Androidおすすめ
  • スマホ

子供にスマホをいつから持たせる?適切な時期を見極めてスマホトラブルから守ろう

子供にスマホはいつから持たせるべきか、メリット・デメリットをまとめました。親は子供にいつからスマホを持たせるべきか、何歳が適齢なのか、スマホ所有率の統計調査とスマホを持たせる際の注意点をご紹介します。子どもにいつから持たせるべきか悩んでいるご両親必見です。
docomo 子供にスマホをいつから持たせる?適切な時期を見極めてスマホトラブルから守ろう

小さなこどもをもつ親御さんなら、誰もが悩むのが「子供にいつスマホを持たせるか」です。

自分たちの時代にはスマホなんてもちろんありませんでしたし、時代がどんどん変わっているので、何を基準にしていいのかわかりませんよね。

いつかは持たせたいと思いつつ、その「いつ」を決めるのに苦労している方も多いのではないでしょうか。

今回はスマホを持たせるタイミングをデータから考察し、スマホを持たせるメリット・デメリットについて紹介していきます。

ぜひ参考にして自分と子供にとって一番いいタイミングを見つけてくださいね。

\新キャンペーン続々登場!/
docomo

いつから子どもにスマホを持たせるのが適切?

子どもにいつからスマホを持たせるのが適切なのでしょうか。

明確な答えはありませんが、選び方のヒントをここでは解説していきます。

いまどきの子どものスマホ事情

まずは、今どきの小学生~高校生がどれだけスマホを持っているのか見てみましょう。

総務省が毎年発表している「青少年のインターネット利用環境実態調査」の調査結果によりますと、小学生の約3割、中学生の約6割、高校生の約9割がスマホを持っていることになります。

高校生ではスマホを持っていて当たり前ですし、中学生でも半数以上が持っていることになっています。小学生といえども、スマホを持たせるのは決して珍しいことではないという結果になりました。

また、高校に入学するタイミング、中学校に入学するタイミングでスマホを持たせるケースが多いというデータもあります。

総務省のデータを細かく見ると、高校生の普及率は数年前から9割以上あったのに対し、中学校ではその3年間で約4割から6割に急上昇しています。ここ数年で、中学生にスマホを持たせる親が増えていることを表しているデータとなります。

持たせる時期は学年と用途で決めよう

周りの人が持たせているから、という理由で契約を決めるのも一つの手ですが、使用用途を定めておくことをおすすめします。

子どもにとってスマホは、たくさんの情報を得られる宝庫です。友だちや家族との連絡手段にもなるでしょう。

ですが使い方を間違えると、大きなトラブルにも発展しかねません。

本当に必要なのか、スマホを与えても大丈夫かを事前にきちんと判断し、目的にあった使い方ができるように準備しましょう。

子どもをスマホトラブルから守る方法

子どもがスマホを使う上で切っても切れないスマホトラブルとの関係。

大切なお子様の安全を守るためにも、契約前にトラブルを未然に防ぐ方法を確認しておきましょう。

\半年間実質0円!/
LINEMO

使用時間や課金などのルールを作る

はじめのうちはお子様と一緒にスマホを利用する時間帯や、一日の総利用時間などを決めておきましょう。

調べものや動画、友達との連絡などができるのでとても魅力的なものだからこそ、時間を奪ってしまうものでもあります。

アプリゲームなどは課金が必要になってくるものもあります。

一方的に決めるのも一つの手ですが、年齢に応じて一緒にルールを作るとお子様の納得度も上がり、ルールによるトラブルが少なくなるかもしれません。

以下にスマホルールの例をご紹介します。ぜひルール作りの参考にしてください。

  • 1日の利用時間を決める
  • 夜〇時以降は使わない
  • 連絡はLINE(またはメール)を使う
  • 歩きながらスマホを使わない
  • アプリをインストールするときは、事前に許可を得る

フィルタリング機能をつける

フィルタリング機能とは、インターネットのサイトや時間帯を制限するサービスのことで、子どもにとって有害なサイトをブロックできます

スマホ本体の設定、キャリアや格安SIMのサービスを利用する方法、アプリをインストールする方法の3種類があります。

アプリや携帯会社のサービスは無料で利用できる場合が多いので、契約する際はできる限り申し込むようにしましょう。

保護者のパソコンなどで遠隔から操作したり監視もできるので、非常に便利な機能です。

スマホモラルを一緒に学ぶ

スマホを契約する前に、動画や本などを通してスマホを使うことについて一緒に考えてみましょう

正しく使えば便利なスマホですが、使い方次第で恐ろしいものにもなります。

やってよいことといけないことを一緒に学び、なにかあったときにも対処できるように準備しましょう。

子どものスマホデビューはトーンモバイルがおすすめ

子どもにスマホを持たせることが決まったら、次にすることはスマホ選びです。

子どものスマホデビューには、トーンモバイルの利用をおすすめします。

なぜ、トーンモバイルがよいのかを詳しく解説していきますので、ぜひお読みくださいね。

トーンモバイルの概要

トーンモバイル 出典:トーンモバイル

トーンモバイルは子どももシニアの方も利用できる安心の格安SIMです。

特に子どものスマホデビューで、料金を抑えたい方に評判で、子どものスマホ利用に特化した機能が充実しているのが特徴です。

料金プランは以下のとおり。

トーンモバイルオリジナル機種 TONE SIM(for iPhone)
基本プラン(税込) 1,100円 1,650円
端末代金(税込) 9,980円
通話量 トーンモバイル同士:0円・国内携帯電話・PHS宛:21円/分・国内一般加入電話宛:13円/分

ギガが減らないのにずっと月額1,100円(税込)で利用でき、通話をたくさんしたい方のために通話オプションもそろっています。

回線はドコモの回線を利用しているので、全国幅広く利用できます。

トーンモバイルが子どものスマホデビューにぴったりな理由を5つ紹介していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

【トーンモバイル】の詳細を見てみる!

特徴1 基本的な見守り機能が充実している

お子様にとって不適切なWebサイトをブロックしたり、スマホ・アプリごとに利用時間を設定して使いすぎを防止したりする機能をはじめとする「見守り機能」が充実してるのが魅力の一つです。

具体的な機能は以下のとおりです。

  • フィルタリング:不適切な情報から守る
  • アプリ利用制限:親がカスタマイズできる
  • 利用時間制限:使いすぎを防げる
  • 居場所確認:いつでも確認できる

保護者がトーンモバイルを使っていない場合はそれぞれ最大で月額220円(税込)の料金がかかります。

また、TONE e21を使った場合に利用できる機能です。TONE SIMでは利用できないのでご注意ください。

特徴2 安全な写真撮影機能が搭載されている

トーンモバイル 出典:トーンモバイル

SNSをやりたいお子様も多いのではないでしょうか。

色々な人とつながることができるSNSは楽しい反面、危険もつきものです。

自画撮り被害という、子どもが騙されたり脅されたりして自分の裸を撮影し、その写真をメールなどで送信させられるトラブルがあります。

その被害を未然に防ぐべく、TONE e21という端末にはAIが不適切な写真撮影をブロックする機能がついています

もちろん、普通の風景などの写真撮影は可能ですのでご安心ください。

特徴3 スマホの利用状況をAIが知らせてくれる

子どもといつも同じ場所にいるわけではないため、離れているときはどうしているのか不安になりますよね。

普段の行動やスマホの利用状況を知っておきたい、というニーズにもトーンモバイルでは応えています。

よく見るWebサイトや使用しているアプリ、よく行くエリアなども記憶してくれます。

歩きスマホの検知もしてくれるので、未然に事故を防げる可能性が高くなります。

また、異常な行動を察知した場合は保護者に通知がいく仕組みもあるので、非常に安心です。

特徴4 子どもの成長にあわせて設定を変えられる

トーンモバイル TONE e20 出典:トーンモバイル

子どもの成長にあわせてAIが最適な機能を設定してくれます。

たとえば、よく行く場所が変わったり、行動範囲が広くなると、自動的にAIが察知し設定変更を促す仕組みです。

ずっと昔から同じ設定だと窮屈に感じますが、年齢に応じて変更できるため長く端末を利用できます

特徴5 学校などの特定の場所での利用制限ができる

学校でのスマホ持ち込みにも対応可能です。

GPSを利用して、アプリをロックしたり利用制限をかけたりできます

たとえば、連絡手段としてLINEは必要なので利用制限はかけずに、その他のゲームアプリなどは利用できないようにする、といった設定もできます。

TONE e21,e20,e19,m17の端末であればどれでも対象です。

【トーンモバイル】の詳細を見てみる!

「TONE e21」が新登場!

出典:トーンモバイル

トーンモバイル独自の端末「TONE e21」は、安心・安全面はもちろん、基本的な機能も充実している高コスパスマホです。

  • 子どもと離れていても安心!AIが状況をお知らせ
  • 安心安全はもちろん、基本機能も充実
  • クアッドカメラでプロ級の仕上がり
  • トラブルに強い「置くだけサポート」

基本的な機能はもちろんのこと、独自の「置くだけサポート」ではスマホの不具合に対応できます。インターネット接続や端末動作に問題が起きたときに、購入時の箱に本体を置くだけでスマホの問題を自動で修復してる便利な機能です。

また、4,000mAhの大容量バッテリーで外出時も安心。約2万円の安価なモデルですが、カメラはなんと4眼レンズで美しい写真を簡単に撮影できます。

中でも注目したいポイントは、子どもの状況をAIがチャットで知らせてくれる「Oneメッセンジャー」です。子どもの位置情報やバッテリー残量、歩きスマホなどを感知して、保護者が気になる情報を細かにレポートします。

「学校付近へ到着しました」などのメッセージも受け取れるので、子どもと離れている時間も安心です。

子どもに持たせるスマホでどれにしようか迷っている方は、ぜひトーンモバイルのTONE e21を検討してみてください。

【TONE e21】の詳細を見る

適切なスマホを選んで子どもの安全を守ろう

子どもにスマホをいつから持たせるかはそれぞれの家庭やお子様の学年、利用用途によって異なります。

安心・安全にスマホを使うためには、ルールを設けたり、フィルタリング機能をつけたりと工夫が必要です。

ご紹介したトーンモバイルは、フィルタリング機能が充実していておすすめですので、ぜひ検討してみてくださいね。

公開日時 : 2021年01月09日

鈴木光平 ― ライター
鈴木光平 ― ライター

フリーのライター、趣味は料理とダンス。たまに公園で踊ってます。見かけたら声かけてください。喜びます。結婚してからは料理男子。妻の美容と健康のために頑張ったらハワイでモテる身体に近づけてしまいました。

関連キーワード