格安SIMでショートメールを申し込むべきか|必要性を徹底解説

格安SIMを申し込むときに、ほんのわずかですが月額料金が高くなるのでショートメールを申し込むかどうか悩んでしまいます。ショートメールはアプリの登録のときに必要だったり、GPSが不安定にならずに済んだりとメリットがたくさんあります。
BIGLOBEmobile20190724_desc 格安SIMでショートメールを申し込むべきか|必要性を徹底解説

格安SIMを申し込むときに「ショートメール機能ってメールを送るだけだから必要ない」と思う人もいるかと思います。

ショートメール機能をつけると、毎月のスマホ代がわずかですが高くなります。ショートメール機能は名前の通りメールを送る機能ですが、実はそれだけではありません。

ショートメール機能がないと色々不便なことが出てきます。格安SIMにおけるショートメール機能の必要性を解説していきます。

ショートメールの機能と特徴

ショートメールの特徴や、どのようなときに使うのかを詳しく説明していきます。

電話番号宛てにメッセージを送れる機能

ショートメール(SMS)は、相手の電話番号宛てにメッセージを送ることができる機能です。音声通話回線を用いてメッセージのやりとりを行うため、メールアドレスを知らない相手にメッセージを送ることができるので便利です。

アドレス入力のメールだと受信の制限がかかっていたりしますが、ショートメールは制限なく誰にでもメッセージを送ることができます。キャリアで契約しているスマホはショートメール機能がついています。

送受信する相手と同じキャリアじゃなくても、メッセージのやりとりができます。さらに国内だけではなく、海外の人とメッセージの送受信をすることができます。メッセージのやりとりはチャットのようなシンプルな画面で、使い方も簡単です。

BIGLOBEmobile20190724_incontent

70文字程度のやりとりが可能

文字数制限はキャリアによって異なりますが、大体全角で70文字程度のやりとりが可能です。通常メールと違って、絵文字や画像、動画などを送ることはできません。

簡単なメッセージのやりとりなので、会社の取引先の人に連絡をする必要があるとき、電話番号しか知らない相手に便利に使うことができます。

料金は月額使用料や受信にかかる費用は無料ですが、送信は国内向けが1通約3円かかり、海外向けだと1通約100円になります。70文字を超えた文字数を送信すると、その文字数によって料金が高くなります。

アプリの登録時に必要なことも

ショートメールはメールとしての機能だけではなく、LINEなどのアプリの登録時に認証のために使われることが多いです。

登録時に4桁の認証番号がショートメールに送られて、その番号を登録することによって認証が完了する仕組みになっています。これは不正な利用を防止するために携帯電話の番号を使って個人を認証する「SMS認証」という方式です。

格安SIMを考えている人は、月々の料金を安くするためにデータ専用のSIMで契約してしまうと、使いたいアプリが使えないこともあります。

格安SIMでも利用可能

キャリアのスマホだけではなく格安SIMであっても、ショートメール対応プランを選べば、ショートメール機能を利用することができます。その場合、ショートメール無しのプランよりも100~200円ほど料金が高くなります。

しかし、ショートメールが使えると色々なメリットがあります。アプリ登録時にショートメール機能がなければ登録ができないものもありますし、LINEは一部の機能しか使えません。

ショートメール機能は、アプリ登録などあらゆることで重要な役割を果たすので料金は少し高くなりますが、ショートメール対応のプランを選んでいる方がメリットは多いです。

ショートメールが使える格安SIMをおすすめする理由

格安SIMを申し込む時にショートメール機能がなければ、色々と不便なことがあります。どのようなことが不便になるのか詳しく見ていきましょう。

SMS認証が使えないと不便

LINEをはじめとしたアプリ登録時に、SMS認証が使えないと不便です。LINEの場合、フェイスブック認証も可能ですが、電話番号による登録を行わないことでLINE電話やLINEストアなどの機能を使うことができないため注意が必要です。さらに友達をID検索することもできません。

他にもGoogleやメルカリなどもSMS認証が必要で、ショートメール機能がなければアカウントの作成ができなくなります。SMS認証を行うことでスマホのセキュリティ対策になるので、SMS認証が必要なアプリが多くなってきています。

圏外表示を防いでバッテリー消費を抑えられる

ショートメール機能のない電話番号を持たないSIMの場合、音声回線がないと認識され、圏外表示が出てしまうことがあります。

これは「アンテナピクト問題」という電波状態を示すアイコン「アンテナピクト」が圏外表示になってしまう現象です。そのため、常に接続先を検出しようとして、バッテリーを余計に消費してしまいます。

山の中や地下など電波が入りづらい場所などで起こりやすいです。都会だと日常的に起こりづらい問題ですが、バッテリー消費を防ぐためにショートメール機能をつけておいた方がよいでしょう。

ショートメール機能がないとGPSが不安定に

スマホが現在地を確認するとき、GPSの他にも携帯電話の基地局情報などを元にしています。基地局の位置から距離を測り、自分の場所の特定をします。ショートメール機能がないと、携帯電話基地局の情報をもとにした位置情報の特定が難しくなり、GPS機能が不安定になります。

地図アプリなどで位置情報取得機能を利用するときも、ショートメール機能がないと、位置情報に時間がかかってしまうこともあります。地図アプリを頼りに出かけてしまったらなかなか目的地に着かないかもしれません。

ショートメール機能付の格安SIMを申し込む際の注意点

格安SIMを申し込むときに、ショートメール機能は付け外しができないため注意が必要です。申し込み時にSMS機能をつけるかどうか決めたら、それ以降は変更ができません。

ショートメール機能を付けたい、外したい場合は、一度解約してから改めて契約する必要があります。その際、またSIMカードを買い直さなければならないため、余計な出費がかかってしまいます。

最初から自分がスマホでLINEやGoogleなどを使う予定がある場合は、ショートメール機能がついたものを申し込みましょう。月額の金額で決めてしまうと、あとでSIMカードを買い直すことになります。

ショートメール機能付のおすすめ格安SIM

ショートメール機能のプランがある格安SIMをいくつか紹介します。紹介キャンペーンや家族で申し込むとデータ容量が分け合えるものなどいろいろなメリットがあります。

IIJmio

12GBの「ファミリーシェアプラン」があり最大10枚のSIMカードで使用することができ、家族同士の通話料の割引などがあります。

他に「コミコミセット」というプランがありスマホ端末、ネット、通話セットで月額1,880円~で使用できるので、スマホデビューしたい人や月々のスマホ代を抑えたい人には最適なプランです。

2年縛りもなく、自動更新もないので解約したいときはいつでもできます。さらにスマホ代金が支払い終わるとその次の月から月額料金がさらに安くなります。紹介特典はIIJmioの契約者に紹介されると契約プランのデータ量が2カ月間10%増量されます。

IIJmioで格安SIMを契約する

U-mobile

U-mobileは「LTE使い放題プラン」があり月額2,980円で、LETのインターネットが使い放題でさらに全国82,000箇所で使えるWi-Fiが無料で使用できます。その他「SMART USEN」がセットになっていて音楽が聞き放題です。

毎月データ容量を多く使う人のために、安くで月々25GB使える大容量の「U-mobile MAX」というものがあります。速度制限なしで25GB使い放題でき、通話も半額で話せるプランです。

U-mobileではSIMカードを入れ替えだけでiPhoneやiPadがそのまま使えます。さらにウィルス対策や端末保障などのオプションが整っていて、U‐NEXTストアではプランの相談もできたりときめ細かいサービスを提供しています。

U-mobileで格安SIMを契約する

mineo

今使っている端末にSIMカードを差し替えるだけでそのまま使えます。2年縛りはなく、解約したいときに解約できる上、解約手数料はかかりません。ただし、端末によっては使用できないものもあり、SIMロック解除をしなければいけません。

mineoの契約者に紹介されるとキャンペーンでギフト券1,000円プレゼントの特典があります。さらに契約者がデータ容量が余りそうな月に家族にデータ容量をプレゼントできる「パケットギフト」もあります。

また翌月に繰り越したデータ容量を家族と分け合うことができる「パケットシェア」もあります。これでデータ容量を無駄にすることはありません。

mineoで格安SIMを契約する

DMMモバイル

DMMモバイルは家族を紹介するとお得な特典がもらえます。特典は1名紹介するとデータ通信容量1GBプレゼントされます。5名紹介するとDMMポイント500円分のプレゼントもあります。

通信量を分け合える「シェアコース」があり、家族や友達とデータ通信容量をシェアすることができます。端末のセット購入が可能なのでスマホデビューをしたい人には端末を探す手間が省けます。さらに月額料金の10%のポイントがもえるので、そのポイントをDMM.comの大半のサービスで使うことができます。

DMMモバイルが提供するDMM.comはフレッツ光回線サービスを利用した「DMM光」も提供しています。DMMモバイルDMM光をセットで利用すると毎月500円の割引があります。

DMMモバイルで格安SIMを契約する

楽天モバイル

2年間ずっと月額料金1,480円~で使え通話も国内通話10分以内であればかけ放題です。楽天会員であれば割引も受けられます。さらに楽天スーパーポイントを楽天モバイルの月々の支払いに利用することができます。

楽天モバイルは利用中の端末がSIMを入れ替えるだけでそのまま使うことができるので、新たなスマホの端末料金は発生しません。しかし端末の種類によっては利用できないものもあるので、あらかじめ調べておく必要があります。

家族や友人などで余ったデータ容量を分け合える「データシェア」があります。シェアできるのは前月余ったデータのみですが、使いきれなかったデータ容量を無駄にすることなく済みます。

楽天モバイルで格安SIMを契約する

ショートメール付のプランで格安SIMを快適に使おう

最近は格安SIMで毎月のスマホ代を抑える人も多くいます。しかし、格安SIMはショップがあるところが少なくネットで自分で申し込むことが多いです。自分でプランを考えて申し込むとついつい安くなるプランを選んでしまいますが、少しだけ高くなってもショートメール機能をつけた方が何かと便利に使えます。

アプリのアカウント作成や地図のアプリを使うときにGPSが安定して使えたり、メリットは色々あります。契約したあとにショートメール機能をつけたくても一度解約しないといけないので、二度手間になってしまいます。

格安SIMを申し込む前にショートメールのメリットを把握して、自分に必要かどうか判断してから申し込むようにしましょう。ショートメールをつけても500円もかからないので、ケチらずショートメールをつけた方がスマホを楽しく使いこなすことができます。後悔のないSIM選びをしましょう。

Y!mobile1,080円~

公開日時 : 2019年01月31日

おっきー ― ライター
おっきー ― ライター

物心ついた頃からiPhoneがあるスマホネイティブ世代。SNSから最新情報を取得するのが日課。趣味はダンス。

関連キーワード