WiFiの2つの周波数帯の違いとは?特徴と注意点を解説

2.4GHz帯と5GHz帯という、2つの周波数帯の特徴や注意点について解説します。WiFiを利用する際には、周波数や通信規格の理解が重要です。これらは接続の可否や、電波の強弱に関係するからです。また、ルーター買い替えのポイントも解説します。
【公式】カシモWiMAX WiFiの2つの周波数帯の違いとは?特徴と注意点を解説

WiFiを使用する際には、電波の周波数に注目することが大切です。周波数を確認して、使用環境にもっとも適したものを選ぶことで、より快適にネットライフを楽しめるでしょう。

特に、WiFiルータの買い替えを検討しているなら、周波数は必ずチェックしておかなければなりません。そこで今回は、2つの周波数の特徴や選ぶ際の注意点、ルーターを購入する際のポイントなどを解説します。

WiFiの通信規格を理解しよう

そもそも、WiFiには通信規格というものがあり、快適にネットを利用するためには、これについて理解を深めることが大切です。

通信規格とは

通信規格とは、簡単にいえばネット通信をする信号の形で、これには複数の種類があります。

WiFiの場合は、11ac、11n、11a、11b、11gなどが挙げられ、それぞれで通信の特徴や性能が異なります。通信の安定性や速度の速さを求めるなら、より優れた通信規格を選ぶ必要があるでしょう。

通信規格は少しずつ更新されており、現行もっとも使いやすいのは、高速通信が可能な11acといえるでしょう。

今後も、通信規格は新しいものが登場する可能性もあるため、その場合はそちらに乗り換えることを検討することが大切です。通信規格は、WiFi接続の根幹ともいえる部分であり、どのバージョンを使うかで、利便性や快適性が大きく違ってくることは覚えておきましょう。

2つの周波数帯の違いと特徴

WiFiは複数の通信規格に分けられますが、その中でも、さらに複数の周波数帯に分けられます。同じ通信規格でも、使用する周波数帯によって、通信時の条件が違ってくるため注意が必要です。

通信規格、周波数帯、および周波数の数値まで見ることが、WiFiを便利に使いこなす秘訣といえるでしょう。

周波数とは

そもそも周波数とは何かですが、これは電波が起こす波の数です。周波数は「Hz(ヘルツ)」という単位で表され、1Hzだと1秒間に波打つ電波は1回になります。周波数は増えるほど電波環境が良くなり、通信速度も速くなると考えましょう。

1秒間に波打つ回数が多いほうが、よりスムーズに通信を飛ばせるので、動作も滑らかになります。Hzはデータ容量のように「KHz(キロヘルツ)」「MHz(メガヘルツ)」「GHz(ギガヘルツ)」と表され、大きくなるほど動作は速いです。GHzにもなると、1GHzで1秒間に10億回電波が波打つことになり、かなりの高速通信が可能といえるでしょう。

2種類あるWiFiの周波数帯の特徴

周波数は電波が波打つ回数ですが、さらにそれを分類すると、周波数帯というグループに分けられます。WiFiの電波の場合、周波数帯が2つあり、それぞれで特徴が異なります。

ルーターによって発する電波の周波数帯が違い、どちらの周波数帯を利用しているかで、通信環境は大きく変わるでしょう。

また、ルーターによっては、1台で両方の周波数帯が使用できることも多いです。同じルーターに接続する場合でも、接続先の周波数帯が違うと、通信環境はまったく変わってくるため、それぞれの違いを知っておきましょう。

2.4GHz帯の特徴

2.4GHz帯は、電波の通信距離が長いことが特徴です。より遠くまで電波を飛ばせるため、ルーターから離れた位置にいても、WiFiへの接続が可能です。また、電波の性質から障害物に強いことも特徴で、周辺にものがあっても影響を受けずに接続できるでしょう。

自宅が広いと、ルーターまでの距離が遠くなったり、途中にある壁や家具に邪魔されて、接続しづらかったりします。しかし、2.4GHz帯ならこれらの問題も解決しやすいです。

ただし、電波距離が長く、障害物には強いものの、通信速度自体はそれほど速くありません。

また、比較的電波干渉を受けやすく、周辺の電波状況によっては、不具合が頻発することもあるでしょう。障害物には影響されづらいものの、電波を発する家電の使用や電車の通過などによって、通信障害が起きる場合もあります。2.4GHz帯の通信規格は、11n、11g、11bであり、やや古いことも特徴のひとつでしょう。

5GHz帯の特徴

5GHz帯は通信速度が速く、電波干渉を受けづらいことが特徴です。これは、通信規格が11ac、11n、11aと比較的新しいものが揃っているためで、高速通信を楽しみたい人には、おすすめの周波数帯といえるでしょう。

2.4GHz帯と比較すると、断然5GHzのほうが通信速度は速く、家電の使用や電車の通過といった、外部からの影響も受けづらいでしょう。

ただし、使用できる電波の距離がやや短く、自宅内でもルーターから離れてしまうと、通信環境が不安定になりやすい点がデメリットです。

また、障害物にも弱く、置き場所を選ぶこともネックになりやすいポイントでしょう。2.4GHz帯と5GHz帯は、いわば真逆の性質を持っており、一概にどちらが優れているとはいえません。通信速度の速さだけで考えるなら、5GHz帯のほうが優れています。ただし、使用環境によっては、2.4GHz帯のほうが便利に使えるということもあるでしょう。

周波数帯と通信規格の注意点

ルーターの周波数帯や通信規格を考えるうえでは、いくつか注意点があります。これが守られていないと、スムーズにWiFiが利用できず、ストレスを抱えてしまうこともあるでしょう。周波数帯と通信規格の関係性を正しく把握し、注意点を守って利用することが大切です。

異なる周波数帯同士は通信できない

WiFiを使用するためには、電波を発するルーターとそれを受ける端末の両者で、通信規格と周波数帯を揃えなければなりません。WiFiが使える機能が搭載されていても、通信規格や周波数帯が違っていると、利用できないため注意が必要です。

ルーターや端末を購入する際には、周波数帯の確認が必要で、それぞれ対応している機種かどうかチェックしておきましょう。

それぞれ最新モデルを購入する場合は、通信規格や周波数帯は最新のもので統一されていて、問題ないケースも多いですが、やや古いモデルを買う場合は注意が必要です。

通信速度は遅い規格が優先される

WiFiを使ううえで、特に気になることが通信速度ですが、これはルーターや端末によって、再現できる最高速度が異なります。実際の通信速度は、遅いほうの規格が適用されることは理解しておきましょう。

例えば、11ac、11n、11aの3つに対応した5GHz帯のルーターを使っていても、接続する端末がやや古い規格の11aだと、こちらの速度で通信は実行されます。11acでの最高速度は出せないため、通信が遅くなり、ストレスを抱えてしまうこともあるでしょう。

また、これは反対にも同じことがいえ、ルーターの規格が古い場合、端末は最新でも古いほうの規格に合わせられてしまいます。

パッケージにはネット通信の最高速度が記載されていることも多いですが、これは条件が完璧に揃った場合のみの話です。使用している端末の規格が古いと、速度は落ちてしまい、快適に利用しにくくなるため注意しなければなりません。

WiFiルーターを買い替える際のポイント

ルーターは、使用しているとバッテリーが消耗し、少しずつ性能が悪くなります。そのため、ある程度使ったら買い替えを検討すべきでしょう。

ルーターを新しくすることで、通信環境が改善されることもあります。買い替えを検討するなら、いくつかチェックすべきポイントがあるため、それらを把握しておきましょう。

最新の通信規格を選択

ルーターの買い替え時には、最新の通信規格に対応しているものを買うことが大切です。通信規格は、遅いほうが適用されますが、新しいものだと古い規格にも合わせられて、汎用性が高いです。

また、端末自体も最新規格に買い替えた場合は、より素早いネット通信が利用でき、さらに便利に使えるでしょう。買い替え時には、古い通信規格のものを買うことはもったいないため、最新規格に対応するものを選ぶことが大切です。

両方の周波数帯を使えるか確認

WiFiの周波数帯は2.4GHz帯と5GHz帯で、ルーターごとに対応しているものが違います。使用環境に合わせて、周波数帯を選ぶことが大切ですが、基本的には両方の周波数帯を利用できるモデルを選びましょう。

一方の周波数帯にしか対応していないものだと、接続できる端末が限られてしまい、あとから買い足した際に接続できずに、困ることもあります。

また、実際に使ってみないと、どちらの周波数帯が便利に利用できるかは分からないため、よりよい通信環境を探る意味でも、両方使えたほうがよいでしょう。

周波数帯の数値に注目

ルーターのパッケージには、対応している周波数帯だけではなく、それぞれに数値が記載されています。周波数帯の数値は、大きいほど性能が高く、通信の安定性も高いです。

より安定した環境で、スムーズに通信を楽しみたいなら、周波数帯の数値が大きいものを選ぶことが大切です。似たようなモデルで迷っているなら、この数値を比較して選んでもよいでしょう。

低価格のものは有線LANの速度もチェック

ひとくちにルーターといっても種類は豊富で、高価なものから安いものまで、値段はピンからキリまであります。

安くても優れたものはあるため、細部のスペックまでチェックすることが大切ですが、低価格帯のものは、特に有線LANの速度も確認しておきましょう。

自宅にモデムがある場合は、ルーターを有線で接続してWiFiを利用します。このとき、有線LANの接続速度が遅いと、モデムから供給される電波も遅くなってしまい、使い勝手が悪くなります。

通信速度の上限は、使用する機器の最大値に影響を受けるため、ルーターの性能が悪いと、固定回線でも速度が遅くなると考えましょう。

せっかく高速回線を契約していても、接続するルーター次第では、大幅に速度が遅くなることもあるため、有線LANの速度も念入りにチェックしておかなければなりません。

多機能製品は子機の対応に注意

最新のルーターでは、「ビームフォーミング」や「MU-MIMO」といった、数々の便利機能を搭載しているものも多いです。多機能になるほど価格は高くなりますが、それだけ便利に使えるため、おすすめ度は高いです。

しかし、ルーター自体が多機能でも、接続する子機、つまり端末のほうでその機能が搭載されていないと、利用はできないため注意しなければなりません。

せっかく最新機能が搭載されていても、使用する端末が古いとそれらは無用の長物になり、費用が高い分買っても損をするでしょう。

便利な機能を使いたいなら、接続する子機も新しくしなければなりません。ただし、単にネットに接続できるだけでよいなら、それほど多機能でなくてもよいでしょう。

その場合は、シンプルに使える安価なものを選んだほうが、お得に利用できるでしょう。

WiFiの周波数帯や規格を知って快適なネットライフを

WiFiを利用するうえでは、周波数帯や通信規格のチェックは必須で、これらが適応するものでないと、接続自体ができなくなります。ルーターを買い替える際には、まずは手持ちの端末と接続できることが条件です。

使用環境次第でおすすめは変わるため、自分に合った条件を見つけ、より快適にネットライフを楽しみましょう。

また、おすすめのWiFiルーターと、プロバイダについては、こちらの記事で詳しく解説しています。ぜひ確認してみてください。

光回線/Wi-Fi お申し込み電話相談を受け付け中!

iPhone格安SIM通信では光回線や、Wi-Fiなどインターネットの利用開始やお切替えを検討中のお客様に電話相談を受け付けております。

ソフトバンクの正規代理店DRMの専門オペレータがお客様のご要望に合わせて、ソフトバンク光やソフトバンクAirをご案内させていただきます。

今すぐ無料相談!
SoftBank 光
SoftBank Air
【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2019年03月25日

おっきー ― ライター
おっきー ― ライター

物心ついた頃からiPhoneがあるスマホネイティブ世代。SNSから最新情報を取得するのが日課。趣味はダンス。

関連キーワード