ワイモバイル

中学・高校生に持たせるおすすめ格安SIM|学割有の格安スマホ

2019年最新の中学生・高校生の子供に持たせるのにおすすめな、学割がある格安SIM(MVNO)をご紹介します。楽天モバイルやワイモバイル等の、高校生がスマホを安く使える格安SIMをまとめました。子どもにiPhoneやAndroidを持たせたい親も必見です。
ワイモバイル 中学・高校生に持たせるおすすめ格安SIM|学割有の格安スマホ

高校生になると交友関係が広がり、連絡手段もLINEやmessengerなどのオンラインツールがメインとなります。

また、電車での移動中にInstagramやFacebook、TwitterといったSNSを見る機会も増えるため、容量が多くて安く使える格安SIMに乗り換えたいと考える人も多いのではないでしょうか?

今回は、学割サービスのある格安SIM4社とそれぞれの特徴についてご紹介します。

高校生が格安SIMを使うメリット・デメリット

この項では、高校生が格安SIMを使うメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

大手のキャリアで契約するよりも、格安SIMの方が月々のスマホ代を安く抑えることができます。

例えば、auやdocomo、SoftBankといったキャリアで学割を利用して契約すると、比較的安価な場合でも5,000円近くの月額料金がかかってしまうものです。

その点、格安SIMなら毎月のスマホ代金を2,000円以内で抑えることができます。そのため、スマホの月額料金を大幅に節約することができるんです。

また、契約者本人とその家族で加入できる家族割引サービスを実施している格安SIMも多くあるため、毎月かかる固定費を大幅にカットできますよ。

デメリット

格安SIMの購入を躊躇する理由の1つに、ネット接続が不安定というものが挙げられます。朝の通勤時間帯やお昼休憩、夕方の帰宅ラッシュなど時間帯によって通信速度が遅くなってしまいます。

というのも、格安SIMは大手キャリアの回線の一部を利用しているため、アクセスが集中するとネットに接続しづらくなってしまうのです。

頻繁にSNSを利用する、動画配信サービス(VOD)やYoutubeで映画やドラマを見たいという方は、WiMAXを契約してみてはいかがでしょうか?

パソコンやタブレットなど複数を同時に登録できるため、外での事務作業の際にもサクサクインターネットを使うことができます。

高校生に持たせたい!学割があるおすすめ格安SIM4社

ここでは、学割がある格安SIM会社を紹介します。

UQ モバイル

UQモバイルの学割プランは家族割引と併用で家族も月額990円(税込)~とかなりお得になります。詳しくは、こちらの動画でも解説しています。

学生の特典内容

学割が適用されると学生本人は、以下の格安料金になります。

  くりこしプランS くりこしプランM くりこしプランL
利用できるデータ容量 3GB/月 15GB/月 25GB/月
学割後の月額料金 990円(税込) 990円(税込) 2,090円(税込)
割引期間 最大8ヵ月間 最大12ヵ月間 最大12ヵ月間
(参考)通常の月額料金 1,628円(税込) 2,728円(税込) 3,828円(税込)

※別途、SIMパッケージ料金3,300円(税込)、通話料22円(税込)/30秒、ユニバーサルサービス料がかかります。

ある程度データ利用があるなら、スマホプランMがおすすめです。データ容量15GBも使えて、契約翌月から12か月間990円(税込)/月なので、他社と比べてもかなりお得な内容になっています。

家族の特典内容

学割のうれしいところは、家族も格安でUQモバイルを使えることです。

  くりこしプランS くりこしプランM くりこしプランL
利用できるデータ容量 3GB/月 15GB/月 25GB/月
学割後の月額料金 990円(税込) 990円(税込) 1,900円990円(税込)
割引期間 最大8ヵ月間 最大12ヵ月間 最大12ヵ月間
(参考)通常の月額料金 1,628円(税込) 2,728円(税込) 3,828円(税込)

家族も、学生と同じ期間・割引を受けられます。その場合は、UQ学割の条件を満たす学生回線を含むUQ家族割グループに所属している必要があります。

受付期間・最低利用期間

この学割の受付期間は、2021年5月31日までとされています。

ただ、終了間際になると申し込みが増え、利用開始が遅れる可能性があります。余裕を持って申し込みましょう。

また「最低利用期間がない」ことも学割の大きなメリットです。いつ解約しても契約解除料(いわゆる「違約金」)は発生しないため、気軽に使い始めることができます。

対象者・対象プラン

学割は、受付期間内に新規または機種変更によりスマホプランを契約した5歳以上18歳以下のユーザーが対象です。

家族は、学割の対象者の契約と同時、またはそれ以降の受付期間中に家族割引を申し込んだユーザーが対象で、対象者の契約より前や、受付期間外の申し込みは対象外です。

公共のWiFiサービスもあるので節約できる

UQ モバイルは、公衆無線LANサービスWi2のWiFiを利用できるんですよ。速度制限対策アプリ「ぎがぞう」には、UQ モバイル専用プランがあり、月額500円かかるWiFiサービスが無料に。

公衆無線LANサービスWi2は、カフェや居酒屋、駅の構内など全国20万か所以上のスポットで無料でWiFiにアクセスすることができます。

街中にあるWiFiを使って、月々のデータ通信量を抑えられるだなんてとってもお得だと思いませんか?

UQモバイルで格安SIMを契約する

Y!mobile

Y!mobile」には、ワイモバ学割を実施しています。5~18歳の学生とその家族が新規契約、乗り換え(MNP)で契約をした場合、13ヵ月間月額料金が1,000円安くなるというもの。

さらに、2台目以降のスマホは家族割引サービスを適用することで、9GBのプランを1年間1,480円(月額料金)で利用できるんですよ。

Y!mobileで格安SIMを契約する

トーンモバイル

トーンモバイル」では、月額1,000円~使うことのできる、TSUTAYAが提供している格安SIMです。2019年5月31日まで、19歳以下の学生の基本料金が3ヵ月0円になる学割キャンペーンを実施。

docomo回線の一部を利用しているため、通信スピードも早くインターネットへの接続もスムーズで、通話の途中に音声が途切れる心配もありません。

Webから簡単に申し込むことができ、料金プランや端末の違いについてなどの不明点はチャットで気軽に相談できます。そのため、わざわざ窓口まで行く手間と手続きにかかる時間を大幅にカットすることができるんです。

また、保護者の許可なければアプリのインストールが行えないほか、不適切なウェブページを開こうとした場合はアクセスブロックがかかるなど、様々な制限機能が搭載されています。

トーンモバイルで格安SIMを契約する

楽天モバイル

楽天モバイル」は、楽天学割に登録をすると受けられる割引プランの1つ。楽天学割の対象となるのは20歳以上の学生のみで、月額料金が最大で3ヵ月間無料になるお得なサービスです。

楽天学割に登録すると、楽天市場でショッピングをしたときに使える、送料無料クーポン24枚がもらえるほか、DVDや雑誌、書籍などを楽天ブックスで購入すると10倍のポイント還元サービスといった、お得に買い物を楽しめる特典が充実しています。

大学生になると、一人暮らしや学費などでお金がかかるため、楽天学割を利用して月々の生活費を節約しましょう。

楽天モバイルで格安SIMを契約する

格安SIMなら高校生のスマホ代も安くなる

いかがでしたか? SNSアプリを頻繁に使っていると通信データ容量に制限がかかってしまいます。

そのため、LINEやSNSを使ってもデータ通信が発生しない格安SIMがおすすめです。

自宅にいるときはWiFiに切り替える、速度制限対策アプリを使用してデータ通信量を節約するなどして、通信制限を回避して翌月にデータ繰り越しできるようにしましょう。

ほかにも、学割を利用したスマホ契約方法とキャンペーンを紹介しているので、ぜひ合わせてご覧ください。

また、子どもにiPhoneを契約することを検討しているが、少しでも安く利用したいと考えている方は、子どもにおすすめのiPhone格安機種からお得な契約方法をまとめましたので、ぜひご参考にしてください。

公開日時 : 2019年01月29日

渡辺結 ― ライター
渡辺結 ― ライター

紙媒体の編集を経て、フリーのライターに。インフルエンサーでもなければ才能でもないですが、コツコツと地道に書いてます。年内にタイに移住する予定で、タイ語を猛勉強中。