格安SIMとポケットWiFiはどちらか|予算や使い方の比較

格安SIMとポケットWiFiは、どちらがよいのか悩む人も多いのではないでしょうか。最近使用する人が増えてきた格安SIMは、値段が安く便利という声がありますが、ポケットWiFiとどう違うのでしょうか。今回は、違いや詳細についてお伝えします。
BIGLOBEmobile20190724_desc 格安SIMとポケットWiFiはどちらか|予算や使い方の比較

キャリア携帯に比べて、通信費が安いことがメリットの格安SIM。また、よく比較されるポケットWiFiも、インターネット利用に使われますが、実際はどちらがよいのか迷うポイントになります。

格安SIMを上手に取り入れて、ポケットWiFiと併用することで、全体の通信費を抑えることも可能だといわれています。

通信費をなるべく抑えるために、上手な格安SIMとポケットWiFiの使い方についてみていきましょう。

楽天モバイル

格安SIMの特徴とは

格安SIMという言葉は聞いたことがある人も多いと思いますが、あまり詳しくはわからないという人もいます。まずは、格安SIMの特徴について知りましょう。

格安SIMは維持費が安い

格安SIMとは、ドコモやauなどの大手キャリアに比べて、通信費が安く済むことが大きな特徴です。大手キャリアが持っている通信設備を借り受けして、利用者に提供されているのが格安SIMで、各会社が独自で料金を設定しています。

こうしたことから、通信設備などを維持する費用が必要ないので、キャリアの会社に比べて維持費が安くなっています。通信の設備を持っている会社のことを「MNO」といい、通信設備を借り受けてサービスを提供している会社のことを「MVNO」といいます。

つまり、格安SIMの会社は「MVNO」になります。ちなみに、通信範囲に関してはキャリアの会社と同じです。

プランの種類が豊富

格安SIMの会社が増えてきていることで、多くのプランができています。プランの種類、価格や内容も様々で、自分にあったプランを選べることが特徴です。このプランを選べるところが、格安SIMを利用する際のメリットといえます。

プランの内容をしっかりと調べて比較することで、大幅な通信費の削減になります。例えば、あまりデーターを使わない人であれば、容量の少ないプランにすれば、かなり安く抑えられます。格安SIMを利用する場合は、しっかりとプラン内容を理解するようにしましょう。

使用期間の縛りがない

キャリアの携帯の場合は、2年の縛りがあることが基本です。

しかし、格安SIMは2年縛りがありません。最低使用期間は半年から1年であることがほとんどで、短めなことが特徴です。そのため、料金やプラン、速度などが気に入らないと感じた場合、短期間の使用で他社に乗り換えられます。

データー通信のみのプランなどでは、最低利用の料金設定がなかったり、解約金のシステムがなかったりすることが多いです。大手キャリアの携帯の場合は縛りがあるので、気軽に選べないことが多いですが、格安SIMの場合は、気軽に選べる点がうれしいポイントです。

クレジットカード払いが多い

格安SIMのプランでは、クレジットカード払いに指定されているケースが多くあります。中には、デビットカードや口座振替が可能な場合もありますが、ほとんどのケースはクレジットカード払いとなっています。そのため、クレジットカードを持っていない人には、使えないことがデメリットになります。

普段の支払いが、クレジットカード払いが基本であれば、煩わしさがないので便利だと感じる人もいるでしょう。ただし、現状ではクレジットカード払いでなかった会社でも、急に切り替わる会社もあるので、クレジットカードは持っておくとよいでしょう。

ポケットWiFiの特徴とは

ポケットWiFiとは、モバイルWiFiルーターを使った通信方法のことです。元々はワイモバイルの登録商標でしたが、現在では総称としてポケットWiFiといっています。ポケットWiFiの特徴を見ていきましょう。

どこでも使える通信端末

ポケットWiFiとは、どこでも使える通信端末のことをいいます。つまり、持ち運びが可能なモバイルルーターのことです。ポケットサイズで持ち運びがしやすいので、ポケットWiFiと呼ばれるようになりました。簡単にいえば、持ち運び可能な無線のインターネットのことです。

海外旅行などで、WiFiが必要な場合にポケットWiFiを持っていくケースや、家でのインターネット使用のために使っている人もいます。ポケットWiFiさえ持っていれば、どこにいてもインターネットを使えるので、外出先でも便利です。

光回線との違い

インターネットを利用する場合に使われる、光回線とポケットWiFiでは、どのような点に相違があるのでしょうか。

まず大きな違いは、光回線は固定回線となるため、家やオフィスなど回線を引いた場所のみ使用が可能です。一方、ポケットWiFiはどこにいても使えるので、エリア内での利用であればどこでも使えます。

利用するにあたっては、速度的な比較でいえば、光回線の方が断然早いといえます。また、回線の速度制限は、光通信の場合はありませんが、ポケットWiFiの場合は使い過ぎると制限があります。月額費用に関しては、ポケットWiFiの方が安い傾向があり、光回線の半分くらいの料金になるものもあります。

初期費用が安い

ポケットWiFiのメリットのひとつは、初期費用の安さにもあります。工事が必要ないので工事費用が掛からず、事務的な手続き費用のみなので安く済みます。光回線の場合は工事が必要で、20,000円程度かかるといわれています。

ポケットWiFiの場合、設定も簡単にできるので即日から利用可能ですが、光回線の場合は、工事や設定の期間が数週間必要な場合もあります。ポケットWiFiのよさとしては、費用が安く済むことと設定などの手軽さにあります。

格安SIM×ポケットWiFiのメリット・デメリット 

格安SIMとポケットWiFiを併用して使うということは、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。格安SIMとポケットWiFiを併用する場合の、メリットとデメリットについてみていきましょう。

iPhone格安SIM通信アンケート

組み合わせるメリット

格安SIMを使い、通信費を抑えていたとしても、データを多く使うことが多い人は、家の通信環境を別途契約していれば、全体の通信費が高くなってしまうこともあります。そんな人は格安SIMを使いながら、自宅の通信環境もポケットWiFiを利用し、一本化してしまうことで費用負担を減らせます。

ポケットWiFiを契約するために、格安SIMを選ぶのであれば、通信データー専用のSIMを選ぶことが重要です。この組み合わせで使えば、かなり月額の使用量を抑えられます。そして、もう1つのメリットは、WiMAXよりもつながりやすいLTEや3G回線が使えるので、屋内のつながりにくい場所でも使いやすくなります。

これは格安SIMを使うことで、キャリアと同じ範囲が使えるためです。そして、格安SIMとポケットWiFiを併用することで使えるデータも増えるので、たくさん使いたい人にとっては便利だといえます。

組み合わせるデメリット

格安SIMとポケットWiFiを併用するデメリットとは、どんなことがあるのでしょうか。

例えば、格安SIMには大容量のプランはあっても、無制限で使える使い放題のプランがあまり存在していないことがあげられます。また、格安SIMとポケットWiFiの組み合わせを、自分で選ぶことが難しいという点もあります。

これは、自分の選んだ格安SIMにルーターが対応していない場合があるため、自分で組み合わせを選ぶことで失敗してしまう可能性もあります。よって、あまり詳しくない人の場合は、セット販売されているものを選ぶことをおすすめします。

ちなみに、ポケットWiFiと格安SIMの契約の場合、割引きキャンペーンやキャッシュバックなどのプロモーションの対象外になることが多いです。よって、月額の料金だけで比較せずに、キャンペーンなどもチェックしておくとよいでしょう。

WiFiや格安SIMについて詳しく知りたい方は、WiFiと格安SIMについて解説した記事をご覧ください。

ポケットWiFiと併用がおすすめの格安SIM

自分に合った格安SIMを選ぶためには、どんな使い方をするのかを考えておく必要があります。ポケットWiFiとの併用を考えている人に、おすすめの格安SIMを紹介します。

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルのおすすめタイプは、シェアSIMというスマホを契約したときに、プラス216円するだけで、データーSIMを1枚追加するものです。これにより、通信をシェアすることが可能になり、スマホでもポケットWiFiでも利用できます。これにより、無駄なく通信を使えるので効率的です。

BIGLOBEモバイルの場合は、回線をドコモかauで選ぶことになります。3ギガプランの場合で、音声通話SIMだと月額が1,600円、データSIMの場合(ドコモ回線のみ)は900円、SMS機能付きの場合は1,020円となります。また、初月は月額費が無料となっていることも、嬉しいポイントです。

BIGLOBEモバイルで格安SIMを契約する

U-mobile

U-mobileは、無制限に使いたい人におすすめの格安SIMです。時間や容量を気にせずに、インターネットを使用したいという人は、LTE使い放題のプランがあるU-mobileがよいでしょう。残りの残量を気にせずに使えるので、とても気が楽です。

ただし注意点があり、あまり短時間のうちに大量のデーター通信を行ってしまうと、速度が制限されてしまいます。したがって、ポケットWiFiを使うのであれば、LTE使い放題プランの利用がおすすめです。6カ月利用で月額基本使用料が2,980円、12カ月利用で2,730円、データ専用の場合は利用期間の縛りなしで2,480円となっています。

U-mobileで格安SIMを契約する

楽天モバイル

格安SIMの中でも、利用者が多いといわれている楽天モバイルは、auとドコモの回線を使用しています。楽天モバイルのデーター専用SIMのプランは、低速通信のみのプランから高速通信が可能なプランまで、幅広いことが特徴です。そして、楽天グループのサービスとなるので、楽天スーパーポイントを貯めたり使ったりできます。

余ったデーター通信は繰り越すことが可能で、繰り越した分は家族などとシェアできます。また、自分だけで複数の回線を契約することも可能なので、ポケットWiFiを使う人におすすめです。データのみのSIMであれば、月額525円からあります。

楽天モバイルで格安SIMを契約する

おすすめのポケットWiFi 

格安SIMとポケットWiFiを併用する人におすすめなポケットWiFiは、どんなタイプがあるのでしょうか。人気のあるおすすめのポケットWiFiについて紹介します。

カシモWiMAX

カシモWiMAXとは、業界最大級の安さを誇るポケットWiFiです。2017年から始まった新しい会社で、高速インターネットが格安で使えることで知られています。カシモWiMAXがおすすめの理由は、初期費用が安く、料金がシンプルでわかりやすい点にあります。

また、契約期間のしばりが2年という短さも魅力の1つです。契約する際に工事費は一切かからず、事務手数料の3,000円のみとなります。料金プランには、ギガ放題プランとライトプランがあります。

ギガ放題プランは無制限で通信ができるプランで、月額料は初月無料で翌月と翌々月は1,380円になります。そして、ライトプランは1カ月7GBまで通信可能なプランで、初月無料で翌月1,380円となっています。ただし、それぞれ3カ月目以降は料金が変わってくるので、注意が必要です。

カシモWiMAXでWiMAXを契約する

Yahoo!WiFi

Yahoo!のポケットWiFiは、エリアと安定性の評価が高いポケットWiFiです。WiMAXと比べると、料金はやや高めになっていますが、通信の質のよさがあることがおすすめのポイントです。これは、主要都市といわれる場所では問題ありませんが、地方などになると大きなポイントとなるでしょう。

したがって料金よりも、通信の安定性を求める人におすすめだといえます。料金は通常月額3,696円ですが、Yahoo!プレミアム会員なら月額2,480円で利用することができます。

Yahoo!WiFiを契約する

au

auのポケットWiFiは、WiMAXに属しています。auのポケットWiFiを利用するメリットは、auのスマホと一緒に購入することで節約になります。また、ショップが多くあるので、万が一の不具合があっても、直接聞きに行けて便利です。

正規代理店であるため、WiMAXと同じとはいえ、様々なサービスが受けられるという点がメリットになります。料金的には、「WiMAX2+フラットfor DATA EX」の場合は2年契約で月額4,380円、「WiMAX2+フラットfor DATA」は2年契約で、プロバイダ利用料込で3,696円となっています。

auのWiMAXを契約する

そのほかWiFiの契約を検討している方は、おすすめのWiFiをまとめた記事をご覧ください。条件別におすすめのWiFiを紹介しています。

上手に利用して通信費を節約しよう 

格安SIMとポケットWiFiを併用して、通信費を少しでも抑えられたら節約につながります。日常的に使うインターネットは、場合によっては通信費が高くなってしまうケースもあります。

しかし、最近話題の格安SIMとポケットWiFiを使うことで、通信費を抑えられます。通信費を工夫して抑えながら、ストレスのないインターネット環境を整えていきましょう。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2019年01月31日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード