WiFiが接続できない時の対処法|原因と確認方法も解説

WiFiが突然使えなくなると困る人は多いでしょう。WiFiが接続できないときには、いくつかの原因があります。ここではWiFiが接続できない原因や対処法を解説しているので、接続できなくなった際にはここでの対処法を試してみてください。
【公式】カシモWiMAX WiFiが接続できない時の対処法|原因と確認方法も解説

WiFiは動画を見たり、アプリをダウンロードするときには、なくてはならないものです。また、通信費用を節約するために、家ではWiFiを活用している人も多いのではないでしょうか。

そのため、WiFiに接続できないと困る人も多いでしょう。ここでは、接続できないときにどのようにすればよいかを解説しているので、困ったときに参考にして下さい。

WiFiに接続できない主な原因

問題がある機器を特定できると対処しやすくなります。複数のデバイスを持っている場合には、全ての端末で接続ができるかどうかを確認してみましょう。

まずは、WiFiに接続できない場合の主な原因を解説していきます。

端末側に問題がある

WiFiが突然切れてしまうという経験は、誰でも一度はあることではないでしょうか。多くの場合は、スマートフォンなどの場合、知らない間にWiFiの設定ボタンを押してしまいオフになっていることが原因です。

その場合には、設定からWiFiのところを確認し、タップしてオンにするだけで接続できる場合があります。また、機内モードになっている場合にもWiFiには接続できません。このときには、機内モードを解除すると接続できます。

端末に問題があって接続できない場合の原因としては、上記のものが主な原因です。これでも接続できないのであれば、端末の故障の可能性も考えられます。

WiFiルーター側に問題がある

WiFiルーターが正しく接続されていないと、WiFiは接続できません。WiFiルーターの設置方法を説明した記事を参考し、ランプの点灯などをみて電源が入っていることを確認しましょう。

また、電波が届きにくい場所にルーターを設置していないかなどを確認し、WiFiルーターを正しい置き場所に配置しましょう。ルーターからの電波は壁や家具などで遮られている場所では届きにくい場合があります。

また、電子レンジやコードレスフォン、Bluetoothの機器を近くで利用していると電波干渉し、接続できない可能性があります。

そのほかに、無線ルーターが古いと故障が原因となる場合もあるので、ルーター本体のランプがいつもと違う点滅をしていないかなども確認しましょう。

原因の見極め方

家の中だとパソコンやスマートフォン、タブレットと複数のデバイスを所有している人は多いのではないでしょうか。複数のデバイスがある場合、WiFiに接続できなくなったものとは別のデバイスで、接続できるかどうかを確認してみましょう。

接続できるようであれば、接続できない端末に問題があります。そのほかのデバイスも接続できないようであれば、ルーター側に問題がある可能性が高いです。

もし、デバイスが1つしかない場合には、そのデバイスを利用して原因をつきとめるしかありません。ルーターには説明書に書かれているとおり、ホームページで設定内容を確認できます。設定内容を確認して、原因を考えてみましょう。

▼こちらでは、ポケットWiFi/WiMAXの通信速度が遅い時に参考になる記事をまとめています。ぜひご一読ください。

WiFiに接続できない時に確認すべきこと

接続できない時には、設定画面を確認したりルーターに不具合が出ていないかも確認しましょう。また、支払いを忘れていると接続できません。そして、家具の移動や引っ越しで環境が変わっていないかも考えてみましょう。

\工事不要ですぐ使える!/
【公式】カシモWiMAX

WiFiがオンになっているか

WiFiに接続できないときには、まず、端末のWiFiの設定画面で接続状態を確認しましょう。WiFiの設定画面をみてオフだとWiFiには接続できません。

また、機内モードになっている場合にもWiFiには接続できません。そのため、スマートフォンなら画面に飛行機マークが出ていないかも確認しましょう。

そして、パソコンにも機内モードがあります。パソコンの機内モードもネットワークから確認できるので接続できないときにはチェックしてみましょう。

料金の支払いができているか

当然のことですが、利用代金の支払いがされていないと翌月から利用できなくなるケースが多いです。銀行などで引き落としやクレジットカード払いにしている人の場合には心配ありませんが、請求書で支払っている場合には注意が必要です。

この場合には、すぐに支払いをして確認がとれれば、利用できるようになります。忙しくてなかなか支払いに行けない人は、クレジットカード払いや銀行の引き落としを利用すると、このようなトラブルが避けられます。

毎月のWiFi支払い料金が高いと感じる方は、料金が安いおすすめWiFiを比較した記事があるのでぜひ参考にしてください。

パスワードが間違っていないか

SSIDのコードやパスワードは不規則に英数字が並んでいて、見間違ったりすることが多々あります。そのため、認証の際のSSIDを選び間違ったり、WiFiパスワードの入力を正しく行っていないと接続ができません。

WiFiの接続は最初の接続にはパスワードの入力が必要です。2度目からの接続は自動で行われます。そのため、初めてのWiFiの接続で接続できないときには、再度、WiFiのパスワードが間違っていないかを確認し、慎重に入力してみましょう。正しく入力することで、接続することができます。

また、ルーターのパスワードは購入したときに設定されたものから、変更することができます。セキュリティのことを考慮して、家族の人がパスワードを変更している場合があります。

この場合は、変更されたパスワードを調べて入力するか、ルーターの初期化を行い、初期設定のパスワードにしてから入力すると接続されます。初期化の方法や変更されたパスワードはルーターの説明書から確認できます。

スマホやiPhoneの最新情報をいち早くお知らせ!
LINE友だち追加

ルーターが上手く動作しているか

急に接続できなくなった場合、単純にケーブルや電源が抜けている場合があります。急にWiFiが切れてしまうとなかなか焦って気が付かないケースがあるので、最初に正しく電源ケーブルが接続されているかを確認しましょう。

また、ルーターを設置する場所によっては熱がこもってしまい、熱暴走を起こすことがあります。この場合にも不具合がでてWiFiに接続しにくくなります。

これは、設置する場所を熱のこもりにくい涼しい場所に移動することで通信できるようになる場合があります。

また、ルーターによっては、不具合をランプの点滅で知らせるものもあるので、ランプが正常に点灯しているかも確認しましょう。これはお使いのルーターの説明書で確認するとよいでしょう。

電波が届きにくい環境ではないか

WiFiルーターの設置場所によっても、電波が届きにくくなりWiFiの接続が不安定になることがあります。WiFiで多く利用される2.4GHzの電波帯域は、電子レンジやコードレスフォンでも利用されています。

そのため、これらの機器の側にはルーターを置かない方が無難でしょう。近くで使うとWiFiが切断される原因となる場合があります。

また、戸建ての場合、2回の床に床暖房を設置していると、床暖房に使用される金属箔が電波を遮るため、通信環境が悪くなる可能性があります。また、断熱材も電波を通しにくいため注意が必要です。

もし、2.4GHzでWiFiの状態がよくないのであれば、ルーターを調べて、5GHzがあれば変更してみるとよいでしょう。5GHzは主にネットに利用される電波帯域で、比較的接続しやすく安定しています。

WiFiルーターの置き場所は、こちらの記事で詳しく紹介されています。

\工事不要ですぐ使える!/
【公式】カシモWiMAX
iPhone格安SIM通信アンケート

まずはWiFiの接続方法を確認をして対処

ここからは、WiFiに端末を接続できないときの対処法について解説していきます。WiFiに端末を接続できないときはまず、正しい接続方法を確認しましょう。接続の仕方が間違っていると接続できません。

スマートフォンとタブレットの接続方法

スマートフォンやタブレットはホーム画面の設定からWiFiの接続設定ができます。

iPhoneとiPadの場合

iPhoneやiPadでWiFiを接続する場合には、以下の順序で設定します。

  • ホーム画面にある「設定」をタップする
  • 「WiFi」を選択
  • WiFiがオンの表示になっているか確認する
  • 接続するネットワーク名をタップする
  • ネットワークのパスワード(暗号化キー)を入力する
  • 「接続」をタップする
  • 接続が完了すると、ネットワーク名の横にチェックのマークが現れる
  • ディスプレイ上部にWiFiのマークが表示されていることを確認する

WiFiの表示がオンの状態でないと、接続できていません。そのため、WiFiの接続状況が悪いときには設定画面を最初に確認しましょう。

Androidの場合

AndoroidでWiFiにつなぐときには以下の方法で設定します。

  • ルーターの本体に表記されているSSIDとパスワードを確認する
  • スマホで設定画面を開く
  • 「WiFi」を選択する
  • WiFiがオンになっているのを確認する
  • 先ほど確認したSSIDを表示された一覧から探して選択
  • パスワードを入力し、接続をタップする
  • 接続が完了すると、上部のステータスバーにWiFiマークが表示される

WiFiがオンになると、ネットワーク名が一覧で表示されます。SSIDのコードには似たものがある場合があるので、しっかりと確認して選びましょう。

パソコンの接続方法

パソコンでのWiFi設定も簡単に行えます。ほとんどの場合、画面したにWiFiのマークや電波を表すマークが表示されているので、そこをクリックすることでネットワーク画面に進むことができます。

Macの場合

MacでWiFiに接続する場合には、次の手順で行いましょう。

  • デスクトップのメニューバーにあるWiFiのマークをタップする
  • 接続したいWiFiのネットワーク名を選択する
  • パスワードを入力して「接続」をクリックする

また、メニューバーにWiFiのマークが見つけられないときには、以下の方法でも設定できます。

  • 画面上にあるアップルメニューをタップする
  • 「システム環境設定」を選択する
  • 「インターネットとワイヤレス」の中の「ネットワーク」を選ぶ
  • ネットワークの中にある「WiFi」を選択する
  • 「メニューバーにWiFiの状況を表示」にチェックを入れる
  • 「適用」をクリック

単純なミスですが、パスワードが間違っていると接続できません。再度、パスワードを確認して入力しなおしてみることで、改善される場合があります。

Windows8以降の場合

WiFiを設定するときには、Windowsのバージョンによって少し異なりますが基本的な設定方法は似ています。

  • ルーター本体に記載されている、ネットワーク名とパスワードを確認する
  • デスクトップの画面にする
  • 画面右下にある電波マークをクリックする
  • WiFi画面が表示されたら、WiFiをオンにする
  • 接続するネットワーク名を選択し、パスワードを入力する
  • 接続で完了です

Windows7以前の場合

Windows7以前のパソコンでWiFiの設定をするには以下の手順で行います。

  • ルーター本体にあるネットワーク名とパスワードを確認する
  • デスクトップ画面、右下にある「電波マーク」をクリックする
  • WiFiの設定画面の中からネットワーク名を選択する
  • パスワードを入力する
  • 「接続」と表示されたらクリックする

基本的には、ネットワークの設定画面で正しいSSIDを選び、正確にパスワードを入力すれば接続できます。

WiFiに接続できない時の対処法

ここからは、WiFiの接続方法を見直す以外の対処法について解説していきます。

例えば、ルーターや端末の再起動を行うことで、接続できるようになる場合があります。また、WiFiの設定を消して登録しなおすと接続できることもあります。そして、OSが更新されていないと通信に影響する場合があるので、更新されているかも確認しましょう。

こういった方法についてより詳しく解説していきます。

WiFiの接続を一度切断

WiFiの設定が正しくできているのに接続できない場合には、一度、接続を切ることで、再度、オンにしたときに接続できる可能性があります。

また、パソコンの場合だと、ファイヤーウォールなどのセキュリティソフトが通信の邪魔をしている場合があります。

昨日まではいつも通りに接続されていて、その後、セキュリティソフトを新しく変更した場合には、セキュリティソフトが影響している可能性があります。

その場合、一度、セキュリティを停止して接続を確認してみましょう。セキュリティソフトは動きを停止するだけでは、改善されない場合があります。この場合には、ソフトを一度削除してから確認しましょう。

\最短当日発送!/
【公式】カシモWiMAX

端末を再起動する

端末の不具合からルーターからの電波をしっかりと認識できないことがあります。このような場合には、端末の再起動を行うことで、接続されることがほとんどです。

WiFiをオンにしたのに接続ができないときにはまずは端末を再起動をしてみましょう。この作業をするだけで、不具合が解消されWiFiに接続できる可能性があります。

ルーターを再起動する

端末に原因がないと考えられる場合、ルーターに原因があると考えられます。この場合、ルーターを再起動することで改善することがあります。

ルーター本体に電源ボタンがある場合には、電源を切ります。また、電源ボタンがない場合には、コンセントからプラグを抜きます。

そして、1分程度待ったのち、コンセントを差し込みます。そして、少しの間、通信が安定するのを待ちます。この動作で不具合の解消や処理速度の回復が望めます。

ただし、ルーターの電源を抜くときには、ルーターがソフトウェアの更新を行っていないときにしましょう。更新中に電源を切ると、故障の原因となります。

WiFiルーターを再起動する際の注意点は、こちらをご覧ください。

端末側のWiFiの設定をリセットする

端末を再起動しても接続できない場合には、接続の設定したものを削除してやり直すことで改善するケースがあります。

スマートフォンやパソコンのWiFi設定画面から、ネットワーク名を選んで削除します。そして、再度、初めから接続先を選んでパスワードを入れてみましょう。端末側に不具合が疑われるときには、この方法も試してみてください。

OSを最新バージョンにアップデートする

パソコンやスマートフォンを動かすOSは、不具合やバグ、セキュリティ上の問題などがあれば改善されるので、アップデートする必要があります。

アップデートの作業は時間がかかり、後回しにしている人も多いのではないでしょうか。しかし、このアップデートを忘れていると、セキュリティ上問題がある場合もありますし、動作環境に影響を及ぼすこともあります。そして、通信環境にも影響しWiFiが接続できない場合があります。

そのため、接続できないときや通信が安定しないときには、利用している端末が最新バージョンのOSであるかを確認しましょう。もし、最新のものでなければ、アップデートを行って、その後WiFiに接続できるかを確認してみましょう。

サポートセンターで相談する

端末やルーターの再起動や再接続を行っても原因が掴めず、どのようにしたらよいのかわからないときには、カスタマーサポート等に連絡してみましょう。

無線LANルーターのメーカーには、サポートセンターが用意されていて、接続できないときの対処法をわかるまで丁寧に説明してもらえます。また、自分では気が付かない接続できないときの原因なども、あるかもしれないので一度相談することをおすすめします。

\工事不要ですぐ使える!/
【公式】カシモWiMAX

WiFiを乗り換えるのも検討しよう

WiFiに接続できないときには、まずはどこに原因があるのかを突き止める必要があります。複数のデバイスを使って確認してみましょう。

そして、電源やケーブルを調べて、再起動をしたり、再度、設定しなおすことで改善されることがあります。また、近くに電波に影響するものはないかなども考えてみましょう。

しかし、どうしても接続できないときには、カスタマーサポートなどに問い合わせて相談すると、早く解決することができます。

また、古いルーターの場合故障している可能性もあるので、より快適な環境で楽しむには買い替えもおすすめです。

接続できない状況が長く続くと、乗り換えるのも検討しましょう。こちらの記事は、おすすめWiFiサービスを徹底比較していますので、ぜひご一読ください。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2019年04月13日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード