ワイモバイルの評判を知りたい|メリット・デメリットも紹介

スマホをお得に利用するなら、月額料金の安い格安SIMがおすすめです。その中でもワイモバイルは知名度も高いため、評判を知って契約を検討したいという人もいるでしょう。ここでは、ワイモバイルについて、基本的な情報・特徴・メリット・デメリットを紹介します。
BIGLOBEmobile20190724_desc ワイモバイルの評判を知りたい|メリット・デメリットも紹介

スマホは生活に欠かせないアイテムですが、毎月の料金が高く、困っている人は多いでしょう。料金を抑えるには格安SIMでの契約がおすすめですが、これも種類が多く、どれが良いのか悩む人も多いです。

格安SIMで迷っているなら、ワイモバイルが知名度が高いため、評判も参考にしやすいでしょう。評判からワイモバイルならではの特徴を把握し、理解を深めた上で利用するか決めることが大切です。

ワイモバイルとは

そもそもワイモバイルとは何かですが、これはソフトバンクのサブブランドです。料金の安さから格安SIMのひとつに数えられることも多いですが、使用する回線が他の格安SIMと異なっている点が特徴でしょう。

格安SIMでは独自の回線を使用していたり、一部キャリア電波を借りたりして使用しているため、通常よりも通信の品質が落ちやすいです。

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドとして機能しているため、使える回線もソフトバンクと同じ、品質もほぼ同等です。高品質の回線を低価格で利用できるため、他の格安SIMと比べても評判は良いでしょう。

ワイモバイルの詳細をみる

ワイモバイルのメリット

ワイモバイルの評判が良いかを判断するには、メリットから魅力を知ることが大切です。ワイモバイルには特有のメリットがあり、他の格安SIMと比べて優れている点や、大手キャリアに匹敵する魅力もあります。独自のメリットを知り、魅力の高さを把握しておき、利用する選択肢として役立てましょう。

BIGLOBEmobile20190724_incontent

利用料金が安くなる

ワイモバイル最大のメリットは、大手キャリアと比べて料金が安くなる点にあるでしょう。実際にいくらかかるかは加入するプランによって違いますが、安い場合だと同回線のソフトバンクと比べて、半分以下、あるいは3分の1程度になる場合もあります。

格安SIMと比較すると、若干割高になる場合もありますが、それもプラン内容次第で解消できる問題です。また、高いといっても大手キャリアより安いことは確かで、格安でありながらプラン内容が充実しているのも魅力でしょう。

月額料金が安くても使用に大幅な制限が出るわけではなく、プランの組み方次第で安さと利便性は両立できます。また、それほどネットを使わない人なら、格安のプランで契約し、さらに月額料金を下げることも可能でしょう。

通信速度が速い

ソフトバンクと同じ回線を使用しているため、通信の品質が優れている点も、ワイモバイルのメリットです。回線の品質が良いため、他の格安SIMよりも通信速度が速く、より安定した環境でネットに接続できます。

動画やオンラインゲームといった、大容量通信も問題なく可能で、高速通信である4G電波も利用できます。

また、ソフトバンク回線のため、他の回線と混線する恐れもなく、周囲でスマホやパソコンを使用している人がいても、影響を受けづらいのもメリットでしょう。

格安SIMでは周辺での機器の使用状況に応じて、通信の安定性が左右されることもありますが、ワイモバイルはそれがないため、ストレスフリーに使用できます。

デザリングオプションが無料

スマホを媒介にしてその他機器でWi-Fiに接続する機能を、テザリング機能と言います。ワイモバイルでは、このテザリングオプションが無料で使えることもメリットで、スマホと連携してタブレットやパソコンもより自由に使えます。

テザリングで電波を供給すると、通信量が上がりやすいという難点はありますが、Wi-Fi環境がない場所では、重宝することも多いでしょう。

テザリングを利用するには、オプションで月額料金をプラスして支払わなければならない業者もあるため、無料で使えるのは大きなメリットです。

10分以内の通話が無料

通話が10分以内なら何度かけても無料なことも大きなメリットで、電話の使用が多い人には嬉しいポイントでしょう。10分を超えた分は、経過時間に応じて料金がかかりますが、10分以内なら何回かけても料金はかかりません。

これはワイモバイルやソフトバンクにかける場合に限らず、他社のスマホや固定電話にかける場合でも同じです。国内の通話なら全てが対象となり、留守番電話のサービスも無料で利用できることは大きなメリットでしょう。

全国に直営店がある

店舗の充実もワイモバイルならではのメリットであり、大手キャリアと同様に全国に直営店があるのは大きな強みです。直営店は大手キャリアなら当然存在しますが、格安SIMでは実店舗を持っていないことも多いです。

これは実店舗を持たず、コストを削減することでスマホの使用料金を安くするというメリットがある反面、困った時に対処してもらいづらいというデメリットがあります。

ワイモバイルなら、トラブルの際には直営店に持ち込んで相談ができ、その場で対応してもらえます。

スマホの知識があまりなく、不安な人でも、すぐに店舗で相談できるため安心して使えるでしょう。また、店舗が近くにあるなら、ちょっとした時にプランや機種変更といった相談も、気軽にしやすいのもメリットのひとつです。

Yahoo!プレミアム会員の月額料が無料

ワイモバイルでは、加入するプランによっては、Yahoo!プレミアム会員に、月額料金無料で入れます。データも通話も利用する通常のプランの場合、基本的に全て無料となるため、多くの人が該当するでしょう。

Yahoo!プレミアム会員になることで、Yahoo!ショッピングでの買い物時にポイントが貯まったり、実店舗でも使えるお得なクーポンがもらえたりと、メリットは多いです。

また、雑誌や漫画の読み放題サービスを無料で使うことができ、追加料金なしで楽しめるのも魅力的でしょう。

さらにはデータのバックアップをサポートする機能もつき、Yahoo!プレミアム会員になるメリットは大きいです。通常月額462円かかるものが無料のため、長く使うほどお得になるでしょう。

ワイモバイルの詳細をみる

ワイモバイルのデメリット

数多くのメリットがあり、比較的評判も優れているワイモバイルですが、一部デメリットもあるため注意しなければなりません。人によってはデメリットのほうが大きく、契約しても便利に使えない可能性もあるでしょう。

もちろん、メリットのほうが大きく、快適に使える可能性もあるため、両方を比較して、自分にとってどちらか大きくなるか考えることが大切です。

選べる端末の種類が少ない

ワイモバイルでは選べる機種がやや少なく、基本的には古いモデルしか利用できません。現在取り扱いがある機種が、以下の機種です。

  • iPhone 7
  • iPhone 6s
  • iPhone SE
  • Android One X4
  • HUAWEI P20 lite
  • Android One S5
  • Android One X5

選択肢は複数あるものの、大手キャリアと比べると、どうしても数では劣ってしまうでしょう。もちろん、安く使えるのは機種代が安いからでもあり、金額的なメリットを見るなら、仕方のない点とも言えます。

また、古い機種でも人気のものは存在し、人気モデルだとオールドファンが多いことから、手に入りづらい点もデメリットでしょう。

余ったデータが繰越しできない

契約するプランによって月々利用できるデータ容量は違いますが、ワイモバイルの場合、単月単位で容量は使いきりです。そのため、容量が余っても翌月に繰越はできず、余った分はそのまま切り捨てとなります。

つまり、月々に一定して同じ程度使用する人でないと、特定の月に使用量が増えた際に、速度制限にかかりやすいことは理解しておきましょう。

また、データをシェアするプランも用意されておらず、基本的には個人での利用がメインとなります。月間使用量はその月に使いきってしまわないともったいないため、契約するプランの見極めが難しいでしょう。

低速モードに切り替えることが出来ない

契約しているプランのデータ使用量の上限を超えると、翌月まで速度制限がかかります。この際他のキャリアのように低速モードへの切り替えができず、制限時は128kbpsと非常に遅くなってしまう点には注意が必要です。

他の格安SIMでは、制限時でも200kbps程度は出ることが多いため、それと比較すると速度制限時の使い勝手はかなり悪いでしょう。容量の上限を超えないなら問題はありませんが、少しでも超えてしまうと、一気に不便になるため注意しなければなりません。

問い合わせが有料ダイアル

ワイモバイルへの問い合わせは、直営店だけではなく、電話からも可能ですが、電話問い合わせは有料です。さらに回線も混みやすく、問題が解決するまでに時間とお金がかかりやすい点はデメリットでしょう。

直営店があることがワイモバイルならではのメリットのため、問題が発生した際は、基本的には店頭で対応してもらったほうが良いでしょう。

契約の2年縛りがある

ワイモバイルは他の格安SIMとは違って、大手キャリアのように契約期間が2年単位で定められています。2年経過せずに解約すると、違約金が発生するため、途中解約での自由度が低い点はデメリットでしょう。

また、2年契約が終了すると、その後基本料金が1,000円プラスになる点もデメリットのひとつです。

さらに通信量の月間上限も、以前の半分にまで低下し、元通りにするには月額500円プラスで支払わなければなりません。契約期間満了後に、コストアップしてしまう点も、デメリットのひとつです。

ワイモバイルの詳細をみる

ワイモバイルにお得に乗り換えるには

メリット・デメリットを見比べた上で、メリットが大きいと感じたなら契約しましょう。この際、ワイモバイルへの乗り換え方を工夫することで、さらにお得な利用が可能です。乗り換え時には、2つのポイントを意識することが大切です。

SIMだけの購入がお得

ワイモバイルは端末の購入なしで、SIMカードの購入だけでも利用できます。この場合は、自身でSIMフリーの端末を用意しなければなりませんが、SIMカードだけなら月額料金も安く、よりお得に利用できるでしょう。

SIMフリー端末はキャリアのオンラインストアかネットショッピングで中古品を購入するかのどちらかです。中古品でも品質の良いものは存在するため、上手に選んで機種代を抑えられると、月額量の安さも相まってよりお得に乗り換えられるでしょう。

オンラインストアからの申し込みがおすすめ

直営店が利用できることは、ワイモバイルならではの魅力ですが、乗り換えるならオンラインストアからの申し込みがおすすめです。乗り換え時には適用できる特典やキャンペーンが複数ありますが、ネット経由での契約に限られているものも少なくありません。

全契約方法のうち、ネットからの申し込みがもっとも特典が優れているため、これを利用しない手はないでしょう。

加えて、オンラインストアなら店舗の開店時間外でも申し込みができ、自身でオプションを自由に選択し、店員に勧められるまま不要なものに加入することもありません。さらに、店舗での手数料もかからないため、金銭的なメリットは大きいでしょう。

ワイモバイルの詳細をみる

ワイモバイルにお得に乗り換えよう

ワイモバイルは格安SIMの中でもやや特殊な存在で、大手キャリアと格安SIMの、中間的存在とも言えます。ワイモバイルならではのメリット、魅力は大きく、評判も良いため安心して利用できることも特徴です。

一部デメリットはありますが、人によっては全く問題なく使えるため、お得に使えるか正しく判断し、賢くワイモバイルに乗り換えましょう。

ワイモバイルの詳細をみる

Y!mobile1,080円~

公開日時 : 2019年05月01日

おっきー ― ライター
おっきー ― ライター

物心ついた頃からiPhoneがあるスマホネイティブ世代。SNSから最新情報を取得するのが日課。趣味はダンス。

関連キーワード