スマートスピーカーでできることは?性能比較・おすすめ紹介

スマートスピーカーでできることや、人気製品の性能・スペックを比較しました。Alexsaを搭載したAmazon Echo、GoogleアシスタントのGoogle Home等、AI搭載のおすすめ商品もご紹介。スマートスピーカーで何ができるか知りたい方必見です。
【公式】カシモWiMAX スマートスピーカーでできることは?性能比較・おすすめ紹介

CMなどで今注目を集めている、スマートスピーカーの種類や使い方などをまとめました。

スマートスピーカーを使いこなすことができれば、今の生活をより便利にサポートしてくれます。

スマートスピーカーを購入した際におすすめの保険も紹介していますので、気になっていた方はぜひ参考にしてみてください。

スマートスピーカーとは?

スマートスピーカーとは別名AIスピーカーと言います。人工知能を搭載しており、人の言葉に反応し質問や疑問などに答えてくれます。

スマートフォンやパソコンを起動させることなく、呼びかけるだけでインターネットでの検索や買い物、家電の操作などができることがメリットです。

部屋に置いておくだけで、生活をより豊かにサポートしてくれるのがスマートスピーカーの特徴です。

スマートスピーカーでできること

スマートスピーカーは、人の音声に反応し様々な機能を利用することができます。

どんなことができるのか、機種によって性能やできることに多少の差がありますが、メインの機能を紹介していきます。

天気予報やニュースの読み上げ

今日の天気やニュースなどを読み上げてくれます。

朝の出勤前の支度をしながらなど何か作業をしながら聞けるので、いちいちスマホを見ずに情報を得られるのが便利ですね。

メモやTodoリスト、アラームのセット

何かメモを取りたいときなどに身の回りに道具がなかったとき、音声をそのままメモしてくれます。

また、Todoリストの管理やアラームのセッティングも可能です。

家電製品のON/OFF

インターネットに接続されている家電の電源をON/OFFすることができます。

室内照明やテレビ、エアコンなどを操作できるので、家に帰り部屋に入った途端に作動させることができるのがポイントです。

音楽の再生

各製品によって使えるサービスは異なりますが、音楽再生を行うことができます。

Google Play MusicやYoutube Music、Spotifyなどを使用することができ、対応している機種によって様々なサービスが使用可能です。

おすすめスマートスピーカー

Amazon Echo

Amazonが開発した人工知能、Alexa(アレクサ)を搭載したスマートスピーカーです。

Amazon Echoの強みは、Amazonと連携しているという点。話しかけるだけでAmazonで買い物をすることができます。

また、Amazon Prime会員だと、Prime Musicを使用して音楽を再生することもできます。TVでYouTubeを見ることができるfire TV stickにも連携し、見たい番組の検索や早送りなどが全てハンズフリーで行えます。

さらに、スキルと呼ばれるアプリケーションを使用し、Amazon Echoに様々な機能を付与し、自分が使いやすいようにカスタマイズできるのも大きな特徴となります。

スキルはスマートフォンのアプリのようなものなので、これからどんどん増えていくため、より便利になることが予想できます。

Google Home

こちらは、Googleが開発したスマートスピーカーです。Googleアシスタントと呼ばれるAIを搭載しており、音声に反応し様々な機能を作動させることができます。

Googleが開発しているため、音声聞き取りの精度が高く、使用するにあたって、あまりストレスを感じさせないのも特徴です。

ユーザー登録が最大6人まで可能です。それぞれの声を登録することができるので、家族で使用している場合でも自分の声を判別し、自分の声で登録したスケジュールを読み上げてくれるのが最大のポイントです。

更に、Googleのサービスが利用でき、インターネット検索や、天気予報、ニュース、音楽再生、家電操作などが行えます。

小型版のGoogle Home miniも発売されており、Google Homeよりも安価のため、気になる方はこちらを買ってみてもいいかもしれません。

LINE Clova WAVE

Clovaと呼ばれるLINEが開発したAIアシスタントを搭載したスマートスピーカーです。そのため、LINEと連携することが可能です。

LINE MUSICの再生や、LINEの送信、LINE通話までも可能です。LINEニュースの読み上げや、アラームの設定、天気予報などのリサーチも行うことができます。

また、バッテリーを搭載しているので電源がない状態でも使用できるのもポイントです。ドラえもんやミニオンズ、LINEオリジナルのキャラクターとコラボした可愛いデザインもあるのはかなり大きな特徴と言えるでしょう。

スマートスピーカーは部屋に飾るものなので、そう言った遊び心があるのがいいですね。

LINE Clova WAVEを購入する

SONY LF-S50G

こちらは、みなさんも馴染み深いSONYから発売されているスマートスピーカーです。先ほどご紹介したGoogle Homeと同様に、Googleアシスタントを搭載しています。

Google Homeとの主な違いは、まず音質です。スピーカーが上向きと下向きの2パターンになっているため、室内のどこにいてもリアルな音を楽しむことができます。

また今までに紹介してきた全てのスマートスピーカーと決定的に違うのが、ジェスチャーにも反応するという点です。

本体の上に手をかざし、手を動かすことで音楽を停止したりボイスアシスタントを起動したりすることができます。

本体に触れずに機能を使えるのがメリットです。さらに防滴加工もなされているので、キッチン付近など水回りの付近でも安心して使用できます。

スマートスピーカーを持っているなら入るべき!モバイル保険

モバイル保険とは、1契約月額700円で3台までのモバイル端末の補償をしてくれる充実した保険です。しかも、年間最大10万円まで、破損や水濡れにまで対応してくれます。

スマートスピーカーはもちろん、スマートフォンやノートパソコン、携帯ゲーム機など、種類が違くても同時に3台まで契約可能のモバイル保険を詳しくご紹介していきます。

メリット1:月額700円で3台まで契約可能

先ほど紹介したAmazon EchoやGoogle Homeは新品かつ正規店で購入した場合、1年間の限定保証が付いています。

1年を過ぎてしまうと保証が利用できませんし、更にスマートスピーカー自体が現在普及している途中なので、修理をできるお店が限られており、かかる金額も様々。

そのため、モバイル保険に加入すれば10万円まで対応してくれるため安心です。今の時代、モバイル端末を複数所持している人が多いと思います。

例えば、スマートスピーカーとノートパソコン、Bluetoothイヤホンなどバラバラな種類でも3台まとめて契約できるのがとても便利です。

メリット2:どこのお店で修理しても対応可能

修理するときに購入した店舗に持ち込んだりするのはとても不便で効率が悪いですよね?

モバイル保険であれば、正規店でなく街中のどこのお店で修理しても補償可能です!しかも、マイページから申請するだけなのでお手軽なのもポイントです。

メリット3:購入日から一年以内ならいつでも契約可能

スマートフォンや携帯ゲーム機は多くの場合、購入時に補償に入ることを勧められます。そのため、購入時に加入しないと後から入ることができません。

しかし、モバイル保険であれば購入時から1年以内であればいつでも加入することができます。購入してから「あのとき入っていれば…」と後悔しないで済むのがいいですね。

モバイル保険の注意点

様々なケースに対応してくれるモバイル保険の補償ですが、紛失に関しては対応できないので注意してください。

スマートスピーカーに関しては室内で使用することが前提なので、ほとんどの場合にモバイル保険で対応できるかと思われます。

モバイル保険を申し込む

終わりに

最近CMなどで目にするスマートスピーカですが、あまり詳しく知らないという理由で購入をためらっていた方も多いと思います。

インターネットに接続すれば、ご紹介した様々な機能を使用することができます。<更に今後多くの機能が付与され、より使いやすく、便利になっていくことでしょう。

これを機会に、ぜひスマートスピーカをうまく活用し、生活を豊かにしてみてはいかがでしょうか。

モバイル保険を申し込む

光回線/Wi-Fi お申し込み電話相談を受け付け中!

iPhone格安SIM通信では光回線や、Wi-Fiなどインターネットの利用開始やお切替えを検討中のお客様に電話相談を受け付けております。

ソフトバンクの正規代理店DRMの専門オペレータがお客様のご要望に合わせて、ソフトバンク光やソフトバンクAirをご案内させていただきます。

TEL:0120-937-536
受付時間10:00-20:00 (年末年始除く)
今なら5000円キャッシュバックに加えてGoogle Home Miniをご契約の先着25名様にプレゼント!
スマホから通話料無料でご利用いただけます。

 今すぐ電話無料相談をする! 

【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2019年02月17日

Remi ― ライター
Remi ― ライター

関連キーワード