• Wi-Fi

WiFiルーターの設置方法・手順を解説!無線LANのおすすめ設置場所・注意点

WiFiルーターの接続方法と、ルーター設置時の注意点を解説します。インターネットに接続可能な多くの端末は無線接続が可能です。無線でのインターネットへの接続には、WiFiルーターを用意してWiFi環境を整備することが必要です。今回は、その方法を解説します。
【公式】カシモWiMAX WiFiルーターの設置方法・手順を解説!無線LANのおすすめ設置場所・注意点

スマートフォンやタブレットでインターネットを楽しむことが多くなってきた昨今では、優先通信よりも無線通信が主流になっています。

ここでは、WiFi環境を整え、手持ちの端末を無線で接続するための段取りや設定について解説します。

通信が不安定になったときの簡単な解決方法についても取り上げていますので、ぜひ参考にしてください。

WiFiルーターの設置手順・流れ

家中どこでも容易にWiFiにつないで、快適な通信環境を構築するためには、WiFiルーターが欠かせません。しかし、WiFiルーターだけを用意しても、それ単独でインターネットに接続するための環境が構築できるわけではありません。

ルーターは、一定の範囲内にWiFiの電波を飛ばすための機器であり、インターネットへの接続には、他にも準備が必要です。何をどのように準備すればよいのか確認していきましょう。

iPhone格安SIM通信では、マンションにWiFiを設置する流れや注意点を解説しています。 マンションでWiFiを利用したい方は、こちらも参考にしてください。

インターネットの契約を行う

まずはインターネットの契約をしましょう。インターネットを契約していなければ、WiFiルーターにパソコンやスマートフォンを接続したとしても、インターネット通信をすることはできません。ルーターが、インターネットとつながっていることで、はじめてネットサーフィンを楽しむことができます。

iPhone格安SIM通信では安くておすすめのインターネット回線を多数ご紹介していますまだ契約先のプロバイダが決まっていない方はぜひご一読ください。

インターネットの開通工事をしてもらう

契約が済んだら、次に開通工事をしてもらう必要があります。マンションやアパートなどの集合住宅の場合は、もともと高速なインターネット光回線が敷設済みの場合も多いでしょう。しかし、戸建の場合には、ネット回線を新たにに引きこむ必要があります。

これをインターネット光回線の開通工事といい、引き込んだ回線をモデムやONUという機器に繋ぎ、さらにそれをLANケーブルでルーターと接続します。

モデムやONUは、NTTなどの回線業者が用意してくれるため、自分で購入する必要はなく、多くの場合レンタル料を回線利用料と一緒に支払います。

最近ではモデムやONUにWiFiルーターの機能を併せ持った機器も多く出回っています。その場合は、必要な機器が一体化しているため、置き場所にも困らないばかりか、電源やLANケーブルなどのごちゃごちゃした配線からも解放されます。

インタネットの光回線に関する工事を詳しく説明した記事は、こちらをご覧ください。

WiFiルーターを準備する

インターネット回線を契約すると、モデムやONUは回線業者からレンタルすることができます。もちろん自分で購入することもできますが、本体価格が高額なうえ、故障した際の保証を考えると、レンタルの方がお得でしょう。たいていの場合、不具合があってもすぐに代替品が送られてくるので安心できます。

一方で、モデムやONUの先に接続するルーターは、インターネット回線契約時のオプションで付いてくる場合もありますが、多くの場合は自分で用意しなくてはなりません

レンタルもありますがモデムやONUに比べて割安なため、自前で用意するのが良いでしょう。なお、レンタルしたモデムやONUにWiFiルーターの機能が内蔵されている場合は、別途購入する必要はありません。

家電量販店やネット通販では、実にさまざまなルーターが販売されており、その機能や価格帯もずいぶん差があります。価格を左右する主な性能は、ルーターの電波が届く範囲や、その指向性、強度、帯域などです。

▼こちらの記事ではどのモデルを選べばいいか分からない方向けにおすすめの無線ルーターをご紹介しています

WiFiルーターとONUを接続する

ルーターの用意ができたら、NTTなどの回線業者からレンタルしたONUやモデムとLANケーブルで接続します。LANケーブルは、購入したルーターに同梱されているため、それを使いましょう。自前で用意したケーブルの場合、十分な通信速度が出ない規格だったりする場合があります。

\WiMAX 5Gプラン開始!/
【公式】カシモWiMAX

WiFiルーターを設置する時の注意点

ここからは、用意したルーターを設置する際の注意点について見ていきましょう。快適で安定した通信環境でインターネットを楽しむためには、いくつか気を付けなければならないことがあります。どのようなことが考えられるのでしょうか。

さらに、家で快適なWiFiを通してインターネットを使う方法を記事でまとめていますので併せてご一読ください。

ルーターと子機の距離を3m以内にする

市販されているルーターは、「3LDK(2階建て)向け」などの記載があったりして、あたかも1台あれば家中どこでも、すみずみまで無線接続が可能であるかのように感じることでしょう。

しかし、それはあくまで理論上の話です。建物の中には障害物があったり、壁やドアがあって、通信を極端に阻害する要素も多いものです。

接続する子機(PCやスマートフォン、タブレットなどの端末)とルーターとの距離が離れれば離れるほど、電波の強度は弱まり、十分な通信速度が発揮できなくなります。通信が不安定な場合は、ルーターと子機の距離を3m以内になるように設置してみましょう。

電子機器から離れた場所に設置する

電子レンジやコードレス電話機など、電波を発生する機器の近くにルーターを設置すると、通信が不安定になることがあります。これらの電子機器以外にも、OAタップにタコ足で接続している場合なども、同様の影響がみられる場合がありますので、ルーターの設置場所には気を付けましょう。

スマホ最新料金プラン情報を配信中!
LINE友だち追加

金属製の棚や水の近くは避ける

金属製の物や水槽、花瓶も、電波の妨げになるため、近くに置かないようにしましょう。さらに、水を吸収しやすいものなども同様に、電波を通りにくくさせるので、周りには置かないようにしてください。

また、鏡などは電波を反射させてしまうため、WiFi通信が安定しません。基本的には、周囲にものを置かないようにして、電波の通りをよくしましょう。

床など低い場所に置かない

WiFiルーターを床に直に置いてしまうと、電波の広がりが悪くなります。1〜2mを目安に高い場所に設置して、電波に広がりをもたせましょう。ただし、高い場所に置く場合、落下による破損や故障には、注意が必要です。

また、電波を上下左右に無駄なく送信させるためには、部屋の隅や窓際にも置かないようにしましょう。こうした場所の場合、電波を飛ばせるエリアが狭くなってしまうリスクがあります。

「家や部屋の中心に置く」ということを意識して、設置するとよいです。低い位置に置いている場合でも、誤って踏んでしまったり、掃除しているときにぶつけてしまったりする可能性もあるので、ある程度の高さは必要です。

機器を囲わない

あらゆる機器は、WiFiルーターによる電波を遮ってしまうリスクがあります。また、熱がこもりやすいので、できるだけカバーなどもかけないようにしてください。

部屋の真ん中に置けない人は、さまざまな場所にWiFiルーター置いてみて、どこが一番電波状況がよいのか確認しながら、設置場所を決定しましょう。少なくとも、部屋の四角だけは避けるようにしてください。

\工事不要ですぐ使える!/
【公式】カシモWiMAX
iPhone格安SIM通信アンケート

パスワードの管理

無線LANの名前やパスワードは、ルーターに記されています。それを入力すれば、WiFiに接続できる仕組みです。自動設定機能を備えているルーターであれば、接続はより手軽です。

無線LANの名前とパスワードを変更する際は、複雑な英数字の組み合わせにして、他者がネットワーク侵入できないように設定しましょう。セキュリティレベルを強化しなければ、勝手に利用されてしまうリスクがあります。

WiFiルーターのアップデート

WiFiルーターのソフトウェアをアップデートして、最新の状態にしておくこともセキュリティに欠かせません。ただしモデルによっては、勝手に最新状態にしてくれる場合もあります。

▼今回ご紹介しているもの以外にもWiFiの電波が弱くなる原因は存在します。以下の記事ではWiFiが弱い・遅い・繋がりにくい原因と対処法をご紹介していますので気になる方はご一読ください!

WiFiルーターとPC・スマホを接続する方法

無線環境が整ったら、いよいよスマートフォンやタブレットなどの端末をWiFiに接続できます。それぞれの機器での接続方法を見ていきましょう。

PCでプロバイダ情報を設定する

WiFiを構築するためにはルーターに設定情報を登録する必要があります。このとき、通信回線を契約した際にプロバイダから届いたプロバイダ情報(ユーザー名とパスワード)が必須となるため、あらかじめ用意しておきましょう。

具体的な方法は、ルーターの機種や契約したプロバイダによって多少異なりますが、基本的な流れは同じです。まずルーターのWPSボタンを長押しして設定モードにします。

設定モードにするとルーターが電波を飛ばし始めるので、PCを接続し、ブラウザの画面で設定します。

スマホをWiFiに接続する

最初に、ルーターをAP(アクセスポイント)モードにします。通常はルーター本体にボタンが用意されていますが、その名称は「らくらくスタート」や「APモード」などルーターによってさまざまです。機器の説明書などで確認しましょう。

次に、スマートフォンのWiFi機能を有効にします。スマホのOSがAndroidかiOSかによって、接続方法が異なりますが、基本的にどちらの端末でも「設定」→「WiFi」からWiFi機能を有効にできます。

WiFiが有効になると、自動的に周囲の無線環境を探しに行きます。画面に、「SSID」というルーターを識別する文字列が表示されるので、接続するルーターのSSIDを選択しましょう。

あとはパスワードを入力すれば接続できます。SSIDとパスワードは、ルーターの側面または底面や、同梱されているカードにも記載されています。

スマホのWiFi設定方法を詳しく説明しましたので、合わせてご覧ください。

\最短当日発送!/
【公式】カシモWiMAX

PCをWiFiに接続する

Windowsを搭載したPCを接続する場合の手順は、以下のとおりです。

  • 画面下部、タスクトレイの中からWiFiのアイコンを選択します。
  • 「ネットワーク設定」のメニューから「WiFi」を選択し、WiFiをオンにします。
  • タスクバーにあるWiFiのアイコンを選択し、SSIDの一覧から接続するSSIDを選択します。
  • 「接続」を押します。
  • 「ネットワークセキュリティキーの入力」入力画面で暗号化キー(パスワード)を入力します。

また、Macの場合は以下のように設定します。

  • 画面左上のアップルアイコンを押します。
  • システム環境設定から、「ネットワーク」を選択します。
  • メニューから「WiFi」を選択し、「WiFiをオンにする」を選択します。
  • 「ネットワーク名」を選択し、SSIDの一覧から接続するSSIDを選択します。
  • 暗号化キーの入力画面で暗号化キー(パスワード)を入力します。

最新ファームウェアにアップデートする

ルーター内部のメモリには、ファームウェアというプログラムが格納されており、ルーターの動作全般をつかさどるほか、さまざまな機能を提供しています。

このプログラムは、不具合の修正やバージョンアップなどで不定期に更新されることがありますので、できるだけ最新のファームウェアを適用するようにしましょう。

ファームウェアの更新は、ネットワーク環境のセキュリティにおける脆弱(ぜいじゃく)性を改善するためにも重要です。より安全で快適なインターネットライフのためにも、定期的な確認が大切です。機器によっては、ファームウェアの自動更新に対応しているものもありますので、設定を検討してみましょう。

WiFiルーターの接続が不安定な場合の対処法

まれに、ルーターの誤動作が原因でネットワーク接続が不安定になることがあります。簡単な操作で解決する場合がほとんどですので、落ち着いて対処しましょう。

また、WiFiがエラーになる時の対処法についてはこちらの記事で解説しています。ぜひ確認してみてください。

ルーターの再起動を行う

複数の端末をルーターに接続している場合で、どの端末からもインターネットに接続できない場合は、ルーターの再起動で改善する場合があります。再起動は簡単で、ACアダプターをルーターから抜くだけです。その後10秒ほど待ちましょう。再度ACアダプターを接続して3分ほど待ち、完全に起動してから接続を試します。

ルーターのリセットを行う

再起動後でもインターネットへの接続ができない場合は、ルーターのリセットを行ってみましょう。リセット方法は、機種によって異なりますが、PCなどからルーターの設定画面をブラウザで開いて行うか、本体のリセットボタンを押して実施します。なお、リセットを行うと、各種初期設定をやり直す必要があります。

\工事不要ですぐ使える!/
【公式】カシモWiMAX

自宅にWiFi環境を開いて好きなだけネットを使おう

無線を利用したネットワーク環境が用意されていると、家中どこでもインターネットを利用したサービスを楽しめます。

PCやスマートフォン、タブレットは、家に帰れば自動的にWiFiに接続され、高速で安定した通信環境で、好きなだけインターネットライフを満喫できます。

WiFiルーターを使用した無線でのインターネット環境構築は、一度やってしまえばそれほど難しいことではありません。

最初は仕組みがわからず、ブラックボックス化されたその機器やネットワークの仕組みも、使っているうちにどんどんわかるようになり、トラブル時も自然に原因を予想できるようになります。

ただ、必要なものを準備したり、インターネット回線の接続設定をしたりするのは少し面倒に感じる人もいることでしょう。

各プロバイダーでは、スタッフが自宅まで訪問し、機器の設置や設定を行うサポートや、リモートでPCやスマートフォンを操作して設定を行うサービスを提供しています。

特にリモートでのサポートは、サービス拠点から離れた遠隔地でも、即座にトラブルを解決してもらえるので便利です。インターネット接続にあまり詳しくない場合は、これらサービスの利用も検討してみましょう。

ほかには、固定回線とモバイル回線を詳しく比較しましたので、選ぶ際にぜひご参考にしてください。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2020年03月24日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード