光回線を複数引くことは可能?メリット・デメリットと割引まとめ

光回線を複数(2回線以上)引くことは可能なのか、光回線を複数引くメリット・デメリットをまとめました。フレッツ光等の複数回線契約での割引や、光回線複数申し込み時の注意点や申込方法をご紹介します。マンションや一戸建てで光回線を複数契約したい方必見です。
【公式】カシモWiMAX 光回線を複数引くことは可能?メリット・デメリットと割引まとめ

通常であれば1回線あれば十分な光回線ですが、中には複数の光回線の契約を検討している方もいるかもしれません。

実際にNTTでは複数の光回線を契約する際の割引も用意しているため、うまく活用すれば節約にもなります。

今回は、複数の光回線が必要になる場合や、どんな割引があるのかをご紹介していきます。場合によっては複数の光回線を契約しなくて済む場合もあるので、検討している方は参考にしてください。

光回線を複数契約するのが有効なケース

早速、複数の光回線が必要になるケースを見ていきましょう。ちなみに、パソコン1台につき1回線必要だと考えていらっしゃる方もいますが、パソコンが複数あっても1回線あれば十分です。

有線であれば2本のケーブルを接続すれば事足りますし、無線LANをルーターを利用すれば、ケーブルがなくても接続可能です。

無線LANルーターはプロバイダなどから無料でレンタルされてる場合もありますし、家電量販店でも販売されているので探してみましょう。

ではどんな時に複数の光回線が有効になるのか見ていきましょう。

2世帯住宅で別々の契約をするケース

同じ建物に住んでいていても、2世帯住宅で親世帯と子世帯でしっかり生活を区別したいと考えている方もいらっしゃいます。

その場合、光回線を2つ契約しておけば支払いを分けることができるため、お互いの生活に干渉することもないでしょう。もちろん料金も2倍かかりますし、それぞれ光回線の管理もしなければならないため手間も増えます。

一方で1つの回線がウイルスなどで攻撃された場合も、もう1つの回線が無事なら使えるという保険にもなりますし、原因なども絞りやすくなります。修理を行っている間も、もう一つの世帯に影響を及ぼすことがないので、作業はしやすくなるでしょう。

離れて暮らしている人の光回線をまとめて契約するケース

家族が離れて暮らしている場合も、契約をまとめるケースがあります。単身赴任をしている場合や子供が一人暮らしをしている場合、ネット回線の料金をまとめて支払うケースはよくあります。

まとめて契約することで管理がしやすくなるだけでなく、割引が受けられるため、節約効果も期待できます。

ただし、離れて暮らしているエリアがNTTの東日本エリアと西日本エリアに分かれていると契約をまとめることができないので注意しましょう。

光回線を複数契約することで割引されるサービス

光回線をまとめるメリットの一つに割引を受けられることがありますが、NTT東日本と西日本では割引の内容も異なります。それぞれどのような内容なのか見ていきましょう。

NTT東日本の「単身&かぞく応援割」

NTT東日本では「単身&かぞく応援割」に申し込むことで、複数契約の割引が発生します。割引額は下記のようにそれぞれの契約状況によって異なります。

  • どちらもマンションタイプの場合:最大100円
  • 戸建てとマンションタイプの場合:最大300円

条件を見ればわかりますが、割引を受けるのは最低どちらかがマンションタイプである必要があります。ちなみにフレッツ光ライトの場合は、割引の対象にならないので注意しましょう。

「単身&かぞく応援割」に申し込む際には、実際に支払いを行う主回線と、支払いをしない副回線を決めて登録することになります。

副回線利用者は支払いをしてくれる主回線利用者に対して契約者名、利用者の住所、お客様ID、請求方法の住所を伝えておく必要があります。

主回線の利用者はフレッツ光メンバーズクラブにログインして「単身&かぞく応援割」を申し込むと、後日NTTから電話があるため副回線の情報を伝えましょう。これで割引を受けることができます。

東日本の場合はマンションタイプ同士ですと割引額は大きくないのですが、せっかくもらえる割引なので、条件に当てはまる場合には必ず利用しておきましょう。

NTT西日本の「グループ割」

NTT西日本ではグループ割というものがあり、3回線まででグループを作ることができ、1回線あたり300円の割引が受けられます。東日本と違ってマンションタイプである必要もありませんし、フレッツ光ライトでも割引が受けられます。

グループ割の場合はグループを作るのが家族同士である必要もありませんし、グループを作っても支払いをまとめる必要もありません。そのため、友達同士でグループを作ってそれぞれ300円ずつ割引を受ける「みんな割引きプラン」というプランがあります。

もう1つ、支払いをまとめて主回線の支払いから回線数×300円の割引にする「まとめて割引きプラン」もあります。「みんな割引きプラン」と「まとめて割引きプラン」は途中で変更することも可能ですが、変更する際にはグループ全員の承諾が必要です。

グループ割に申し込む場合にはCLUB NTT-Westから申し込むことができます。ひかり電話を開通しているなら電話番号、開通していなければ回線IDが必要になるので予め用意しておきましょう。

フレッツ光で複数回線申し込む

光回線を複数契約する前に確認したいこと

光回線を複数契約する場合には、その前に確認しておきたいことがいくつかあります。割引が受けられるかどうかも変わってくるので、忘れずに確認しておきましょう。

回線が引けるかどうか

マンションやアパートにお住まいの場合、そもそもあなたの部屋にフレッツ光が引けるかどうかも確認しましょう。

マンション単位で光回線と契約している場合もあり、そうなるとあなたの部屋だけフレッツ光を契約するわけにはいかないので注意しましょう。

割引が受けられるか

割引を考えている方は割引の条件に当てはまっているか確認しておきましょう。

例えばNTT東日本の「単身&かぞく応援割」では、戸建てのファミリータイプ同士であれば割引を受けることができません。またフレッツ光ライトでも割引が受けられないため、契約内容を事前に確認しておきましょう。

西日本ではフレッツ光ライトは対象になりますが、ビジネスタイプやエンタープライズタイプは対象外となります。しっかり割引の対象になる契約確認してから割引に申し込みましょう。

東日本と西日本で分かれていないか

離れて暮らす家族の契約を1つにまとめる場合、注意しなければならないのが、NTT東日本と西日本のエリアです。

どちらかのエリアにまとまっていればいいのですが、両方のエリアにまたがっている場合、割引を受けることができません。単純に東日本の分の料金と西日本の分の料金を支払うことになるので注意しましょう。

フレッツ光で複数回線申し込む

ひかり電話は複数回線、複数番号持てるのか

光回線の複数契約について紹介してきましたが、光回線の利用社の中には光回線を利用したIP電話「ひかり電話」を利用している方もいます。

そういった方はインターネットもそうですが、光電話も複数回線、または複数番号持てるのかも見ていきましょう。

回線も番号も追加が可能

結論から言うとNTT東日本も西日本も、回線も番号も追加が可能です。

回線を追加するとどうなるのか。通常であれば家に電話機が2台あっても片方が使用していると、片方は利用できません。

しかし、回線数を増やすことで同時に同じ番号を使って電話をすることができるようになります。東日本、西日本ともに2回線まで増やすことが可能です。

電話番号は東日本でも、西日本でも4番号まで追加することができ、計5つの番号まで持つことができます。ただし、光電話対応ルーターには電話機を繋ぐポートが2つしかないので、電話番号を増やしても電話機は2台までしか増やせません。

電話番号を増やすメリットと仕様例

これまでのアナログ電話では電話番号が1つしか持てなかったので、複数の電話番号を持てると言われてもどう活用するのかイメージがわかない方もいるでしょう。

どんな使い方があるのかも紹介していきます。

2世帯で番号を分ける場合

2世帯住宅の場合には、電話番号も分けられると便利ですが、アナログの電話を1回線ずつ通すとそれだけ料金が発生しました。

電話番号を2つもっておくと1つの契約で、2番号利用できるので電話料金がお得になります。ただし、電話機の位置によっては、電話の配線工事が必要な場合もあります。

また、通話量の請求は分けることができないのも注意しておきましょう。番号ごとにどれほど発信したのかは内訳が見られますが、請求はひとまとめのため予めどちらが支払うのか決めておきましょう。

仕事とプライベートで切り分ける場合

自宅で仕事をされている人の場合、仕事で使う番号とプライベートで使う番号を使い分けたい方もいるでしょう。

その場合も、番号を2つ取得すれば可能です。チャネルと電話機も2つ用意しておけば他の方が電話をしている時に、仕事の電話をしなければならない時も対応が可能になります。

仕事とFAXでそれぞれ番号を使う

ひかり電話を仕事に使う場合に、電話以外にもFAXを利用したいという方もいるでしょう。

そんな場合でも、電話とFAX用にそれぞれ番号を取得することが可能です。チャネルも2つ取得しておけばFAXを使いながら電話をするということも可能です。

また、光回線のプロバイダについては、こちらの記事でより詳しく解説しています。13社を一覧比較しているので、ぜひご確認ください。

光回線/Wi-Fi お申し込み電話相談を受け付け中!

iPhone格安SIM通信では光回線や、Wi-Fiなどインターネットの利用開始やお切替えを検討中のお客様に電話相談を受け付けております。

ソフトバンクの正規代理店DRMの専門オペレータがお客様のご要望に合わせて、ソフトバンク光やソフトバンクAirをご案内させていただきます。

今すぐ無料相談!
SoftBank 光
SoftBank Air
ソフトバンク光公式代理店

公開日時 : 2019年02月06日

鈴木光平 ― ライター
鈴木光平 ― ライター

フリーのライター、趣味は料理とダンス。たまに公園で踊ってます。見かけたら声かけてください。喜びます。結婚してからは料理男子。妻の美容と健康のために頑張ったらハワイでモテる身体に近づけてしまいました。

関連キーワード