• Wi-Fi

Wi-Fiをメッシュネットワークで!仕組みやおすすめを紹介

自宅でより便利にWi-Fiを楽しみたいなら、メッシュWi-Fiシステムの導入がおすすめです。メッシュWi-Fiに変えることで、広範囲で複数台でも、安定性高く利用できます。ここでは、メッシュWi-Fiの仕組みやおすすめ商品を紹介します。
【公式】カシモWiMAX Wi-Fiをメッシュネットワークで!仕組みやおすすめを紹介

家庭にWi-Fiルーターを設置しているものの、複数人で接続すると速度が遅くなったり、ルーターから離れると接続が安定しなかったりすることは多いでしょう。

これらの問題を解決できるのが、「メッシュWi-Fi」という存在です。どのようなシステムなのか、仕組みや魅力を知っていきましょう。

メッシュWi-Fiシステムとは

Wi-Fiの接続方法のひとつに、メッシュWi-Fiシステムというものがあります。これはメッシュネットワークとも言われており、従来の接続方法とは一線を画します。

まずは、メッシュWi-Fiシステムとはどのような接続方法なのか、基本的な知識から身につけましょう。

複数台のルーターを家中に設置して通信

メッシュWi-Fiシステムとは、簡単に言えば複数台のルーターを使ってWi-Fiに接続する方法です。メッシュとは網の目を意味する言葉で、ルーター同士でWi-Fiネットワークが広がっていると考えると、イメージしやすいでしょう。

メッシュWi-Fiシステムでは、Wi-Fi電波を発する親機とそれを受けて中継器の役割を果たすサテライト機に分けられます。親機とサテライト機、どちらからもWi-Fiへの接続は可能で、電波が届く範囲がより広くなるのが特徴です。

サテライト機の数を増やせば増やすほど電波の接続距離は伸び、親機のルーターから遠ざかってもWi-Fiに接続できるのが特徴的なポイントでしょう。

従来のWi-Fi環境との違い

メッシュWi-Fiシステムと従来のWi-Fi環境の大きな違いは、機器の数にあります。従来の環境では、Wi-Fiルーターは1台で、それで全ての通信をまかなわなければなりませんでした。

パソコンやタブレット、スマホと通信可能上限まで同時接続は可能ですが、電波の本体はルーターにあるため、そこから遠ざかると電波が安定しないのがデメリットです。

メッシュWi-Fiシステムは、簡単に言えば接続可能なルーターを増やすようなものであるため、従来よりも接続がしやすく、ストレスなく使えるでしょう。

回線そのものが増えるわけではありませんが、アクセスできるポイントが増えるという点で、従来方式とは大きな違いがあります。

メッシュWi-Fiのメリット・デメリット

従来のWi-Fi接続のデメリットや問題点を改善したのが、メッシュWi-Fiといえ、利用することで得られるメリットは大きいでしょう。

自宅でより快適にWi-Fi通信を楽しみたいなら、導入は非常におすすめです。しかし、反面デメリットもあるため注意が必要です。両方を見た上で、自分にとってどちらが大きいかを考えなければなりません。

家のどこにいても安定した通信

サテライト機の存在によって、場所に関係なく通信環境が安定しやすいのはメッシュWi-Fiを導入するメリットです。従来の通信環境だと、安定してネットに接続するにはルーター本体の近くにいなければなりませんでした。

Wi-Fiの電波は距離が遠くなると接続が弱くなるのはもちろん、ルーターと通信機器の間に障害物があると、それに吸収されて弱くなります。

メッシュWi-Fiの場合は、親機から遠くても、近くにサテライト機があるなら、そこから電波を受信して快適に通信が楽しめます。

複数人で使用する場合でも、それぞれが違うサテライト機に接続することで、通信容量も分散できて、同時に大容量通信もしやすくなるでしょう。

ルーターを自宅に設置する場合、1階と2階では電波の強さが違うといった問題点もありましたが、メッシュWi-Fiならこれも解決できます。

Wi-Fiが使える範囲を手軽に増やせる

サテライト機を増やすだけで、簡単に接続範囲を広げられるのも、メッシュWi-Fiならではのメリットです。本来ならルーターを移動させる、あるいは別回線を引かなければならないところ、メッシュWi-Fiなら中継器となるルーターを追加するだけで事足ります。

ライフスタイルの変化によって、Wi-Fiを使用する空間が自宅内でも変化することはありますし、新しい家電を購入して、Wi-Fi接続をすることもあるでしょう。

サテライト機を増やすだけで、生活空間のいたるところでWi-Fiを利用でき、IoTの家電や機器を使いやすくなるのもメリットといえます。

広い家だと設置費用が負担になる

自宅でも広範囲の電波接続ができて便利なメッシュWi-Fiですが、範囲を広げるにはその分コストがかかります。広い家だとサテライト機を何台も導入することになり、費用負担はかなり重たくなるでしょう。

また、メッシュWi-Fiでは、ひとつの回線から電波を分散して使用するため、ルーター1台に接続する場合より、電波が弱くなってしまうことも多いです。

そのため、ルーターや回線の持つ最高速度で接続できるケースは少なく、基本的には電波はやや弱く、遅くなると考えましょう。

もちろん、電波が遅くなるといっても、ルーター1台に適切な距離で1つの機器を接続した場合と比較してのことに過ぎません。

1台のルーターに複数台の通信機器を接続するなら、サテライト機で分散させて接続したほうが通信環境はよくなります。

主なデメリットは費用面であり、複数人、複数台での接続になるなら、メッシュWi-Fiは基本的にメリットが大きいと考えましょう。

メッシュWi-Fiが向いている人とは

メリット・デメリットがあるため、メッシュWi-Fiは全員におすすめできるわけではありません。基本的に向いているのは、広い家で無線接続をする人、さらに複数人か複数の機器に、同時に接続することが多い人です。

ワンルームの自宅で、接続も一人なら、ルーターからの電波を独占できるため、メッシュWi-Fiを使用する必要はありません。

また、複数人接続の場合もこれは同じで、部屋のどこにいても通信環境が変わらない程度の広さなら、導入する必要はないでしょう。

特に向いているのは、建物が複数階に分かれている場合で、ルーターが1階にあり、2階でもWi-Fiを使いたい人にはおすすめです。

メッシュWi-Fiを導入すると、床や天井、部屋ごとの壁に電波を邪魔されることなく通信できるため、部屋数が多い自宅でも向いているでしょう。

メッシュWi-Fiの選び方

向いている人の特徴と一致するなら、メッシュWi-Fiの導入がおすすめですが、どの商品を購入するかも重要です。

ひとくちにメッシュWi-Fiといっても、種類は数多くあり、商品ごとに特徴が異なります。より快適にWi-Fi通信を楽しむためにも、選び方のポイントを知っておかなければなりません。

性能重視ならトライバンド機能付き

トライバンド機能とは、簡単に言えば接続できる電波帯域を3つに増やすというものです。5GHzが2つ、2.4GHzが1つで構成されており、性能を重視したい人にはおすすめでしょう。

接続できる電波帯域が増えることで、複数台同時接続してもよりスムーズに通信ができ、電波を効率的に分散できます。

5GHzと2.4GHzでは、通信速度が異なり、2.4GHzのほうが遅くなることも多いですが、これも接続する機器を選ぶことで、問題は解決できるでしょう。

また、接続台数がそれほど多くないなら、無理に全ての帯域に分散させず、5GHz帯域だけで賄っても構いません。

効率的に通信ができ、使い方次第でさらに便利になるため、トライバンド機能付きはおすすめ度が高いでしょう。

複数台購入するのでお手頃な価格

メッシュWi-Fiは複数台サテライト機を購入しなければならないため、1台当たりの費用負担をいかに抑えるかも重要です。

商品ごとに価格は違い、安いものも数多く発売されているため、設置台数が多いなら安価なものから選ぶとよいでしょう。

安い分、機能面は制限されることも多いですが、それも使い方次第、実際の利用状況次第で問題なく使用できることも多いです。また、商品によっては、複数台セットで売られており、まとめて買ったほうがお得な場合もあります。

サテライト機は数あって困るものでもないため、まとめ買いのほうが安いなら、そちらを選ぶのもおすすめです。

使いやすさを求めるなら国産メーカー

どこ産のメーカーであるかは、使い勝手に影響しやすいため注意しなければなりません。メッシュWi-Fiのサテライト機は、海外メーカーのものが多いですが、使いやすさを考えるなら国産メーカーがおすすめです。

国産メーカーなら、説明書も当然日本語で書かれており、設定方法が分からない人でも安心して利用できます。

また、海外メーカーだと、万が一故障、不具合があってもサポート対応してもらえない場合が多いです。国産メーカーなら、トラブルの対応もスムーズなため、安心を追求するなら国産メーカーを選びましょう。

おすすめのメッシュWi-Fiルーター3選

選び方を踏まえた上で、実際の商品を参考にしながら、どれがよいか見極めましょう。商品ごとの特徴を把握するのはもちろん、何を重視したいかも考慮して、選ぶことが大切です。

人によって求めるものは違うため、自分がもっとも使いやすいと感じるものを選び、購入しましょう。

高機能で選ぶなら「Orbi」

「Orbi」はトライバンド機能付きのルーターで、接続機器が多い人におすすめです。また、サテライト機でありながら、LANポートを搭載しているのも特徴で、サテライト機経由で「Orbi」のアクセスポイントが利用できます。

1台でカバーできる範囲が175㎡と非常に広く、大きい家に住んでいる人も、安心して利用できるでしょう。本体もシャープでスタイリッシュなデザインのため、インテリアの邪魔にもならず、置き場所に困らないのも魅力のひとつです。

安さなら「Deco M5」

「TP-LINK Deco M5」は、1台当たりの価格が安いのが魅力です。Amazonなら3台で約2万円で、1台当たり1万円もしないのは、メッシュWi-Fiではかなり安価な部類でしょう。

自宅が広く、より広範囲で快適にWi-Fiを利用したい人に特におすすめです。

価格は安いものの、機能はしっかりしており、高いセキュリティ性能を誇ります。安心してネットワークに接続できるため、複数人で回線をシェアしても心配はないでしょう。

また、ルーターの設定はスマホのアプリから簡単にでき、手軽に設置しやすいのも魅力のひとつです。

国産メッシュWi-Fi「 WTR-M2133HP」

「BUFFALO WTR-M2133HP」は、国産メーカーで利用しやすいのが特徴です。スターターキットの商品では、親機とサテライト機両方設定済みの状態で届くため、すぐに使い始められるのが魅力です。

独自の技術によって通信の安定性も高く、家中どこにいてもストレスなく、快適に利用できるのも、BUFFALOならではの強みです。

また、サテライト機は別途購入することで、最大10台まで増やせます。高機能で国産メーカーでありながら、価格も比較的安く、追加購入でも手が出やすいでしょう。

メッシュWi-Fiでどこでも安定接続

自宅のWi-Fi環境を整備したいなら、ルーターを複数台利用できるメッシュWi-Fiがおすすめです。メッシュWi-Fiを使うことで、自宅が広く、複数人の同時利用でも、ストレスなくネットを楽しめます。

メッシュWi-Fiを導入して通信環境の安定性やネットワークの効率化を図り、自宅でもっと便利にネットライフを楽しみましょう。

光回線/Wi-Fi お申し込み電話相談を受け付け中!

iPhone格安SIM通信では光回線や、Wi-Fiなどインターネットの利用開始やお切替えを検討中のお客様に電話相談を受け付けております。

ソフトバンクの正規代理店DRMの専門オペレータがお客様のご要望に合わせて、ソフトバンク光やソフトバンクAirをご案内させていただきます。

今ならGoogle Home Mini(先着25名様)をご契約の方にプレゼント!

 ソフトバンク光の相談はこちら! 

工事不要でかんたん接続のホームルーター型Wi-Fi

 ソフトバンクエアーの相談はこちら! 

【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2019年03月24日

おっきー ― ライター
おっきー ― ライター

物心ついた頃からiPhoneがあるスマホネイティブ世代。SNSから最新情報を取得するのが日課。趣味はダンス。

関連キーワード