• Wi-Fi

WiFiパスワードを共有する方法|共有時の注意点!iPhone/Androidそれぞれ解説

WiFiのパスワードを共有する方法と、共有時の注意点を解説します。WiFiは、複数人で使えるインターネット環境として人気です。しかし、共有する時にいちいちパスワードを打ち込むことは面倒です。今回は、パスワードを打ち込まずにWiFiに接続する方法を解説します。
【公式】カシモWiMAX WiFiパスワードを共有する方法|共有時の注意点!iPhone/Androidそれぞれ解説

スマホは便利ですが、「通信量制限」が唯一の難点と言ってよいでしょう。ところがWiFiを使うと、通信容量を消費せずに通信できるため、安心してバッテリーの続く限りスマホを利用できます。

しかしWiFiは無線通信なので、通信内容を傍受されたり乗っ取られることを防ぐためにしっかりとセキュリティ対策をする必要があります。安全にWiFiを楽しむために、その方法を探っていきましょう。

WiFiの接続方法と注意点

WiFiを安全に楽しむためには、自分の意図するWiFi機器に間違いなく接続し、通信内容を暗号化して万が一傍受されても通信内容を読み取れないようにする必要があります。

ただし、そのためには機器を特定する「SSID」と接続するための「パスワード」が必要です。

SSIDとは

WiFiは、インターネット回線とスマホなどの通信機器をつなぐ「アクセスポイント」の役割を果たし、アクセスポイントはひとつでも、複数の通信機器と接続できます。

自宅の近所にアクセスポイントが複数ある場合、どれが自宅のものなのかを見分ける必要があります。自宅のアクセスポイントは、「SSID」という固有の名前で見分けることができます。

あるアクセスポイントと接続するときは、通常「パスワード」の入力が必要です。このパスワードは、アクセスポイントとの通信内容を暗号化するために必要なもので、「暗号化キー」または「セキュリティキー」と呼ばれることもあります。通常、パスワードはSSIDごとに異なります。

パスワードの確認方法

通常一般家庭などで使われるアクセスポイントは「WiFiルーター」と呼ばれています。WiFiルーターには、最近では「WPS」、「AOSS」、「らくらく無線スタート」などボタンを押すだけで簡単に接続・設定してくれる簡易接続機能が備わっています。

しかし、対応していない機器では自分でパスワードを入力しなければなりません。まずはこの初期設定パスワードを確認しましょう。

主な確認方法は次の3つです。

ルーターのラベルや説明書で確認する

WiFiパスワードは、ルーター本体の底面や背面に貼られているラベルに、SSIDとともに記載されているのがほとんどです。

中にはそのラベルシールが説明書の中に挟んであることもありますが、どちらにしても機器と一緒に提供されています。

WiFiに接続されているパソコンで確認する

WiFiルーターは各種設定をパソコンで確認できます。メーカーによって設定画面を開く方法は異なりますが、インターネットブラウザで指定のアドレスを入力したり、専用ソフトをインストールすること開くことができます。パソコンから設定画面を見ることで、パスワードを確認できます。

WiFiに接続済のパソコンで確認する

すでにWiFiに接続しているパソコンがあれば、その設定画面で確認できます。Windows、MacOSなど基本ソフトによって具体的な確認方法は異なりますが、WiFi通信設定画面の、「接続またはセキュリティ」を開くとパスワードが記載されています。

パスワードの注意点

ここで注意したいのは、ラベルにあるパスワードは「工場出荷時の初期パスワード」であるということです。

パスワードはユーザーが変更することができます。もし、パスワードを変更した場合、初期パスワードは使えません。変更したWiFiのパスワードを忘れてしまったら、誰にも分からなくなります。変更するときはメモに残して大切に保管するか、決して忘れないものにする必要があります。

パスワードの変更は、アクセスポイントの設定画面でできます。極限までセキュリティを高めるなら、定期的にパスワードやSSIDを変更することも有効です。

WiFiを共有する方法

WiFiを使うことで、電話番号が割り振られていない「WiFiタブレット」などでも通信できるようになります。

当然、通信料を気にせず使用でき、大容量の写真などのファイルのやりとりや動画の視聴も可能です。

また、同じWiFiに接続するというで、大人数でネットワークを楽しむことができます。大人数でWiFiに接続することでゲームも思う存分楽しめますし、通常ならSNSなどを通じてしかできない大容量の画像や動画の共有も簡単です。

次に、WiFi家族や友だちなど「自分以外の人」とも共有する方法を解説していきます。

パスワードを入力する

WiFiを共有するには、SSIDとパスワードを知らせなくてはなりません。

SSIDはWiFi接続しようとすると電波が届いている範囲内なら自動的に表示されるためわかりやすいのですが、パスワードは英数字が10桁以上の複雑なものなため、少し面倒かもしれません。

もし手元にWiFiルーターやSSID・パスワードが記載されたラベルシールがあれば、それを見せるのが最も簡単です。

パスワード共有機能を使う

共有したい機器がiPhoneなら、「すでに接続しているiPhoneを近づけるだけ」であっという間にWiFiパスワードを共有できます。ただ、そのためにはどちらもiOS11以降にアップデートしている必要があります。

まず、まだ接続していないiPhoneでWiFiのパスワード入力画面を開き、すでにWiFiパスワードを接続しているiPhoneに近づけます。

すると、共有元のiPhoneに「WiFiパスワードを○○さんと共有しますか?」と表示されるので、ここで「パスワードを共有」をタップすれば、自動的にWiFiに接続されます。

この機能を使うと、相手にパスワードを伝える必要がなく、無用な悪用を防ぐこともできます。

ここからは、より詳しい手順を解説していきます。

条件をクリアしているか確認する

WiFiパスワードを共有するには、お互いのiPhoneに連絡先を登録することが必要です。これは、他の人と誤って共有しないようにするための措置で、逆に言えば連絡先を知らない第三者に漏れることはありません。

大切なのは「お互いが登録している」ということです。どちらか一方だけが登録していても共有はできません。

またこの機能は比較的新しいもので、iPhoneの基本ソフトであるiOSの古いバージョンには搭載されていません。iOS11以降にアップデートしていない、アップデートできないiPhoneでは利用できません。

もし共有できなければ、まずアップデートしてみるとできるようになる可能性があります。

WiFi接続画面からの操作

共有するには、まだパスワードが入力されていないiPhoneを操作します。「設定」アイコンをタップして設定画面に入り、その中の「WiFi」をタップし「ネットワークを選択」するためのリストの中から、共有するネットワークのSSIDをタップして選択し、パスワード入力画面を開きます。

パスワードを共有する

この状態で、今度はすでにWiFiに接続しているiPhoneを近づけます。すると「WiFiパスワード」というウインドウが開くので、画面下にある「パスワードを共有」をタップして共有を許可すれば、自動的に共有を開始します。

相手側へパスワードの送信が終わると「完了 WiFiパスワードが正常に共有されました」と表示され共有は完了します。

新しく接続したiPhoneの画面を見れば、WiFi接続が完了していることがわかります。iPhone画面上端の、「4G」とあったところが上向きの「扇」の形のWiFiマークが表示されていればWiFiに接続されています。

WiFiマークは3段階に分かれていますが、3つとも白くなっていればWiFi電波を最も強く捉えている、1つだけならあまり強くないことを表しています。そんなときはアクセスポイントに近づけたり、間にある障害物を取り除くと改善する場合があります。

WiFiを共有するときの注意点

WiFiは非常に便利で有意義ですが、無線であることとその仕組みはあまり知られていないことから、共有するときに注意すべきことがあります。その代表的な2点について解説します。

意図していない共有に注意する

近年、家庭でのWiFi普及率は5割を超えており、パソコン・スマホはもちろんゲーム機からアクセスする子どもも増えてきています。

公共エリアではないことから安心してしまいがちですが、たとえ自宅の内であってもWiFi電波はたくさん飛び交っています。電波の届く範囲であれば悪意のある第三者が侵入することも可能なのです。

意図していない共有によって、一戸建ての前の道路や公園から、マンションでも廊下やエレベーターホール付近から不正にアクセスされた例もあります。

自宅だから安全だろうといった思い込みは捨て、セキュリティには万全の対策を取るよう努めましょう。

フリーWiFiに注意する

WiFiの中には、接続するためにパスワードを使わない「フリーWiFi」という誰にでも使えるものもあります。

パスワードが必要ないということは、不特定多数の機器が同時に接続するということです。同時にWiFiに接続することで、個人情報を抜き取られてしまう可能性もあります。また、悪意のある端末からウイルスに感染させられたり、ファイルを破壊される可能性もあります。

フリーWiFiでも、提供する事業者によってはしっかりと安全性に配慮したものはあります。しかし、あまり知られていない事業者が提供しているのであれば、注意して使うか、使わない方が賢明といえます。

安心安全でWiFiを使いたいなら

出先でフリーWiFiや誰かと共有して、WiFiを使うのが面倒くさくて、安心できない方なら、ポケットWIFIを契約するのがおすすめです。

数多くポケットWIFIの中にも、WiMAXというサービスがおすすめで、無制限プランがあって、セキュリティサポートが付いているサービスもあります。

パスワードの共有方法を知って活用法を広げよう

スマホキャリアの回線を使うとデータ容量を消費し、契約している容量を超えれば追加料金が発生するか低速での通信を余儀なくされます。

しかし多くのユーザーが使いたいのは「大容量」のものばかりです。長時間の動画やアプリのダウンロードはどうしても使うのがためらわれます。

そういった大容量の通信を使いたいときは、帰って自宅のWiFiを使う、という人がほとんどです。WiFiは設定していれば電波の範囲に入ればすぐに接続でき、データ容量を消費しません。

通信速度も高く非常に便利なのですが、無線通信なので繋がっているかどうかが視覚で判別できず、不正な傍受が発見しにくい難点があります。

もしiOS機器間の共有であれば、パスワードを伝えることなく共有することも可能です。安全なパスワードの共有方法を知って、より有意義に活用しましょう。

また、WiFiを使う際の具体的なセキュリティ対策については、こちらの記事で解説しています。ぜひ、確認してみてください。

光回線/Wi-Fi お申し込み電話相談を受け付け中!

iPhone格安SIM通信では光回線や、Wi-Fiなどインターネットの利用開始やお切替えを検討中のお客様に電話相談を受け付けております。

ソフトバンクの正規代理店DRMの専門オペレータがお客様のご要望に合わせて、ソフトバンク光やソフトバンクAirをご案内させていただきます。

今すぐ無料相談!
SoftBank 光
SoftBank Air
【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2019年03月30日

おっきー ― ライター
おっきー ― ライター

物心ついた頃からiPhoneがあるスマホネイティブ世代。SNSから最新情報を取得するのが日課。趣味はダンス。

関連キーワード