Androidおすすめ
  • スマホ

子供にスマホはいつから持たせる?年齢とメリット・デメリット

子供にスマホはいつから持たせるべきか、メリット・デメリットをまとめました。親は子供にいつからスマホを持たせるべきか、何歳が適齢なのか、スマホ所有率の統計調査とスマホを持たせる際の注意点をご紹介します。子どもにいつから持たせるべきか悩んでいるご両親必見です。
新型ihone12噂 子供にスマホはいつから持たせる?年齢とメリット・デメリット

小さなこどもをもつ親御さんなら、誰もが悩むのが子供にいつスマホを持たせるかということ。

自分たちの時代にはスマホなんてもちろんありませんでしたし、時代がどんどん変わっているので、何を基準にしていいのかわかりませんよね。

いつかは持たせたいと思いつつ、その「いつ」を決めるのに苦労している方も多いのではないでしょうか。

今回はスマホを持たせるタイミングをデータから考察し、スマホを持たせるメリット・デメリットについて紹介していきます。

明確な答えはありませんが、ぜひ参考にして自分と子供にとって一番いいタイミングを見つけてください。

いつからスマホを持っているのか

まずは、今どきの小学生~高校生がどれだけスマホを持っているのか見てみましょう。

総務省が毎年発表している「青少年のインターネット利用環境実態調査」の調査結果によりますと、小学生の約3割、中学生の約6割、高校生の約9割がスマホを持っていることになります。

高校生ではスマホを持っていて当たり前ですし、中学生でも半数以上が持っていることになっています。小学生といえども、スマホを持たせるのは決して珍しいことではないという結果になりました。

また、高校に入学するタイミング、中学校に入学するタイミングでスマホを持たせるケースが多いというデータもあります。

総務省のデータを細かく見ると、高校生の普及率は数年前から9割以上あったのに対し、中学校ではその3年間で約4割から6割に急上昇しています。ここ数年で、中学生にスマホを持たせる親が増えていることを表しているデータとなります。

スマホを持たせるメリット

では、子供にスマホを持たせるメリットとは何なのでしょうか。1つ1つ見ていきましょう。

子供同士のコミュニケーションツールになる

大人もそうですが、今やコミュニケーションの大半は、LINEを始めとしたメッセージアプリによって行われているといってもいいでしょう。

子供でもそれは変わりませんし、子供の方がスマホによるコミュニケーションの恩恵を受けているかもしれません。

学校が終わった後もグループトークで盛り上がったり、初めてクラスが一緒になった子とも、スマホで気軽に連絡し合うことができるようになりました。スマホが友達づくりに一役買っていることは、大きなメリットと言えるでしょう。

家族とのコミュニケーションも増える

スマホで連絡が取り合えるようになるのは、友達同士だけではありません。家族ともスマホを使って連絡を取ることで、家族のコミュニケーションが増えたという事例はたくさんあります。

特に思春期の子供は、面と向かって親と話し合うのは恥ずかしいもの。

それでもスマホだったらコミュニケーションがとれますし、言葉を使わなくてもスタンプなどで気持ちを表すこともできます。家族でグループトークをしているという方も少なくありません。

GPSで居場所がわかる

子供の帰りが遅くなった時など心配になる時も多いと思いますが、そんな時もGPSがあれば居場所がわかって安心できるでしょう。

また、設定によっては子供がどんな道順で帰っているのか、寄り道をしないで帰っているかも見ることができます。子供が迷子になった時も役に立つことでしょう。

自分で色々調べられる

親のメリットではないかもしれませんが、子供が気になったことをその場で調べることができるため、子供の興味の世界を広げることができるでしょう。

なんでも答えがすぐに出ることがいいとは限りませんが、うまく使えば子供の好奇心を広げることはできるでしょう。

勉強用のアプリも数多く提供されているので、勉強に一役買ってくれることも確かです。

IT・スマホに慣れることができる

今やITなしでは生活も仕事もできません。これから社会に出るのであれば、スマホも使えなければ困ることもあるでしょう。

早いタイミングでスマホを持たせることで、スマホやITに興味を持たせて慣れさせることができます。

スマホを持たせるデメリットもありますが、早いうちから持たせることでトラブルが起きない使い方を覚えることもできます。

スマホを持たせるデメリット

子供にスマホを持たせるのに抵抗があるのは、やはりデメリットがあるからではないでしょうか。どんなデメリットがあるのか見ていきましょう。

勉強の邪魔になる場合がある

勉強の手助けにもなるスマホですが、使い方を間違えれば邪魔にもなりえます。ついスマホゲームやYoutubeなどを見てしまって、肝心の勉強に身が入らないというのは想像しやすいデメリットでしょう。

大人でも気づけばスマホに気を取られて時間が過ぎていることもあると思いますが、子供ならなおさらです。

子供は大人よりも極端に熱中しやすい傾向があるため、一度ゲームなどに熱中してしまうと、勉強をしていてもゲームのことが気になってしまい集中できなくなります。

健康に悪影響がある

子供にとっては、スマホはとても魅力的な玩具になります。スマホ1台で様々な役割を果たしてくれるため、自然とスマホを見ている時間も長くなってしまうでしょう。

しかし、スマホの長時間使用は目を始め、体に様々な悪影響が出るのは大人と一緒です。スマホに手中している間は、自覚症状を感じないのも症状を悪化させる原因の1つです。

また、目だけでなく、遅くまでスマホを使うことによって寝不足になることも子供の健康問題を引き起こします。

スマホの使いすぎで最悪失明したケースや、寝不足によって鬱になったケースもあるため、親御さんがしっかり気をつけてあげましょう。

有害サイトにアクセスする危険がある

なんでも調べられる便利なスマホですが、有害サイトへの落とし穴はいたるところにあるため、誤ってアクセスしてしまうケースは多いです。

ワンクリックで高額な架空請求をするサイトは今でもあります。アダルトサイトなどの場合、親に相談するのが恥ずかしく事件が発覚するのが遅れる場合もあるので、有害サイトにアクセスできないようにすることが重要です。

ブラウザごとロックするのもいいですが、それでは通常のサイトも見れないので、フィルタリングをうまく活用するのがおすすめです。

スマホによるいじめがある

上手に使えば子供同士のコミュニケーションに役に立つスマホですが、逆に悪用されるケースもあります。

昔であれば直接的ないじめだったため、大人が介入しやすかったですが、最近増えているスマホ上のいじめでは大人の目が届きにくく、発覚が遅れやすいです。

グループトークの中で悪口を言われたり、のけものにされるなど、やっていることはリアルでのいじめと変わりません。しかし、直接ではないので加害者の罪の意識が薄くなるのも厄介です。

スマホの料金が発生する

経済的な負担も無視することはできません。各社で学割などを行っていますが、それでも数千円の出費が毎月発生することになります。

数千円ですめばいいかもしれませんが、スマホゲームなどに勝手に課金などをして、数十万円の請求が発生して問題になったケースもあります。

子供に持たせるスマホにどんな機能が必要なのかを考えれば、格安SIMなどで出費を抑えることもできます。高校生にもなるとバイトをする子供もいて、携帯代を自分で払う場合もありますが、支払いに関してもしっかり家族で話し合いましょう。

子供にスマホを持たせる時の注意点は

デメリットもあるスマホですが、しっかり工夫をすることでデメリットを減らすことは可能です。

スマホを持たせると決めている方はぜひ参考に、スマホを持たせるか迷っている方は工夫をすることで、子供に持たせられないか検討してください。

使用のルールを決める

スマホを持たせるデメリットの多くはしっかりルールを決めて、それを守ることで減らすことはできます。

スマホを使う時間や場所を予め決めておけば、スマホの長時間利用を防ぎ、勉強などにも集中させることができます。今では各キャリアで使用する時間を制限する機能も出ています。

またクラウドファウンディングでは、子供のスマホ利用を管理するスマホケース「OTOMOS(オトモス)」も発表されました。

オトモスはスマホケースでありながら、スマホのライトニングコネクタに挿し込むことで、1日に使用できる合計時間を決めたり、使える時間帯を指定して制限することができます。

親と子供、そしてスマホの関係を考えて作られているため、様々な問題を解決してくれるかもしれません。興味のある方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

サービスやガジェットを使って子供のスマホの使用を制限するのもいいですが、子供と話し合うことは忘れないでください。

いつまでも子供のスマホを親が管理できるわけではありませんし、いつかは子供も大人になって自分で自分の管理をしなければなりません。

ただ機能的に使用を制限しているだけでは、制限がなくなった時に自分で管理できなくなってしまう怖れもあります。

機能を使って制限しながらも、しっかり子供と向き合いながら自分でスマホの管理ができる、もしくはルールを守れるように教育していくことも親の役目です。

フィルタリングをかける

子供にスマホを渡す時は、最低限フィルタリングサービスはかけてあげましょう。フィルタリングをかけることで、アダルトサイトや悪質なサイトにアクセスできなくなります。

悪質なサイトは大人でもトラブルを引き起こすことがあるので、子供を守るためにもしっかり各社が提供しているフィルタリング機能を活用しましょう。

【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2019年02月07日

鈴木光平 ― ライター
鈴木光平 ― ライター

フリーのライター、趣味は料理とダンス。たまに公園で踊ってます。見かけたら声かけてください。喜びます。結婚してからは料理男子。妻の美容と健康のために頑張ったらハワイでモテる身体に近づけてしまいました。

関連キーワード