Androidおすすめ
  • スマホ

WiFi内蔵SDカードおすすめ4選|機能と選び方も解説

WiFi内蔵SDカードがあれば、写真データの共有をスムーズに行うことができ、よりスマホ生活が快適になります。このページでは、そんなWiFi内蔵SDカードの選び方や使用方法、おすすめアイテムなどを詳しく解説していきます。
docomo WiFi内蔵SDカードおすすめ4選|機能と選び方も解説

WiFi内蔵SDカードは、デジカメで撮った写真を手軽にスマホへ共有でき、デジカメに無線LAN機能がない場合に非常に有効なアイテムです。この記事では、WiFi内蔵SDカードについて、解説していきます。

使い方、選ぶ際のコツ、おすすめのSDカードなどを取り上げていきますので、SNSをよく利用する人などは、ぜひ参考にしてください。

\新キャンペーン続々登場!/
docomo

WiFi内蔵SDカードの機能

WiFiがついているSDカードは、デジカメからスマホに画像を送ったり、友人とデータをシェアしたり、パソコンにデータを転送したりと、さまざまな使用方法があります。

しかし、WiFiがついているSDカード自体は、ネット接続できるアイテムではありません。こうしたWiFi内蔵SDカードの使い方を徹底解説します。

主流はデジタルカメラの画像をスマホに転送する

メモリーカードであるSDカードは、パソコンやカメラなどで用いられるアイテムです。このカードに、WiFi機能がついたWiFi内蔵SDカードでは、デジタルカメラから直接スマホに転送することが可能です。

従来であれば、スマホにデータを移行する場合、「カメラ」→「パソコン」→「スマホ」という流れで転送していました。

しかし、WiFi内蔵SDカードがあればケーブルなども必要なく、デジタルカメラの画像をスマホにダイレクトに送れます。ほかにも、画像だけでなく音楽データなども転送できます。

また、WiFi内蔵SDカードをドライブレコーダーに入れて、スマホなどで録画した映像を見る使い方も可能です。ただし音楽データは、使用しているサービスによっては移行できませんので、注意が必要です。

友人とのデータシェア

WiFi内蔵SDカードで、友人に画像データをシェアすることも可能です。相手がアプリをダウンロードしていれば、パスワードを教えることでインターネットを利用せずに、WiFi内蔵SDカードから相手のスマホにデータを転送できます。

パスワードは変更可能なので、セキュリティ面も問題ありません。ネット環境が整っていない場所で、おすすめの使い方です。

パソコンへのデータ転送も

WiFi内蔵SDカードがあれば、デジカメで写真や動画を撮影したあと、パソコンに転送して編集することも可能です。

パソコンに接続することで、デジカメのデータ一覧が見られます。その中から、保存したい画像や動画をチョイスしましょう。

この方法は、ケーブルが見当たらないときにおすすめの使い方です。また、WiFi内蔵SDカードの種類によっては、素早く転送することも可能です。たくさんのデータを送るときは、送信速度のスピードが速いほうがよいでしょう。

インターネットに接続するアイテムではない

WiFi内蔵SDカードは、厳密にいうとネットに接続できるアイテムではなく、端末同士でデータを共有するために最適なカードです。

ただし種類によっては、無線LANの子機として使用できるカードもあります。このタイプであれば、ネット接続しながら、データ共有もできるでしょう。しかし、それほど数は多くありません。

\半年間実質0円!/
LINEMO

WiFi内蔵SDカードの選び方

WiFi内蔵SDカードは、デジカメとの互換性、ネット接続の有無、転送方法などをチェックして選ぶようにしましょう。また、データ容量やスピード、共有できる端末数なども選ぶ際のチェックポイントです。

こうしたWiFi内蔵SDカードの選び方について、解説していきます。

デジカメとの互換性を確認する

WiFi内蔵SDカードを購入する際は、デジカメとの互換性を必ず確認しましょう。WiFi内蔵SDカードは、普通のSDカードとは異なり、種類が多くないので簡単に選べるわけではありません。

選ぶときには、型番までチェックすることをおすすめします。

SDカードの種類は、SDHCカード、あるいはSDXCカードにしましょう。これらは通常のSDカードにも対応しており、性能も優れています。ちなみに、SDカードに対応していないデジカメだった場合は、WiFi内蔵SDカードも使用できません。

インターネットにつながったまま転送できるか

インターネット通信ができるWiFi内蔵SDカードを選べば、ネット利用も転送も手軽に行えます。多くのSDカードは、子機として利用できませんが、種類によってはインターネット接続が可能です。

より便利なSDカードが欲しい人は、この種のアイテムを入手しましょう。

しかし、WiFi内蔵SDカードを差し込んだ機器は、バッテリーの消耗スピードが速くなりがちです。この問題を解決するためには、WiFi機能を搭載したSDカードリーダーの入手がおすすめです。

こちらは、旅先などで重宝するアイテムの一つです。

転送方法を確認する

WiFi内蔵SDカードには、勝手にデータを転送してくれるタイプと、自分で転送しなければならないタイプがあります。手動タイプは、時間や手間はかかるものの、自身でデータを選べることがメリットです。

自動タイプは、最初からデータを選べず、あとで操作する必要性があります。このように、転送方法についても必ず確認しておきましょう。

データ容量で考える

SDカードのデータ容量も、選ぶ際の確認ポイントです。容量が大きいと価格は高くなりますが、その分、たくさんのデータを保存できます。

通常のSDカードは2GB以下、SDHCカードは4GB~32GB、SDXCカードは64GB以上です。

16GBであれば、フルHD動画を約2時間半、1400万画素の画像を1200枚ほど保存可能です。たくさん保存したい人は、GB数が大きな種類を選びましょう。

転送時のスピード

転送時のスピードは、少ないデータを転送する際は、それほど気にするものではありません。しかし、データが大きい場合や、一度に送るデータが多量の場合には、転送スピードは重要です。

データの転送スピードが速いカードを選ぶと、転送の時間や手間がかかりません。転送スピードは「CLASS10」という種類がもっとも速く、「CLASS2」は一番遅いです。ほかにも、「CLASS4」「CLASS6」という種類があります。「CLASS10」であれば、スムーズに転送できます。

共有したい端末の数

共有できる端末台数を、複数に設定できるタイプもあれば、1台のみのタイプもあります。

家族同士でデータを共有したい人や、さまざまな端末に転送したい人は複数に設定できるタイプ、自分のスマホとデジカメ以外に利用しない人は、1台のみのタイプで問題ないでしょう。このように、共有したい端末の数によって選ぶこともおすすめです。

WiFi内蔵SDカードのおすすめ4選

WiFi内蔵SDカードのおすすめアイテムを紹介します。具体的には、東芝、Transcend、PQIなどのSDカードについて解説します。

それぞれの特徴について理解を深め、自分に合ったWiFi内蔵SDカードを選びましょう。

東芝 FlashAir(フラッシュエア)

最大読み出し速度「90MB/s」、最大書き込み速度「70MB/s」といった高速データ転送が可能な種類もある東芝の「FlashAir(フラッシュエア)」はおすすめのSDカードです。

スマホへ自動保存し、64GB、32GB、16GBから容量を選べます。数々のグランプリで、金賞になっているほど優れたSDカードを、選んでみてはいかがでしょうか。

Transcend WiFi SDカード

TranscendのWiFi内蔵SDカードは、3つの機器の同時アクセスが実現でき、専用アプリを用いればデータ共有だけでなく、画像閲覧や動画視聴もしやすいです。

即時共有モード、インターネットモードといった2つの無線接続モードがあり、送信速度も「Class10」だからこそ、遅いわけではありません。SDHCメモリーカードなので、容量も多めです。

PQI Air Card 2

「PQI Air Card 2」は、iPhoneとAndroidどちらにも対応したアプリがあり、3台の機器につなげられる種類です。microSDHCカードを一緒に使用し、カード交換で容量の変更も可能です。

もちろん、ケーブルいらずで難しい設定も不要です。PQIではWiFi内蔵SDカード以外にも、USBフラッシュドライブやポータブルハードディスクなどを取り扱っています。

テック ezShare

「テック ezShare」は「Class10」のスピードクラスで、SDHC規格のWiFi内蔵SDカードです。5台まで転送可能のため、機器が多い人向けに最適です。WiFiのオンオフ設定によって、電力を抑えることも可能です。

容量は、8GB、16GB、32GBから選択可能です。「ez Share WiFi SD」という専用アプリを使うことで、手軽に操作することもできます。

スマホでの使用方法

データをスマホに転送するには、デジカメにWiFi内蔵SDカードを差し込んだあと、データをスマホに転送します。スマホでの操作は、SDカード専用のアプリを利用しましょう。また、スマホで画像を編集したい人は、画像編集アプリをインストールすることをおすすめします。

ここからは、WiFi内臓SDカードをスマホで利用するための方法について解説します。

転送用アプリをダウンロードする

デジカメの画像をスマホに共有する際、スマホをWiFi接続し、ブラウザかアプリを立ち上げます。どちらも使いづらいわけではありませんが、WiFi内蔵SDカードによる専用アプリの方がおすすめです。

ブラウザの場合、専用ツールが勝手に表示されます。アプリは、データ管理などが非常にやりやすいですが、専用アプリのないSDカードもあるため、注意が必要です。

製品を選ぶ際に、専用アプリの有無もチェックしておきましょう。

写真編集できるアプリもダウンロード

パソコンでデータ編集したい人も少なくありませんが、昨今では、スマホのアプリでも手軽にレタッチが可能です。例えば写真の明るさ調節、コントラストやトーンの変更、映り込み削除、部分補正などの複雑な作業も、アプリによってはスマホで対応可能です。

自分が使いやすいアプリをダウンロードして、場合によっては使いやすさを求めて課金し、手軽に写真編集しましょう。

WiFi内蔵SDカードで簡単にSNSに写真をアップしよう

WiFi内蔵SDカードは、デジタルカメラの画像をスマホに転送できたり、データをシェアできたりする便利なアイテムです。

SDカードを選ぶ際は、転送方法やデータ容量、転送スピード、互換性、端末数などを中心にチェックしましょう。

WiFi内蔵SDカードによる専用アプリをダウンロードすれば、データ管理が手軽にできます。スマホのみでデータを編集する際は、写真編集できるアプリもインストールしておきましょう。

ただし、専用アプリのないSDカードもあるため、選ぶ際は注意してください。

WiFi内蔵SDカードがあれば、データ共有が簡単です。デジタルカメラで撮った綺麗な写真をスマホに移行して、今まで以上にSNSやインターネット生活を楽しみましょう。

また、こちらの記事では、iPhoneで本格的な写真を撮る方法をまとめています。ぜひ確認してみてください。

公開日時 : 2019年04月12日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード