ドコモから格安SIMに乗り換えたい|お得に携帯料金を抑えるコツ

今やドコモといえば、料金が高いというイメージが付いてしまいました。しかし、ドコモ回線で格安SIMがあるということがわかれば、契約したいと考える方も多いと思います。そのために、格安SIMについての内容やプランを紹介します。
BIGLOBEmobile20190724_desc ドコモから格安SIMに乗り換えたい|お得に携帯料金を抑えるコツ

基本料が安い格安SIMに乗り換えたいと考えている人は、たくさんいるでしょう。

ですが数多くの格安SIM会社があるため、月額料金や通信速度を比較したおすすめの格安SIMはどこなのか知りたい方も多いと思います。

本記事では、格安SIMにあまり詳しくないという人に、格安SIMのおすすめポイントを紹介していきます。

格安SIMは安いので「何か裏があるのではないのか」と、不安に感じている人もいるかと思うので、それらを解消し、ドコモから格安SIMに乗り換える手順をみていきましょう。

ドコモから乗り換える際の格安SIMの選び方

格安SIMは、今や大きな会社から小さな会社を合わせると、500社以上も存在しています。その理由は、誰でも簡単に、大手に回線のレンタル料を支払えば、事業を起こせるためです。

そのため、優良な格安SIMがたくさんありますが、悪徳な格安SIMも同時に増え続けています。

格安SIMを選ぶ際の基本は、今使用しているスマートフォンが、引き続き使用できるかによってかなり絞ることが可能です。その中から、自分のこだわりポイントのあるオプションを探せば、最適な格安SIMを見つけられる近道になります。

例えば、動画をたくさん見るなら、動画見放題のオプションがあれば余計な通信料がかかりません。

そのほかにも、通話をよくするのであれば、オプションや通話料があまりかからない会社が最適です。自分がどの程度の通信量を月に使用するのかをまず把握して、なるべくたくさんの格安SIM業者を比較し検討しましょう。

ドコモ系列の格安SIM5社を徹底比較!

ドコモの回線を使用した格安SIMはたくさんありますが、その中でも人気の格安SIMを見ていきましょう。自分に合う格安SIMがきっと見つかります。

【PR】BIGLOBEモバイル|期間限定!お得なキャンペーン実施中

出典:BIGLOBEモバイル

格安SIMが話題になる前からMVNO事業を始めていたBIGLOBEモバイル

わかりやすい料金体系に加え、充実したオプションが存在するため、非常に人気が高い格安SIMサービスとなっています。

クレジットカードでの契約にしか対応していない格安SIMサービスも多い中で、BIGLOBEモバイルは口座振替での支払いも可能となっています。

データ通信専用は3ギガプランは900円から、データ通信とSNS通信で3ギガプランは1,020円からとなっています。よくメールやLINEを行うのであれば、SNS通信付きがおすすめです。料金プランをまとめてみました。

▼料金のまとめ表はスクロールが可能です!

音声通話SIM
(au・ドコモ回線)
データSIM+SMS機能
(au・ドコモ回線)
データSIM
(ドコモ回線)
1GB
音声通話スタートプラン
1,400円
3GBプラン 1,600円 1,020円 900円
6GBプラン 2,150円 1,570円 1,450円
12GBプラン 3,400円 2,820円 2,700円
20GBプラン 5,200円 4,620円 4,500円
30GBプラン 7,450円 6,870円 6,750円

【限定キャンペーンあり】BIGLOBEモバイルを契約する

【速報】1/29まで!超お得な期間限定キャンペーン実施中

BIGLOBEモバイルで期間限定のキャンペーンが実施中となっています。

かなりお得なキャンペーンとなっていますが、その分実施期間は1/7~1/29までと短め。早めに申し込むことを強くおすすめします!

  • 特典1.初期費用0円(3,394円値引き)
  • 特典2.月額料金800円値引き×3ヶ月間で2,400円無料!(※1)
  • 特典3.対象端末で最大14,500円相当還元
    もしくはサービス開始翌月に1,500円相当還元
  • 特典4.エンタメフリー・オプションが最大6か月無料!(※2)

※1: 音声通話SIM3ギガプランの場合、3ヶ月間半額。
※2:初回申し込みの方のみ対象。

特典3は、どちらか1つだけです。SIMカード契約の場合は1,500円値引き、端末セットの場合は最大14,500円相当還元が適用されます。特典3の対象端末は、以下の通りです。

  • iPhone 7(32/128GB):14,500円
  • ZenFone Live(L1):14,500円
  • AQUOS sense3:14,500円
  • AQUOS sense2:14,500円
  • OPPO Reno A:14,500円
  • OPPO A5 2020:14,500円
  • ZenFone 6:14,500円
  • HUAWEI P30/P30 lite:14,500円
  • Moto E5:14,500円
  • その他の端末:1,500円相当

見てわかる通り、ほとんどの端末が14,500円相当のポイントをもらうことができます。今回のキャンペーンを使えば、実質2,300円で購入できる端末もあるので、かなりお得です(ZenFone Live)。

「BIGLOBEモバイルに乗り換えようかな……」とお考えなら、4つの期間限定キャンペーンが実施中の今がベストのタイミングです!

【限定特典あり】BIGLOBEモバイルを申し込む

驚きのコスパ!動画・音楽楽しみ放題のエンタメフリーオプション

出典:BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルのサービスの中でも特に評価を集めているのが「エンタメフリーオプション」。

音声通話SIMなら480円、データSIMなら980円で、対象サービスでの音楽・動画視聴にかかる通信量がフリーになるオプションです。

対象サービスはなんと驚きの21個! すべてを以下にまとめてみました。

動画配信 Youtube
Abema TV
U-NEXT
Youtube Kids
音楽・ラジオ配信 Google Play Music
YouTube Music
Apple Music
Spotify
AWA
Amazon Music
LINE MUSIC
radiko
らじる★らじる
dヒッツ
RecMusic
楽天ミュージック
電子書籍配信 dマガジン
dブック
楽天マガジン
楽天Kobo

スマホで動画や音楽を楽しむことが多い方には強くおすすめできるオプションとなっています。

また現在、3GBプラン以上の音声通話SIMとエンタメフリーオプションを同時申し込みすると、最大6ヶ月間エンタメフリーオプションが無料になるキャンペーンも実施中!

こちらは期間限定のキャンペーンとなっているので、お早めのお申し込みをおすすめします!

【限定キャンペーンあり】BIGLOBEモバイルを契約する

mineo

出典:mineo

関西電力系列のケイ・オプティコムが事業を行なっていて、ドコモのほかにもauやソフトバンクに対応しています。最大の特徴は、契約期間と違約金が発生しないため、どのようなものかを気軽に試せて乗り換えがしやすいことです。

プランの幅も大きく、500MBから30GBまであり、自分がどのくらい使用するかによって、細かく決められます。また、よく電話を使用する人であれば10分かけ放題プランがあり、月額850円と格安になっています。

さらに、mineoにはコミュニティサイトがあり、質問や相談ができる「マイネオ王」があるので、安心して利用できます。

mineoで格安SIMを契約する

OCN モバイル ONE

NTT系列が運営しているためネームバリューもあって安心でき、インターネットプロバイダーのOCNなので、最高のコンビネーションといえる格安SIMです。

音声通話プランの場合は、契約期間が半年と短く、お試しでも使用できるシステムになっています。基本的に、サービスや必要な機能はほぼ揃っているので、格安SIMを初めて使用する人におすすめです。

OCNモバイルONEで格安SIMを契約する

梅の花満開!ウィンターセール

出典:OCNモバイルONE
  • 2020年1月28日(火)11時~2月12日(水)11時

OCNモバイルONEといえば、スマホが格安で購入できる割引セールが人気です。

今回の割引キャンペーンでは、なんと最安価格1円~スマホを購入することができます!例として、キャンペーン対象端末をいくつかご紹介します。

  • ZenFone Max Pro(M1):14,600円→1円(-14,599円)
  • OPPO A5 2020:19,200円→7,000円(-12,000円)
  • ROG Phone 2:89,200円→77,200円(-12,000円)

人気スマホが数千円で購入できるのはありがたいですね。対象端末についても、格安スマホだけでなく最新のハイスペックスマホもラインナップされています。

さらに、上記に加え条件をクリアすると3,000円~8,000円追加で割引を受けることも可能です。条件には、他社からの乗り換えや対象オプション同時加入等、手軽にクリアできるものも含まれています。

キャンペーン終了は2月12日までですが、人気スマホは在庫がなくなり次第終了となってしまいます。気になる端末がある方は、ぜひ売り切れる前に機種変更しましょう!

OCNモバイルONEのお申込みはこちら

b-mobile

最初にMVNOを始めたのが、b-mobileです。様々なプランを改良しつつ現在に至り、本当に必要なオプションのみを取り扱っています。

比較的新しい「おかわりSIMシステム」があり、通信量を使用した分だけ支払う点が、ほかとは違う特徴です。データ量を余さず、きっちり使用できることがメリットです。契約期間は4カ月なので、一度おかわりSIMシステムを利用してもよいのではないでしょうか。

b-mobileで格安SIMを契約する

楽天モバイル

出典:楽天モバイル

楽天といえば通販というイメージですが、その楽天が格安SIM事業を行っています。楽天ならではのキャンペーンやコミコミプランを駆使して徐々に人気が出始め、最近格安SIMシェアNo.1に輝きました。

一番のメリットは、格安SIMを利用するたびに楽天ポイントが貯まる点です。そのポイントは、毎月払う料金に充てたり、端末を購入する際にも使用できたりします。通信速度は、以前に比べるとだいぶ速くなったようですが、少し遅いことが難点です。

楽天モバイルで格安SIMを契約する

ドコモから格安SIMに乗り換える手順

どの格安SIMに乗り換えるかを決めたら、乗り換えの手順を学んでいきましょう。ネットからの手続きなので、自分で乗り換えをしなくてはなりません。

格安SIMに乗り換える前の確認

乗り換える前に、まずはドコモに契約した日付を確認します。ドコモは契約期間が2年なので、それ以前に解約をしてしまうと、9,500円の違約金を支払わなくてはなりません。その際に、気をつけなくてはならないのが、解約期間という言葉です。

解約期間内に解約

契約から2年たってから契約満了月というものがあり、ドコモは2カ月間を解約期間として設けているので、この期間内に解約をしなくてはなりません。

そのため、いくら契約期間が2年たっていたとしても、解約期間内に解約をしなければ、違約金が発生してしまうのです。

これを勘違いしている人があまりにも多く、トラブルになってしまったということが、あとを絶えないので気をつけるようにしましょう。解約期間を調べるためには「My docomo」で、契約内容や契約年数が把握できます。

その他の確認事項

dポイントが貯まっていたら、解約をする前に使っておかなければ、ポイントが消滅する可能性があります。せっかくポイントを貯めていたのに、使い忘れてしまったということがないよう気をつけてください。

使用していたのと違う端末を使用する場合は、データの移行を行う必要があります。LINEやアプリを移行する際は、慎重に行いましょう。

それぞれ引き継ぎの方法などがサイトで閲覧できるので、確認しながら行ってください。iPhoneの場合、iCloudを使ってデータを移行できるので、それぞれ自分がやりやすい方法で実施してください。

自分の電話番号を残したい場合

基本的には、携帯会社を変えると自動的に電話番号も変わりますが、MNP制度を使用すれば、そのまま電話番号が引き継げます。

インターネットからの場合は、My docomoにログインし「ドコモオンライン手続き」にて申請できます(受付時間:9時〜21時30分)。不安な人は、ドコモショップに出向いて申請をしたほうがよいでしょう。

ドコモより、MNPの手続きが完了した時点で解約が成立となります。また、MNP転出には2,160円費用がかかりるので、頭に入れておいてください。

格安SIMと契約を交わす

ドコモとの契約が完了したあとは、格安SIMの公式サイトより申請をします。必要な情報を記入すれば完了です。そのときに、MNPを利用する人はその番号で利用するようにしてください。新しい番号で契約をするのであれば、新規契約となります。

また、近くに格安SIMの店舗があれば、そちらでも契約できます。必要書類は身分証明証・クレジットカードで、現在住んでいる住所がわかるものも、念のため持参していきましょう。

数日でSIMが届くので設定をする

SIMを入手したら初期設定を行いますが、最初にスマートフォン端末と、インターネットに接続するための設定をします。設定方法は説明書が付いているので、その通りに行えば間違えることはありません。簡単に設定できますが、よく読んでから接続しましょう。

乗り換える前に知っておきたいこと

ドコモは毎日、CMや駅の広告などで「ドコモ」という言葉を見聞きしない日はないほど、宣伝をしています。

しかし、反対に格安SIMというのは、それほど宣伝していないのに世間一般的に広まりつつあります。格安SIMとはどんなものなのでしょうか。

格安SIMとは

格安SIMは、新しい通信サービスを低価格で行える画期的なものです。ドコモのような大手キャリアの場合は通信料も高くなり、毎月のスマートフォン代の支払いが苦しくなる場合もあります。

一方、格安SIMの場合は大手の電話回線を借りて事業を行なっているため、余計な人件費などがかかりません。そのため、料金も大手キャリアと比べて、非常に安く済むことが特徴です。

ドコモのような通信設備を持っている所を「MNO」といい、格安SIMのように、通信サービスを大手から借りて営業する所を「MVNO」といいます。MVNOはプランも様々なものがあり、自由に選択できることから人気があります。

ドコモから格安SIMに乗り換えるメリット

ドコモから回線を借りている格安SIMに乗り換えると、一部を除いて、今使用しているスマートフォンなどがそのまま使えます。そのため、データの移し替えも不要です。また、ドコモの基本料金より3分の1まで値段が抑えられるのです。

また、契約に関しても、大手キャリアは2年契約が多く、それ以前に契約を解除すると解約金が発生します。2年は意外に長いため、次に乗り換えようと思ってもそれまで待たなくてはならないということも多いです。

格安SIMであれば、契約期間が半年から1年以内です。そのため、もし通信状態や料金に疑問を感じた場合でもすぐに乗り換えることが可能です。契約期間の2年間を待ったり、解約金を支払わずに済むでしょう。

格安SIMのデメリットとは

メリットがあるということは、もちろんデメリットもあります。通信面でいくと、大手から回線を借りているわけなので、大手よりは通信速度が遅くなります。

混雑する時間帯は通信速度が安定せずに、やきもきしてしまうことも出てくるでしょう。したがって、速度重視であれば、格安SIMの中でも比較的安定しているところを選ぶようにしてください。

また、ドコモ系列の格安SIMは、利用するエリアと回線は同じなのですが、ドコモから解約して格安SIMの会社と契約し直す形になります。よって、今まで使用していたドコモのサービスは受けられなくなるので、注意してください。

例えば、ドコモのメールアドレスは使用できなくなるので、現在利用中の方は頭に入れておきましょう。

ドコモから格安SIMに乗り換えよう

ドコモの回線は安定していて、サービスも充実していますが「携帯代が高い」というイメージがあります。毎月支払う金額は安くても7,000円程度かかるので、同じドコモ回線であれば、格安SIMのほうがグンとお得ということです。

最近ではiPadを持つ人も増え、それで動画は観る人も多くなりましたが、携帯電話だけですべてが満たされます。

だからこそ、携帯料金を少しでも安く済ませるという意味でも、格安SIMというのは世間でも一般常識となりつつあります。

携帯代を抑えられれば、その分貯金に回せたり、浮いたお金でおいしいものが食べられたりします。自分にとって、快適な格安SIMを見つけましょう。

Y!mobile1,080円~

公開日時 : 2020年02月06日

おっきー ― ライター
おっきー ― ライター

物心ついた頃からiPhoneがあるスマホネイティブ世代。SNSから最新情報を取得するのが日課。趣味はダンス。

関連キーワード