ワイモバイル

ワイモバイルはどれくらい安い?料金やメリットを紹介

ワイモバイルは、テレビコマーシャルなどでも、料金プランがかなり安いことで話題です。非常にわかりやすい、シンプルな料金体系とその安さが大きな特徴でしょう。今回は、ワイモバイルの特徴と、ほかの通信業者との比較をまとめました。格安SIM選びの参考にしてみてください。
ワイモバイル ワイモバイルはどれくらい安い?料金やメリットを紹介

スマートフォンの月額料金を見直したいと考えている方もいるでしょう。格安SIMは通信料金を安くてお得ですが、一方で時間帯によっては通信速度が制限される可能性もあります。

そこでおすすめなのが、通信速度が速くて月額料金もお得なワイモバイル。ソフトバンクのサブブランドとして有名です。

そこでワイモバイルの月額料金や通信容量、利用するメリットとデメリットについて解説します。

「ワイモバイルへの乗り換えを検討している。どのような特徴があるのか詳しく知りたい」という方は、ぜひ読んでください。

ワイモバイルの3つの料金プラン

ワイモバイル 出典:ワイモバイル

まずはワイモバイルの料金プラン「シンプルS/M/L」の月額料金をチェックしましょう。

プラン名 シンプルS シンプルM シンプルL
データ通信容量 3GB 15GB 25GB
月額料金(税込) 2,178円 3,278円 4,158円
割引後
月額料金(税込)(※)
990円 2,090円 2,970円
速度制限時の
通信速度
最大300Kbps 最大1Mbps 最大1Mbps

※家族割引サービス適用時

最安プランは、プランSの月額2,178円(税込)です。月3GB利用できるため、「スマホの利用は主にメールとネット検索、SNSとスマホゲームのみ」という人におすすめできます。

一方YouTubeで動画をたくさん閲覧するなど、データ通信をたくさん利用するのであれば、通信容量の大きいプランM/Lの利用を検討しましょう。

【ワイモバイル】最新キャンペーンはこちら

ワイモバイルを安く使う方法

月額料金の安さが魅力的なワイモバイルですが、各種割引を活用すればさらにお得に利用できます。

ワイモバイルをできるだけ安く使うにはどうすればよいのか、見てみましょう。

シンプルS シンプルM シンプルL
通常料金 2,178円(税込)/月 3,278円(税込)/月 4,158円(税込)/月
家族割引を適用した場合 990円(税込)/月 2,090円(税込)/月 2,970円(税込)/月
おうち割 光セットを適用した場合 990円(税込)/月 2,090円(税込)/月 2,970円(税込)/月
ワイモバ学割を適用した場合
(家族割引の適用なし)
2,178円(税込)/月 3,058円(税込)/月

ワイモバイルを安く利用するには、「家族割引」「光回線とのセット割引」「学割」を利用するのがおすすめです。

「光回線とのセット割引」は、自宅に固定回線を設置している人におすすめ。

ただし新規設置や他社の固定回線から乗り換える場合に時間と手間がかかることもあるため、無理にならない範囲でセット割の適用を目指しましょう。

一方で家族割引は、両親や夫婦、子供と一緒にワイモバイルへ乗り換えるだけで適用できるため、手軽でおすすめです。また子供が18歳未満の場合は学割も併用して適用できます。

家族割引サービス

家族割引サービスを利用すると、ワイモバイルで2回線目以降を契約すると毎月500~1,080円の割引を受けられます。

最大9回線まで割引の適用対象となり、「ワイモバ学割」なども併用可能。

ワイモバイルを利用するなら、家族全員で契約した方がお得に利用できます。

おうち割光セット

おうち割光セットを利用すると、毎月500~1,080円の割引を受けられます。

たとえばワイモバイルのシンプルS/M/Lプランを契約し、自宅でSoftbank 光を利用した場合、毎月1,080円の割引を受けられます。

自宅に固定回線を設置予定の方、固定回線の変更を検討していた方は、ぜひおうち割光セットの適用を目指しましょう。

ワイモバ学割

ワイモバ学割を適用すると、1年間だけ毎月1,000円の割引を受けられます。

ただしワイモバ学割の適用には条件があり、シンプルMプランもしくはLプラン契約者のみが適用対象です。

また申込時の使用者年齢が5~18歳までが対象となっており、大学生は適用対象外となるため、注意しましょう。

小学生~高校生ぐらいのお子様がいらっしゃる方は、家族まとめてワイモバイルへ乗り換えるとお得です。

【ワイモバイル】最新キャンペーンはこちら

ワイモバイルと他社を比較

ワイモバイルは本当にお得なのかを検証するため、ソフトバンクとauのサブブランドとして有名なUQモバイルの料金比較を行いました。

料金を比較

まずはワイモバイルとUQモバイルの料金を比較しましょう。

ワイモバイル
(シンプルS/M/L)
UQモバイル
(くりこしプラン)
S 2,178円(税込)/月 1,628円(税込)/月
M 3,278円(税込)/月 2,728円(税込)/月
L 4,158円(税込)/月 3,828円(税込)/月

なんとUQモバイルの方が、月額料金は安いことがわかりました。

月額料金の安さを重視するなら、UQモバイルとの契約も検討した方がよいでしょう。

次はワイモバイルとソフトバンクの料金を比較します。

ワイモバイル
(シンプルS/M/L)
ソフトバンク
(ミニフィットプラン+)
ソフトバンク
(メリハリ無制限)
利用できる月間データ量:月額料金 S(3GBまで):2,178円(税込)/月 1GBまで:3,278円(税込)/月 3GB以下:5,588円(税込)/月
M(15GBまで):3,278円(税込)/月 2GBまで:4,378円(税込)/月 3GB以上:7,238円(税込)/月
L(25GBまで):4,158円(税込)/月 3GBまで:5,478円(税込)/月

ソフトバンクを利用するより、ワイモバイルと契約した方がお得になることがわかりました。

毎月の通信費を節約するなら、ワイモバイルを利用することをおすすめします。

ここで、各キャリアの割引適用後の料金を見てみましょう。

ワイモバイル
(シンプルS)
UQモバイル
(くりこしプランS)
ソフトバンク
(ミニフィットプラン+)
ソフトバンク
(メリハリ無制限)
料金 2,178円(税込)/月 1,628円(税込)/月 1GBまで:3,278円(税込)/月 無制限:7,238円(税込)/月
家族割引 1,080円割引 1,100円割引
※3人以上で利用した場合
学割 1,000円割引 580円割引 2,080円割引
※データ利用量が月3GB未満の場合
光セット割 1,080円割引
※家族割引との併用不可
1,000円割引 1,000円割引
その他割引 60歳以上通話割
・メールサービス(220円(税込み))が無料
・かけ放題(24時間いつでも)が1,100円(税込)割引
・3GB以下で勝手に月々1,500円割引
割引後料金 990円(税込)/月
※家族割引を適用
990円(税込)/月
※家族割引を適用
2,178円(税込)/月
※光セット割を適用
2,640円(税込)/月
※月のデータ利用量が3GB以下の場合
※家族割引を3人以上適用した場合
※光セット割を適用

適用条件に注意する必要はありますが、各キャリアの提供している割引を活用すれば安くスマホを利用できることがわかりました。

つぎは、各キャリアの通話オプションを料金比較します。

ワイモバイル
(シンプルS/M/L)
UQモバイル
(くりこしプラン)
ソフトバンク
(ミニフィットプラン+)
ソフトバンク
(メリハリ無制限)
だれとでも定額
770円(税込)/月
国内通話が10分間かけ放題
通信パック(60分/月)
550円(税込)/月
準定額オプション+
880円(税込)
※1回5分以内の国内通話が無料
スーパーだれとでも定額(S)
1,870円(税込)/月
国内通話24時間かけ放題
国内通話10分かけ放題
770円(税込)/月
定額オプション+
1,980円(税込)
※24時間の国内通話が無料
国内通話かけ放題
1,870円(税込)/月

どのキャリアでも、国内通話の24時間かけ放題に対応しております。

またUQモバイルの場合、月に合計60分以内の電話がかけ放題になる「通信パック」を提供しているのも特徴的です。

「月に数回、10分以上の電話をかける」という方は、UQモバイルを優先的に検討してはいかがでしょうか。

データ容量を比較

次はワイモバイルとUQモバイルおよびソフトバンクで、1ヵ月間で利用できるデータ容量の比較を行いましょう。

ワイモバイル(シンプルS/M/L) UQモバイル(くりこしプラン) ソフトバンク(ミニフィットプラン+) ソフトバンク(メリハリ無制限)
3GB/月 3GB/月 1GB 3GB未満
15GB/月 15GB/月 2GB 3GB以上(無制限)
25GB/月 25GB/月 3GB

ワイモバイルとUQモバイルで、通信容量の差はありませんでした。

一方でソフトバンクの場合、「ミニフィットプラン+」は利用できるデータ量が低く、一方で「メリハリ無制限」の場合はデータ通信使い放題になるといった特徴が明らかになりました。

月額料金はUQモバイルが安いため、本格的にUQモバイルとの契約を考えましょう。

また「ソフトバンクと契約しつつ、通信費を抑える」なら「ミニフィットプラン+」がよいです。

さらにヘビーユーザーには、ソフトバンクの「メリハリ無制限」もおすすめです。

【ワイモバイル】最新キャンペーンはこちら

ワイモバイルのメリット・デメリット

つぎはワイモバイルを利用するメリットとデメリットについて紹介します。

ワイモバイルを利用する4つのメリット

まずはワイモバイルを利用するメリットについて紹介します。

安くスマホが使える

大手通信キャリアの月額料金と比較すると、ワイモバイルの提供している料金プランは安いです。

毎月の通信費を節約して安くスマートフォンを利用したい人は、ワイモバイルとの契約をおすすめします。

通信速度が安定している

ワイモバイルは通信速度が安定しており、お昼時間帯など混雑するときでも通信制限が発生しにくいです。

たとえば格安SIMの場合、平日の12時頃はインターネットに繋がりにくくなることが多いです。

一方でワイモバイルの場合はソフトバンクのサブブランドであるため、混雑時間帯も通信速度が遅くなりにくいです。

「通信料金を安くしたいけど、混雑時間帯に速度制限をうけたくない」という方は、ワイモバイルとの契約をおすすめします。

3種類のメールサービス

ワイモバイルでは、3つのメールアドレスを利用できます。

  • 「@yahoo.ne.jp」ドメインのメール:マルチデバイスで利用可能かつ大容量データのやり取りもできる
  • 「@ymobile.ne.jp」ドメインのメール:絵文字を利用できる
  • SMS:電話番号でメッセージを送受信できるため、メールアドレスを記録する必要がない

キャリアが提供しているメールアドレスを利用したい方は、ワイモバイルとの契約がおすすめです。

テザリングが無料

スマートフォンの通信回線をパソコンやタブレットと共有して利用できる「テザリング」が、ワイモバイルでは申込不要かつ無料で利用できます。

通信キャリアによってはテザリングを利用するのに申し込みが必要であったり、別途料金が必要になったりするものです。テザリングを頻繁に利用するなら、ワイモバイルとの契約を考えてみませんか。

【ワイモバイル】最新キャンペーンはこちら

ワイモバイルを利用する3つのデメリット

次は、ワイモバイルを利用するデメリットを確認しましょう。

2年未満の解約で解約金がかかる

契約しているプランによっては、2年未満に解約すると契約解除料9,500円が発生します。一方で、現在提供している「シンプルS/M/L」プランでは契約解除料が発生しません。

現在ワイモバイルの旧料金プランを適用している方は解約金が発生するリスクがあります。しかしこれからワイモバイルを利用する場合は、現在提供しているプランでは解約金が設定されていないので、解約金がかからず解約・MNP転出可能です。

未使用のデータの翌月持ち越し不可

ワイモバイルでは、余ったデータを翌月に持ち越すことはできません。毎月1日に、データ通信量のカウントがリセットされます。

他キャリアが提供しているプランでは、たとえば月3GB利用できるのに1GBしか利用しなかった場合、余った2GBを翌月に繰り越して合計5GB利用です。

しかしワイモバイルの場合、たとえ2GB余っても翌月繰り越しができないため、翌月利用できるのは3GBのみです。

月によって利用するデータ通信量に波がある人は、データ繰り越しに対応したキャリアの通信プランを契約した方がよいでしょう。

データ使い放題プランがない

ワイモバイルではデータ使い放題プランが用意されていないため、月25GB以上利用する人にはおすすめしにくいです。

ただしシンプルMもしくはシンプルLプランなら、速度制限時の通信速度が最大1Mbpsと速いです。SNSの利用やインターネット検索であれば、仮に速度制限を受けている間でも問題なく通信できるでしょう。

データ使い放題プランは提供していないものの、最大1Mbpsの通信速度で問題ない人はワイモバイルのシンプルMまたはシンプルLプランの契約をおすすめします。

【ワイモバイル】最新キャンペーンはこちら

ワイモバイルの申し込み手順

ワイモバイルへ乗り換えようか検討している方へ向けて、新規申し込みする際の手順を紹介します。

まずはMNP転出を利用せずにワイモバイルと新規契約する場合の手順を見てみましょう。

ワイモバイルの申し込み手順(新規・店頭)

  1. クレジットカード(もしくは本人名義のキャッシュカードおよび通帳)、本人確認書類、印鑑を用意する
  2. ワイモバイルショップへ行く
  3. 新規契約のため来店した旨を伝える

ワイモバイルの申し込み手順(新規・オンライン)

  1. クレジットカードおよび本人確認書類を用意する
  2. オンラインストアから手続きを行う
  3. SIMカードおよび端末が自宅に届くまで待つ

ワイモバイルは店頭もしくはオンライン上で新規契約できます。どちらもクレジットカードと本人確認書類が必要になるため、あらかじめ準備しましょう。

次は電話番号を引き継いで利用したい方へ向けて、ワイモバイルへMNP転入する場合の手順について紹介します。

ワイモバイルの申し込み手順(MNP転入)

  1. MNP 予約番号の発行手続きを行う
  2. MNP予約番号を受け取る
  3. ワイモバイルショップもしくはオンラインストアから手続きを行う

MNP転入を行う場合は、現在利用しているキャリアからMNP予約番号を発行して貰う必要があります。

MNP予約番号はキャリアショップやWebから手続きを行えば発行できるため、乗り換える前に発行しておきましょう。

まとめ

ワイモバイルは利用料金が安く、通信速度が安定しているというメリットがあります。大手通信キャリアよりも料金が安く、格安SIMよりも通信速度が安定して速いのが、ワイモバイルを利用する魅力です。

またメールサービスを3種類提供していたり、ソフトバンク光とのセット割引を提供していたりと、特典も充実しているのが魅力的です。またワイモバイルは実店舗の数も比較的多いため、店頭でサポートを受けやすくなっています。

安い通信料金と安定した通信回線の両立を求めている方は、この機会にワイモバイルとの契約を考えてみませんか。

【ワイモバイル】最新キャンペーンはこちら

公開日時 : 2021年03月26日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード