【2020年】小型WiFiルーターおすすめ7選!旅行・出張に便利なホテルルーター

外出先でネット通信環境があるなら、小型WiFiルーターの使用がおすすめです。小型WiFiルーターは、商品ごとに特徴や機能は異なるため、自分に合ったものを選びましょう。ここでは、小型WiFiルーターの魅力やおすすめ商品を紹介します。
【公式】カシモWiMAX 【2020年】小型WiFiルーターおすすめ7選!旅行・出張に便利なホテルルーター

WiFiルーターを持っていると、外出先でも快適にネット通信が楽しめます。しかし、ルーター自体が邪魔になり、持ち運びに不便を感じたことがある人もいるでしょう。

そこでおすすめなのが、小型WiFiルーターです。今回は、従来のWiFiルーターとは何が違うのかお伝えするので、小型ならではの魅力も知りながら、理解を深めていきましょう。

\格安がずーっと続く!/
【公式】カシモWiMAX

出張・旅行に便利な小型WiFiルーター

持ち運びに特に便利なのが小型WiFiルーターで、出張から旅行まで幅広いシーンで活躍します。しかし、持ち運びができるのは小型WiFiルーターだけに限らず、従来のものでも外出先で利用できるものはあります。

小型WiFiルーターには、ほかのものと違った特徴があるため、まずはそれを知りましょう。

ホテルルーターと呼ばれる

小型WiFiルーターは、ホテルルーターとも呼ばれており、実際のホテルで活躍することが多いでしょう。ホテルでは、無線のWiFiが飛んでいるほかに、有線接続できるLAN端子が備わっていることも多いです。

無線でも当然利用できますが、ホテル中の人が利用していると電波が弱く、通信速度が遅くなることがほとんどでしょう。また、ホテルによっては、有線LANのみ設置している場合もあります。

有線LANに接続するためにはLANケーブルが必要で、基本的には端子一つに機器は一つしか接続できません。

しかし、小型WiFiルーターを使うと、これが中継器の役割を果たして、複数台への無線接続が可能になります。通常の無線接続を利用するよりも、有線接続から供給される電波を使ったほうが、速度が速く安定もしているため、部屋でのネットの利用には最適でしょう。

モバイルWiFiとは異なる

小さくて便利に持ち運んでWiFi接続ができる点から、モバイルWiFiの存在を思い浮かべる人は多いでしょう。確かに似ていて混同しやすいのですが、小型WiFiルーターとモバイルWiFiは、一線を画します。

モバイルWiFiの場合、ルーター本体からWiFi電波を発信し、それを利用して無線接続が可能です。しかし、小型WiFiルーターの場合は、有線LAN端子に接続してWiFiの電波を供給するため、そもそもインターネットへの接続環境を必要とします。

ネット環境がなくても、本体の電波を使って接続できるのがモバイルWiFi、ネット環境がある状態で、有線から無線に電波を切り替えて接続するのが、小型WiFiルーターです。

小型WiFiルーターを選ぶポイント

小型WiFiルーターを持っていると、ホテルのようにネット接続できる環境下では、特に便利に利用できます。

しかし、小型WiFiルーターなら何でもよいわけではなく、機器ごとに特徴が違うため注意しなければなりません。どの機器を選ぶかによって利便性は異なるため、上手に選ぶポイントを知っておきましょう。

\格安がずーっと続く!/
【公式】カシモWiMAX

周波数帯と通信速度

小型WiFiルーターは、機器によって対応する周波数帯が異なるため、それらの違いをチェックしておきましょう。WiFiで使用される主な周波数帯は、2.4GHzと5GHzに分けられます。2.4GHzは、ルーターから離れたところでも接続しやすいですが、電波環境が安定しづらく、通信速度も遅くなりやすいです。

5GHzは通信速度が比較的速く、安定性も高いですが、反面ルーターから離れると通信障害を起こしやすいです。小型WiFiルーターの場合、有線LAN端子から電波を供給し、それほど遠くに移動することはないため、基本的には安定性の高い5GHzがよいでしょう。

しかし、設置されているWiFi次第では、どちらか一方の周波数帯しか供給していない場合もあります。したがって、使用環境の制限を受けたくないなら、両方に対応しているものを選ぶことがおすすめです。

USBタイプかコンセントタイプか

接続方式は、USBタイプかコンセントタイプかのどちらかです。USBタイプの場合は、パソコンやモバイルバッテリーに接続して充電できるため、長時間の持ち運びでも困らないでしょう。

また、コンセントがなくてもバッテリーさえあれば使用できるため、使用環境を選びにくいことも魅力です。

反面、ルーター本体や接続機器本体のバッテリーが少ない場合、電波供給が難しくなることがデメリットです。コンセントタイプの場合、使用するのにコンセントが必須ですが、電源供給環境があれば無制限で利用できます。

パソコンからのバッテリーを奪う心配もなく、コンセントの差込口は本体に直接取り付けられているため、コードもなくてコンパクトです。

ただしコードがない分、動きに制限が出やすく、WiFi使用中は電源周りを離れづらいというデメリットも。両者とも一長一短があるため、どちらのメリットが大きいか、あるいはデメリットが少ないかで選びましょう。

小型WiFiルーターを使うメリット

同様に持ち運べるモバイルWiFiではなく、小型ルーターを使うメリットは、費用の安さにあります。モバイルWiFiの場合、機種代だけでなく、月額の利用料金を払わなければなりませんが、小型WiFiルーターの場合、本体の代金だけで買い切りで済みます。

長く使うことを考えると、いかに月額料金が安いとしてもかなりの金額になるため、費用面で見ると、圧倒的に小型WiFiルーターのほうがメリットは大きいでしょう。

また、接続の簡単さも魅力で、本体で一度設定を済ませておくと、あとは有線LAN端子につなぐだけで、素早く接続できます。

一度に複数台の接続も一気に行え、固定回線からの電波供給となるため、台数が増えても通信速度が落ちづらいこともメリットでしょう。ネット環境は必要なものの、環境さえ整っていれば、安いコストで便利に使える点は大きな魅力です。

おすすめの小型WiFiルーター

上手な選び方を知ったうえで実際の商品をチェックし、自分に合ったものを探しましょう。小型WiFiルーターは、商品ごとの特徴をしっかり把握して、使用用途やシーンを考えて選ぶことが大切です。

持ち運びに便利で通信速度も速く、快適に使えるものを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

iPhone格安SIM通信アンケート

エレコム WiFiルーター 無線LAN ポータブル

「エレコム WiFiルーター 無線LAN ポータブル」は、高速通信規格の「11ac」に対応していることが魅力です。より速い通信速度を求めたい人におすすめで、複数台同時利用が多い人にも向いているでしょう。

ポケットにも忍ばせやすいコンパクトサイズで、重さやも約45gと超軽量な点も特徴です。

荷物が多い場合でも持ち運びやすく、長期の旅行や出張でも活躍するでしょう。これ1台で、複数のSSIDを設定できるため、WiFiにつないだ瞬間に、複数端末に同時自動接続することも可能です。設定次第では、さらに便利に快適に利用できます。

エレコム WiFiルーター WRH-300CRBK

「エレコム WiFiルーター WRH-300CRBK」は、カードリーダーライターの機能も備えていることが特徴です。

本体にSDやフラッシュメモリも接続できるため、別途カードリーダーライターの持参は不要で、これ一台で複数の機能を実現できます。

通信速度は最大300Mbpsと非常に速く、外出先でも快適にネットが利用できるでしょう。手の中に収まるコンパクトなサイズ感も魅力で、持ち運びの際にも邪魔になりません。

BUFFALO WMR-433W-BK

「BUFFALO WMR-433W-BK」は、11acの高速通信に対応しています。スクエアタイプで、一見持ち運びに不便にも思えますが、重さは19gと非常に軽く、外出先でも使いやすいでしょう。パソコンと一緒にしまいやすい、角の取れた丸みのあるデザインも特徴的で、カラーバリエーションも8色展開と非常に豊富です。

また、接続も非常に簡単で、「WPS機能」が搭載されているため、ボタンひとつで簡単接続が可能です。専用のアプリからスマホで設定もでき、便利に使いやすいことが魅力でしょう。

BUFFALO WMR-300

「BUFFALO WMR-300」は、本体にUSBと有線LANのケーブル両方収納できることが特徴です。コードがかさばらないため、よりコンパクトに持ち運べて、中で線が絡まるといった、細かいストレスからも解消されるでしょう。また、ワンタッチ接続の「AOSS」機能も搭載されていて、スムーズに使用できます。

\格安がずーっと続く!/
【公式】カシモWiMAX

PLANEX ちびファイ3 MZK-DP150N

「PLANEX ちびファイ3 MZK-DP150N」は、コンセントタイプで使用できる小型WiFiルーターです。サイズ感は非常にコンパクトで、持ち運びにも便利でしょう。

また、有線LANからの接続はもちろん、無線での電波をキャッチして各種機器に接続することも可能です。

最近では、ホテルでも有線LANポートを置いていないところが増えているため、使用環境の制限を受けづらい点は、大きな魅力でしょう。対応している周波数帯は2.4GHzで、ルーターから離れた場所で接続できることも特徴のひとつです。

NEC AtermW300P PA-W300P-B

「NEC AtermW300P PA-W300P-B」は、USB充電式の小型WiFiルーターです。サイズ感は非常にコンパクトで、重さや約20gと軽量なことも魅力でしょう。ポケットでも持ち運べるサイズで、荷物が多くても邪魔になりません。

また、接続台数の多さも特徴で、最大10台まで同時につなげます。パソコンやスマホ、タブレットなど複数の端末を使う人や、複数人でWiFiをシェアして使いたい人におすすめでしょう。

NEC AtermW500P(ブラック) PA-W500P-B

「NEC AtermW500P(ブラック) PA-W500P-B」は、有線、無線両方に接続できる点が特徴です。通信モードが多彩で、幅広い環境に対応できることが大きな強みです。

加えて、高速通信規格の11acにも対応しており、周波数帯も2.4GHzと5GHzの両方使えます。

切り替えはスイッチひとつで簡単に行えて、直感的に操作できることも魅力でしょう。使用用途やシーンに合わせて、幅広い選択肢から接続方法を選べるため、使い方を決めかねている人にもおすすめです。

小型WiFiルーターを利用する際の注意点

外出先でも気軽に利用できて、とても便利な小型WiFiルーターですが、使用は基本的に国内に限定したほうが無難です。海外での使用については、メーカーは一切関知しておらず、何らかのトラブルが起きたとしても、対応してもらえません。

また、あくまで国内向けに作られている商品のため、場合によっては海外の環境では、利用できないこともあるでしょう。海外で全く使えないとは限りませんが、使用は自己責任になるため、安全に使いたいなら国内のみに限定することがおすすめです。

\格安がずーっと続く!/
【公式】カシモWiMAX

好みのタイプの小型WiFiルーターを選ぼう

ひとくちに小型WiFiルーターといっても、種類は豊富で商品ごとの違いは大きいです。考えている使用用途や活用シーンによっては、商品の特徴と合致せずに、使い勝手の悪さを感じてしまう可能性もあります。

便利なアイテムを賢く使うためには、自分に合ったものを選ぶことが大切です。条件に合うアイテムを見つけて、小型WiFiルーターを上手に使いましょう。

そのほか、通信速度の改善におすすめのルーターや、WiFiの通信速度が遅くなる原因と対策についてまとめた記事もあるので、参考にしてみてください。

速度が速いおすすめのWiFiを紹介した記事もありますので、ぜひご参考にしてください。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2020年03月24日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!