iPhone 8、iPhone XはiPhone 7からどう変わった?スペックで比較!

iPhone 8とiPhone Xのスペックが発表となりました。約1年ぶり発売される新型iPhoneのスペックを、前モデルのiPhone 7と比較してみました。iPhone8とiPhone Xのどちらを選ぶか迷っている方や、iPhone 7から買い替えようかどうか考えている方は、参考にしてみてください。
新型ihone12噂 iPhone 8、iPhone XはiPhone 7からどう変わった?スペックで比較!

iPhone 8とiPhone Xのスペックが発表となりました。約1年ぶり発売される新型iPhoneのスペックを、前モデルのiPhone 7と比較してみました。iPhone 8とiPhone Xのどちらを選ぶか迷っている方や、iPhone 7から買い替えようかどうか考えている方は、参考にしてみてください。

iPhone 8、iPhone X、iPhone7のスペック比較

気になるiPhone 8、iPhone X、iPhone7のスペックをそれぞれ比較していきます。

本体サイズ比較

                 
iPhone 8高さ138.4 mm / 幅67.3 mm / 厚さ7.3 mm
iPhone X高さ143.6 mm / 幅70.9 mm / 厚さ7.7 mm
iPhone 7高さ138.3 mm / 幅67.1 mm / 厚さ7.1 mm

iPhone 8の本体サイズはiPhone 7と比較し、高さがプラス0.1mm、幅がプラス0.2mm、厚さがプラス0.2mmとやや大きくなりました。iPhone XはiPhone 8よりさらに大きな本体サイズで、高さはプラス5.2mm、幅はプラス3.6mm、厚さはプラス0.4mmとなりました。 ちなみにiPhone 7もiPhone 6から各箇所が0.1~0.2mm大きくなっており、iPhoneシリーズの本体サイズはだんだんと大きくなってきています。

ディスプレイサイズ比較

                 
iPhone 84.7インチ
iPhone X5.8インチ
iPhone 74.7インチ

iPhone8のディスプレイサイズに変化はなく、iPhone 7と同じ4.7インチとなりました。iPhone Xは、それよりも1.1インチ大きい5.8インチというサイズで、このディスプレイサイズは、過去のディスプレイが大きいモデルであるPlusシリーズの5.5インチよりも大きいものとなっています。ただし、Plusシリーズはディスプレイが大きくなると本体サイズもそれ相応に大きくなっていたのですが、それに比べiPhone Xは本体サイズを小さめに抑えています。

重さ比較

                 
iPhone 8148 g
iPhone X174 g
iPhone 7138 g

iPhone 8はiPhone 7から10g重くなりました。iPhone XはiPhone 8よりさらに26g重くなっています。

カラー比較

                 
iPhone 8ゴールド / シルバー / スペースグレイ
iPhone Xシルバー / スペースグレイ
iPhone 7ローズゴールド / ゴールド / シルバー / ブラック / ジェットブラック / (新色レッド)

iPhone 8のカラーは3色で、iPhone 7の5色(新色を入れると6色)から減りました。色味としてもiPhone 7に比べ落ち着いたバリエーションとなっています。実はこれらの3色はiPhone 6のカラーと同じものであり、iPhone 7で増えたカラーがまた戻った形になります。一方でiPhone XはiPhone 8からさらにゴールドが無くなった2色です。今回は生産量の少なさが噂されていたこともあってか、発売されるiPhoneはあまりカラーが少ないようです。

容量比較

                 
iPhone 864GB / 256GB
iPhone X64GB / 256GB
iPhone 732GB / 128GB / 256GB

iPhone 8とiPhone Xの容量はどちらも64GBと256GBで、iPhone 7で利用できた32GBと128GBが無くなった形になります。iPhone 7で32GBや128GB版に慣れてしまった方がiPhone 8あるいはiPhone Xを購入する場合は、少し悩みどころかもしれません。256GBはiPhone 7から2モデル続いて利用可能な容量となりました。

ディスプレイの基本スペック比較

HDディスプレイ

                 
iPhone 8Retina HDディスプレイ
iPhone XSuper Retina HDディスプレイ
iPhone 7Retina HDディスプレイ

iPhone 8についてはiPhone 7と同様 Retina HDディスプレイが使われています。一方iPhone Xには、OLED使用の進化したオールスクリーンディスプレイ「Super Retina HDディスプレイ」が使われていることが大きな特徴です。

解像度比較

                 
iPhone 81,334 x 750ピクセル
iPhone X2,436 x 1,125ピクセル
iPhone 71,334 x 750ピクセル

解像度について、同じRetina HDディスプレイのiPhone 8とiPhone 7に違いはありませんが、Super Retina HDディスプレイを使ったiPhone Xの解像度は2,436 x 1,125ピクセルとより高い水準を実現しています。

コントラスト比の比較

                 
iPhone 81,400:1
iPhone X1,000,000:1
iPhone 71,400:1

明暗差の基準となるコントラスト比についても、iPhone 8とiPhone 7は同じである一方、iPhone Xのディスプレイは一層高い比率を特徴としています。

広色域ディスプレイ、輝度比較

iPhone 8、iPhone X共に、iPhone7と同じく広色域ディスプレイ(P3)が採用されています。また、最大輝度も625cd/m2で同様です。

その他ディスプレイ関連機能比較

                 
iPhone 8広視野角のためのデュアルドメインピクセル / 耐指紋性撥油コーティング / 複数の言語と文字の同時表示をサポート / 拡大表示 / 簡易アクセス / True Toneディスプレイ / 3D Touch
iPhone X耐指紋性撥油コーティング / 複数の言語と文字の同時表示をサポート / True Toneディスプレイ / 3D Touch
iPhone 7広視野角のためのデュアルドメインピクセル / 耐指紋性撥油コーティング / 複数の言語と文字の同時表示をサポート / 拡大表示 / 簡易アクセス / 3D Touch

iPhone 8とiPhone 7の共通機能としては、デュアルドメインピクセル、コーティング、文字表示サポート、拡大表示と簡易アクセスです。これらはiPhone 6でも採用されていた、近年のシリーズでは基本の機能となっています。一方iPhone Xでは、このうちデュアルドメインピクセル、拡大表示、簡易アクセスが除かれています。

iPhone 8とiPhone Xから新たに採用された機能は、True Toneディスプレイです。True Toneディスプレイは既にiPad Proに搭載されているもので、環境光に応じて色を調整する機能になります。

このようにみると、iPhone 7にあった機能と、新型iPhoneに採用された機能を両方カバーしているのはiPhone 8になります。iPhone 7からのギャップを少なくしたいなら、iPhone 8を選ぶという方法も1つでしょう。

カメラ比較

                 
iPhone 812MPカメラ / ƒ/1.8の開口部 / 最大5倍のデジタルズーム
iPhone X12MP広角カメラと12MP望遠カメラ / 広角カメラƒ/1.8の開口部 / 望遠カメラƒ/2.4の開口部 / 光学ズームと最大10倍のデジタルズーム / ポートレートモード/ ポートレートライティング(ベータ版)
iPhone 712MPカメラ / ƒ/1.8の開口部 / 最大5倍のデジタルズーム

iPhone 8のカメラスペックは、iPhone 7と同じとなりました。一方iPhone Xは、広角カメラと望遠カメラのデュアルカメラ構成となっていることが特徴です。また、背景をぼかして撮影することが出来る機能の「ポートレートモード」が加わっています。これらのスペック、機能自体は新しいものではなく、これまではPlusシリーズに採用されていた機能です。

今回新しく採用された機能は、「ポートレートライティング」です。従来のiPhoneのカメラにおける問題の1つであった、逆光など良くない条件下での撮影で顔が暗く映ってしまうという現象に対応するための機能です。ポートレートモードで対象の人物への光の当たり具合(=ライティング)を調整することで、写りをコントロールします。

バッテリー比較

                 
iPhone 8連続通話最大14時間 / オーディオ再生最大40時間 / ワイヤレス充電 / 高速充電に対応
iPhone X連続通話最大21時間 / オーディオ再生最大60時間 / ワイヤレス充電 / 高速充電に対応
iPhone 7連続通話最大14時間 / オーディオ再生最大40時間

バッテリー持ちの面ではiPhone 8はiPhone 7とほぼ同じで、Appleからの説明でも駆動時間がほぼ同じとされています。一方iPhone XのバッテリーはiPhone 7より向上しており、Appleからの説明では駆動時間が最大2時間長いとされています。通話時間とオーディオ再生時間については、それぞれプラス7時間、プラス20時間と大幅に長くなっています。

機能の面では、iPhone 8とiPhone Xには新たにワイヤレス充電と高速充電が加わりました。ワイヤレス充電は、「Qi(チー)」という規格のワイヤレス充電器に対応しており、充電パッドに置くだけでiPhoneの充電が出来ます。高速充電は、専用のアダプタとケーブルを使用することで、バッテリーを最大50%まで30分で充電できる機能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回発売した新型iPhoneは、スペックがiPhone 7から据え置きのものもあれば、大きく向上したものもあります。全体的にみるとiPhone 8よりもiPhone Xの方がiPhone 7との違いが大きいと言えそうです。これまでiPhone 7を使っていて、今回は新しいタイプのiPhoneを使いたいという方はiPhone Xを、iPhone 7のスペックに慣れているのであまり大きなギャップを感じたくない、でも新しい機能や部分的に変わったスペックを楽しみたいという方はiPhone 8を選ぶといった方法も1つかもしれません。

【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2017年09月17日

菅野 辰則 ― ライター
菅野 辰則 ― ライター

最新ガジェット、家電、デバイスが大好物。秋葉原、ネットショップでコスパの高い中古端末に目を光らせている。iPhone・iPadを格安SIMとWiMAXで利用中。趣味はダンス、週4日のトレーニングを欠かさない。

関連キーワード