Androidおすすめ

ドコモのスマホでWiFiを活用|基礎から接続方法まで解説

快適なネット生活を送るためには、スマホだけではなく、WiFiも必要な時代となりました。そこでこのページでは、ドコモのスマホでWiFiを利用する方法について解説します。WiFiの基礎から紹介しますので、ぜひ参考にしてください。
新型ihone12噂 ドコモのスマホでWiFiを活用|基礎から接続方法まで解説

ゲームやSNS、記事閲覧、動画視聴など、スマホ生活を満喫している人は少なくありません。スマホを利用しすぎると速度制限にかかってしまいますが、WiFiを活用すれば、快適なネットを環境を整えられます。

この記事では、そんなドコモのスマホでのWiFiの利用方法について紹介します。WiFiの基礎知識から接続方法、無料WiFiスポットについても取り上げていきますので、コモユーザーの人は、参考にしてみてください。

WiFiについて知っておこう

まずは、WiFiの基礎情報を紹介します。具体的には、WiFiとデータ通信の異なるポイント、通信規格と周波数、WiFi利用がおすすめな理由などを解説していきましょう。WiFiについて理解を深めたい人は、ぜひ参考にしてください。

WiFiとはなにか

WiFiとは簡単にまとめると、無線でさまざまな端末にインターネットを接続できる無線LANです。ドコモのスマホをWiFiにつなぐことで、ネットを利用できます。

スマホだけではなく、パソコンやゲームにも接続でき、最近ではさまざまな家電もWiFi対応しています。また、プリンターにパソコンをWiFiで接続する方法もあります。

WiFiを飛ばすルーターは、据え置きタイプや持ち運びできる種類などがあり、自分の生活スタイルに合ったタイプを選ぶようにしましょう。

また、無料WiFiスポットなども街中に存在し、昨今ではいつでもどこでもWiFiをつなげられる環境が整っています。

WiFiとデータ通信の違い

複数端末に接続可能なWiFiとモバイルのデータ通信には、いくつか相違点があります。快適なインターネット生活を楽しむために、それぞれの違いについて理解を深めましょう。データ通信とWiFiの特徴について詳しく解説します。

データ通信の特徴

スマホのデータ通信は、「パケット通信」とも言われているものです。これは携帯電話企業による回線でネットをつなげるスタイルです。WiFiのようにルーターを使用せず、電波の届く範囲であれば、いつでもインターネットに接続できます。

しかしながら、デメリットがあります。それは、プラン内容によって、ネットを利用しすぎると速度制限がかかってしまうことです。

データ通信の通信速度は遅い傾向にあり、不安定な通信状況でありながらも、日本全国で利用できることは、メリットとして挙げられるでしょう。

WiFiの特徴

WiFiの速度は、基本的には速いです。安定した通信環境を実現し、ルーターさえあれば、いつでも快適なネット環境を整えられます。

しかしながら、モバイルデータ通信よりも通信範囲が広くなく、接続する手間はかかるでしょう。料金的には、WiFiにメリットを感じられるかもしれませんが、トータル的なコストは、ネットの利用頻度によって異なります。

WiFiの通信規格と周波数を知っておこう

WiFiの通信規格について理解を深めておいても、損はありません。通信規格は、「IEEE802.11」であり、障害物に強くない「11a」電波干渉を受けやすい「11b」・「11g」他にも「11n」「11ac」といった分類があります。

周波数は、「5GHz」と「2.4GHz」という2種類あり、「11a・11ac=5GHz」「11b・11g=2.4GHz」「11n=5GHz・2.4GHz」と決められています。

通信規格と周波数によって、電波干渉や障害物の影響度が異なりますので、WiFi利用時や選択時の参考にしてください。

スマホでのWiFi利用がおすすめな理由

スマホでのWiFi利用は、モバイルデータ通信による速度制限を回避できるメリットがあります。追加料金で速度制限にかからないオプションもありますが、この方法は、できるだけコストを抑えたい人には向きません。

自宅以外の場所ではモバイルデータ通信、家ではWiFi利用と分けて使用すると、通信料を節約でき、無駄な出費を減らせるでしょう。

自宅の固定回線でスマホをWiFi接続してみよう

固定回線でスマホにWiFiをつなぐために用意する物や接続方法、ルーターの選び方などを解説します。あわせて、モバイルWiFiやドコモユーザーにおすすめのWiFiも紹介していきましょう。

WiFiを利用するために必要なもの

自宅でWiFiを利用するためには、インターネット回線が必要です。インターネット回線には、光回線、ADSL、CATVなどの種類があります。また、WiFiルーターも必要となります。

そして、スマホやパソコンなどのWiFiに接続できる端末も必要です。

戸建てに住んでいる場合は、工事をしてモデムを設置し、そのモデムにWiFiルーターを接続します。集合住宅であれば、基本的にはすでに工事は済んでおり、WiFiルーターを接続するだけで利用できるでしょう。

iPhone格安SIM通信アンケート

スマホでのWiFiの接続方法

WiFiをAndroid端末に接続するためには、ルーターに記載されているSSIDとパスワードをチェックしましょう。そして、スマホ端末の「設定」から「WiFi」を選択し、同じSSIDを探しましょう。

そしてパスワードを入れ、「接続」を押すことで完了です。WiFiを切る方法は、もっと簡単です。WiFiのアイコンに触れば、オンとオフを切り替えられます。

iPhoneでも基本的には同一の接続方法です。また、WiFiルーターのWPSボタンを押せば、すぐに接続することも可能です。

WiFiルーターはライフスタイルに合ったものを選ぼう

WiFiルーターは、どのような基準で選べばよいのでしょうか。速い通信速度を求めている人は、規格「11ac」対応をおすすめします。

2.4GHzと5GHzの2つに対応していれば、速く、そして遠くに電波を飛ばせるでしょう。

また、アンテナの数が多いほど、通信速度は速いです。アンテナは外部に出ているとは限りませんので、ルーターのスペックを確認しておきましょう。

広い部屋に住んでいる人は、中継器を購入して、より広範囲にWiFiを飛ばす工夫を求められる可能性があります。

どのくらいの範囲に飛ばしたいのか、何人が使用するのかによっても、適切なWiFiルーターは異なります。

ビームフォーミングという機能があれば、安定した通信が実現可能なため、こうしたルーターの機能性もチェックしておきましょう。もちろん、どれぐらいの価格になるのかもあわせて確認しておいてください。

固定回線がない場合はモバイルWiFiがおすすめ

固定回線のような工事を必要とせず、持ち運びできるモバイルWiFi、あるいはポケットWiFiもおすすめです。工事が必要ないため初期費用を抑えることができ、契約して即日で利用できるメリットもあります。

会社によっては無制限プランなどもありますので、たくさんネットを利用する人にも最適です。 しかしながら、モバイルWiFiには充電が必要であり、環境や利用状況によっては、つながりにくい時もあります。こうしたメリットとデメリットについて理解し、自分に合ったWiFiルーターを選んでください。

ドコモユーザーは他社モバイルWiFiで節約しよう

ドコモのポケットWiFiは、月額料金が高い傾向にあり、財布に優しくありません。そのため、ドコモユーザーであっても、他社のモバイルWiFiと契約して、コストを抑えましょう。

会社によっては、無制限のデータ容量でありながら、料金は非常に安いです。ドコモであれば、高速エリア通信というメリットはあるものの、すぐに速度制限にかかってしまうリスクがあります。

さまざまな会社が提供するサービスの内容と料金を比較して選ぶことをおすすめします。中にはキャッシュバックキャンペーンなどを実施しており、契約するだけで得をするケースもあります。

外出先では無料WiFiスポットを利用しよう

家の外では、モバイルWiFiだけではなく、無料WiFiスポットも利用できます。飲食店などさまざまな場所で無料WiFiに接続が可能です。無料だからこそ、いくつか注意点もありますので、あわせて解説していきましょう。

街中の無料WiFiスポットを探してみよう

街中は、無料WiFiスポットで溢れています。身近な場所であれば、コンビニが挙げられます。駅や空港などにも無料WiFiスポットがあります。

また、カフェやファストフード店にも、無料でWiFiを提供している店舗はあります。会員登録などの手続きを要することもありますので、必ず事前に確認しておきましょう。

また、キャリアと契約してスマホを所持している人の場合、そのキャリアがさまざまな場所に無料WiFiスポットを設置しているため、それを利用可能です。ショッピングセンターやレストランなどでも無料WiFiを接続できるため、非常に便利です。

無料WiFiスポットを探してくれるアプリがありますので、ダウンロードしておくと便利です。国内だけではなく、海外にも対応しているアプリもあります。

ドコモユーザーの人は「docomoWiFi」を利用可能であり、自動接続してくれますので、設定する手間はかかりません。

無料WiFiスポットで注意したいこと

無料WiFiスポットは便利ではあるものの、安全性が高いとは言えません。有料の場合、接続不可でもあります。

また、利用時間や回数が定められているケースもあり、途中でネットが切れてしまう恐れもあるでしょう。「docomoWiFi」は、有料になってしまう可能性もあるため、契約内容をしっかり確認しましょう。

さらに大前提として、無料WiFiはセキュリティ面において強いとはいえません。そのため、個人情報が漏れてしまうリスクをともないます。

アプリは使用せずブラウザのみで接続すれば、情報漏洩対策になるため、おすすめです。

危険なWiFiネットワークを見分けるポイントは、鍵マークの有無です。鍵マークのないWiFiは、通信内容が見られてしまうリスクがあります。

ビジネスシーンで利用する際は、非常に危険だといえるでしょう。安全性を考慮すれば、鍵マークありのWiFiをお選びください。

スマホでのWiFi利用方法を知って快適なネットライフを送ろう

WiFiは、パソコン、スマホ、タブレットなど、さまざまな端末にネット接続可能な無線LANです。モバイルのデータ通信とWiFiを比べて、速度制限はなく、通信環境が安定しています。

WiFiルーターにはさまざまな種類がありますので、住んでいる場所やライフスタイルに合ったものを選びましょう。持ち運び可能なモバイルWiFiもおすすめです。ドコモユーザーは、他社と契約することでコストを抑えられます。

コンビニ、カフェ、駅、空港、飲食店などには無料WiFiスポットがあり、費用をかけずにWiFiを利用可能です。しかしながら、無料WiFiスポットはセキュリティが甘い傾向があるため、十分注意して利用しましょう。

ポケットWiFiについては、こちらの記事で詳しく解説していますので、ぜひ確認してみてください。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2019年04月10日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード