Androidおすすめ

dヒッツで音楽聴き放題!料金・楽曲数・myヒッツ使い方まとめ

音楽聴き放題サービスdヒッツの、料金・楽曲数・myヒッツの使い方をまとめました。レコチョクの定額音楽アプリであるdヒッツの特徴や、メリット・デメリットをご紹介します。音楽ストリーミングサービスを比較したい方、ジャニーズ等の邦楽が聴きたい方も必見です。
新型ihone12噂 dヒッツで音楽聴き放題!料金・楽曲数・myヒッツ使い方まとめ

音楽配信サイトの一つとして注目されているのが、dヒッツです。

dヒッツはNTTドコモが提供しているサービスで、定額制で利用することのできるストリーミング音楽配信サービスとなっています。

そんなdヒッツの具体的なサービス内容についてご紹介するとともに、話題になったニュースやdヒッツの実施しているキャンペーンについてもご紹介していきます。

dヒッツの利用を検討されている方や、音楽配信サービスに興味のある方は、ぜひ参考にしてみてください。

dヒッツとは?サービス内容・料金プラン紹介

定額制音楽配信サービスであるdヒッツですが、具体的なサービス内容はどのようなものなのでしょうか。

また、利用にあたってどのような料金プランとなっているのでしょうか。まずはdヒッツのサービスについて詳しく見ていきます。

dヒッツのサービス内容

何度かお伝えしているように、dヒッツは定額制の音楽配信サイトの1つです。NTTドコモが提供しているサービスで、国内でも音楽ダウンロードサービス最大手である株式会社レコチョクと提携しています。

聴くことのできる楽曲は450万曲を超えており、常に新しい楽曲を配信しているため今後さらに多くの楽曲を楽しむことができます。

ドコモが提供しているサービスではありますが、ドコモユーザー以外でもサービスを利用することが可能です。

dヒッツの料金プラン

dヒッツの料金プランは二種類に分けられています。月額300円のプランと、月額500円のプランとなっており、myヒッツというサービスが使えるかどうかという点で利用料金が異なっています。

このmyヒッツとは、楽曲の保存機能のことで毎月10曲ずつダウンロードが可能です。一度ダウンロードを行えばオフラインでも再生が可能となるため、データ容量を抑えるたい方にとってはメリットといえるでしょう。

dヒッツのサービスの特徴

ここからはdヒッツのサービスの特徴についてお伝えしていきます。dヒッツのサービスの特徴として3点、ピックアップしてご紹介します。

まず1点目は、dヒッツは基本的には曲ごとでなくプログラムごとに楽曲を楽しむサービスであるという点です。

聞きたい楽曲がある場合、その楽曲を探すのではなくその楽曲の含まれるプログラムを検索します。曲単位ではなくプログラム単位で扱われているという点が、1つの特徴といえるでしょう。

プログラムはアーティストごとに作られたものもあれば、テーマに合わせて作られたものなど、内容は様々です。

2点目は、国内のアーティストの楽曲が豊富であるという点です。国内最大手株式会社レコチョクが提携しているということもあり、この点については納得です。

3点目は、月額サービスであるという点です。ドコモが提供する音楽サービスには、dヒッツの他にdミュージックというものもあります。

こちらのサービスは基本的には楽曲を1曲づつ購入するサービスで、聞き放題になる月額サービスもありますが、ドコモユーザーに限定されています。また利用料金も934円とdヒッツよりも料金が高くなっています。

dヒッツの初回31日無料登録はこちら

dヒッツが話題となったニュース

ここからは、話題となったdヒッツに関するニュースについてご紹介していきます。2018年から現在にかけて、世間の注目を集めたdヒッツのニュースを見ていきましょう。

「dヒッツ」がPCでも利用可能に

2018年5月に話題になった記事は、 「「dヒッツ」がPCでも利用可能に」というものです。

記事の内容は、dヒッツがサービス拡張し、スマートフォン・PCシリーズなど、利用シーンに応じた様々なデバイスでサービスを利用できるようになったといったものです。

以前はスマートフォンでしか利用ができなかったこのサービスですが、PCでも利用が可能となり、スマートフォンと同様に人気の高いサービスを利用できるようになりました。

また今話題となっているAmazon EchoシリーズとAmazon Echoとの連携も、非常に嬉しいポイントとなっています。

楽曲総再生回数によるランキングや、限定イベントに関するニュースも話題に

dヒッツでは、楽曲総再生回数をもとにdヒッツアーティストランキングとして毎月情報を発信しています。

2018年10月にはMr.Children、2018年11月・12月には2カ月連続で西野カナが1位を獲得しています。また、2018年最も再生されたアーティストには安室奈美恵が選ばれています。

こういったランキングだけでなく、dヒッツでは様々なアーティストと限定イベントなども実施しており、日本の音楽シーンを切り開くアーティストたちの最新情報を常に発信し続けています。

dヒッツの初回31日無料登録はこちら

dヒッツで使える!お得なキャンペーン

ここからはdヒッツで現在実施している、話題となっているキャンペーンについてご紹介していきます。

現在dヒッツを利用している方だけでなく、今後dヒッツのサービスの申し込みを検討している方も注目です。

つかってトクするキャンペーン

2018年4月より実施されているキャンペーンで、dヒッツへの入会(月額500円のプラン)を検討されている方を対象としたものです。

入会後、31日間以内に3曲以上好きな楽曲をmyヒッツに保存するだけで、全員にdポイント100ポイントが進呈されます。ただし、期間・用途限定となっていますのでご注意ください。

dヒッツ紹介で500ポイントプレゼントキャンペーン

2018年12月より実施されているキャンペーンで、紹介した友達がdヒッツ(月額500円のプラン)に登録すると、紹介者と友達それぞれに500ポイントがプレゼントされるといったキャンペーンです。

くじ・すごろくで遊んでポイントゲットキャンペーン

毎日開催されているキャンペーンで、dアカウントを持つ方が利用することのできるキャンペーンとなっています。

最大10000ポイントをゲームで獲得できるといった内容のものになっています。

myヒッツ関連キャンペーン

myヒッツを利用、またはエントリーするだけでアーティストのサイン入りグッツが当たるといったキャンペーンも実施されています。

対象アーティストは都度異なりますので、こまめに情報を公式サイトでチェックしてみてくださいね。

dヒッツの初回31日無料登録はこちら

dヒッツのサービスで最新の楽曲を楽しもう!

dヒッツのサービス内容、またdヒッツが話題となったニュースや実施中のキャンペーンについても詳しく見ていきました。

dヒッツは国内最大手のレコチョクと提携しているサービスというだけあって、国内アーティストの楽曲が多く配信されています。また、プログラムごとに楽曲を配信するといった特徴も持つ配信サービスとなっていました。

昨年話題にもなりましたが、スマートフォンだけでなくパソコンやAmazon Echoなどでも利用が可能となり、様々なシーンで利用することもできるのも大きなメリットといえそうです。

様々な国内アーティストの最新情報を発信し、私たちの日々の音楽を常にアップグレードしてくれるdヒッツ。ぜひこの機会に利用を検討してみてはいかがでしょうか。

dヒッツの初回31日無料登録はこちら

【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2019年01月30日

Natsumi ― ライター
Natsumi ― ライター

オールジャンルで活動しているWebライター。趣味は音楽と読書、お酒を飲むこと。パンクロックと、村上春樹と、ビールが好きです。ライターの傍、猫2匹と田舎暮らしを満喫中。