コンビニでフリーWiFiを使おう|使い方と注意点を解説

コンビニのフリーWiFiを使う方法と注意点を解説しました。外出中に、調べものをしたいのに、速度制限で通信状況が悪いなど、不測の事態に悩んだことがある方も多いでしょう。そんなときには、コンビニのフリーWiFiを使うことがおすすめです。また、危険な点もあるので注意も必要です。
【公式】カシモWiMAX コンビニでフリーWiFiを使おう|使い方と注意点を解説

外出先で通信状況が悪くて困った経験があるという方は少なくないことと思います。そんなときにおすすめなのが、近くのコンビニでWiFiサービスです。

意外に知られていませんが、最近は無料でWiFiを使えるコンビニの数もかなり増えてきています。

この記事では、コンビニでWiFiに接続する方法や、注意点、コンビニが見つからなかった場合の他の選択しについてご紹介していきます。

コンビニのフリーWiFiを使うメリット

WiFiをつなぐ場所として、コンビニをイメージする方はあまり多くはないでしょう。コンビニでWiFiサービスにつなぐメリットとはどのようなものなのか、解説していきます。

高速のインターネットが無料

コンビニでは、無料で高速のインターネットを利用することが可能です。コンビニでは、WiFiのルーターを持たずして、無料で高速のWiFiをすぐに使うことができるので、とても助かります。大容量のデータ接続をするときに、WiFiでサクサク使えて便利です。

また、外回り先で急に重要な資料のデータを、ダウンロードして閲覧しなければならなくなったというような場面にも、大活躍しそうです。スマートフォンに、コンビニのフリーWiFiを接続できれば、パケット代の節約にも役立てられます。

無料でネット通信ができるということは、現代においては大きなメリットであるといえるでしょう。

使える場所が多い

セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどの主要なコンビニは店舗数が多いので、どこでも無料のWiFiサービスが使えるということも、大きなメリットのひとつです。

今すぐにインターネットに接続する必要があるという場合には、すぐ近くのコンビニに行けばよいので、大変便利です。

最近はコンビニの印刷機で、スマートフォンの中のデータを転送して印刷するというサービスもあります。そのような場合にも、コンビニの中で無料で利用できるWiFiがかなり便利だといえるでしょう。

特典がもらえる

コンビニのWiFiサービスを使うことによって、WiFiを無料で使えるだけでなく、特典を受け取ることまでできます。無料の簡単な利用登録をして使うことによって、オリジナルコンテンツが利用できたり、お得なクーポンのサービスを受けることができるのです。

例えば、ローソンでは限定のムービーや音楽、セブンイレブンではゲームの限定キャラの配布、ファミリーマートではアニメの壁紙の配布など、それぞれ特典があります。そのため、利用を開始する際にはよくチェックしてみてください。

フリーWiFiの利用方法【コンビニ別】

全国的に多くの店舗を持つ大手のコンビニエンスストアでは、それぞれWiFiのサービスに、どのような特徴や特典があるのか、詳しく見ていきましょう。

ファミリーマート

ファミリーマートでは、専用アプリを使用して使う「Famima WiFi」というサービスが提供されています。このファミリーマート専用のアプリからログインした場合は、1日に最大60分×3回無料のWiFiが利用可能になります。

ブラウザ経由でのログインの場合は、1日に最大20分×3回までの利用が可能なので、アプリをダウンロードしてWiFiに接続するほうが、便利でお得です。

アプリでは割引や値引き、キャンペーンなど、お得な情報も確認できるので、ぜひ事前にダウンロードしておくことをおすすめします。

また、ファミリーマートの店内では、有料のプリペイドのWiFiも販売しています。ファミリーマートで購入することで、利用期間が延びるなどの特典付きキャンペーンを行っていることもあるので、随時チェックしておきましょう。

セブンイレブン

セブンイレブンのセブンスポットは、セブンイレブンだけでなく、セブン&アイグループでも利用できるので、利用できる場所が多いという特徴があります。

またコンビニだけでなく、百貨店のそごうや西武、ファミリーレストランのデニーズ、文房具や雑貨販売のロフト、生活用品から生鮮食品まで揃うイトーヨーカドーなど、店舗形態の異なるさまざまな商業施設で、無料のWiFiを使用できるようになります。

セブンイレブンのサービスではアプリなどは必要なく、メールアドレスを入力し、無料の簡単なユーザー登録をすることによって、1日に60分×3回の利用が可能になります。また、セブンスポット会員ではなくても、7iD会員であれば、誰でも接続することが可能です。

ローソン

アプリなしで、ブラウザから接続して利用できるのが、ローソンの「LAWSON Free WiFi」です。

初回のみ、メールアドレスの入力が必要にはなります。しかし、登録すれば1日に最大60分×5回までの利用が可能になるため、1日当たりで使える時間は、ローソンが最も長いということになります。

また、ローソンでは、訪日外国人観光客向けの「Japan Connected-free WiFi」に接続できます。こちらは、海外の機種をWiFiに接続したいという人にうれしいサービスです。

また、ローソン店内では、この「LAWSON Free WiFi」意外にも、docomo、au、ソフトバンク、Wi2のWiFiに接続もできます。気軽にローソンの店内に入ることで、自分が使っている通信会社の無料WiFiに接続することもできてしまうのです。

無料WiFiを使う際の注意点

無料で高速のインターネットに接続できることは、かなりお得でうれしいサービスです。とはいえ、家の外でフリーWiFiに接続する場合には、気を付けておくべき点がいくつかあります。安心安全に、コンビニで無料のWiFiサービスを利用するためには、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。

SSIDの確認をする

SSIDとは、「Service Set Identifier」の略称で、WiFiの通信規格で規定されている識別子です。街の中などでWiFiを接続しようと思うと、設定画面で複数の英数字が、たくさん並んでいることがあります。

同一空間に、いくつもアクセスポイントがある場合に、混線してしまうことを防ぐために付けられている、名前のようなものがこのSSIDです。

ハッキング目的で、似たような名前に変えたWiFiを飛ばすことが起こりうるので、フリーWiFiを利用する際は、必ずSSIDの確認をする必要があります。

WiFiのネットワークの名称が、そのコンビニのオフィシャルなSSIDなのかどうかを、きちんと確認してから接続するようにしましょう。

VPN経由で接続する

VPNとは、「Virtual Private Network」の略称です。

インターネットは、誰でもどこからでも接続できるものです。そのような匿名性も高く、不特定多数の人が利用できる可能性のある公共のネットワークを、仮想的に自分だけのネットワークのように、利用できるようにするサービスです。

このVPNを使用することで、暗号化しフリーWiFiに接続します。暗号化によってセキュリティが強まるため、外出先でも安心してフリーWiFiに接続できます。

VPNのアプリがあるので、フリーWiFiをよく利用する場合は、アプリを持っておくと便利でしょう。

アクセスするサイトを選ぶ

「https」で始まるサイトは、SSL化されているということです。SSL化とは、暗号化されているという意味なので、セキュリティ上比較的安心できます。ただし、100%安全というわけではないため、気をつけなければなりません。

コンビニのフリーWiFiを利用するという場合には、なるべく安全なサイトの閲覧に限り、あまり重要ではない用事での検索などに使うことは控えましょう。

コンビニ以外の便利なフリーWiFi

どうしてもフリーWiFiにつなぎたい、ちょうど通信制限が来てしまったというときに、コンビニが近くにないときはどうすればよいでしょうか?

実は、コンビニ以外にも、無料でWiFiに接続できるカフェが多く存在します。

次に、フリーWiFiを簡単に利用できる便利な場所と、その接続方法について紹介していきます。

ステッカーが目印のスターバックス

「Free WiFi at_STARBUCKS_Wi2」と書かれたステッカーのあるスターバックスでは、フリーWiFiを利用できます。利用登録は不要で、利用規約に同意したら使用が可能になり、一度のログインで60分利用可能です。

ちなみに60分たってしまっても、新たにログインしなおすことによって、また利用できるようになります。季節のおすすめ商品のプロモーションなども見られるので、コーヒーを片手に作業をしたいときなどにおすすめです。

「at_STARBUCKS_Wi2」は、スターバックス全店舗で利用できるわけでなく、一部店舗では利用できません。利用可能な店舗は、公式サイトのエリアページで検索して調べられます。

時間制限なしのタリーズコーヒー

タリーズでは、「tullys_WiFi」のステッカーのあるお店で、フリーWiFiを使うことができます。

SSIDで「tullys_WiFi」を選び、利用規約に同意したら、登録などの手続きは不要で、ワンタップで利用可能になるため非常に便利です。タリーズコーヒーの場合、時間制限がないことが大きな特徴です。

そのため、今日中にどうしても終わらせなければならない用事がある場合や、人を待っている間の時間つぶしに、コーヒーを飲みながらインターネットサーフィンをしたいというような場合にも、非常におすすめです。

QRコードから接続するドトールコーヒー

ドトールで無料WiFiを利用するためには、まずはゲストコードを取得し、そのコードを使用してWiFiを利用します。

ゲストコードは、店舗に置いてある接続用の用紙を借りて、QRコードを読み取るか、記載されているアドレスに空メールを送信することによって、取得します。

時間制限は1日3時間ではありますが、休憩に立ち寄ったり、仕事の合間に用事を済ましたりする程度であれば、十分な時間の長さで、無料で高速のWiFiに接続できます。

WiFiをコンビニで上手に使おう

急いでいて、インターネットに接続しなければならないのに通信環境が悪い、通信制限・速度制限でWiFiが必要というときに、コンビニでWiFiを使えることを知らなかったという方も多いのではないでしょうか。

難しい登録などは必要なく、簡単に無料で高速のインターネットに接続できるというコンビニもかなり増えてきています。また各コンビニでは、それぞれお得なサービスも用意されているので、ぜひ試してみてはいかがでしょう。

また、たくさんデータ通信をする方であれば、ポケットWiFiを持ってしまうということも一つの手です。工事不要のWiFiならすぐにインターネットが使えるので、ぜひ一度ご覧ください。

光回線/Wi-Fi お申し込み電話相談を受け付け中!

iPhone格安SIM通信では光回線や、Wi-Fiなどインターネットの利用開始やお切替えを検討中のお客様に電話相談を受け付けております。

ソフトバンクの正規代理店DRMの専門オペレータがお客様のご要望に合わせて、ソフトバンク光やソフトバンクAirをご案内させていただきます。

今すぐ無料相談!
SoftBank 光
SoftBank Air
【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2019年03月23日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード