UQ WiMAXの解約方法|違約金を0円にする方法は?端末の返却は必要?

UQ WiMAXは、各プロバイダと比べても解約に関してとても親切です。これはWiMAXの本家ならではの特徴といえるでしょう。ただし解約に関しては、注意点もあります。この記事では解約時に準備しておくことや知識を理解することができます。
【公式】カシモWiMAX UQ WiMAXの解約方法|違約金を0円にする方法は?端末の返却は必要?

UQ WiMAX」はギガ放題をはじめとしたプランが充実しており、エリアも拡大しているため人気のプロバイダです。しかし、思ったよりも使わない人は解約を考えることがあるかもしれません。

また、月額だけで比較すると最安値ではないことから、他社への乗り換えを検討中の人もいるでしょう。そんなときに気になるUQ WiMAXの解約について、手続き方法や解除料をみていきます。

UQ WiMAXの解約は電話一本で即日可能

UQ WiMAXの解約は、インターネット上ではできないため、基本的には電話で申し込むことになります。そのほかの方法もありますが、即日解約のメリットが受けづらくなるため、できれば電話で行いましょう。

電話での解約が基本

基本的には、UQお客さまセンターへの電話連絡で、解約を申し込みます。UQ WiMAX単体の解約の場合、電話番号に連絡後、音声ガイダンスに従って「1」を選択、そして解約に関するお問い合わせに該当する「4」を選択します。

なお、本人確認のために連絡先電話番号と暗証番号、または生年月日と契約先住所の情報が必要になります。UQお客さまセンターの電話番号は、以下のとおりです。

  • TEL:0120-929-818(契約中の人用)
  • 受け付け時間:9:00~21:00(年中無休)

ただし、耳や言葉が不自由な場合は、メールでも受け付けています。お客様サポートのページにある「解約手続きの手順を教えてください」に「メールでのお問い合わせフォーム」へのリンクがあります。電話で対応ができない旨を記載して、解約を申し込みましょう。

郵送の場合は資料請求フォームへ

受け付け時間内に電話をかけることが難しい場合は、郵送という方法もあります。「お客様サポート」ページにある「資料請求フォーム」にアクセスしましょう。

名前、住所、電話番号を記載する欄の下に「ご希望の資料」という欄があります。その中の「UQ通信サービス解約届 個人」にチェックをして送信すればOKです。解約届が送られてくるため、記入して送りましょう。

その際には「お客さまサポート」の「申込書類一覧」にある「郵送ラベル」を、ダウンロードしておくと便利です。そのラベルを封筒に貼り付ければ、料金受取人払郵便となり、切手を貼らずに送れます。送り先住所や宛名も、ラベルに記載してあります。

即日解約で料金は日割り計算

ほかのプロバイダでは、解約申し込み月は月額料金が満額請求される分、その月は使えるというものが多いです。一方、UQ WiMAXは即日解約が可能で、その日から起算した月末までの日数で、日割り計算してくれます。

しかし、郵送の場合の解約日は投函した日ではなく、書類が受領されたときになるので、おおむね6営業日を見ておく必要があります。そのため、郵送よりも電話のほうが、即日解約のメリットを受けられるといえるでしょう。

「電話で申し込むと引き留められるのでは」と考えるかもしれませんが、UQ WiMAXに関してはそのような声は聞かれません。一応、解約理由は尋ねられますが、サービス向上のためのアンケートといったものなので心配は不要です。

UQ WiMAXの契約解除料

UQ WiMAXの解約に関する違約金は「契約解除料」と呼びます。契約プランごとに、金額や解除料が発生する期間が異なっているため、自分の契約を確認しておくことが大切です。

契約プランによって解除料が異なる

UQ WiMAXでは、契約プランごとに解約料は異なります。それぞれのプランの解約料金をまとめてみました。

「UQ Flatツープラス(2年)」「UQ Flatツープラス ギガ放題(2年)」の解約料金

1~13ヶ月 19,000円
14~25ヶ月 14,000円
26ヶ月目 0円
27ヶ月目以降 9,500円

「UQ Flatツープラス(3年)」「UQ Flatツープラス ギガ放題(3年)」の解約料金

1~13ヶ月 19,000円
14~25ヶ月 14,000円
26~37ヶ月目 9,500円
38ヶ月目 0円
39ヶ月目以降 9,500円

「UQ Flatツープラス(4年)」の解約料金

1~13ヶ月 19,000円
14~25ヶ月 14,000円
26~49ヶ月目 9,500円
50ヶ月目 0円
51ヶ月目以降 9,500円

プラン変更でも解除料がかかる

WiMAX2+の各プランの場合、現在のプランよりも短期間の契約に変更する場合は、契約解除料がかかってしまいます。たとえば「UQ Flatツープラス(4年)」の契約を「UQ Flatツープラス(2年)」に切り替えるなどの場合です。逆に「UQ Flatツープラス(2年)」から「UQ Flatツープラス(3年)」に変更する場合は、契約解除料はかかりません。

とはいえ、このプラン変更に関しても、更新月であれば契約解除料はかからないため、更新月をチェックしておくことをおすすめします。

契約期間をmy UQ WiMAXで確認

契約期間は、会員専用サポートページの「my UQ WiMAX」で確認できます。トップページの利用状況に、契約期間と次回更新月が記載されており、その次回更新月が解約タイミングです。解除料金に関しては、「my UQ WiMAX」では確認できるページはないため、更新月以外での解約は、上記の表を参照しましょう。

「my UQ WiMAX」のログインIDは、契約後に送られている「新規お申込み手続き完了のご案内」というメールで確認できます。メールを紛失してIDがわからない場合には、UQお客さまセンターで照会してもらうことも可能です。パスワードを忘れた場合は、再発行手続きをする必要があります。

UQ WiMAX解約時の注意点|無料で解約するためには?

UQ WiMAXの解約手続きに進む前に、注意しておきたいポイントがいくつかあります。とくに、WiMAX単体で契約していない人は要注意です。うっかり高額な解除料が発生しないように、確認しておきましょう。

解約金を0円にしたいなら更新月での解約を

解約金を0円にしたいのであれば、必ず更新月の解約を心がけてください。早期での解約は高額な違約金を請求されてしまいます。

または、後述するおすすめWiFi/WiMAXサービスの中でもキャッシュバックが高額なサービスを契約すれば、実質の解約金を0円にすることも可能です。

とはいえ、キャッシュバックを受け取り損ねてしまう危険性もあるため十分に注意しましょう。

UQ WiFiだけの継続は不可

UQ WiFiは、UQ WiMAXのオプションサービスです。そのため、UQ WiMAXを解約すると、UQ WiFiも同時に解約することになります。

公衆無線LANサービスのUQ WiFiプレミアムも同様なため、解約することで普段のスマホの回線速度を、維持できなくなる恐れがあります。このUQ WiFiプレミアムは、大元であるUQコミュニケーションズならではのサービスである点に注意しましょう。

逆にUQ WiMAXを解約せずに、UQ WiFiだけを解約することは可能です。my UQ WiMAXにログイン後「UQ WiFi申込・確認」から解約ができます。

まとめてプラン解除料が同時に発生する

UQ WiMAXのまとめてプランを利用している場合、まとめてプランの解除料が別途発生します。それぞれ契約の2カ月目から24カ月目までは解除料がかかり、購入月と25カ月目以降が0円です。まとめてプラン3種類の解除料は、以下のようになっています。

  • まとめてプラン500:463円(税別)×24カ月までの残り月数
  • まとめてプラン100:1,019円(税別)×24カ月までの残り月数
  • まとめてプラン1670:1,547円(税別)×24カ月までの残り月数

旧 WiMAXは2020年3月31日で終了

WiMAX2+が登場したことにより、周波数を有効利用するべく、旧WiMAXは2020年3月31日で停止されます。旧WiMAXの新規契約は、2018年9月30日でストップしていますが、契約更新は停止日まで可能です。

そのため、契約期間によっては、停止日が被っていることもあるでしょう。停止日に契約終了すれば、契約解除料は発生しません。もし停止日が更新月よりも前になるのであれば、停止日を待ってから解約したほうがお得です。

auスマートバリューmineの契約解除に注意

auスマートバリューmineは、WiMAX各社と提携しており、その提携によってスマホとの合計利用料から、最大月額934円が割引されています。しかし、WiMAXの契約を解除すれば、この恩恵を得られなくなります。割引の適用は、解約タイミングにもよりますが、解約の前月または当月で終了です。

なお、auのWiFiルーターで契約している場合は、解約料が9,500円かかります。とはいえ、UQ WiMAXなどのルーターを使っている場合は、auスマートバリューmineの解約料はかかりません。

WiMAXの乗り換えで回線速度が変わることはない

WiMAXはUQが本家であり、各プロバイダへWiMAXを提供しています。そのため、WiMAXを利用するなら、どのプロバイダに乗り換えても、回線速度やエリアが改善されることはありません。

キャッシュバック等のキャンペーンを活用するなら、乗り換えることに意味はありますが、サービスに関する不満であれば、乗り換える意味はないでしょう。よって、単純に解約することをおすすめします。

解約後の手続き

解約手続きが完了したあとにも、必要な手続きがあります。乗り換えに必要な項目もあるため、チェックしておいたほうが良いでしょう。

ルーターの返還は不要

UQ WiMAXのルーターは貸し出しではなく、ルータ代を支払って購入しているため、返還する必要はありません。とはいえ、ほかのプロバイダと契約して再利用することはあまり期待できないため、廃棄処分になることが多いでしょう。当然燃えるゴミではないため、各自治体の処分方法に従って廃棄する必要があります。

買取業者に依頼するという手もありますが、最新ルーターでなければ価格がつく望みは薄いです。その他の手段として、他社への乗り換えで、既存のルーターを下取りしてくれることもあります。乗り換え検討中の会社に、あらかじめ聞いておくとよいでしょう。

あるいは、SIMロック端末でなければ格安SIMで契約して、挿し直すことで使えることがあります。これは端末の製品情報がわかっていないと、可否がわかりません。対応端末かどうかを調べた結果、使えないようであれば、既存のSIMも廃棄することになります。SIMは破壊して処分するようにしましょう。

解約証明書の発行

他社への乗り換えによる特典を受けたい場合は、前の会社と契約を解約していることを示さなければなりません。そこで求められるものが「解約証明書」です。これは、解約申し込みをしてから、my UQ WiMAXの請求書発行オプションで手続きする必要があります。

ただし、クレジットカード支払にしている場合は、my UQ WiMAXから請求書発行ができません。その場合、カード会社からの請求書を、解約証明書として取り扱いが可能です。

最後の料金支払い

解約手続きを完了したあと、契約最終日までの日割りの月額と解除料は、解約月の翌月に請求されます。銀行振替の場合は翌月ですが、クレジットカードの場合は2カ月後になるでしょう。

ただし、月の初日で解約を申し込んだ場合は、前月での解約扱いにしてもらえる可能性があり、当月請求ということも考えられます。

おすすめのWiMAXプロバイダ

通信状況はどのプロバイダも同じなので、ギガ放題の3年プランの平均月額料金を見ながら、どちらのWiMAXプロバイダの方がお得かを見てみましょう。

カシモ WiMAX

カシモWiMAXは、初期費用を抑えてWiMAXを始めたい人におすすめのプロバイダです。1月目の月額利用料が1,380円と業界でも特に安いのが特徴です。2カ月目から24カ月目までは3,480円/月となり、その後は4,079円/月となります。ギガ放題の3年プランなら平均月額料金は3,621円と他のWiMAXプロバイダと比べて非常に安くWiMAXが利用できます。

キャッシュバックはありませんが、月々の利用料を低く抑えることができます。支払いに関してはクレジットカードのみの対応で、初月利用料、端末代金、送料が無料なので初期費用はかなり安く抑えることができます。

カシモWiMAXでWiMAXを契約する

GMOとくとくBB WiMAX

37,100円のキャッシュバックが目を引くGMOとくとくBBでは、送料、端末代金無料でWiMAXを始めることができます。このキャッシュバックは、端末発送月から数えて11カ月目にメールがくるので、振込先を登録することで受け取ることができます。

なお、このキャッシュバックのキャンペーンを利用するには、ギガ放題の3年プランの契約が必要です。そして、WEBの所定のページからの申し込みが必要です。

ただし、3年以内の契約解除だと解約違約金が発生します。2年以内の解約違約金が24,800円とほかのプロバイダよりも高いので注意が必要です。そして、3年間の平均月額料金は3,337円ととても安く抑えることができます。

GMOとくとくBB WiMAXの詳細をみる

So-net モバイル WiMAX

3年間通して月額料金が変わらないわかりやすい料金設定のSo-netでは、毎月3,620円/月でWiMAXを利用することができます。この料金はギガ放題3年プラン契約のキャンペーン料金です。

au スマートフォンユーザーなら、月額のスマートフォンの利用料金が最大1,000円/月が値引きされるサービスがあるので、auユーザーにはおすすめのプロバイダです。なお、初月利用料と端末代金は無料です。

今ならセキュリティサービスやサポートサービスが1年間無料で受けられるキャンペーンも行っているので、パソコン初心者にはおすすめです。

So-netでWiMAX2+を契約する

格安SIM通信WiFi

格安SIM通信WiFiiPhone格安SIM通信の読者限定で申し込むことができるポケットWiFiです。

現在、端末代金・初月の月額料金が無料で申し込めるキャンペーンを実施中。

回線は大手キャリアの4GLTE回線。もちろん、配線も回線工事も必要ありません。届いてから簡単な設定を行うだけで快適なモバイル通信を使用することができます。

プランは20GBプランと7GBプランの2種類が用意されています。最安だとなんと月額2,980円で家でも外でもネットが使用できるようになります。

この機会にぜひ申し込んでください!

【読者限定!】格安SIM通信WiFiに申し込む

BIGLOBE WiMAX 2+

プロバイダとしては老舗のBIGLOBEでは、支払い方法が口座振替とクレジットカードの支払いを選ぶことができます。どちらを選ぶかでキャンペーンの割引額やキャッシュバックの金額が変わります。

クレジットカードでの支払いを選択すると、30,000円のキャッシュバックと月額料金値引きで最大68,570円お得になります。3年契約のギガ放題のプランでの平均月額料金は3,508円となりかなりお安くなります。なお、口座振替を選択した場合のキャッシュバックは15,000円です。

どちらも利用開始月から12カ月目にマイページで手続きをすることで簡単に受け取ることができます。

BIGLOBE WiMAX 2+でWiMAXを契約する

最新のおすすめWiMAXの情報はこちらの記事でもご紹介しています。

解約はタイミングを考えよう

UQ WiMAXは本家であることから、回線が安定していることや手厚いサポート体制で人気です。その一方、実店舗を持っているため、月額利用料金はやや高めになっています。

各プロバイダのキャンペーンを活用して乗り換える場合、更新月まで期間が遠いなら違約金を負担してくれるものや、高額キャッシュバックがあるプランがおすすめです。

単純に解約する場合は、解除料と更新月まで月額量を支払うことの合計額で、天秤にかけます。「UQ Flat 2+ギガ放題」であれば月額4,380円なので、1年目の解除料19,000円でも4~5カ月分に相当します。その間に更新月があるなら、更新月を待つほうがお得です。このように、解約のタイミングをよく見極めるようにしましょう。

【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2020年01月24日

おっきー ― ライター
おっきー ― ライター

物心ついた頃からiPhoneがあるスマホネイティブ世代。SNSから最新情報を取得するのが日課。趣味はダンス。

関連キーワード