• Wi-Fi

WiFiの使い方を解説|特徴やメリット、注意点も紹介

WiFiの特徴や接続方法を解説します。WiFiの仕組みを理解すると、外出先でもWiFiの正しい利用が可能です。メリットや危険性についても解説しています。WiFiは使えるようになると便利です。仕様や使い方、注意点を知ることで、お得に活用しましょう。
【公式】カシモWiMAX WiFiの使い方を解説|特徴やメリット、注意点も紹介

WiFiとは、今や当たり前に飛び交う言葉ですが、実際に「WiFiって何?」という質問に答えられるでしょうか。

WiFiについて知ると、よりよい使い方、メリットや危険性についても知ることができます。WiFiの基礎的な知識からいろいろな使い道を考えて、ポケットWiFiも使いこなせるようになりましょう。

今回は、基本的なWiFiの知識や接続方法などについて解説をしていきます。

WiFiについて知っておこう

WiFiについて基本的な知識から押さえておきましょう。

WiFiとはなにか

WiFiをネットで検索すると「無線LANの規格であるIEEE802.11に準拠」と出てきます。これだと何を表すのかわからない人も多いでしょう。

噛み砕いて言うと、インターネットに接続する配線をLANと言います。LANには有線と無線があり、WiFiとはその無線LANのうちの1つです。

つまり、配線を繋がなくても子機などでインターネットに接続することができるLANのことです。WiFiはなぜ独り歩きして注目されているかと言うと、データの高速化やパケット量の節約に適していて普及したからです。

インターネット接続では本来配線を繋ぐ方法で膨大なデータ量を処理していました。WiFiは無線ながら一定の範囲において、有線LANに引けを取らないデータ量のやり取りを行うことができます。

WiFiやLANの仕組みについて

家でWiFiを使うには、インターネット回線を引かないといけません。インターネット回線は電話線や光回線の中にあります。インターネット工事を行い、そこからモデムを通じて配線(LAN)を家のWiFiルーターに繋ぐことで、一定の範囲内で無線LANが使用可能になります。

この場合は家までを有線LANで引く方法です。当然これには無線LANも存在しており、基地局からの電波が入る箇所なら、受信可能な無線LANシステムもあります。ポケットWiFiなどはこれにあたります。

WiFiが個体で送受信できないのは、データの高速化と引き換えにその守備範囲が狭いからです。

したがって家の端にWiFiルーターを置いていたり、家が鉄筋コンクリートの場合には、家の中でも子機が受信できなかったりします。この場合には、有線LANで繋ぐことや2.4GhzのWiFiルーターを置くことをおすすめします。

無線LANの規格について

ここからは、無線LANの規格、周波数について解説をします。それぞれの特徴を理解することで、自分に合ったものを選択することができます。

無線LANには5つの規格がある

無線LANには、主に以下の5つの規格があります。

  • ac
  • n
  • g
  • b
  • a

下にいくほど古いものになり、通信速度が遅いです。acはnの11.5倍の速度を誇っており、WiFiルーターの現在の主流はこの規格になっています。

aに関しては受信専用の家電等に主に用いられています。bは古いパソコンなどに使用されており、現在はあまり使われていません。gはbの上位互換で、携帯ゲーム機、家電などに使用されています。

やや古めのWiFiルーターなどにはn、現在主流のルーターにはacが使われています。電波の強度に関してはaが一番強いです。

建物等の干渉、障害物への強さはnが一番で、部屋の隅に置かれるような家電によく使われています。このように規格は、それぞれの特徴を活かした形で、いろいろな製品に合わせて使用されています。

acとnは古い規格のaとb、gに対応しており、全てをカバーするWiFiルーター等で使用されています。

使用される周波数帯は2種類ある

使用されている周波数帯には以下の2種類があります。

  • 5Ghz帯
  • 2.4Ghz帯

5Ghz帯は干渉されにくく、周波数が狭いために障害物があると届きにくいことや、通信範囲の狭さがデメリットです。しかし高速通信には必要なので、主にac等のWiFiで使用されています。

2.4Ghz帯は干渉されやすく、いろいろな機器に多く用いられています。障害物があっても電波が回り込み、通信範囲も広いです。このためコンクリート製の壁がある家等のWiFiルーターにはこちらが向いています。

WiFiにすることで得られるメリットとは

WiFiにすることで得られるメリットには以下のようなものがあります。

  • スマートフォンのパケット通信容量の節約
  • ゲーム機の無線化に伴う置き場の自由さ
  • プリンターやスキャナーの無線化
  • スマートフォンを家電のリモコンにできる

通常の4GLTEなどではパケット容量がすぐにいっぱいになってしまい、通信制限がかかることが多いです。WiFiは大抵の場合、月極で容量は無制限のため、パケット代を気にすることなく高速で通信機器の使用ができます。

ゲーム機も無線化によって置き場に困ることなく、家のどこにおいても線を繋ぐことなく使用できます。プリンターやスキャナー等も同じことがいえます。

家電の操作もWiFiから繋ぐと、スマートフォンで操作することができ、外出先からでも自由に操作することが可能です。これらはそれぞれの家電と、WiFiルーターを繋ぐことで行えるシステムです。

WiFiでインターネット接続をしてみよう

では実際にWiFiを使ってインターネットに接続をしてみましょう。

WiFiでのインターネット接続に必要なもの

WiFiでのインターネット接続に必要なものは以下の通りです。

  • インターネット契約(工事)
  • WiFiルーターの購入
  • 繋ぎたいWiFi対応端末を用意

有線の場合にはプロバイダー(主に電話の会社が多いです。)とインターネット契約を結び、有線であればインターネット工事を行う必要があります。

インターネット契約では、対応エリアのチェックが必要です。各種の契約の際にはチェックするようにしましょう。

同時に有線の場合にはモデム(電波の中継基地局のようなもの)とONU(光回線終端装置)がプロバイダーから渡されて、それらとWiFiルーターを繋ぐことになります。

次にWiFiルーターの購入です。現在であればほぼac規格のものが多いですが、鉄筋コンクリート製の家の場合にはWiFiルーターは2.4Ghz帯のものを選ぶとよいでしょう。あとは繋ぎたいもの、家電やゲーム等がWiFi対応になっているかをチェックします。

WiFiの接続方法

次に、WiFiの接続方法を確認しておきましょう。

パソコンでの接続方法

パソコンの光回線での有線LANでの接続方法を解説します。まず回線はONU(光回線終端装置)という光回線を電気信号に変換する装置に接続します。

モデムには、WANというコネクタがありますので、それをONUと接続します。そこからパソコンに繋いでもよいですし、LANを通じてWiFiルーターを通すこともできます。(この場合は、WiFiルーターを電話線などやWiFi中継用として他の機器に使用するときです。)

WiFiルーターを接続する場合には、WANもしくはパソコンと書かれている端子とパソコンを接続します。

パソコンを起動し、インターネット設定でルーターのSSIDと暗号化キーを入力し、プロバイダ情報(ユーザー名・パスワード)を入力すると接続が完了します。

SSIDと暗号化キーはルーター本体に記載されている数字と英語が組み合わさったものです。プロバイダ情報はパソコンの初期に設定したもので、通常使っているパスワード等になりますので、大事に保管しておきましょう。

スマートフォンでの接続方法

スマートフォンだけの場合には、ONUとルーターをLAN側で接続します。それで接続は完了です。この場合にはルーターをAPモードにする必要があります。

あとはスマートフォンのWiFiの設定をするだけで、スマートフォンでWiFiルーターを選択し、SSIDと暗号化キーを入力すると繋がります。

大抵の場合にはパソコンとスマートフォンを同時に使うことが多いでしょうから、ONUからモデムへはWAN接続、モデムからルーターへはLAN接続を使います。

あとはルーターの種類によって変わります。インターネット回線と書かれているWiFiルーターの場合は、そちらの端子に接続します。無い場合には、LANとなっています。

もし接続がわからない場合には、プロバイダが大抵行ってくれます。スマートフォンだけでなくゲーム機や、家電等を利用の際にも、SSIDと暗号化キーが必要になるため、カードをしっかりと保管しておくか、ルーターに書かれているシールをはがさないように注意しましょう。

外出先でもWiFiを利用してみよう

外出先でWiFiを利用する際にはどうすればよいのかということと、注意点について解説します。

WiFiスポットを見つけよう

WiFiスポットは特にカフェやコンビニでは集客の手段として用いられています。またショッピングモールや百貨店、最近では駅や公共施設でのWiFiスポットも整備されています。

カフェやショッピングモールの休憩所などのWiFiスポットでは、時間無制限で接続可能な箇所も多く、コンビニ等では時間制限が儲けてあるケースが多いです。

アプリでも簡単に探すことができますが、各携帯キャリアごとにその探し方は微妙に異なります。

設定でWiFiのところを押すと、接続可能なWiFiスポット(有料や家庭のWiFiも含む)が出てきます。公式サイトやWiFiを専用に探すアプリも存在しており、その機能をオンにしておくと、フリーWiFiに自動的に接続することが出来るので利用するのも便利です。

携帯キャリアや無料スポットはカフェや天井、店舗の窓にFREEWiFiスポットと書かれている表記(ステッカー等)があるので、そちらを利用するようにしましょう。

WiFiスポットでの接続方法

外で使えるFREEWiFiですが、SSIDを選択し、利用登録やSNSアカウントとの連携等が必要になることが多いです。その他店舗によってはメニュー表やレシートなどに記載されているケースもあります。

接続方法は、必要事項を入力するだけでできます。各携帯キャリアの場合には、専用アプリがあると自動的に接続を行ってくれることがあるので利用してみましょう。

FREEWiFiか有料のWiFiかを見極めるのは、なかなか難しいですが、接続時に必ず注意事項を読むようにしましょう。有料のWiFiの場合には、金額を支払う確認画面が出てくることが多いので、それをしっかりとチェックし、使う際には金額を確認しましょう。

WiFiスポット利用における危険性を知っておこう

非常に便利で接続も簡単なFREEWiFiスポットは、逆に言うと誰しもが接続可能なスポットでもあります。したがってなりすましや、のぞき見など悪意ある利用方法も行うことができてしまいます。

まずチェックしたいのは、WiFiの表記の際のSSIDに鍵マークがついているかどうかです。

鍵マークがついていると、やり取りが暗号化されており、なりすまし等の防止になります。逆に鍵マークが付いていないWiFiスポットは、自分のスマホの情報を他者にさらしているようなものです。

その暗号化されたWiFiスポットにおいても、悪意ある他者が侵入しないとも限りません。したがって、外出先でのWiFiの利用においては、個人情報を入力するようなことは避け、ブラウジング等の利用にとどめましょう。

モバイルWiFiという選択肢もある

外出先でのWiFi利用をする方法には、モバイルWiFiといった選択肢もあります。

モバイルWiFiとはなにか

モバイルWiFiとは、無線LANの機能を備えているポータブルWiFiのことです。現在続々と利用者が増えており、今後5Gとの関連性がありますが、現在では一番簡易にインターネットが楽しめる機器でしょう。

持ち運びできるサイズの通信機器のために、家でも外でも場所を選ぶことなく自由にインターネットが楽しめます。

またFREEWiFiのようにSSIDをパスワードで管理されており、簡単に悪意ある侵入行為等を受けることがありません。自分専用の携帯WiFiです。

モバイルWiFiは充電が必要で、電地が無くなってしまうと利用が出来なくなります。また一部の箇所では通信がしにくくなることもあります。

テザリング(スマホにWiFiを繋いで、それを携帯WiFiにして他のものと通信すること)と似ていますが、実際には、利用料金や通信速度等ポケットWiFiのほうがはるかに使いやすいです。

また、通信量が多くなればなるほど、テザリングよりポケットWiFiのほうが利用しやすくなっています。

回線工事不要ですぐにネット接続が可能

ポケットWiFiは回線工事不要で、電源を入れて、そのポケットWiFiと機器を繋ぐだけで、簡単に利用することができます。

固定回線のように工事を待つことも無いため、その点はメリットが大きいです。家にすでに固定WiFiがある人や会社でもWiFiが繋がっており、移動のときだけ使用するというのではあまりメリットが大きくは無いですが、それ以外のケースの場合では、かなり重宝します。

回線等の設定も不要ですし、もし家の固定WiFiルーターを無くして、電話もスマホだけにする等の場合には、検討してみる価値があります。

今後5Gがどれくらい普及するかによってもポケットWiFiの価値が変わりますが、現状の4G回線を利用していて、通信速度料金等を比較すると、ポケットWiFiの利用を検討してみる価値のある方は多いのではないでしょうか。

WiFiとは何かを知ってうまく活用してみよう

WiFiとは、無線LANの一種で、現在は一番認知度が高い回線です。主に5種類ありますが、今後acの他にもっと性能がよいWiFiができるかも知れません。

接続方法に関しても、家に工事に来た業者に任せるとやってくれます。また、自分で行うときもパソコンの有線LANはWAN、ルーターにはLANと覚えておくと簡単です。

外出先でもFREEWiFiスポットが多く見受けられます。ただしその使用方法は注意が必要です。ポケットWiFiも外出が多い方や、移動の多い方を中心に利用価値があります。WiFiとは何かを知り、上手く活用してみましょう。

ポケットWiFiについては、こちらの記事で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

光回線/Wi-Fi お申し込み電話相談を受け付け中!

iPhone格安SIM通信では光回線や、Wi-Fiなどインターネットの利用開始やお切替えを検討中のお客様に電話相談を受け付けております。

ソフトバンクの正規代理店DRMの専門オペレータがお客様のご要望に合わせて、ソフトバンク光やソフトバンクAirをご案内させていただきます。

今すぐ無料相談!
SoftBank 光
SoftBank Air
【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2019年03月30日

おっきー ― ライター
おっきー ― ライター

物心ついた頃からiPhoneがあるスマホネイティブ世代。SNSから最新情報を取得するのが日課。趣味はダンス。

関連キーワード