WiFiのパスワードの確認方法を解説|端末別の確認方法も紹介

WiFiのパスワードの確認方法・使用時の注意点を解説します。WiFiルーターのSSID,パスワードが分からないと接続ができません。WiFiのパスワードを忘れた場合は確認が必要です。その確認方法は複数あるので、今回解説する表示場所を見て確認してみてください。
【公式】カシモWiMAX WiFiのパスワードの確認方法を解説|端末別の確認方法も紹介

セキュリティがかかっているWiFiの電波を利用する場合、パスワードを入力しなければなりません。そして、WiFiは一度つなぐと接続しっぱなしです。そのため、一度解除してからまた接続する際に、パスワードを忘れてしまうこともあるでしょう。

そこで今回は、WiFiのパスワードの確認方法や、パスワードを使用する際の注意点を解説します。参考にしていただくことで、忘れてしまっても慌てることはなくなるでしょう。

W-Fiパスワードの確認方法

WiFiにスムーズに接続するためには、パスワードをきちんと保管しておくに越したことはありませんが、仮に忘れてしまっても問題はありません。

パスワードを確認する方法は複数あり、どれかひとつ試すだけで簡単に確認できます。どの方法を用いても構わないため、自分にとって便利な方法を覚えておきましょう。

WiFiルーター本体で確認

WiFiのパスワードは、基本的にはルーター本体に記載されています。機種によって記載箇所は違いますが、本体側面や底面にラベルが貼り付けてあり、そこに記載されていることが多いでしょう。

メーカーによって記載は違いますが、「KEY」や「PASS」、「暗号化キー」などの名称で記載されています。

それらがパスワードになるため、それを入力して接続を確認してみましょう。また、同じ場所に「SSID」という表記もありますが、これはWiFiのネットワークの名称を表します。

ルーターによっては、1台で複数の通信帯域を持っていることもあるため、SSIDに対応するパスワードを入力しなければなりません。

通信帯域は「2.4GHz」「5GHz」の2つが主流です。接続できない場合は、これらの選び間違いがないかもチェックしましょう。

本体の画面で確認

据え置きのルーターではなく、持ち運びが可能なモバイル型ポケットWiFiの場合も、本体にSSIDやパスワードが記載されていることが多いです。

また、本体に画面がついており、そこから直接操作できるものなら、ポケットWiFiの本体画面でSSIDとパスワードもチェックできます詳しい操作方法は、説明書やマニュアルに載っているため、分からない場合はそちらを見るとよいでしょう。

セットアップカードや付属のマニュアルで確認

メーカーや機種によって名称は違いますが、セットアップカードやマニュアルを確認することでも、パスワードをチェックできます。これは、いわば説明書ですが、「情報シート」「設定カード」という名称がつけられていることもあるでしょう。

これにもSSIDのほかに、初期設定のパスワードが記載されていることが多いです。初期設定は英数字のランダムな配列となっていて、入力ミスをしがちなため、一文字ずつチェックしながら入力しましょう。

大文字小文字の違いや「0」と「O」、「l」と「i」といった間違いやすい文字もあるため注意が必要です。

手元に説明書がない場合は、メーカーに問い合わせてみてもよいでしょう。ただし、ルーターが外国産の場合、サポート対応してもらえない場合もあるため注意しなければなりません。

パソコン・スマホのアプリで確認

パソコンやスマホのアプリで、ルーターの設定画面が開ける場合は、ここからパスワードの確認も可能です。

ただし設定のために、そもそもインターネットにつながなければならず、WiFiに未接続ではできない場合もありますが、一部オフライン環境下で動くものもあります。

また、スマホのアプリならWiFiを使わなくても、キャリア回線を使用してネットに接続できるため、そこから確認してもよいでしょう。

メーカーや機種ごとに設定画面は違いますが、基本的にはSSIDとセットでパスワードも記載されていることが多いです。

WiFi接続済みのスマホ・パソコンからも確認可能

すでにほかの機器でWiFiに接続している場合、それを利用してもパスワードを確認できます。接続済みならパソコンに限らず、スマホやタブレットからも確認可能です。確認方法は機器ごとに違うため、それぞれのやり方を知っておきましょう。

iPhoneの場合

スマホを使用する場合、基本的にはiPhoneに限らず、Androidでも確認は可能です。ただし、アプリからルーターの設定画面に飛べることが条件のため、これを満たしていない場合は、確認できない可能性もあります。

確認方法は、まず「設定アプリ」から「WiFi」をタップして、現在接続しているSSIDを探します。SSIDの横に丸印の「i」マークがあり、これをタップするとネットワークの詳細情報が確認できます。

そこからIPアドレスをコピーして、アプリの設定画面で入力しましょう。

アプリごとに操作方法は異なりますが、「設定」や「セットアップ」といった項目があるため、そこに移動し、パスワードの確認という項目まで進むとチェックできます。

簡単にパスワードを共有することも可能

アップル製品の場合、iOSのバージョン11以降なら、パスワードの共有が簡単に行えます。そのため、すでに接続している機器や、これから接続する機器が両方アップル製品の場合、パスワードの確認なしで簡単に接続が可能です。

パスワードを共有するためには、「設定アプリ」の「WiFi」から、接続したいSSIDを選びます。パスワード入力画面で待機させ、すでに接続している機器を近づけると、「パスワードを共有しますか?」という表示が出るため、共有をタップしましょう。

すると、入力なしで自動的に接続されるため、いちいちパスワードを確認する必要はありません。機器を近づけるだけで簡単に接続できますが、実際につなぐためには接続側からの許可が必要です。

そのため、知らない人に勝手に共有してしまうという心配もなく、便利かつ安全に使える機能といえます。

Windows の場合

Windowsのパソコンを使用している場合は、WiFiへの接続を行う「ワイヤレスネットワーク」のアイコンを右クリックしましょう。基本的には画面の右下で、時計の左横あたりのタスクバーに隠れていることが多いです。

右クリックすると、「ネットワークと共有センター」という表示があり、さらにそれをクリックします。現在のネットワークの接続状況が表示されるため、接続しているWiFiのSSIDをクリックし、プロパティを表示しましょう。

さらに「セキュリティ」タブに移動し、「パスワードの文字を表示する」にチェックを入れると確認できます。バージョンによって若干の違いはありますが、基本的には接続状況まで進み、プロパティの確認からパスワードはチェックできます。

Macの場合

Macに接続している場合は、「iCloud Keychain Sync」のアプリから確認が可能です。これを使用するためには、別のMacやiPhone、iPadのiCloudアカウントを使って、WiFiに接続しておかなければなりません。

同一のアカウントで接続したことがあるなら、iPhoneかiPadから「設定アプリ」を開き、「iCloud」へと進みます。

さらに「Keychain」に進んで、機能を有効にしましょう。有効にしたあとは設定まで戻って、パーソナルホットスポットをオンにします。

その後はMacで操作し、iPhoneかiPadで有効にしたホットスポットに接続します。

「キーチェーンアクセス」を開くと、接続しているSSIDが表示されるため、クリックして「パスワードを表示」をオンにすると確認可能です。

Macの場合、手順がやや複雑ではありますが、iPhoneやiPadと共通のiCloudアカウントを使っているなら、それほど面倒でもないでしょう。

WiFiのパスワードが必要なとき

パスワードの確認方法を知るのは大切ですが、どのようなときにパスワードが必要かを、把握しておくことも大切です。

確認が必要なタイミングは意外に限られていて、日常的に頻繁にチェックするということはないでしょう。使いどころが限られているからこそ、タイミングを知っておくことが大切です。

通常のWiFiを利用するとき

パスワードの確認や入力が必要になるのは、基本的にWiFiに接続するときです。WiFiは電波ごとにSSIDとパスワードが決まっていて、それぞれ接続先を混同しないために、パスワードを入力しなければなりません。

ただし、一度接続したSSIDには、自動接続の設定をつけておくと、以降のパスワードの入力なしで接続できます。

WiFiの設定画面から自動接続の設定をしたり、SSIDごとに設定を変えたりもできるため、それらもチェックしておきましょう。また、全てのWiFiにロックがかかっているわけではなく、一部フリーで公開されているものもあります。

ロックのないものについては、接続先のSSIDをタップするだけで自動的に接続できます。そもそもパスワード自体設定されていないため、入力は不要だと考えましょう。

公衆無線LANにつなぐとき

自宅のルーターはもちろん、各施設やお店で提供されている公衆LANに接続する場合も、パスワードが必要なことが多いです。提供されている公衆LANの多くは、利用規約やパスワードが設定されているため、まずはそれを確認しましょう。

接続するためには「WiFi」の設定画面から対象になるSSIDを選び、接続確認画面に進みます。提供元によって使用条件は違いますが、メールアドレスを入力したり、そのお店や施設の会員番号を入力したりすることもあるでしょう。その後、指定されているパスワードを入力すると、接続が完了します。

ただし、公衆LANはそれぞれで特徴が違い、接続できるネットワークに制限があったり、制限時間が限られていたりもするため注意が必要です。

また、コンビニなどで無線LANに接続する方法はこちらで解説しているので、ぜひご確認ください。

WPSの自動接続設定を利用する際は不要

WiFiに接続する場合でも、WPSの機能を使う場合は、パスワードなしで接続が可能です。これを使うためには、ルーターと接続機器、それぞれにWPS機能が搭載されているかを確認しなければなりません。

WPS搭載の場合は、接続する機器の「WiFi」設定を開き、「WPS設定」あるいは「かんたん接続」といった項目に進みます。

さらに進むと、アクセスポイントが検索されるため、検索中にルーター本体にあるWPSボタンを長押ししましょう。アクセスポイントが検出されると、SSIDを選んだりパスワードを入力したりせずに、WiFiに接続できます。

WiFi使用時の注意点

WiFiを使う際は、パスワード管理が非常に重要です。パスワードが悪用されてしまうと、個人情報が抜き取られてしまう可能性があります。次に、パスワードを抜き取られないようにするためのポイントを解説します。

SSLモードの確認

WiFiを安全に使用するためには、暗号化して通信を守れる「SSLモード」に設定することが大切です。ルーターによっては、設定画面から通信モードを変更できる場合があるため、情報漏洩を防ぐためにも、必ず暗号化しておきましょう。

暗号化しておかないと、クレジットカードの番号や住所、連絡先などの個人情報を抜き取られる可能性があります。また、公衆LANを使用する場合も、SSLモードで接続されているかチェックしましょう。

無料で使えるフリーWiFiは便利ですが、回線によっては、安全性が保証されていない場合もあるため注意が必要です。

まとめ

今回は、WiFiのパスワードを確認する方法を解説しました。パスワードを確認したいときは、今回紹介したところをチェックしてみてください。

また、WiFiは、ネットを快適に楽しむためには欠かせない存在ですが、便利に使える分、悪用されると大変なことになります。

とりわけパスワードの管理は重要で、外部に流出しないように、また忘れて接続できないことがないよう、大切に管理しなければなりません。正しく安全に使うことを心がけ、WiFiを上手に活用しましょう。

光回線/Wi-Fi お申し込み電話相談を受け付け中!

iPhone格安SIM通信では光回線や、Wi-Fiなどインターネットの利用開始やお切替えを検討中のお客様に電話相談を受け付けております。

ソフトバンクの正規代理店DRMの専門オペレータがお客様のご要望に合わせて、ソフトバンク光やソフトバンクAirをご案内させていただきます。

今すぐ無料相談!
SoftBank 光
SoftBank Air
【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2019年03月27日

おっきー ― ライター
おっきー ― ライター

物心ついた頃からiPhoneがあるスマホネイティブ世代。SNSから最新情報を取得するのが日課。趣味はダンス。

関連キーワード