Androidおすすめ

ドコモ料金シミュレーションの使い方完全版!月額料金を見直す・安くする方法

ドコモでは月々の料金プランのシュミレーションがWebで簡単にできます。乗り替えの検討や契約内容の見直し時に便利なので、シュミレーションの利用方法を知り、お得にスマホを契約しましょう。
docomo ドコモ料金シミュレーションの使い方完全版!月額料金を見直す・安くする方法

携帯やスマホの月額料金は、自分の使うデータ通信量に合わせて契約を変更したり、不要なオプションを解約したりすれば、支払い金額を抑えられます。

今回は、契約の際に月々の支払い額をシミュレーションできる「ドコモの料金シミュレーション」について解説します。

ドコモに乗り換えたい方や、ドコモで新規契約しようと思っている方は、料金シミュレーションで月額料金を調べてみましょう。

\新キャンペーン続々登場!/
docomo

ドコモ料金シミュレーションの特徴

スマホや携帯、タブレットを購入する際に、月額利用料金のシミュレーションが行えます。また、プランの見直しの際にも使えます。

選択方式で簡単に誰でもシミュレーションが可能です。シミュレーション結果を見ながら比較したり、結果のプランを変更したりしながら編集も可能です。

ひとりでも家族でもシミュレーション可能

ドコモの料金シミュレーションでは、1台だけのシミュレーションも、家族の分を合わせてのシミュレーションもでき、同時に最大10台までシミュレーションが可能です。さらに、子回線のみのシミュレーションもできます。

それぞれの端末を選んで、基本料金の契約やパケットの使用料などを順番に選んでいくようになっています。選んだ契約が自動的に適用され、年齢や選んだ機種によって自動的に割引が適用されます。

数分間の作業で、端末ごとの利用料金が簡単にわかります。料金の見直しや契約内容を見直すのにとても便利なシステムです。

シミュレーション結果を比較できる

ドコモの料金シミュレーションでは、診断結果を保存できます。保存した結果を見て、1回目にシミュレーションした結果と、2回目にシミュレーションした結果を比較して選べます。

選ぶ機種を変更してシミュレーションもできるので、月々の利用料金を見ながら機種を選ぶことも可能です。選ぶ機種によって月々に適用される割引も、自動で計算されます。

また、年齢を選ぶところがあるので学割も自動で適用されます。

シミュレーション結果は編集可能

ドコモの料金シミュレーションには、結果を保存した後で編集して様々なパターンを比較できます。基本プランを変えたり、パケットプランを変えたりしながら、月々の料金を確認できます。

このプランの変更なども簡単に作業でき、短時間で何種類ものシミュレーションができます。そのため、購入のときや契約の変更のときなど、検討するときにも利用できます。

ドコモ光の料金も含めて算出可能

このシミュレーションでは、「ドコモ光」のインターネットサービスも、スマホの料金と合わせてシミュレーションができます。

「ドコモ光」をスマホや携帯と一緒に契約すると、「ドコモ光セット割」の割引サービスがあるのですが、これらのサービスも自動で適用し、料金も計算されます。

「ドコモ光」のサービスを契約すると、WiFiの通信容量を気にすることなく、自宅でインターネットを楽しめます。

ドコモで料金シミュレーションをする!

ドコモ料金シミュレーションの使い方

シミュレーションでは、手続きの種類や基本料金のプラン・パケットプラン、機種などを選択するだけで、簡単に月々の料金が確認できます。

購入前に料金を調べるときや、現在使用中の契約内容を見直すときに役立ちます。

ドコモ料金シミュレーションはこちらから行うことができます。

1.購入機種を選択

最初に、料金シミュレーションする機種と台数を選択します。家族がドコモを使っている等、「ファミリー割引」適用範囲の方は、何回線(何人)ドコモを使っているか選んでください。

\新キャンペーン続々登場!/

2.希望の手続きを選択

次に、スマホの機種変更を行うのか、他社からの乗り換え(MNP)なのか、ガラケーからスマホへの変更なのかなど、手続き方法を選びます。

特に機種変更の予定がない方は、料金プランの見直しのみのシミュレーションも行えます。画面上でクリックして順番に選択するだけなので、簡単にシミュレーションを始められます。

3.支払い回数を選択

機種を選択したら、次に支払い回数を選びます。支払い回数は、一括払いか分割払い(36回)か選ぶことが可能です。

一括払いを選択すると、一括での支払い料金が表示されます。分割払いを設定した場合は、月々の機種代の支払い金額がわかります。

4.下取り機種を選択

下取りを希望するスマホや携帯があれば、ここで選ぶことで割引サービスが適用された金額になります。下取りの対象となっているのは、下取り機種を選択する欄で確認できます。

主にiPadやiPhone、ドコモのスマートフォンやタブレットや携帯が対象です。下取り金額は約1,000円~80,000円前後になります。

下取りできる機種を確認して、該当するものがあり下取りを希望する場合は、購入する機種代金から割引されます。

ドコモオンラインショップの下取り方法や価格一覧は、こちらをご覧ください。

5.基本プラン・オプションを選択

基本プランには「ギガホ」や「ギガライト」があります。ギガホは30GBまで使い放題のプラン、ギガライトはギガを使った分だけ支払うプランです。

自宅にネット環境がない方や、月に7GB以上使う方にはギガホがおすすめです。逆にネットをあまり使わない方や、光回線・ポケットWiFi等を契約している方にはギガライトをおすすめします。

6.ドコモ光契約の有無を選択

最後に、ドコモ光契約の有無を選択します。ドコモ光とドコモスマホをセットで契約すると、永年最大1,000円割引が受けられます。

家族がドコモ光を契約している場合も割引対象となるので、忘れずに選択しましょう。これで料金シミュレーションは完了です。

ドコモで料金シミュレーションをする!

ドコモ料金シミュレーションの注意点

ドコモの料金シミュレーションの機種代金は、オンラインショップでの価格です。出されるシミュレーション結果は、おおよその目安であり、その金額で契約できるわけではありません。

他にも注意点がいくつかありますので、ここで解説していきます。

店舗で機種を購入した場合は機種代金が変わる

Web上で行ったドコモのシミュレーションでの機種代金は、基本的にドコモのオンラインショップで端末を購入したときの金額です。そのため、店舗で購入するときの金額とは異なります。

実際に端末を手に取って購入したい場合のように、店舗で購入を予定しているのなら、機種代金が異なるので注意が必要です。

オンラインショップでは事務手数料がかからなかったり、待ち時間が少なかったり、限定キャンペーンがあったりして、お得に購入できる可能性があります。

キャンペーンを使ってドコモでお得に機種変更する方法は、こちらで詳しく解説しています。

シミュレーション結果はあくまでも目安

ドコモの料金シミュレーションは、様々な料金プランがどれくらいの金額になるか比較して検討するためのものです。また機種の価格は、ドコモのオンラインショップでその機種を購入したときの価格です。

そのため、どこで端末を購入するかでも月々の料金が変わります

シミュレーションで表示される金額は、その金額で契約できることを保証したものではありません。シミュレーションで出された金額は、どのプランで契約するかを検討するときの、判断材料とする目安の金額でしかありません。

このシミュレーションをして、オンラインショップや店舗で正式に申し込むことで、正確な月額料金が確定されます。

ドコモ基本料金プラン

現行の料金プランでは、毎月多くのデータ容量が必要な人には「ギガホ」が、月によって使用容量がまちまちだという人には「ギガライト」がおすすめです。

以前からドコモを使用している方は、このまま旧料金プランで端末を使い続けることを考えている方もいらっしゃるかもしれません。

ここからは、それぞれの料金プランの解説をします。

ahamo

ahamo 出典:ahamo

ahamoの特徴

  • 月額2,970円(税込)でデータ容量20GB使える
  • 20GB超過後も速度が速い
  • 新規申し込み・サポートはオンライン限定
  • 追加料金なしで5G対応
  • 人気機種をお得な価格で購入できる

ahamoは2021年3月26日にドコモから提供開始された新しい料金プランです。

一番の特長は月額料金の安さです。20GBのデータ量を月額2,970円(税込)で利用できます

手続きがすべてオンラインのみであることは、ギガホやギガライトにはなかった仕組みです。

家族で利用すると適用される割引をはじめとした各種割引サービスとの併用はできませんが、圧倒的な価格の安さに乗り換えを検討されている方も多いでしょう。

データの追加も1GB550円(税込)でできます。毎月のデータ消費量が20GB前後の方はぜひ検討してみてくださいね。

ahamoのデメリットや評判・口コミは、こちらで解説しています。

ギガホプレミア

出典:ドコモ

音声通話とデータ通信が一体化した料金プランで、毎月最大60GBまで速度制限がありません。もし、60GBの容量を超えてしまっても、受送信最大1Mbpsの速度で利用できます。

動画や音楽で通信量が多いスマホのヘビーユーザーにとってはデータ量、通信速度、価格ともに文句の付け所がないお得な料金プランとなっています。

料金は以下の通りです。

(税込) 5Gギガホ プレミア
データ容量 無制限
通常料金 7,315円
割引適用料金 4,928円
(税込) ギガホ プレミア
定期契約なし 定期契約あり
データ容量 60GB
通常料金 7,205円 7,018円
割引適用料金 4,818円 4,818円

ギガライト

出典:ドコモ

「ギガライト」は1GBから7GBの間で使ったデータ量に応じて料金が変動する料金プランです。

スマホユーザーの中には、「旅行に行った月は通信量が多くなるが、普段は通信量が少ない」というように、月によって通信量がばらばらだという方も多いのではないでしょうか。

通信量が多い月も少ない月も同じ料金を払っている方は、支払いの金額が最適化されていないといえるため、「ギガライト」のような変動性の料金プランに申し込んだ方が良いでしょう。

料金は以下のとおりです。

(税込) ギガライト
定期契約なし 定期契約あり
〜1GB 3,465円 3,278円
〜3GB 4,565円 4,378円
〜5GB 5,665円 5,478円
〜7GB 6,765円 6,578円

5Gギガホプレミア

出典:ドコモ

5Gギガホは、月額7,315円(税込)でデータ容量が無制限の5G通信プランです。

5Gギガホは、月間のデータ容量である100GBを使い切ってしまっても、最大3Mbpsの通信ができます。現行の「ギガホ」では、データ容量を使い切った場合の速度は最大1Mbpsでした。

最大3Mbpsというと、主要のSNS利用・通話・メールは問題なく行えて、YouTubeも480pの画質なら何とか視聴できます。

また「データ量無制限キャンペーン」のキャンペーン終了期間は未定となっているので、しばらくは容量を使い切ってしまったという心配はありません。

料金は、以下の表の通りです。

(税込) 5Gギガホ プレミア
データ容量 無制限
通常料金 7,315円
割引適用料金 4,928円
(税込) ギガホ プレミア
定期契約なし 定期契約あり
データ容量 60GB
通常料金 7,205円 7,018円
割引適用料金 4,818円 4,818円

5Gギガライト

出典:ドコモ

5Gギガライトは、0GB~7GBまでのデータ利用量に合わせて月額料金が変動する段階制プランです。

5Gギガライトではデータ利用量が7Gを超えた場合、通信速度は最大128kbpsに制限されます。この速度制限は現行の「ギガライト」と同じです。

5Gギガホがヘビーユーザー向けの料金プランであるのに対して、5Gギガホライトは必要最低限のネット利用しかしない、月額料金を節約したいというライトユーザーにおすすめのプランです。

料金は以下の表の通りです。

(税込) ギガライト
定期契約なし 定期契約あり
〜1GB 3,465円 3,278円
〜3GB 4,565円 4,378円
〜5GB 5,665円 5,478円
〜7GB 6,765円 6,578円

※「5Gデータプラス」はタブレットやWiFi用のプランとなっており、スマホ向けとしてのプランとしては「5Gギガホ」「5Gギガライト」の2種類です。

通話オプション

ここからは、ドコモの料金プランにおける通話オプションについて解説します。ドコモの端末では家族間通話が無料になっていますが、その他オプションについても説明していきます。

自分がどれくらい通話を利用するかによって加入するオプションを決めましょう。

普段LINE通話しか使わない方はオプション不要ですし、仕事で通話が多い方はかけ放題オプションに入った方が良いです。

5Gギガホで利用できる通話オプションと、現行のギガホ・ギガライトで利用できる通話オプションは以下の表の通りです。

オプション名 料金 オプション内容
オプション加入なし 0円 通話30秒につき22円(税込)
5分通話無料オプション 770円(税込) 1回5分以内の通話:無料
(5分を超えた通話分については30秒20円)
かけ放題オプション 1,870円(税込) 国内通話無料

ドコモ料金のシミュレーションをする

ドコモの料金を安くするためのポイント

ドコモの月額料金を安くする方法、安くするポイントをまとめました。

プランの見直しをする

月に使用するデータ量とプランのデータ量が合っているかどうかをしっかりと確認することがポイントです。

あまりデータを使わないのに大容量のプランを選んでいる場合や、ギガ数が足りないから毎月追加をしている場合は特に見直しが必要です。

ドコモオンラインショップで機種を購入する

ドコモのオンラインショップで端末を購入し、契約すると様々なメリットがあります。事務手数料が無料になります。そのため、店舗で購入するよりも費用を抑えられます。

また、2,750円以上の購入で送料が無料です。購入の際にはdポイントも利用でき、送付方法も宅配やメール便、ドコモショップの受け取りから選択できます。

有料オプションの見直しをする

映画を観たりショッピングをしたり、電子書籍を読んだりできる「dマーケット」は、様々なことを楽しめるサービスです。このようなサービスは初月無料のものもありますが、料金がかかる場合があります。

また、おすすめパックやあんしんパックなどの商品が、オプションで付いていることもあります。そのため、このようなドコモのオプションが自分にとって必要か必要でないかを考えて、必要のないものを解約すると、月々の支払いを抑えられます。

ドコモの不要な有料オプションを解約する方法を解説していますので、あわせてお読みくださいね。

ドコモ光を合わせて利用する

ドコモ光 とスマホを一緒に契約すると、スマホの基本料金が安くなります。割引が適用されるのは、代表の1回線のみです。

このドコモ光セット割は、契約するパケットパックの容量が大きいほど、割引率も大きくなり、割引金額は最大月額3,500円になります。

これは基本料金を割引する場合の金額ですが、dポイント進呈を選ぶと、割引金額の1.2倍のdポイントが進呈されるので、少しお得になります。

なお、ドコモ光の契約は2年契約が基本で2年ごとに自動更新されますが、更新月以外の解除には解約金が必要です。

ドコモで料金シミュレーションをする!

ドコモ料金シミュレーションを使ってお得に契約しよう

携帯やスマホの料金は、複雑でとてもわかりにくく、得をしているのか損をしているのかがわからないことも。

うっかり、オプションを付けたままで損をしていたということがないように、自分の契約内容を確認してプランを見直してみましょう。

ドコモの料金シミュレーションを利用すると、簡単にプランを選んで月々の料金が確認できます。また、シミュレーションをした結果を保存し、プランを変えたり、購入する機種を変えたりしながら編集し、最適なプランが選べます。

上手にこのシミュレーションを利用して、月々の支払いを少しでも抑え、お得にスマホやケータイ、タブレットを利用しましょう。

ドコモで料金シミュレーションをする!

公開日時 : 2021年07月03日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード