【完全版】Apple Musicの使い方|料金・特徴・できることまとめ

音楽聴き放題サービス「Apple Music」でできることや、料金プラン・サービス特徴・使い方をまとめました。洋楽・邦楽が豊富なApple Musicができることや、Apple Musicのメリットを解説。Apple Musicの評判が気になる方も必見です。
【公式】カシモWiMAX 【完全版】Apple Musicの使い方|料金・特徴・できることまとめ

2015年からサービスが開始され、全世界の有料会員登録者数が5600万人を突破しているApple Music。

サービスとしてはすっかり定着しているイメージがありますが、どんなことができるサービスなのかピンとこないという人も多いはず。

そこで今回は、いまさら聞けないApple Musicでできることと題して、サービスの内容について丁寧に解説していきたいと思います。

Apple Musicとは?

Apple Musicとは、Appleが提供している定額制音楽ストリーミングサービスのことをいいます。月額料金を支払うことで、約4500万曲のも音楽コンテンツを聞き放題で楽しむことができます。

2015年6月30日にサービスが開始され、イギリスの有力経済紙Financial Timesによると、2018年12月には有料会員数が5600万人を突破したといわれています。

3ヶ月間の無料トライアル期間が設定されており、個人なら月額980円、家族利用で月額1480円、学生なら月額480円で登録されているどんな音楽コンテンツでも楽しむことができるようになっています。

また、専用のアプリはなくiOSならデフォルトのミュージックアプリを使ってApple Musicを楽しむことが可能。パソコンからは、iTunesをダウンロードすれば利用することができます。

Apple Musicが使用できるデバイス

Apple Musicは、様々なデバイスで利用することができるサービスです。

iPhoneやiPad、Androidといったスマホやタブレットはもちろん、Apple WatchやApple TVのようなApple社デバイス、MacやWindowsなどのパソコン、iOS専用のワイヤレスホームサウンドアプリのSONOSなど、実の幅広いデバイスやアプリで利用することが可能となっています。

つまり、大抵の人はApple Musicを新たなデバイスを購入することなく、楽しむことができるということになります。

音楽をストリーミングするサービスである

Appleが提供している音楽サービスには、iTunes Storeがあります。

iTunesとApple Musicとの違いは、iTunes Storeが音楽ダウンロードサービスであることに対して、Apple Musicが音楽ストリーミングサービスであるということです。

ダウンロードとストリーミングでは、音楽を楽しめることは同じでも、性質が全く異なります。ダウンロードサービスでは、音楽を購入して所有する権利を得ることができます。

購入後はコピーをすることも可能ですし、iTunes Storeを退会したとしてもダウンロードした音楽ファイルは手元に残ることになります。

一方で、ストリーミングサービスでは、月額料金を支払うことで音楽を聴く権利を得ることができます。聞く権利を得ているだけですから、音楽を購入しているわけではありません。

つまり、音楽をコピーすることや他の音楽配信サービスで楽しむことはできないのです。もちろん、Apple Musicを退会してしまえば、音楽を楽しむこともできなくなるというわけです。

Apple Musicを無料インストール


Apple Musicでできること

それでは、Apple Musicが持つ特長や、他の音楽配信サービスと違う点など、Apple Musicでできることについて具体的に解説していきたいと思います。

約5000万曲のラインナップが聞き放題

Apple Musicでは約5000万曲もの音楽コンテンツを楽しむことができます。

Apple Musicと同じ定額制の音楽ストリーミングサービスでは、約4000万曲を楽しめるSpotifyや約3500万曲を楽しめるGoogle Play Musicといったサービスがありますが、Apple Musicはそれらよりも多い音楽が登録されています。

その他多数の同様のサービスでも、1000円前後の利用料金が設定されている場合が多いので、曲数だけで考えると一番お得なサービスといえるのかもしれません。

ユーザーのおすすめのプレイリスト「For You」

それでは次に、Apple Musicに備わっている基本的ながらも優れて機能について紹介していきましょう。まず、一つ目に紹介するのが「For You」という機能です。

「For You」とは、ジャンル情報や利用履歴などからApple Musicが自分好みのプレイリストやアルバムを選んでくれておすすめしてくれるという機能のことをいいます。

Apple Musicを使う期間が長ければ長いほど、「For You」の学習精度も上がっていきます。Apple Musicでは約5000万曲が聞き放題と紹介しましたが、5000万曲の中らから自分好みのアーティストや曲を探すのは大変です。

現実的に考えれば、自分の力ではほんの一部しか検索できないでしょう。そんな時は「For You」の好みのジャンルを登録し、表示されたアーティストやアルバムが良ければラブ機能(いわゆるお気に入り)を使って、様々な音楽コンテンツを体験しましょう。

繰り返していくたびに、あなたにとって心地の良い音楽をたくさん集めることができるようになります。

「For You」の使い方

  1. 画面下の「For You」をタップして、始める
  2. 好きなジャンルを選ぶ
  3. 好きなアーティストを選ぶ
  4. おすすめのアーティストや曲が表示される

下の画像のように、UIを選んでいくスタイルです。(作業手順:左から右)

ラブ機能は、「ラブ済み」と表示されます。

新しい音楽を見つけやすい「見つける」機能

新しくリリースされた音楽やミュージックビデオ、今まで手を出したことのないジャンルなどを見つけたいという場合は「見つける」機能を活用すれば探し出すことができます。

探し方も様々で、特定のアーティストはもちろんのこと、「アクティビティ&ムード」で気分に合わせた曲を探すことも可能。作業中に聞きたいコンテンツや、みんなでバカ騒ぎがしたい時のプレイリストなどを見つけることができます。

ラジオ番組も楽しめる「Radio」

Apple Musicなら、音楽情報を配信するラジオ番組を楽しむことも可能です。

特に、Apple Musicのサービス提供開始とともに開設されたラジオステーション「Beats 1」なら、アメリカのロサンゼルスやニューヨーク、イギリスのロンドンのスタジオから配信されている音楽番組を毎日24時間楽しむことができます。

また、このラジオ番組は全世界共通で配信されているので、世界のどこにいても楽しむことができるというスケールの大きさを誇ります。

もちろん前編英語での配信となりますが、ホットな音楽情報を手に入れることができるほか、気に入った曲はその場でプレイリストに追加することも可能です。

「Beats 1」の他にも、J-POPや洋楽などのヒットチャートを配信するラジオステーションも用意されているので、幅広く音楽を楽しむことができるでしょう。

アーティスト番組も充実しています。

検索機能「歌詞で検索」もできる!

検索アイコンから、探している曲を検索できます。曲名・アーティスト名・アルバム名などが一般的な検索方法でしょう。

検索は、「Apple Music全体から検索」と「自分のライブラリ内から検索」が切り替え可能です。

さらにApple Musicでは歌詞で検索もできます。「あの曲のサビしか出てこない…」そんなときに歌詞検索機能は便利です。

音楽を保存してオフライン再生ができる

Apple Musicではインターネットにつないで音楽を楽しむことになります。そこで気になるのがデータ容量。

しかしご安心を。Apple Musicでは気に入った音楽をダウンロード保存し、オフラインで楽しむことができます。

保存方法はとても簡単。気に入っている音楽を選択し、メニューからダウンロード。ライブラリに保存され、そこから再生することが可能です。

ちなみに、曲だけではなくアルバムやプレイリストも保存可能です。これなら、一日中音楽を楽しみたいという場合でも、データ容量を気にすることはありません。

歌詞を表示して音楽を聴く

Apple Musicは、曲の歌詞を表示することができます。視聴中の曲の横にある「・・・」をタップすると、「歌詞をすべて表示」の項目があります。

そこを選択すると歌詞が表示されるので、読みながら聴きたいときや、歌の練習に良いでしょう。

「Connect」機能は2019年5月に終了

Apple Musicには「Connect」というソーシャル機能が備わっていましたが、残念ながら2019年5月に終了することになりました。

「Connect」とは、アーティスト側が新しい楽曲やライブ、イベントなどの告知を動画やテキストで配信することができる機能のこと。アーティストを応援するユーザーとより深いコミュニケーションが取れるとして、Apple Musicに搭載されていました。

ただ、Apple Musicの利用者が情報収集よりも、様々な音楽を楽しむことをメインとして捉えていたことや、アーティストが発信する情報についてはTwitterやFacebookなどを経由されるパターンが確立されていたことなどから、「Connect」機能はあまり積極的に使われていなかったようです。

現在では「Connect」機能そのものがApple Musicには表示されなくなっているので、これから登録をして楽しもうという人にとっては、目にするチャンスすらありません。

Apple Musicを無料インストール


Apple Musicの利用手順

これまでの解説を読んで、Apple Musicを利用したいと考えているなら、まずは3ヶ月間の無料トライアルを利用しましょう。

ここでは、iPhoneでの登録手順・解約手順を解説します。

ミュージックアプリを起動して、Apple Music「無料で開始」をタップすると、支払い情報の登録画面に進みます。

トライアル期間が終了したら、基本的に自動で課金が開始されます。月額料金はApple IDに登録しているクレジットカードや、ソフトバンクとauのキャリア決済、Apple Musicギフトカードで支払うことになります。

もし、自動的に課金されたくないという場合は、「For You」のメニューからアカウント画面、Apple IDを表示、「サブスクリプションの管理」に進み、「無料トライアルをキャンセルする」をタップしておくと、自動更新機能がオフになります。

ただし、自動更新はオフにして、期間を空けてから再度登録をするという場合、無料トライアル期間に作成されたプレイリストや利用履歴などは全てリセットされることになりますので注意して下さい。

Apple Musicを無料インストール


Apple Musicでとことん音楽を楽しもう

Apple Musicでできることについて紹介していきました。

約5000万曲の音楽を楽しめるほか、自分好みの新しい音楽を見つけたり、プレイリストを作成できたり、音楽をより楽しむための機能がたくさん備わっているのがApple Musicです。

またラジオを楽しめたり、音楽コンテンツをオフラインで聞いたりできるのも、音楽ファンには嬉しい限りです。

音楽をとことん楽しみたい、新しい音楽に出会いたいと考えているなら、Apple Musicに登録して、音楽の世界に羽ばたいてみてはいかがでしょうか?

Apple Musicを無料インストール


光回線/Wi-Fi お申し込み電話相談を受け付け中!

iPhone格安SIM通信では光回線や、Wi-Fiなどインターネットの利用開始やお切替えを検討中のお客様に電話相談を受け付けております。

ソフトバンクの正規代理店DRMの専門オペレータがお客様のご要望に合わせて、ソフトバンク光やソフトバンクAirをご案内させていただきます。

今すぐ無料相談!
SoftBank 光
SoftBank Air
【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2019年02月25日

el buho ― ライター
el buho ― ライター

京都在住のフリーランスライター。スポーツと音楽とダーツとDIYを愛する。いつか海外に移住したいと企んでおり、投資の勉強中。左利きだが右投げというややこしさ。血液型がA型であることがすぐにバレる傾向にある。

関連キーワード