auからワイモバイルに乗り換えしよう|手順や注意点を解説!料金を徹底比較

2015年以降に発売された端末はSIMロックが解除されており、他社に乗り換えしやすくなったことに加え、格安スマホの登場で選択肢が豊富になっています。ここでは、auからワイモバイルに乗り換えするメリットや注意点について解説していきます。
BIGLOBEmobile20190724_desc auからワイモバイルに乗り換えしよう|手順や注意点を解説!料金を徹底比較

従来、契約したキャリアの端末は他社のキャリアでの利用を制限するためにSIMロックがかかっていました。

しかし、2015年以降に発売された端末はSIMロックが解除されており、他社に乗り換えしやすくなりました。

また、docomoなどの大手三大キャリアの回線を利用した格安スマホが数多く登場しており、ユーザーの選択肢が豊富になっています。

このような状況を受けて、今回は、auからワイモバイルに乗り換えするメリットや注意点について解説していきます。

auからワイモバイルに乗り換えるメリット

auは大手三大キャリアの一つで、多くのユーザーから支持されています。

しかし、格安スマホのワイモバイルに乗り換えることで、以下のようなメリットがあります。

月々の料金が安くなる

auの料金プランワイモバイルの料金プランを比べてみましょう。auの料金プランで最安のものは「新auピタットプラン」です

このプランは毎月使用したデータの総量に応じて支払い料金が変動するシステムになっており、通信料に応じた携帯料金を支払えることがメリットとされています。

気になる料金は以下の表をご覧ください。

【新auピタットプランの料金】

月のデータ使用量 月額料金
0GB-1GB未満 2,980円
1GB-4GB未満 4,480円
4GB-7GB未満 5,980円

一方、「スマホ満足度No.1」をうたうワイモバイルでは、データ容量に応じて3つの料金プランが用意されています。結論から申し上げると、「新auピタットプラン」より遥かにお得な内容になっています。

詳細な料金は以下の表をご確認ください。

【ワイモバイルの料金プラン】(※)

料金プラン
(データ容量)
月額料金
スマホプランS
(3GB)
1,980円
スマホプランM
(9GB)
2,980円
スマホプランL
(21GB)
4,980円

※ワンキュッパ割適用時


新auピタットプランが7GB上限で5,980円だったのに対し、ワイモバイルでは「スマホプランL」を使えば21GBまでデータ通信が使えて月額4,980円となっています。なんとデータ容量が3倍になっているにも関わらず、料金は1,000円も安くなっています。

もちろんauの料金体系は新auピタットプランだけではありません。バラエティ豊かな料金プランが用意されてはいますが、料金面だけ見れば、ワイモバイルの方が圧倒的にお得な内容となっていますね。

BIGLOBEmobile20190724_incontent

【追記】2019年10月1日~ワイモバイル新料金プラン登場!

2019年10月1日から、ワイモバイルの新料金プランが登場し、それによって料金が最大12%お得になります。ワイモバイルオンラインストアで端末を購入する際の支払い回数も、一括・24回に加えて36回払いが可能になります。

さらに、契約期間の縛りと解除料がかからなくなるなど、さらにワイモバイルを利用しやすくなる施策が始まります。

旧スマホプランSから新スマホベーシックプランSで最大12%お得に!

(9月30日受付終了)
スマホプランS
(10月1日料金見直し)
スマホベーシックプランS
月間データ容量 2GB 2GB
データ増量無料 キャンペーン適用時(2年間)
※オプション加入必要
3GB 3GB
月額料金 2,980円 2,680円
おうち割 光セット (A)適用時 2,480円 2,180円
契約期間/契約解除料 2年/9,500円 なし /0円

新プラン「スマホベーシックプランR」は10/1~新規受付開始

スマホプランからスマホベーシックプランに変わりますが、新プランはS(3GB)/M(9GB)/R(13GB)です。料金一覧は以下のようになります。

スマホベーシックプラン S M [NEW]R
月額料金 2,680円/3GB 3,680円/9GB 4,680円/13GB
※「新規割」適用時 1,480円(6ヶ月) 2,480円(6ヶ月) 3,480円(6ヶ月)

※「新規割」…キャンペーン期間中に新規、他社からの乗り換え(MNP)・番号移行、または契約変更でスマホベーシックプランS/M/Rに契約すると契約翌月から6ヵ月間基本使用料が最大700円割引となるサービス。

2019年9月30日で旧「スマホプラン」の新規受付を終了予定のようです。スマホベーシックプランRが新たに登場し、新規契約の方は10月1日から受付開始されます。すでにワイモバイル利用中の方は、2019年9月12日よりスマホベーシックプランR/スマホプランRへの変更を受付開始するとのことです。

なお、スマホプランR(基本使用料4,980円/月、高速データ通信容量10GB/月)は2年単位の契約(自動更新)となり、契約期間中の解約などには契約解除料9,500円がかかります。

Y!mobileのお申込みはこちら

auからワイモバイルに乗り換える

ワイモバイルは通話料が無料

auの料金プランでは、家族間通話は無料、オプションに加入しない場合の通話料金は一律30秒ごとに20円となっています。

通話オプションについて、月額料金にプラス700円で「通話定額ライト」(5分以内の国内通話無料)、プラス1,700円で「通話定額」(24時間国内通話無料)が用意されており、必要な方は加入するような形になっています。

一方、ワイモバイルに関しては1回10分以内の国内通話が無料! 基本料金の中にauの「通話定額ライト」の上位互換が既に組み込まれているような状態です。

よっぽど長電話をする方でなければ、ワイモバイルの方が通話料金はお得になるでしょう。

ソフトバンクのWi-Fi環境が無料

格安スマホは、大手三大キャリアの回線を利用してサービスを提供していることが特徴です。ワイモバイルでは、ソフトバンクの回線を利用しているため、ソフトバンクが提供しているWi-Fi環境を無料で利用できるというメリットがあります。

ただし、ワイモバイルが指定するWi-Fi利用対象機種でないと接続できない可能性があることに加えて、対象料金プランで契約していることが条件となっているので注意が必要です。

家族割引の適用でさらにお得

大手三大キャリアを始めとする多くのキャリアでは、家族割引サービスを展開しており、家族間の音声通話が無料になるなど、キャリアによってサービス内容はさまざまです。

ワイモバイルの家族割引では、家族間で複数回線を指定料金プランで契約すると、2台目以降の基本料金が割引されます。ただし、最大9回線までが割引の対象となっているので注意が必要です。

Yahoo!プレミアムに無料で入会できる

ワイモバイルは、Yahoo!株式会社が過去にソフトバンクからワイモバイルの前身である「イー・アクセス株式会社」を買収したという経緯があるため、Yahoo!の子会社という位置づけとなっています。

そのため、Yahoo!ショッピングの有料会員であるYahoo!プレミアムに無料で入会でき、さまざまな特典を受けることができます

    【Yahoo!プレミアム特典】
  • お買いものあんしん補償
  • 読み放題プレミアム
  • かんたんバックアップ
  • 各種クーポン
  • ebookjapan

また、Yahoo!ショッピングやLOHACOでポイントがいつでも5倍貯まるなどの嬉しい特典も。ワイモバイルに申し込めば入会に際して複雑な手続きは不要です。

お得なEnjoyパックの利用

ワイモバイルが展開する対象の料金プランで契約すると、「エンジョイパック」というお得なサービスが利用できます。

このサービスは、Yahoo!ショッピングで利用できる500円クーポンが毎月受け取れることに加えて、Yahoo!ショッピングやLOHACOの利用でポイントが最大12倍、500円のパケットを受け取れます。

このサービスを利用するためには申し込みが必要で、月額500円が必要ですが、申し込み月は無料となっています。

ワイモバイルのEnjoyパックを実質無料で使う方法については、こちらの記事で詳しくご紹介しています。

auからワイモバイルに乗り換える

auからワイモバイルに乗り換える手順

auからワイモバイルに乗り換える場合、以下のような手順で進めていきます。

契約方法を決める

ワイモバイルに乗り換える場合、あらかじめ所有している端末を持ち込んで回線のみを契約する方法と端末の購入をセットで契約する方法の2種類から選択する必要があります。

回線のみを契約する場合

端末を持ち込んで回線のみを契約する場合、契約後にワイモバイルのSIMカードを受け取り、端末に差し込むことで音声通話やインターネット通信が利用できます。

また、回線のみを契約する場合、「SIM単体契約特別割引」が適用され、契約する料金プランに応じて400~600円割引されるサービスがあります。

端末の購入と同時に契約する場合

端末の購入と同時に契約する場合、ワイモバイルが展開する機種から好きなものを選択します。また、機種によっては、端末代が実質0円になるケースもあります。

なお、端末代が実質0円になる場合、通常の月額割引が月々の端末代に変換される仕組みであるため、通常の月額割引はされないので注意が必要です。

MNPを申請する

他社のキャリアに乗り換える場合、auにMNP(ナンバーポータビリティ)を申請する必要があります。MNPの申請は、以下の3つの方法から選択できます。

  • 電話
  • EZweb
  • 店頭

なお、MNPの申請については、「予約」という方法をとっているため、MNP予約番号を受け取る必要があります。ただし、MNP予約番号には15日の有効期限が設定されているため、早目の手続きをおすすめします。

ワイモバイルで契約する

auからMNP予約番号を受け取ったら、ワイモバイルで契約の手続きに進みます。ワイモバイルの契約は、店舗とオンラインストアで手続きできますが、オンラインストアで手続きする場合、MNP予約番号の有効期限が10日以上残っている必要があるので注意が必要です。

また、店舗で契約の際には、運転免許証などの本人確認ができる書類と印鑑が必要で、月々の支払いをクレジットカード払いにする場合は、本人名義のクレジットカードを持参する必要があります。

なお、オンラインストアでの手続きには、本人確認できる書類と印鑑は必要ありませんが、受付終了時に表示される「WEB受付番号」を忘れないようにメモしておきましょう。

店舗やオンラインストアで契約後は、指定した住所宛てに端末やSIMカードが届きます。その後、ワイモバイル側で回線の自動切り替えが行われ、MNPの切り替えが完了します。

auからワイモバイルに乗り換える

auからワイモバイル乗り換え時の注意点

auからワイモバイルに乗り換える場合、以下のような点に注意する必要があります。

auのアドレスが使えなくなる

他社のキャリアから乗り換える場合も同様のことがいえますが、auで使用していた「キャリアメール」が利用できなくなります。そのため、メールアドレスも利用できなくなり、ワイモバイル独自のキャリアメールを使用することになります。

なお、ワイモバイルのキャリアメールは、「@ymobile.ne.jp」となっており、他社と同様に解約後は利用できなくなります。

SIMカードのサイズ

SIMカードのサイズは一定ではなく、標準・micro・nanoという3種類に分かれています。そのため、SIMカードを契約する際には、使用したい端末と同サイズのSIMであることを確認しなければなりません。

また、SIMカードのサイズは、対応端末の発売が新しくなるごとに小さくなり、最新の端末を使用する場合は、nanoサイズのSIMカードが必要です。

Android

Androidの端末でSIMカードのサイズを調べる場合は、端末本体に型番が記載されているか、設定機能から端末情報のモデル番号を見て確認する方法があります。

なお、端末を発売しているメーカーの公式サイトを閲覧する方法でも、SIMカードのサイズを確認できます。

iPhone

iPhoneの端末でSIMカードのサイズを調べる場合は、本体の裏側に型番が記載されています。なお、Androidと同様に、端末を発売しているメーカーの公式サイトを閲覧する方法でも、SIMカードのサイズを確認できます。

端末が対応しているバンドの確認

スマホを利用する際に、キャリアに対応している周波数帯(バンド)である必要があります。万が一周波数帯が異なる場合、インターネット通信ができずに圏外となってしまいます。

ワイモバイルはソフトバンクの回線を利用しているため、ソフトバンクと同じ周波数帯となっています。そのため、auで使用していた端末を使ってワイモバイルに乗り換える場合は、周波数帯に対応しているか必ず確認するようにしましょう。

SIMロック解除

2015年5月以降に発売された端末については、基本的にはSIMロックが解除できることになっています。しかし、それ以前に発売された端末を使用した場合は、SIMロックの解除ができず、新たに端末を購入しなければなりません。

また、SIMロックを解除するためには、auで端末を購入してから101日以上経過していることに加えて、解約日から100日以内であることが条件となっています。

なお、SIMロックはauの解約と同時に自動で解除されないため、手続きが必要です。SIMロック解除の手続きは、auの店舗・公式サイト・電話という3つの方法があり、公式サイトからの手続きでは手数料が無料ですが、店舗と電話では3,000円(税別)の手数料がかかります。

実店舗が少ない

ワイモバイルの歴史は、大手三大キャリアに比べるとまだ浅く、実店舗が少ないという特徴があります。そのため、公式サイトから簡単な手続きで契約でき、初期設定も自分ですることになります。

また、何か困ったことがあった場合、近くに店舗がないケースがあるため、基本的には公式サイトや電話、チャット機能を使って問い合わせるスタイルとなっています。

手数料がかかる

MNPを利用してキャリアを乗り換える場合、MNP転出手数料2,000円(税別)をauに支払う必要があります。また、契約更新期間中に解約した場合は、auに対して9,500円(税別)の違約金を支払わなくてはなりません。

さらに、端末を分割購入しており、分割金が残っている場合は、残金を一括で支払う必要があります。さらに、ワイモバイルと契約する際には、契約事務手数料3,000円(税別)がかかります。

これらの手数料は、解約時や契約時に加算されるケースが一般的なため、auからワイモバイルに乗り換える場合には、一時的にまとまった金額が必要です。

auからワイモバイルに乗り換える

ワイモバイルでお得なスマホライフを

auからワイモバイルに乗り換える場合、月々の料金が安くなることが最大のメリットだといえます。

しかし、MNPの予約やSIMロックの解除などの手続きが必要な場合もあるため、手続き方法や手数料などをあらかじめ知っておくとスムーズに乗り換えることができます。

また、ワイモバイルに乗り換えると、Yahoo!プレミアムに無料で入会できたり、お得なEnjoyパックの利用ができるなど、特典が充実しています。

さらに、ワイモバイルは様々なキャンペーンを定期的に行っています。月々のスマホ料金を抑えて、お得なスマホライフを実現しましょう。

auからワイモバイルに乗り換える

Y!mobile1,080円~

公開日時 : 2019年12月23日

おっきー ― ライター
おっきー ― ライター

物心ついた頃からiPhoneがあるスマホネイティブ世代。SNSから最新情報を取得するのが日課。趣味はダンス。

関連キーワード