JCOM_iPhone7

健康管理はFitbitがおすすめ|選び方とモデル4選の紹介

便利に健康管理をしたいなら、ウェアラブル歩数計のFitbitがおすすめです。Fitbitには複数のモデルがあり、それぞれで機能が若干異なるため注意しなければなりません。ここでは、モデルごとの機能の違いや、上手な選び方を紹介します。
【公式】カシモWiMAX 健康管理はFitbitがおすすめ|選び方とモデル4選の紹介

健康管理は誰しも気になることで、年を重ねるごとに徐々に健康への意識は強まっていくでしょう。一口に健康管理といっても、運動や睡眠といったように考えるべきものは多く、それらすべてをチェックするのは大変です。

そこでおすすめなのが、ウェアラブル歩数計のFitbitです。Fitbitを使った上手な健康管理で、理想的な生活の実現を目指しましょう。

Fitbitの選び方

Fitbitはウェアラブル歩数計のひとつで、単純に歩数を測るだけではなく、心拍数の変化から幅広く健康状態の管理が行えます。例えばどれくらい運動したか、それによる消費カロリーはどれくらいかはもちろん、睡眠時に着用していると睡眠のレポートまで作成されます。

まさに24時間付けられる便利なアイテムで、複合的な健康管理ができるため、おすすめ度は高いです。しかし、Fitbitには複数のモデルがあり、それぞれで特徴が少しずつ違います。どれがおすすめかは人によって違うため、選び方を知り、自分にもっとも合ったモデルを見つけましょう。

スタイルから考える

Fitbitを選ぶ際には、スタイルから考えるのがおすすめです。Fitbitはコンパクトで便利な点は共通していますが、モデルによってスタイルが違います。

スタイルが違うと、利用できる機能も異なるため、購入時には念入りにチェックしておかなければなりません。複数あるモデルも、大きく考えると2つのスタイルに分けられます。

ディスプレイから情報を得るスマートウォッチタイプ

より多くの機能を利用し、情報を得たいならスマートウォッチタイプがおすすめです。スマートウィッチタイプはディスプレイが付いているため、一度に得られる情報が多いのが特徴です。サイズはやや大きくなるものの、腕時計程度の大きさのため、邪魔になることはないでしょう。

普段から腕時計をつける習慣があるなら気にならず時間も確認できて、かつ健康管理まで行えるため、Fitbitに付け替えるのもおすすめです。

スマートウィッチタイプは、電子マネーの決済ができたり、音楽再生ができたりと、多機能であることが特徴でしょう。

シンプルな機能のトラッカータイプ

よりシンプルさを求めたいなら、スタイリッシュなデザインのトラッカータイプがおすすめです。スマートウィッチタイプでもそれほど大きくはありませんが、トラッカータイプはさらに小さく、細いのが特徴です。細いリストバンドのような形をしていることが特徴で、軽くて邪魔になりづらいのが魅力でしょう。

機能は最小限に限られますが、それでも複合的な健康管理ができる点は、スマートウィッチタイプとほとんど変わりません。その他付随機能は不要で、健康管理だけを目的とするなら、トラッカータイプもおすすめでしょう。

使用目的を考える

何に使うかからモデルを考えるのも、Fitbitの選び方のひとつです。Fitbitは複合的な健康管理が可能ですが、モデルごとに特に適したシーンは異なります。

例えば運動の管理で使用する場合でも、どのような運動をするかによって、選ぶべきモデルは違うでしょう。どのようなシーンで特に利用したいかを考え、目的に合わせて選ぶことが失敗しないポイントです。

ランニングをしながら使う

ランニングを目的とするなら、GPS機能付きがおすすめです。GPS機能が付いていることで、ランニング時の走行距離やペースをリアルタイムで計測でき、より詳細な運動データが得られるでしょう。

GPS機能が付いていなくも、運動距離や消費カロリーの概算は表示されますが、データの精度は若干差が出ます。

せっかくデータを管理するなら、少しでも詳細が分かったほうが良いでしょうし、ランニングメインなら、GPS機能付きのSurge、Ionic、Charge2、Versaがおすすめです。

筋トレなどの室内トレーニング中心

室内トレーニングでの利用がメインになりそうなら、サポート機能が利用できるタイプがおすすめです。Fitbitでは、モデルによっては「ガイド付き呼吸セッション」や「ダイナミックコーチングメニュー」といった、運動をサポートする機能が搭載されています。

これらのメニューに従ってトレーニングをすることで、さらにFitbitにもデータが蓄積されます。繰り返すごとに、より自分に合ったトレーニングを見つけられるのは、大きな魅力でしょう。これらの機能は、AltaやCharge3で利用できます。

アウトドアや水泳などに防水機能が高め

使用に際して水濡れの可能性があるなら、防水機能が高いモデルがおすすめです。防水機能はほぼ全てのモデルに搭載されていますが、特に高機能なのはCharge 3、Flex2、Ionicの3つです。これらは水深50mまでの防水が付いており、激しいアウトドアや水泳時の利用にも対応しています。

また、付けたままお風呂に入っても大丈夫なため、汗をかきやすいスポーツをする場合でもおすすめでしょう。汗によって故障することもなく、雨に降られても不具合を起こす心配はありません。屋内外両方で利用できるため、使用シーンが限定しきれていない場合でも、防水機能付きは候補に入れておくと良いでしょう。

ビジネスや普段の生活中でも使う

アクティビティのシーンだけに限らず、ビジネスや普段の生活でも使いたいと考える人は多いでしょう。日常的な利用を考えるなら、運動管理以外もできる、多機能モデルがおすすめです。Fitbitはスマホと連携できるモデルもあり、スマホへの着信、SMSへの通知の管理ができます。

また、スマホにFitbitのアプリを入れることで、さらに詳細な設定まで行えるでしょう。電子マネー決済や音楽の再生もあると便利でしょうし、多機能モデルなら運動に限らず、幅広いシーンで活躍するのが特徴です。

日常的な生活の中でも、どのような機能を重要視するかによって選ぶべきモデルは違いますが、Charge3やVersa、Ionicがおすすめでしょう。

予算で考える

予算から購入するモデルを考えるのも、ひとつの方法です。価格帯は2万円以上からが基本になりますが、モデルごとに若干の違いがあります。2万円程度で安いものなら、Zipがおすすめです。

2~3万円と、もう少し予算を上げられるなら、BlazeやAlta、AltaHR、ChargeHR、Ionic、Versaと選択肢は増えます。

基本的には安いのはシンプルな機能のトラッカータイプで、スマートウィッチタイプになると3万円程度はすると考えましょう。選択肢は多いものの、価格の違いはそれほど大きくないため、予算は柔軟に考えたほうが、より自分に合った使い勝手の良いものを見つけやすいです。

対応OSで考える

Fitbitはスマホと連携して利用できるのが大きな特徴ですが、使用機種によっては一部機能が使えない場合もあります。現在使用している機種との互換性が高いかも重要で、OSの相性の確認も必要でしょう。

しかし、iOS 10以降、Android OS 5.0以降、Windows 10 v1607以降なら、基本的にはほとんどのものに対応しています。新しい機種を使用しているなら特に問題にはならないため、古い機種を持っている場合のみ注意しましょう。詳細な対応OSについては、公式サイトから検索できます。

様々なシーンで活躍するFitbitのおすすめは

Fitbitは幅広いシーンで活躍して非常に便利ですが、選択肢も多いだけに、どのモデルが良いか悩む人も多いでしょう。選択肢を絞り込むには、モデルごとの詳細を知り、どれが自分に合っているか具体的に考えることが大切です。

モデルごとに利用できる機能やサイズ、使い勝手、適するシーンは違います。複数の要素を参考にしながら、どれがもっとも使いやすそうか考えてみましょう。

Charge 3

Charge 3はFitbitの最新もモデルで、トラッカータイプながらディスプレイがやや大きいことが特徴です。全体的にすっきりとしているものの、ディスプレイが大型化されたことで、画面も見やすく、操作性も高いでしょう。

防水機能は高く、アプリにも対応しているため、アウトドアから日常的な利用まで、幅広いシーンに対応できます。PurePluse心拍計や睡眠ステージ機能といった機能面の充実もあり、バランスの取れたモデルでしょう。

Ionic(アイオニック)

Ionic(アイオニック)は、Bluetoothヘッドホンに対応しており、音楽再生もできるモデルです。GPSの搭載もあるため、音楽を聴きながらランニングしたい人におすすめでしょう。

基本的なPurePluse心拍計はもちろん、運動管理に必要な機能が強化されており、幅広いスポーツに対応しているのも特徴です。

また、スマートウィッチタイプのため、運動管理以外の機能も充実しており、アクセサリーの選択肢が多いのも魅力です。シックなデザインのため、ビジネスでの利用も可能でしょう。

Versa(ヴェルサ)

Versa(ヴェルサ)は、iOS、Android、WindowsすべてのOSに対応しているのが特徴です。どの機種とも互換性が高いため、複数デバイスで共有してデータを管理できるのも魅力です。

普段の管理はスマホで行い、より詳細なデータ管理はパソコンと、使い分けもできて便利でしょう。

スマートウィッチタイプですがディスプレイはコンパクトで、1日中付けていても邪魔になりません。ウォッチフェイスのカスタマイズができ、自分好みにアレンジしやすいのも魅力でしょう。

Alta HR

Alta HRは、Fitbitの中でもっともスリムなデザイン性を誇ります。スタイリッシュで付けていても邪魔にならないため、使用するシーンを選びません。

カラー展開も豊富で、アクセサリーのバンドも充実しているため、ファッショナブルに使いこなしたい人にもおすすめでしょう。

トラッカータイプの中でも特にコンパクトなため、機能はやや縮小されていますが、それでもできることは多いです。GPS機能はありませんが、基本的な健康管理には問題はなく、PurePulse心拍計やSmartTrackといった機能は利用できます。

また、スマホからの着信やメッセージの通知を受けることも可能で、使用目的によってはそれほど不便も感じないでしょう。

コンパクトでデザイン性が高いもの、主に健康・運動の管理をメインに使いたい人には、必要な機能だけが凝縮されていておすすめです。

自分にぴったりのFitbitを

Fitbitは健康・運動の管理から、日常的なシーンまで幅広く活躍します。モデルによる違いは細かくあるため、購入時には注意しなければなりませんが、自分に合ったものを見つけると、快適に利用しやすいでしょう。Fitbitは1日中付けていられることが魅力で、シーンを選ばず使いやすいことも特徴です。

幅広いシーンで使いやすいからこそ、特に何に使いたいか、目的を明確にして、本当に自分に合ったモデルを選びましょう。

光回線/Wi-Fi お申し込み電話相談を受け付け中!

iPhone格安SIM通信では光回線や、Wi-Fiなどインターネットの利用開始やお切替えを検討中のお客様に電話相談を受け付けております。

ソフトバンクの正規代理店DRMの専門オペレータがお客様のご要望に合わせて、ソフトバンク光やソフトバンクAirをご案内させていただきます。

今すぐ無料相談!
SoftBank 光
SoftBank Air
【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2019年03月11日

おっきー ― ライター
おっきー ― ライター

物心ついた頃からiPhoneがあるスマホネイティブ世代。SNSから最新情報を取得するのが日課。趣味はダンス。

関連キーワード