモバイルのポケットWiFiは、最低利用期間や解約にかかる違約金を設定していません。そのため、短期的な期間で利用したい人にもおすすめのサービスといえます。

【ワイモバイル】最新キャンペーンはこちら

料金の安さならカシモWiMAXがおすすめ

カシモWiMAXのポイントは、複雑な適用条件の割引を行っておらず、業界最安級のシンプルな料金プランが特徴です。

ギガ放題プラン(制限なし) ライトプラン(月間7GB)
初月 1,518円(税込) 1,518円(税込)
1ヶ月目以降 3,971円(税込) 3,289円(税込)
端末代 0円 0円

月額料金は初月1,518円(税込)で利用でき、1ヶ月目以降はギガ放題プランは3,971円(税込)、ライトプランは3,289円(税込)でずっと利用できます

また端末代金が0円で最短当日発送を行っています。端末到着後は簡単な設定ですぐにインターネットに接続が可能です。

【業界最安級】カシモWiMAXの料金プランはこちら

\最短当日発送!/
【公式】カシモWiMAX

利用用途にピッタリのポケットWiFiを選ぼう

ワイモバイルのポケットWiFiは、海外でも利用しやすい定額プランがあり、更新月以外の解約でも解約金が発生しないというメリットがあります。

しかし、月額料金の安さや通信速度など個別の項目で比較すると、それぞれおすすめのサービスが存在します。

たとえばカシモWiMAXや楽天モバイルでは月額料金が3,000円台で無制限プランを利用することができます。また、ドコモやauの5G端末を使えば、5Gエリアで高速通信が可能です。

重視するポイントを整理して比較することで、納得のいくポケットWiFi選びが行えます。今回比較した内容を参考にして、ぜひ自分にあうポケットWiFiを見つけてください。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2021年05月06日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード