楽天モバイルの解約方法|乗り換えや注意点の徹底解説ガイド

楽天モバイルを解約する際には、契約しているプランや時期に応じて契約解除料金がかかる場合があります。また、解約時には細かい注意点もあり、それらを守って手続きを進めることも大切です。解約の方法や条件を知り、賢く他社乗り換えを行いましょう。
BIGLOBEmobile20190724_desc 楽天モバイルの解約方法|乗り換えや注意点の徹底解説ガイド

楽天モバイルは格安SIMの1つで、安い月額料金でスマホを利用できるのが特徴です。特に通話のプランが充実しており、お得なかけ放題プランも多いため、電話をすることが多い人に利用されているでしょう。

他にもプランは複数あり、お得に使いやすいですが、使用環境や条件次第では、別のキャリア、格安SIMのほうがお得に使えることもあります。スマホのプランはキャリアごとの違いが大きく、時期ごとのキャンペーンによっても異なります。

そのため、他のキャリアも見ながら、本当にお得に使えるものはどこかを比較し、上手に乗り換えることがスマホをより賢く利用する秘訣です。他社に乗り換えるには楽天モバイルを解約しなければならず、この時の方法や条件には注意が必要です。

状況次第では解約時に契約解除料金が発生し、損をすることも多いです。解約や他社乗り換えのポイントを知って、より便利かつお得に使えるプランに乗り換えましょう。

楽天モバイル解約や乗り換えはWEB手続きのみ

楽天モバイルから別のキャリアに移行するには、まずは解約手続きを取らなければなりません。これはWEB手続きのみとなっており、他の方法では行えないため注意が必要です。

自身で操作して手続きを進め、WEB上で解約の申請を完了させなければなりません。どのように解約を行うのか、実際の手順を把握しておきましょう。

解約のみする場合

解約のみの場合、まずはメンバーズステーションにアクセスしましょう。これは他のキャリアで言うマイページに該当するもので、初期登録でお気に入りに追加されていることが多いです。削除してしまった場合も、楽天モバイルからのメールを辿ったり、ネットで検索したりしてアクセスは可能でしょう。

メンバーズステーションから解約手続きを進めるには、SIM番号が必要です。これはSIMカードに記載されているため、事前に確認しておきましょう。解約の手続きの際には、いくつかアンケートにも答えなければなりませんが、10~15分程度で全て完了します。

WEB上で完結して便利ではありますが、手軽にできてしまう分、よく考えずに解約し後悔することも多いため注意が必要です。解約する場合は本当に良いかよく考え、後悔のないよう手続きを行いましょう。

BIGLOBEmobile20190724_incontent

MNP転出を利用し他社へ乗り換える

解約だけではなく、他社乗り換えで、かつ電話番号をそのまま引き継ぎ、持ち出す場合はMNP転出の手続きが必要です。これも解約と同様、メンバーズステーションから行えます。MNP転出をするには、メンバーズステーションにアクセスし、会員メニューを選択します。

そこから登録情報・設定変更へと進み、さらに手続きを進めましょう。MNP転出には手数料で3,000円が必要です。これは一律の料金で、契約しているプランや利用期間は関係ありません。費用はかかるものの、電話番号を継続して利用できるのは大きなメリットです。

電話番号が変わると、連絡先にある全員に番号変更を通知しなければならないだけではなく、各種登録しているカードやサイトなどの情報も変えなければなりません。それらの手間を考えると、3,000円なら安いと言えるため、解約して他社で新規契約するよりも、MNP転出のほうがメリットは大きいでしょう。

店頭や電話では受付していないので注意

楽天モバイルの解約や他社乗り換えの手続きはWEBのみで、店頭や電話受付は行っていません。他社キャリアでもこれらの方法での対応もありますが、楽天モバイルは対応外のため注意しましょう。特に電話での解約は、以前は行われていたサービスなだけに注意が必要です。

かつては電話による解約も可能でしたが、現在ではWEB手続きに一本化されています。解約手続きは全て自己管理で行う必要があるため、手順は細部まで正しく把握しておくことが大切です。

楽天モバイル契約解除料金はかかるのか

楽天モバイルの解約は、WEBでの申請ひとつでできるため、手続きは非常に簡単です。解約自体はしやすいものの、契約解除料金がかからないのかは大きな問題です。すぐに解約できるからといって、いつでも好き勝手に解約して良いわけではありません。

キャリアごとに取り決めは違いますが、最低利用期間を定められていることは多く、それを超えていないと契約解除料金を支払う必要があります。金額もそれぞれですが、安くない金額を請求されることも多いため注意しなければなりません。

楽天モバイルでも最低利用期間を超過しない解約の場合は、契約解除料金が定められています。ただし、どのプランに契約しているかによって、解約時の条件や解除料の金額が異なります。自身が契約しているプランと利用期間を確認して、余計な費用をかけずに解約することが大切です。

スーパーホーダイは申し込み時期によって契約解除料金が異なる

スーパーホーダイのプランに加入している場合は、いつ申し込んだかによって解約の条件や契約解除料金が異なります。どの時点で申し込んだかを確認し、該当する時期の条件でチェックしましょう。

2018年6月14日20時以降に申し込み

2018年6月14日20時以降に申し込んだ場合は、最低利用期間は12カ月、24カ月、36カ月の3つの長さで決められています。これは契約時点で自身で決めている期間のため、どの長さで契約したかは事前に確認しておきましょう。

最低利用期間は人によって違いますが、これを超えない場合の契約解除料金は9,800円と共通しています。12カ月のもっとも短い期間で契約している場合も、36カ月の長いプランで契約している場合も、途中解約での契約解除料金は同じです。また、どの期間で契約していても、最低利用期間を経過した後は、契約解除料金はかかりません。

2017年9月1日~2018年6月14日19時59分までの申し込み

2017年9月1日~2018年6月14日19時59分までの申し込んでいる場合は、契約期間と解除のタイミングで契約解除料金が異なります。まず12カ月、24カ月、36カ月の3つの長さでプランが選べることは共通していますが、どれに加入しているかが非常に重要です。

例えば12カ月で契約している場合は、最低利用期間を超えない時点での解約は、9,800円です。しかし、24カ月で契約している場合、12カ月を超えないタイミングで解約すると契約解除料金は19,800円、12カ月超え、24カ月未満で解約すると9,800円かかります。

さらに36カ月契約の場合は、12カ月未満で29,800円、12カ月超え24カ月未満で19,800円、24カ月超え、36カ月未満で9,800円の契約解除料金です。契約期間が長く、解約時期が早いほど契約解除料金は高くなると考えましょう。

12カ月ごとのタイミングで契約解除料金が変わるため、ぎりぎりでの解約を考えているなら、少し待って契約解除料金を下げて解約するのがおすすめです。

スーパーホーダイ以外のプラン

楽天モバイルでは、スーパーホーダイ以外のプランも多彩に用意されています。各プランごとに最低利用期間や契約解除料金が違うため、それぞれの条件の違いはきちんと把握しておかなければなりません。

コミコミプラン

コミコミプランは最低利用期間が24カ月と定められており、それ以外での期間での契約はありません。最低利用期間を超過しない場合、解約時の利用月数に関係なく、12,000円の契約解除料金がかかります。

その他のプランと比べてもやや高額のため、できるだけ途中解約しないよう注意しなければなりません。また、コミコミプランは新規契約の受付が終了しています。

買いテキ!通販ツウ特別プラン

買いテキ!通販ツウ特別プランも、コミコミプランと同様、最低利用期間は24カ月に定められています。ただし、契約解除料金が異なり、9,800円と少し安くなっているのが特徴です。安いといっても出費があるのは確かなため、最低利用期間はクリアしたいところですが、いつ解約しても契約解除料金は同じです。

そのため、契約してすぐに他社でお得な乗り換えプランが出たなら、早めに解約して契約内容を切り替えるのもひとつの方法でしょう。契約解除料金を含めてプラスになるかは確認しなければなりませんが、早めの解約なら費用がかかっても結果的にお得になる場合もあります。

上記以外のプラン

上記以外のプランだと、主に以下のものが挙げられます。

  • 楽天モバイルエントリーパッケージ
  • 夏トクキャンペーン
  • 組み合わせプラン
  • GRANBEAT同時購入で事務手数料+月額基本料金が3カ月無料!
  • ウキウキ特価キャンペーン

これらのプランは詳細な内容は違いますが、最低利用期間は全て12カ月と共通しています。また、契約解除料金も9,800円と同じです。長期契約も多い楽天モバイルでは12カ月契約は非常に短く、最低利用期間のハードルを超えやすいプランと言えるでしょう。

データSIMの場合

格安SIMの場合、契約プランは音声通話付きSIMか、データ通信専用のSIMの2つに分けられることが多いです。上記のプランは全て音声通話付きSIMのプランで、ネットと電話が利用できる、いわゆる普通のスマホの契約です。

データ通信SIMの場合は音声通話、つまり電話はできず、ネットの利用だけに使用が制限されています。そのため、契約プランも大きく異なり、解約についての定めが違っていることも多いです。基本的にはデータSIMのほうが、解約の条件のハードルは低く設定されています。

ただし、楽天モバイルではデータSIMでも複数のプランがあり、プランごとに詳細な条件は違うため注意しなければなりません。

組み合わせプランは契約解除料金なし

データSIMの組み合わせプランは、最低利用期間が定められておらず、契約解除料金も設定されていません。そのため、解約時に費用は発生せず、いつでも好きな時に解約できます。制限がほとんどないため、気軽に乗り換えがしやすいプランと言えるでしょう。

キャンペーンを利用している場合

キャンペーンを利用している場合は、データSIMでも契約解除料金が定められているため注意しなければなりません。キャンペーン内容は時期によって異なりますが、主なものだと以下が挙げられます。

  • ウィンターセール
  • プラス割
  • 事務手数料+月額基本料3カ月無料特典
  • 楽天モバイルエントリーパッケージ契約手数料無料特典

これらで契約している場合は、最低利用期間は6カ月と定められています。途中解約では9,800円の契約機解除料金がかかるため注意が必要です。半年と超短期間での契約のため、基本的には契約満了まで待ってから解約したほうが良いでしょう。

楽天モバイル解約時の注意点

解約時には契約解除料金がかからないかに気を付けなければなりませんが、注意点はそれだけではありません。注意点は他にもあり、それらを踏まえて解約しないと、損をしたり、手続きが滞ったりする可能性があります。細かい注意点も把握して、スムーズかつお得に解約することが大切です。

当月解約はその月の15日まで

解約自体はWEBですぐに申し込むことができますが、解約申し込みをした日が解約日になるわけではありません。楽天モバイルは解約のタイミングによって、いつが解約日になるかが異なります。

当月解約ができるのは、15日までに手続きをした場合であり、16日以降に解約すると、解約日は翌月にまたがってしまうため注意が必要です。例えば9月の15日に解約した場合、解約日は当月末日の9月30日となります。

しかし、9月16日に解約した場合は、翌月解約になり、10月31日が解約日です。1日のずれで1カ月も解約日が変わることもあるため、タイミングには注意しましょう。少しでも早く解約したいなら、月の前半のうちに手続きを終わらせることが大切です。

解約後はキャンセル不可

解約後のキャンセルはできず、解約日を迎えていなくても撤回はできないため注意しなければなりません。同じSIMでそのまま再契約もできないため、解約するなら本当に後悔しないか、よく確認することが大切です。

解約に伴い他社乗り換えを検討しているなら、他社プランのほうが本当にお得に、便利に使えるか確認しておきましょう。魅力的なプランでも、必ずしも全ての特典が適用されるとは限りません。

特典の適用には条件が定められていることも多く、乗り換えて本当にメリットになるかは状況次第です。解約後は撤回はできないため、じっくり考えて、慎重に行うことが大切です。

メールアドレスが利用できなくなる

解約後は楽天モバイルから提供されているメールアドレスを使用できなくなります。メールアドレスを使って登録しているサイトは、場合によってはログインできなくなる可能性もあるため注意が必要です。

解約前には登録先のメールアドレスは全て変更しておき、使えなくなっても問題ないようにしておかなければなりません。キャリア提供のメール以外なら、フリーメールを利用するのがおすすめです。

フリーメールなら今後の別のキャリアに乗り換えた時にも継続して使用できるため、乗り換え時にいちいちメールアドレスの登録を移し替える必要はありません。特に格安SIMへの乗り換えを検討している場合は、フリーメールの利用がおすすめで、これはキャリア提供のアドレスがない場合もあるからです。

解約してからメールアドレスの登録を変更する時間はありますが、忘れるといけないため、解約前に必要な手続きは全て済ませておくと良いでしょう。

データシェアサービスが利用不可に

データシェアサービスを利用している場合、解約に伴って利用ができなくなるため注意が必要です。これは前月から繰り越し分があり、使用できるデータ量に余剰が発生している場合でも同じです。データ量が余っていようがいまいが、解約時点でサービスそのものが利用できなくなります。

楽天モバイルから他社乗り換えでキャッシュバックを上手く利用

楽天モバイルからお得に他社に乗り換えるには、キャッシュバックのキャンペーンを上手く利用することが大切です。キャッシュバックを受けることで、実質の月額利用料金を引き下げることができ、よりお得に使えます。

基本的には格安SIMのほうが安く、大手キャリアは通信量が高いです。しかし、契約内容次第では、キャッシュバックを含めると大手キャリアのほうがお得に使えることもあります。

キャッシュバックの内容はキャリアごとに違い、時期ごとに行われるキャンペーン次第で変わることも多いです。乗り換える際には、その時の最新情報をチェックし、本当にお得になるかよく考えることが大切です。

SoftBankへの乗り換えでキャッシュバック

SoftBankに乗り換えるなら、乗り換え専門代理店のキャンペーンサイトを利用するのがおすすめです。

キャンペーン内容は充実しており、契約解除料金の負担や下取りなどを適用できると、よりお得に乗り換えられるでしょう。キャッシュバックの制度も充実しており、最大で7万円のバックが受け取れます。

auへの乗り換えでキャッシュバック

auへの乗り換えによるキャッシュバックは、au Walletポイントで還元されることが多いです。そのため、事前にau Walletポイントのプリペイドカードを作っておくと特典を受け取りやすいでしょう。

auは毎月キャンペーン内容が異なるのが特徴です。タイミング次第では乗り換えで大幅にお得になることもあるため、情報を集めて適切な乗り換え時期を見計らいましょう。

docomoへの乗り換えでキャッシュバック

docomoへの乗り換えでは、キャッシュバックはdポイントでの還元となることが多いです。dポイントカードを事前に作っておくと、キャッシュバックも受けやすく、利用もしやすいでしょう。

docomoは店頭での契約だとメリットが大きく、端末の購入も店頭に限り、頭金が不要となります。最新のものだと端末代だけでも高額になることが多いため、少しでも初期費用を抑えたいなら、店頭購入がおすすめです。

楽天モバイル解約時はSIMカードの返却が必要

楽天モバイルは、解約後にSIMカードを返却しなければなりません。SIMカードはレンタルであり、返却を忘れると違約金も発生するため注意が必要です。

SIMカードの返却先はカード番号によって違う

どの機種、プランで契約している場合でも、解約後にSIMカードを返却しなければならないことは共通しています。しかし、SIMカードごとに返却先は異なるため、間違えないよう注意が必要です。返却先は、SIMカードの番号によって変わります。

申込種別が 006,007

申込種別が006か007の場合は、以下の住所にSIMカードを送ります。

〒143-0006 東京都大田区平和島3-5-1 B棟2F 楽天モバイル SIM返却係

申込種別を間違えないよう、返却時にはきちんと確認しておきましょう。

申込種別が 008,009

申込種別が008か009の場合は、以下の住所にSIMカードを送ります。

〒338-0824 埼玉県さいたま市桜区上大久保303-1「物流センターSIM返却係」

申込種別によって、住所が東京、埼玉と大きく異なるため注意が必要です。

申込種別の確認方法

申込種別は、SIM台紙に記載があるため、そこで確認しましょう。また、メンバーズステーションで確認することもできるため、事前に確認しておくのもおすすめです。

メンバーズステーションは解約後はアクセスできなくなるため、解約前にチェックしておかなければなりません。解約後にはSIMカード返却のメールが届くため、そこで指定された住所を確認する方法もあります。

カードの返却方法は一番安価な方法でOK

カードの返却方法に決まりはなく、安く済む方法で構いません。おすすめなのは封筒での郵送で、定形郵便なら切手代82円だけで返却が可能です。SIMカードを封筒に入れて送付するだけのため、手間も費用もかからず、スムーズに返却できるでしょう。

返却し忘れると違約金がある

SIMカードを返却しないと、3,000円の違約金を請求されるため注意しなければなりません。紛失の場合はもちろん、返却忘れても違約金が発生します。SIMカードの返却期限は解約後1カ月のため、期限を過ぎないよう早めに返却しましょう。

楽天モバイルで端末購入し分割払いをしている方

端末は高価なものも多く、分割払いしているという人も多いでしょう。すでに支払いを終えているなら問題はありませんが、支払いが途中の場合は解約によって変更となる点があるため注意が必要です。端末は購入しているため、解約したからといって手放す必要はありません。

解約後も自分の持ち物となり、支払いの義務は残るため、支払いや各種条件がどのように変わるかを把握しておきましょう。

分割支払いはそのまま継続

解約後も端末代が残っている限り、分割での請求が続きます。解約したからといって、残債額をまとめて支払わなければならないということはありません。

オプション加入の端末保証は一緒に解約になる

オプションで端末保証に加入している場合、解約と同時に保証契約も打ち切りとなるため注意が必要です。解約後に不具合が見つかったとしても、保証の対象にはならないため、修理代は全額自己負担で捻出しなければなりません。不具合があるなら、保証が使えるタイミングで直し、それから解約するのがおすすめです。

購入端末はSIMフリー端末

購入した端末はSIMフリーのため、別のSIMカードを挿入することでそのまま使用できます。SIMフリーで契約できるところなら、端末代が不要なため、より安くスマホを利用できるでしょう。端末も大切に使っていると、4~5年程度、あるいはそれ以上の長期間利用し続けられることもあります。

自分のライフスタイルにあった格安SIMを選ぼう

楽天モバイルから乗り換えるなら、大手キャリアだけではなく、その他格安SIMも選択肢に加えましょう。同じ格安SIMでも、それぞれで特徴は異なり、基本的な契約プランからキャンペーン内容まで細かい違いがあります。

楽天モバイルのように通話プランに強みがある場合だけではなく、低容量の格安プラン、大容量のたっぷり利用できるプランなど、それぞれで強みも異なります。スマホをどのように使うかはその人によって違い、ライフスタイルによっても変わるでしょう。

その時にもっとも便利、かつお得に使えるものを探して、乗り換え先を賢く選ぶことが大切です。格安SIMの選択肢は多いため、下記サイトも参考にしながら、自分にもっとも合ったものを探しましょう。

自身のプランを確認して解約するタイミングを考えよう

スマホを解約する際には、いつ解約するのかタイミングが非常に重要です。これは解約するタイミング次第で契約解除料金がかかること、他社で提供するプラン、キャンペーンが異なることが理由です。

契約解除料金がかからず、かつ他社で魅力的なプラン、キャンペーンが利用できることがベストな選択と考えましょう。

プランやキャンペーンの内容は時期によって変動するため、お得に利用できるものがあるなら、逃さないうちに思い切って乗り換えることも大切です。現在契約しているプラン次第で、いつ解約するのがお得かは変わるため、契約プランは事前に確認し、ベストなタイミングで解約し、賢く乗り換えましょう。

Y!mobile1,080円~

公開日時 : 2019年02月05日

おっきー ― ライター
おっきー ― ライター

物心ついた頃からiPhoneがあるスマホネイティブ世代。SNSから最新情報を取得するのが日課。趣味はダンス。