ソフトバンクから格安SIMに乗り換える際におさえておくべき注意点

スマホの利用料金適正化の動きを受け、ここ数年はキャリア端末からSIMフリー端末へ乗り換えるユーザーも増えています。ソフトバンクユーザーが格安SIM端末に乗り換えるメリットとデメリット、具体的な移行プロセスについて見ていきましょう。
BIGLOBEmobile20190724_desc ソフトバンクから格安SIMに乗り換える際におさえておくべき注意点

「高機能だけれど高コスト」と言われつづけてきたキャリア端末。ソフトバンクの場合も例外ではなく、より低コストで同水準のサービスを利用できる格安SIM端末への移行ニーズが高まるのは、ある意味で自然な流れといえます。

本記事では、では、ソフトバンクのキャリア端末をお使いの人のために、格安SIM(MVNO)に無理なく乗り換えるためのプロセスと注意点について具体的に確認していきます。

乗り換えにあたって押さえたい基本用語

端末の乗り換え方法についてネット上でリサーチすると、キャリア端末など、いくつかの専門用語にふれることになります。

すべての用語について正確に把握しておく必要はありませんが、基本的な部分についてしっかりと押さえておくことで、端末選びから移行手続きまで一連のプロセスをスムーズに進められるようになります。格安SIMへ乗り換える際に、押さえておきたい基礎用語について確認していきます。

SIMロック

従来型のキャリア端末ではSIMロックというシステムによって端末が管理されており、ロック情報の異なるSIMカードを違うキャリアの端末に差し込んでも正常に起動しないようにつくられています。

SIMロックがあるおかげで、キャリア側は自社のユーザーをある程度長い期間囲い込むことができ、かわりに端末代金を実質無料にする、などの還元キャンペーンが実施しやすくなっています。

SIMフリー端末とはSIMロック端末が解除されているか、あるいは初めから設定されていない端末を指し、後者を特に「白ロム端末」と呼んで区別しています。

SIMロックはキャリア側の都合を優先して導入されたシステムと考えることができ、SIMフリー端末が普及することによってユーザーにとっての選択の自由度が格段に広がっていると言われています。

MVNO

MVNOとは、Mobile Virtual Network Operatorの略で、キャリア端末のようにオリジナルの通信回線を持たないかわりに、端末の代金や月額料金を低く抑えている通信キャリアを表します。

日本国内でも既に大手企業がMVNOに参入しており、楽天モバイルやワイモバイル、UQサービスが根強いシェアをキープしています。

MVNOは、キャリア端末と比べ月額料金が圧倒的に安く抑えられるのが魅力ですが、既存キャリアの通信回線に依存しているため、メインの回線が混雑しやすい時間帯にはどうしても通信速度が落ちてしまい、大容量の動画や音声データがダウンロードしにくくなる、というデメリットがあります。

MNP

キャリア端末から格安SIM端末に乗り換える場合、MNPに対応しているMVNOキャリアであればもともとの電話番号を新規の格安SIM端末のほうに引き継ぐことができます。

MNPを利用するためには端末契約時に転出および転入手続きを行う必要があり、最終的に通信を開通させなければ番号を引き継いだことにはなりません。

MNPに関する一連の手続きはそれぞれのキャリアのカスタマーサービスによってサポートしてもらえますので、初めての人は一度相談してみましょう。

LTE

格安SIM端末をピックアップする上で1つの基準となるのが通信規格です。日本国内では現在、4G回線とLTE回線が混在している状況であり、スマートフォン端末では4G回線への標準対応が主流になっています。

LTEもまた通信規格の1つです。実際にはLTEも4Gの一種であり、元々は3G回線をさらにワンランク進化させるための暫定的な通信規格として開発された経緯があります。

通称「3.9G」ともよばれるLTE回線は、最高で上り50mbps、下り100mbpsの通信性能を発揮しますが、将来的にはLTEよりもさらに速い5G回線が主流になると言われており、通信規格の世代交代がすでに進みつつあります。

ソフトバンクから格安SIMに乗り換える

ソフトバンクのキャリア端末から格安SIMキャリアに乗り換える際、ユーザーとしてはどのようなポイントに注意すればよいのでしょうか。

SIMロック解除、MNP手続き、アフターサービスなど、乗り換えにあたってチェックすべきポイントについて見ていきましょう。

ガラケーの場合は必ずしも安くならない

格安SIM端末に移行することで無条件に月額料金が安くなるイメージがあるかもしれませんが、MVNOの恩恵を受けられるのはスマートフォンのみであり、ガラケーユーザーにとってはそれほど極端に月々のコストが引き下げられるわけではありません。

もちろん、ガラケーであっても格安SIM端末に移行することによって多少のメリットは受けられますが、長期的に見ればプラスマイナスゼロになるケースもあり、ガラケーユーザーの場合は移行後の月額コストについて慎重にシミュレーションする必要があります。

スマホやiPhoneの最新情報をいち早くお知らせ!
LINE友だち追加

容量プランも要チェック

格安SIM端末では、月々の通信コストが大幅に引き下げられるかわりに最大通信容量が抑えられるのが通常のパターンです。

したがって、目先のコストばかりに気を取られてプランを選択してしまうと肝心のデータ容量や通信速度が落ちてしまい、SNSや動画通信が満足に利用できないという状況になりかねません。

最近では格安SIM端末業界も格段に進歩し、圧倒的な低料金でキャリア端末並みの通信速度とデータ容量を利用できる端末も増えていますので、「格安SIM端末でもデータ通信を思う存分楽しみたい!」という方にも安心して使えるようになってきています。

トータルコストで考える

キャリア端末と格安SIMの料金プランを比較する際には、トータルコストで考えることが重要です。キャリア端末は原則として2年(24カ月)を1つの単位としてプランを組み立てています。

MVNOキャリアとの組み合わせによっては2年間にするとトータルで20,000円以上の差が開くケースもありますので、移行する前に必ず長期的なスパンでコストをシミュレーションしておきましょう。

iPhone格安SIM通信アンケート

ポイントを使い切る

ソフトバンクでMNPをすると、残りのポイントも消えてしまいますので、必ず移行前に使い切ってください。ポイントは機種変更や携帯電話料金の支払いに使用できます。

ソフトバンク独自のMNPポイントとTポイントの合計が少なくとも30,000ポイント以上になる場合は、機種変更を検討してください。また、機種変更で使える割引クーポンは、更新月の前後に配布される場合があります。

注意すべきなのは、以降の時点で割引クーポンが適用される対象機種が変動するということです。また、ソフトバンク独自のMNPポイントと割引クーポンを同時に使用できるかどうかは不明です。

機種変更をする際に注意すべき点は、分割払いで機種を変更する場合、SIMロックを解除するために最長で3ヶ月程度待たなければいけないことです。

SIMロック後、すぐに端末を手に入れたい場合は、分割払いやポイントを利用せず、一括払いで購入したほうがスムーズです。ソフトバンクのガラケーやスマホを利用している場合は、Tポイントが貯まります。 Tポイントは通信料の支払いなどに利用できます。

すでにTカードを使用している場合でも、そのポイントを使用することができますが、格安SIMへの乗り換えではTポイントがリセットされてしまいますので、付与されているポイントをすべて使い切ってから乗り換えの手続きを進めるようにしましょう。

ソフトバンクから格安SIMに乗り換えるには

ソフトバンク端末から格安SIMに移行するには、いくつかのステップを踏む必要があります。ここでは、格安SIMに切り替えるための基本的なプロセスについて説明します。

乗り換える格安SIM会社を決める

MVNOは安価なSIM端末を提供する通信事業者です。格安SIMとして使用する端末を決定したら、MVNOキャリアと契約を結び、SIMカードと格安SIM端末を関連づける必要があります。

日本国内では現在、mineo楽天モバイルワイモバイルなどのキャリアが格安SIMを提供しており、基本料金プランやサービスの充実度に合わせ、メリットの大きいキャリアを選択しましょう。

MNPの手順

番号ポータビリティ(MNP)を利用するにはまず、番号を転送するための手順を終了する必要があります。

最初にソフトバンクで番号移行の手続きを行い、転送が完了した後にMVNO側で番号の受け入れを行い、通信回線の開通手続きを行えば移行手続きは完了です。なお、移行手続きから1時間程度は通話不可の状態になります。

SIMカードを認識する

MNP移行手順が完了したら、端末にSIMカードを認識させる必要があります。

SIMカードを認識させたら、APN設定にしたがってSIMカードと端末をリンクする必要があります。APN設定の手順はSIMカードの規格に依存しますので、具体的な手順については購入店や、カスタマーサポートなどにお問い合わせください。

\初回限定3ヶ月無料!/

料金プランで格安SIMのお得度を徹底比較

ここで、キャリア端末と格安SIM端末の料金プランを具体的に比較してみましょう。今回はデータ容量に着目し、格安SIM大手のmineoとソフトバンクの料金プランを比較してみましょう。

mineoのデータ容量別プランは4種類

まずmineoでは、1GBから20GBまで4種類のプランが用意されています。そしてデータ通信専用のプラン「シングルタイプ」と、音声通話付きプランの「デュアルタイプ」に分かれます。

ソフトバンクと比較するため、「データ通信と090音声通話」のデュアルタイプのデータ容量別に月額料金を見てみると、1GB/1,298円(税込)、5GB/1,518円(税込)、10GB/1,958円(税込)、20GB/2,178円(税込)となります。

ソフトバンクのデータ容量別プランは2種類

ソフトバンクの月額料金は、従量制の小容量プラン「ミニフィットプラン+」と、データ使い放題の「メリハリ無制限」の2種類です。

ミニフィットプラン+の月額料金は3,278円(税込)~5,478円(税込)、メリハリ無制限は7,238円(税込)となっています。

価格が安いのはmineo

同じデータ容量の料金のみを比較すると、例えばmineoの1GBは1,298円(税込)、一方ソフトバンクでは3,278円(税込)。20GBであれば、mineoは2,178円(税込)のところソフトバンクは7,238円(税込)となります。

どのプランを比較してもmineoのほうが価格は安く、データ容量が小さいほど金額差が顕著です。使いやすい3~5GBの比較的小容量のプランであれば、mineoを選ぶとよりお得に利用できることが分かります。

ソフトバンクからmineoに乗り換える

上手に格安SIMに乗り換えよう

ソフトバンクのキャリア端末から格安SIM端末へ乗り換えるにあたっては、それ以前の付与ポイントに注意する必要があります。

焦って移行手続きを行ってせっかくのポイントが無駄になってしまってはもったいないので、普段から残りポイントをチェックしつつ、最適な移行方法についてシミュレーションしておきましょう。

上手に格安SIMを使用して、お得なスマホライフを手に入れましょう。

ソフトバンクからmineoに乗り換える

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2019年01月25日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード