Androidおすすめ

ドコモのキッズ携帯を詳しく解説|便利な機能やサービスも紹介

ドコモのキッズ携帯は、その名の通り子供向けに作られた携帯電話です。子供が使いやすい設計となっているほか、便利な機能も多く搭載されています。ここでは、便利なだけでなく、防犯面でも有効なドコモのキッズ携帯について詳しく解説していきます。
新型ihone12噂 ドコモのキッズ携帯を詳しく解説|便利な機能やサービスも紹介

子供に携帯電話を持たせる親が増えていて、最近では携帯電話の所持を認めている小学校もあるようです。そのような時代背景もあって発売されたのが、ドコモが子供向けに発売している「キッズ携帯」です。

ここでは、ドコモのキッズ携帯の便利な機能について詳しくみていくとともに、契約内容や使用するうえでの注意点についても解説します。

ぜひこの機会に、ドコモのキッズ携帯について詳しく知っておいてはいかがでしょうか。

ドコモのキッズ携帯(キッズケータイ)おすすめ端末の特徴とデザイン

出典:ドコモオンラインショップ

ドコモのキッズ携帯は、一般的な携帯電話とは開発コンセプトから異なる商品となっています。子供が日常的に使うことを想定して、子供でも使いやすいさまざまな工夫が施されている他、多くの便利な機能が搭載されています。

ここでは、ドコモのキッズ携帯ならではの機能や特徴について詳しく見ていきます。是非この機会に、ドコモのキッズ携帯とはどのような携帯電話なのかを知っておきましょう。

ドコモのキッズ携帯のデザイン

ドコモが2019-2020年冬春モデルとして発表しているシャープ製「キッズケータイ SH-03M」。製品の特徴を見ていきたいと思います。(なお、2017年モデルの「F-03J」も現在発売中でこの2種類がドコモで変える端末となります。)

出典:ドコモオンラインショップ
商品名 シャープ製「キッズケータイ SH-03M」
価格 14,256円(396円×36回)
画面サイズ 約3.4インチ
重さ 約94g
画面解像度 960×540ドット
バッテリー容量 1200mAh
カラー イエロー、ピンク、ブルー
スペック性能 VoLTE/Bluetooth/WiFi 4対応
素材 傷が目立ちにくいアクリル素材/防水・防塵性能/MIL規格準拠の耐衝撃性能

ボディの機能性も抜群

キッズ携帯は、子供が日常的に使用することを考慮して、ボディにも配慮がなされています。キッズ携帯のボディは、塗装の上に透明コートが施されているため傷が付きにくく、キレイな状態を保ちながら長く使えるようになっています。

さらに抗菌コートもされており、いつも清潔な状態で使用できます。防水加工や防塵加工もされていて、やんちゃな子供の使用から、本体を守ることが可能になっています。

カラーは3色展開

ドコモのキッズ携帯のカラーバリエーションは、「イエロー」「ブルー」「ピンク」の3色展開です。

さらに、本体のカラーに合わせて、壁紙やアイコンを変更できる「テーマ」も用意されており、カスタマイズも楽しめるようになっています。お子さんの好みに合わせて、好きな色を選ばせてあげてはいかがでしょうか。

子供が喜びそうな、見た目にも鮮やかでカラフルなボディは、塗装ではなく樹脂の成型色を活かしたカラーリングなので、塗装が剥がれる心配もありません。

ドコモのキッズ携帯の特徴

その他、ドコモの携帯ならではの嬉しい特徴も兼ね備えています。

防犯ブザーが付属されている

ドコモのキッズ携帯には、防犯ブザーが付属されています。万が一の事態が起きても、このブザーを鳴らすことによって、子供が自分自身を守れます。

ブザーの音は約100dbという大音量で、さらにサイドライトが点滅して、周囲に緊急事態であることを伝達します。

「db」は「デシベル」と読み、音量を表す単位です。100dbは電車が通る時のガード下の音量と同じくらいと言われており、かなり大きい音量です。このくらいの大きさの音が鳴れば、周囲の人に異変を知らせることもできます。

さらに、ブザーを鳴らすと同時に、最大3件まで自動発信させられます。また、事前にGPS位置情報サービス「イマドコサーチ」を契約しておけば、ブザーを鳴らすと同時に位置情報も送ってくれます。

そのため、瞬時に親が子供の現在位置を確認でき、安心です。

ブザーを鳴らすために必要な操作は、本体に付いている防犯ブザーを引っ張るだけです。そのため、緊急時にも素早くブザーを鳴らせます。ブザー音を止めたい場合は、防犯ブザースイッチを元に戻せばOKです。

万が一の事態がないに越したことはありませんが、この防犯ブザー機能があれば、そのような事態があってもすぐに対応できます。

滅多に使わない機能かもしれませんが、持っているだけでも安心感があるという意味でも、念の為、持っておいて損はない機能でしょう。

子供でも操作しやすい

キッズ携帯は、子供でも操作しやすいように、考えられて作られた端末です。また、楽しいイラスト付きで、子供でも読みやすいかんたん操作ガイドも付いています。

子供自身に設定させたくない、大人が設定したい機能については、「あんしんセット」として暗証番号で、保護者のみが管理できるようになっています。

あんしんセットで設定ができる主な機能としては、電話帳に登録されている電話番号以外の着信拒否設定や、電池アラーム通知の設定、防犯ブザーに連動した電話発信の設定などがあります。

子供の位置を把握できる「イマドコサーチ」

「イマドコサーチ」は、キッズ携帯を持っている子供が今どこにいるか、GPS機能で位置情報を確認できるサービスです。

外出先で、子供がどこかへ行ってしまったり、はぐれてしまったりしても、「イマドコサーチ」を使って子供を探せます。イマドコサーチを利用して子供の現在地を探す場合は、まず「My docomo」にログインして「いますぐ検索」を選択します。

さらに、いますぐ検索で検索が失敗した場合に、自動で検索を繰り返してくれる「くりかえし検索」という機能もあります。

絵文字に対応したSMS機能

ドコモのキッズ携帯は、子供が使いやすいように、SMSにも工夫が凝らされています。画面の表示形式は、子供にもわかりやすいチャット表示形式で、かわいらしい絵文字も利用できるようになっています。

また、画面テーマも4種類用意されていて、そのなかから自分好みのものを選べます。

ドコモキッズケータイの詳細をみる

ドコモのキッズ携帯(キッズケータイ)の料金テーブル|家族通話は無料

出典:ドコモ

ここからは、料金面はどのようになっているかを解説していきます。

キッズケータイ SH-03M本体価格 14,256円(月額396円×36回)
プラン料金 月額500円
通話料金 ドコモ家族間無料
ドコモ外の通話20円/30秒
SMS送信 3円/通 (受信無料)
イマドコサーチ利用料金 月額200円
ケータイ補償オプション利用料(任意保険) 月額380円
合計月額料金 月額1,476円

ドコモ家族間の通話料金は無料

ドコモのキッズ携帯は、ドコモ家族間での通話は無料です。そのため、親子で頻繁に会話をしたい場合でも、通話料金を気にせずに、思わぬ長電話になっても安心です。

ドコモ以外の相手との通話は、30秒20円の通話料がかかります。

子供が家族に、安心して電話をかけられるようにするためにも、ドコモのキッズ携帯を子供に持たせるなら、その家族もドコモ携帯を使っているのが理想でしょう。

なお、ショートメッセージは相手がドコモか否かに関わらず、一回の送信で3円かかります。

SMSは1回につき3円かかる

一般的な携帯電話と同じく、ドコモのキッズ携帯もSMSが利用可能です。SMSは、ちょっとした文章を送るのに便利な機能ですが、ドコモのキッズ携帯でSMSを利用する場合、1回送る毎に3円かかることに注意しましょう。

1回3円というと安く感じられるかもしれませんが、それが重なると思わぬ金額になる可能性もあります。この1回3円というのは、「はい」や「いいえ」などたった一言の送信でも、3円かかるということです。

そのようなことを踏まえると、普通の会話でもそれなりにメッセージ送信回数が発生して、金額がかかると思っていたほうがよいかもしれません。

会話に熱中するあまり、SMSでメッセージを連投して、予想外の請求金額になってしまったということがないように注意しましょう。

イマドコサーチは月額利用料200円

キッズ携帯の現在地を探せるGPS位置情報サービス「イマドコサーチ」は、月額使用料金が1契約につき200円です。

また、1回検索するのに5円かかりますが、相手方の携帯電話が電源オフになっていたり、圏外になったりして検索に失敗した場合は、検索料金はかかりません。

ひとつの契約で、探す対象になる端末を5台まで設定できるため、兄弟でも契約できます。一方、探す側の端末は1台に対して1契約が必要です。そのため、父親と母親の端末どちらからでも探せるようにするためには、イマドコサーチを2つ契約する必要があります。

ドコモの料金はシミュレーションでチェック可能

ドコモの利用料金は、契約前にシミュレーションで、いくらくらいになるのかがチェックできます。シミュレーションは、公式サイト上で実施可能です。

一人で契約する場合や、家族で契約する場合などでシミュレーションが可能なほか、シミュレーションした結果は1回目と2回目が比較できるなどして、大変便利です。

ドコモの携帯電話の使用を検討した際には、まずはこのシミュレーションで、利用料金をチェックしてみてはいかがでしょうか。

ドコモキッズケータイの詳細をみる

ファミリー割引の契約が必要

なお、こちらのキッズケータイのプランは単独での契約ができず、(1)親回線の契約があること、(2)「ファミリー割引」の契約後に副回線としての利用が前提となっています。ファミリー割引を使うことで、家族回線内でよりお得に利用でき、親回線・子回線それぞれにメリットがあります。

ただし、電話回線は無料になっても通信量や基本料金は対象外の端末となっているので、割引額には注意しましょう。

ドコモのキッズ携帯(キッズケータイ)を安くお得に買う方法

「ファミリー割引」以外に安く契約する方法として、(1)「ドコモの下取りプログラム」と(2)「スマホのりかえサポート」の利用をお勧めします。

下取りプログラム

出典:ドコモ

下取りプログラムとは、ドコモで端末を新規購入や機種変更するときに、現在使用中の端末を下取りに出すことで、dポイントの加算や購入代金の割引をしてもらえるサービスです。

キッズ携帯をはじめ、ドコモのスマ―トフォンやタブレット、ケータイなど、ほぼ全機種が下取りの対象になっています。

下取り価格は日々変動していきます。下取りに出すことを検討している人は、公式ホームページより、最新の下取り価格を確認してみてください。なお、この下取りプログラムは、全てのドコモショップ、ドコモ取扱い店舗、ドコモオンラインショップにて申し込むことが可能です。

こちらの記事で、ドコモの下取りプログラムについて紹介しているので、参考にしてください。

スマホのりかえサポート

出典:ドコモ

ドコモ光の申し込みかdカード GOLDに入会と一緒に他社携帯電話の解約証明書を提示すると、解約金相当額10.260円分のdポイントがもらえるキャンペーンです。

dカード GOLDは年会費が1万円かかりますが特典が充実しており、1年で1万円以上の特典を受けるのもさほど難しくありません。ドコモユーザーであれば、まず申し込んでおいて損はないカードと言えるでしょう。毎月の携帯代もdポイントとして毎月還元されるので、ドコモへの乗り換えと一緒に契約しておくのがお得です。

ドコモではその他にもお得なプランやキャンペーンが用意されています。現在、他社キャリアを使っている方は、この機会にドコモへの乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

ドコモキッズケータイの詳細をみる

ドコモのキッズ携帯のおすすめポイント

ここからは、ドコモのキッズ携帯のおすすめポイントについて詳しく見ていきましょう。ドコモのキッズ携帯ならではの、おすすめポイントが多数あります。

メッセージの打ち込み画面が50音順

ドコモのキッズ携帯は、子供でも文字が打ち込みやすいように、あいうえお表になっています。子供によっては、キッズ携帯で文字入力をすることによって50音を覚えたり、文章力が向上したりなどの効果があったという報告もあります。

このように、ドコモのキッズ携帯は単純に電話として利用するだけでなく、語学学習の道具としても役立つ場合もあります。

好奇心旺盛な子供を持つ親に嬉しい「みまもりアラート」

ドコモのキッズ携帯を使うなら、ぜひあわせて利用したいのが「親子のきずな」というアプリです。キッズ携帯とこのアプリを併用することによって、子供を守るためにより万全な体制を築けます。ここでは、「親子のきずな」とはどのようなアプリなのかを詳しく見ていきましょう。

このアプリの機能のひとつである「みまもりアラート」は、イベント会場や公園などで、子供が自由に動き回るときなどに便利な機能です。

あらかじめドコモのキッズ携帯端末と、親のスマホ端末をペアリングすることによって、ペアリングしている端末同士の距離が10~20m程度離れると、両端末からアラームが鳴ります。

この際に、ペアリングしているスマホの画面には「イマドコサーチ」「通話」「閉じる」が選択できる画面が表示され、キッズ携帯には「おうちのひとと はなれました。でんわ しますか?」と表示される仕組みになっています。

防犯の意味で役立つことはもちろん、子供が迷子になることも防げそうです。

特に活発な子供は、大人が予期せぬ行動をしがちなため、少し目を話した隙にいなくなったということがあっても、この機能があれば安心です。

子供の帰宅が分かる「おかえり通知」

子供が自宅に帰ってくると、親のスマートフォンにその旨の通知がSMSで届く「おかえり通知」という機能があります。

親としては、自分が外出していたり、仕事中だったりしていても、瞬時に子供が帰宅したことがわかるため、安心できる機能です。

この「おかえり通知」を利用するためには、スマートフォンとは別に「Tomoru」というIoT端末が必要です。これは、「おかえり通知」の仕組みが、Bluetoothを利用した通信で、Tomoruの近くをキッズ携帯が通ると検知して、親のスマホにSMSが届くようになっているためです。

「Tomoru」の販売価格は、税込み1,500円です。色はホワイトのみで、ドコモのオンラインショップなどで購入可能です。こちらを動作させるためには、ボタン電池が必要です。

ドコモオンラインショップdでTomoruを購入する

キッズ携帯の設定変更が親のスマホから可能

親のスマートフォンから、子供のキッズ携帯の設定内容の編集ができます。親のスマートフォンから編集できる内容は、定型文、電話帳、目覚まし、あんしんセットの一部などです。

親の立場から見ると、日頃から使い慣れた自分の携帯で編集作業ができるため、操作もしやすくて楽です。また、子供が離れた場所にいるときでも、編集可能なところも便利です。

アプリはGoogl playでもApp Storeでもダウンロード可能

「親子のきずな」は、ドコモのスマートフォン専用のアプリです。ドコモのタブレット端末でも使用できますが、画面表示や機能に制限がかかる場合があるため、基本的にはスマートフォンで使用するとよいでしょう。

このアプリには、AndroidスマホとiPhone、それぞれに対応したものがあります。Android用はGoogle Playから、iPhone用はApp Storeから無料でダウンロード可能です。

OSの対応バージョンは、Androidは「Android5.0~9.0」、iOSの場合は「iOS10.0~12.1」に対応しています。iPhoneの場合、iPhone 5c以前の機種では、たとえiOSのバージョンがiOS10でも「親子のきずな」アプリは利用できません。

ドコモキッズケータイの詳細をみる

ドコモのキッズ携帯の注意点

ここからは、ドコモのキッズ携帯を使用するうえでの注意点について詳しく見ていきます。子供向け携帯ならではの注意点もあるため、しっかり確認しておきましょう。

親がドコモでないとあまり意味がない

ドコモのキッズ携帯を利用するのであれば、利用者本人の親もドコモの携帯電話を利用していることが理想です。親がドコモの利用者ではない場合、家族間の通話が無料になりません。

また、キッズ携帯を利用する大きなメリットのGPS位置情報サービス「イマドコサーチ」も利用できないなど、せっかくドコモのキッズ携帯を子供に持たせても、親がドコモの携帯電話を使用していなければ、その機能をフルに活用できません。

ドコモのキッズ携帯は12歳までの利用

ドコモのキッズ携帯は、子供専用の携帯電話という位置づけの製品なので、一般の携帯電話にはないような、申し込むための条件が設定されています。

まず年齢制限があって、利用する子供本人が12歳以下でなければなりません。

基本的に、小学生以下を対象にした携帯電話です。そして、契約するのは12歳以下の子供の親権者であること、さらに代表回線でカケホーダイプランか、データプランの契約があることが必要です。

もし子供が13歳以上の場合は、ほかの携帯電話を持たせることを検討しましょう。

ドコモキッズケータイの詳細をみる

ドコモのキッズ携帯を申し込むには

ここからは、ドコモのキッズ携帯を申し込む方法について詳しく見ていきます。どこから申し込めるのか、また手続きに必要な書類についても、ここでしっかり確認しておきましょう。

店舗またはネットにて申し込みが可能

ドコモのキッズ携帯は、お近くのドコモショップ店舗、またはドコモオンラインショップで申し込み可能ですが、どちらから申し込むかは、ご自身の都合で決めればよいでしょう。

もし、ドコモショップ店舗で申し込むようであれば、来店前にその店舗に在庫があるか確認しておくと、手続きがスムーズです。

ドコモショップ店舗で申し込む場合は、店舗の営業時間中に来店する必要があります。一方、オンラインショップなら、24時間いつでもどこからでも申し込み手続きが可能です。

ドコモショップ店舗の営業時間内に、店舗に行くことがことが難しかったり、近隣に店舗がなかったりした場合は、オンラインショップから申し込みをするとよいでしょう。

ネットで申し込む場合は、dアカウントのIDを入力して、サイトにログインする必要があります。もし、まだdアカウントをお持ちでない場合は、まずdアカウントを作りましょう。

dアカウントは、ドコモが提供しているスマートフォン向けの各種サービスなどを利用するために必要なIDです。ちなみに、ドコモと契約していない人でも、dアカウントは、無料で作れます。

ドコモと契約した場合は、dアカウントとドコモの携帯電話番号を登録することによって、ドコモ契約者向けの専用サービスも利用できるようになります。

ドコモキッズケータイの詳細をみる

申し込みに必要な書類

一般的なスマートフォンの契約では、申込み時に必要な書類は、契約者本人の身分証明書のみですが、ドコモのキッズ携帯を申し込む際には、親の身分証明書と子供の保険証が必要です。親の身分証明書は、自動車免許証などで大丈夫です。

ドコモショップ店舗から申し込みを行う場合は、これらの必要書類を持参しなければなりません。自分自身の身分証明書は、日頃から持ち歩いていることが多いかと思いますが、申し込みの際には子供の保険証も忘れないようにしましょう。

ドコモキッズケータイの詳細をみる

子供に携帯電話を持たせる親は増えてきている

以前は、「子供に携帯電話を持たせるべきではない」という風潮がありました。しかし現在では、携帯電話は大人のものだけではなくなってきており、子供に携帯電話を持たせる親も増えてきているようです。

家庭だけではなく、小学校でも携帯電話の持ち込みを許可しているところがあります。

内閣府が発表した「平成28年度 青少年のインターネット利用環境実態調査」によれば、小学生のスマホ・携帯電話の所有・利用率は50.4%という結果でした。実に小学生の半数は、携帯電話やスマホを利用しているということになっています。

ドコモのキッズ携帯が登場した背景には、そのような時代の流れも影響しているのではないでしょうか。一般的に、子供に携帯電話を持たせるとネットトラブルなどの心配があります。

しかし、ドコモのキッズ携帯なら、子供は必要最低限の機能にしかアクセスできないように設定できるため、そのような心配もありません。

何歳くらいから、子供に携帯電話を持たせるべきかという部分では、まだ意見が分かれるところかもしれませんが、最近では防犯の意味でも、子供に携帯電話を持たせることによる有効性が認められてきています。

携帯電話は、正しく使えば防犯性の意味でも利便性の意味でも大きく役に立つツールです。

最近ではここで紹介したドコモのキッズ携帯など子供向けの携帯電話も登場してきているため、子供に携帯電話を持たせる親や、携帯電話の所持を認める小学校は、今後も増えていくのではないでしょうか。

ドコモキッズケータイの詳細をみる

ほかにも子ども用の携帯の選び方とおすすめ端末も紹介していましたので、ぜひご参考にしてください。

また、子どもにiPhoneを契約することを検討しているが、少しでも安く利用したいと考えている方は、子どもにおすすめのiPhone格安機種からお得な契約方法をまとめましたので、ぜひご参考にしてください。

ドコモのキッズ携帯を上手に活用しよう

ドコモのキッズ携帯は、子供が使用することを前提とした便利な携帯電話です。子供でも使いやすいように、さまざまな工夫がされているほか、親が子供の居場所を確認できるなど、子供の身の安全を守るための機能も充実しています。

最近では、防犯の意味で子供に携帯電話を持たせる親も多く、携帯電話の所持を許可している小学校もあります。

そのような場合、子供に持たせる携帯電話として、ドコモのキッズ携帯は最適な端末といえるのではないでしょうか。

子供に持たせる携帯電話は、上手に活用すれば防犯上でも有効で、日常生活でも大変便利です。ぜひ、ドコモのキッズ携帯を上手に活用して、子供をしっかり守りましょう。

店舗で購入するよりも確実にお得なので、機種変更の際はぜひドコモオンラインショップを利用しましょう!

ドコモリニューアルキャンペーンについては、 こちらの記事で解説しています。

ドコモキッズケータイの詳細をみる

【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2019年06月19日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード